News

最近の記事

2018年05月20日

【試合結果/HC談話】第2戦 富士通に21-6で勝利し準決勝進出

news201805201.jpg
▲第1Q 1分18秒、RB#29李の先制TD

 

 

【5/20(日) パールボウルトーナメント予選リーグ第2戦 vs.富士通フロンティアーズ@富士通スタジアム川崎】

 

準決勝進出をかけた一戦は、試合開始早々にRB#29李の14ydsTDランで先制したオービックが、前半に21得点をマーク。富士通には最後までTDを許さず、ファイナルスコア21-6で勝利しました。この結果、2勝0敗のAブロック1位で準決勝進出を決めました。

 

準決勝は次の2試合に決まりました。

6/10(日)@富士通スタジアム川崎

11:00~ オービック(A-1位)×LIXIL(B-1位)

14:00~ IBM(C-1位)×ノジマ相模原(D-1位)

 

【古庄ヘッドコーチ談話】

 

今日の一番の収穫は、スタートダッシュ。初戦ではそれができなかったため、練習から意識して取り組んできた。試合開始4プレーでのTDは、チームにとって大きな自信になる。ディフェンスの、最後までTDを阻止し続けた集中力も練習通り。チームの大きな武器として、今後も磨いていく。

 

一方で、後半に追加点を奪えなかったこと、長いドライブを何度か許したことについては、まだまだ改善の余地がある。

 

6/10(日)準決勝の相手は、オフェンス力のあるLIXILディアーズ。昨春の準決勝以来1年ぶりの対戦となり、非常に楽しみだ。今日のオービックシーガルズより、少しだけでも強くなったチームをお見せします。

 

第1Q :最初の攻撃の4プレー目、RB#29李の14ydsTDランで先制。富士通は1FG。 オ7-3富

 

第2Q : 新人QB#3スカイラーからWR#18木下への53ydsTDパスで追加点。富士通にゴール前2ヤードまで迫られるも、新人DB#21ブロンソンのファンブルフォースでしのぎ、FGに抑える。直後の攻撃で、QB#3スカイラーからエンドゾーンのWR#26野崎に25ydsTDパスが通り、リードを広げる。富士通のFGをDB#24島津がブロックしたところで前半終了。 オ21-6富

 

第3Q : ともにパントに終わり、無得点。 オ21-6富

 

第4Q : ゴール前3ヤードを含む、富士通の3度の4thダウンギャンブルをすべて阻止。後半は両者無得点のまま試合終了。 オ21-6富

 

スターティングメンバー表(PDF) 公式記録(チーム・個人/Xリーグ公式サイト)

 


試合概要
試合日 2018/5/20(日)
試合開始時刻 - 終了時刻 14:00-16:10
試合会場 富士通スタジアム川崎
天候 晴れ
観衆 3,396人
得点経過
  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
オービックシーガルズ 7 14 0 0 21
富士通フロンティアーズ 3 3 0 0 6
# チーム 時間 プレー トライ
種類 #選手 ヤード 種類 選手 結果
1 オービック 1 01:18 ラン #29李 14 キック #49星野貴 成功
2 富士通 1 10:49 フィールドゴール #5納所 47      
3 オービック 2 00:51 パス #3スカイラー→#18木下 53 キック #49星野貴 成功
4 富士通 2 06:38 フィールドゴール #25大塚 36      
5 オービック 2 10:49 パス #3スカイラー→#26野崎 25 キック #49星野貴 成功
チーム記録
チーム オービック 富士通
ファーストダウン獲得数
内訳(ラン+パス+反則)
14
(4+10+0)
22
(11+10+1)
(攻撃計)  回数-獲得ヤード 48回-355ヤード 75回-305ヤード
(うちラン)  回数-獲得ヤード 24回-107ヤード 39回-90ヤード
(うちパス) 回数-成功数-被インターセプト
成功率  獲得ヤード
24-14-1
58.3% 248ヤード
36-21-0
58.3%  215ヤード
(反則)  回数-損失ヤード 8回-53ヤード 3回-10ヤード
(ファンブル)  回数-喪失 0回-0回 1回-0回
(フィールドゴール) 回数-成功 0回-0回 3回-2回
TIME OF POSSESSION (ボール保有時間) 19:40 28:20

 

2018年05月17日

新加入選手のお知らせ

先にお知らせした春の新加入選手17名に加え、新たに下記の1名が加入しました。

※最新の在籍選手一覧はこちら2018/5/17現在の一覧(全73名/PDF)

 
2018春季新加入選手(5/17現在 18名:OL4、TE1、WR2、QB3、RB1、DL1、LB1、DB3、K1、LS1)
No. Pos.   氏名
身長
cm
体重
kg
  出身校   出身地
年齢
2018
 
★新加入
35 DL 佐藤将貴
さとうまさき
184 103 中央大学 大阪府 23 中央大学主将
2014U-19、2016カレッジ日本代表

 

 

(以下、再掲)

3 QB Skyler Howard
スカイラー・ハワード
180 90 ウエストバージニア大学 米テキサス州 24  
4 DB 久保 颯
くぼはやて
181 81 早稲田大学 東京都 23 2014U-19日本代表
2017オール関東24
12 QB 荒木裕一朗
あらきゆういちろう
185 95 立命館大学 京都府 28 ノジマ相模原から移籍
2010大学日本一
2009U-19(大会ベスト11)、2014カレッジ日本代表
15 QB 松岡修平
まつおかしゅうへい
182 80 中央大学 神奈川県 22  
21 DB Bronson Beatty
ブロンソン・ビーティー
188 90 日本大学 米ハワイ州 24 2017大学日本一
DL#23BJ実弟
25 DB 山本寛人
やまもとひろと
185 78 神奈川大学 神奈川県 23  
37 RB 岩崎優哉
いわさきゆうや
174 90 龍谷大学 京都府 25  
47 LB 星野慶一郎
ほしのけいいちろう
171 85 立教大学 東京都 23 2014U-19日本代表
51 OL 髙田滋文
たかたしげふみ
185 118 明治大学 広島県 23  
53 LS 山口翔太郎
やまぐちしょうたろう
172 83 日本大学 滋賀県 23 2017大学日本一
61 OL 玉村 匠
たまむらたくみ
180 115 中央大学 東京都 23 2014U-19、2016カレッジ日本代表
70 OL 窪田翔吾
くぼたしょうご
185 115 岡山大学 滋賀県 23  
78 OL 木部龍之介
きべりゅうのすけ
185 110 日本大学 静岡県 24

(2017練習生)

80 K 田畑憲人
たばたけんと
176 74 同志社大学 京都府 23  
83 WR 濱本智吏
はまもとさとし
180 80 南山大学 愛知県 28 X2横浜ハーバースから移籍
85 TE Holden Huff
ホールデン・ハフ
198 107 ボイシ州立大学 米カリフォルニア州 26  
87 WR 竹川龍雅
たけがわりゅうが
187 93 上智大学 東京都 23  
 

2018年05月10日

5/20(日)パールボウル第2戦 富士通戦の見どころ・ご案内

パールボウル2018 予選リーグ(Aブロック)第2戦

top_helmet_obic.jpg
X.jpg

オービックシーガルズ
     ビジター/バックスタンド/ホワイトジャージ

   富士通フロンティアーズ
ホーム/メインスタンド/カラージャージ

■--パールボウルトーナメント2018予選リーグ2戦目は、4/22(日)のシーズン初戦で明治安田PentaOceanパイレーツに49-10で勝利した富士通フロンティアーズとの対戦になります。
 
富士通は、チームを日本一に導いてきたQBコービー・キャメロン選手やRBジーノ・ゴードン選手などの主力選手が引退し、現時点では、新たな外国人選手の加入はありませんが、昨シーズンはLBとして出場していた#16トラショーン・ニクソン選手がRBで出場するなど、これまでと違った戦いぶりが見られました。
 
対するオービックシーガルズは、昨シーズンは富士通と2度対戦し、レギュラーシーズンは10-13(タイブレーク)、JXBトーナメント準決勝は0-7で、いずれも敗れています。特に、準決勝では完封負けを喫しているだけに、#3スカイラー選手、#6菅原選手、#12荒木選手の3QBを中心としたオフェンスの奮起に期待したいところです。
 
満員のスタンドの皆さんと一緒に戦い、勝利を手にしたいと思いますので、お誘い合わせのうえ、一人でも多くのご来場をよろしくお願いします。本気の参戦をお待ちしています。--■

この次の試合は-
富士通に勝てばブロック1位 →準決勝 6/10(日)11:00 @川崎 vs.【5/19(土)LIXIL×オール三菱の勝者】
                                             [決勝 6/28(木)19:00@東京ドーム]
富士通に負ければブロック2位 →交流戦 6/9(土)14:00 @川崎 vs.【5/19(土)LIXIL×オール三菱の敗者】


日時

5/20(日)14:00  トーナメント表試合日程

会場

富士通スタジアム川崎 アクセス

タイムテーブル

13:00  開場、 チーム受付開始(バックスタンドゲート手前)、グッズ販売開始(バックスタンド下)
13:40  ガルズタイム(ファン参加型エンタメ) 開始
14:00  キックオフ
17:00 ノジマ相模原×アサヒビール

 

※各Q12分、ハーフタイム15分、タイブレーク有り。
※第3Q開始時点で50点以上、または第4Q開始時点で30点以上の得点差がある場合は、チームタイムアウトとレフリータイムアウト以外で時計を止めず、ランニングタイムとなります。

Xリーグ ライブ中継

無し。 ※パールボウル(決勝)のみ実施を検討中とのことです。

チームゲスト

bless4 & AMW(アスレチック・ミュージック・ウォリアーズ)(チーム公認アーテイスト)

 

 当日の企画


スタンドをアクアグリーンで埋め尽くそう
・・・・・
バックスタンド下で先着500名に「FLY! ガル幕」をお配りします。アクアグリーンタオル、アクアグリーンTシャツなどなど、お持ちのアクアグリーングッズもご持参ください。

bn2016092760.JPG bn201711269.jpg

 

bless4 & AMWとFLY!

・・・・・

メジャーデビュー15周年。全国ツアー中のbless4が駆けつけてくれます。ハーフタイムショーは、「FLY! OBIC SEAGULLS」。先月から音楽配信が始まったこの応援ソングを一緒に歌いましょう。まだダウンロードしていない方は、ぜひこの機会にお願いします(3:56、250円)。
レコチョク iTunes Store dミュージック My Sound mora Music.jpe-onkyo music OTOTOY Amazon

 

FLY%21-OBIC-SEAGULLS_CDJacket_150.jpg bn2017062050.jpg

「川崎アメフト屋台村」開催 10:00~18:00@入場ゲート前広場

・・・・・
地元川崎の7店舗が出店予定(アルコールの販売も有り)。ご当地グルメをお楽しみください。詳細(Xリーグ記事)

 

チケット digiticke_banner_s.jpg
購入(Livepocket)

デジタルチームチケット1,300円を販売中(Xリーグ当日券と同価格)。

 

「アクアグリーンタオル」(販売価格500円)をチーム受付でプレゼントします。
・キックオフ1時間前(13:00)まで、PCや携帯から簡単に購入・決済(クレジットカード、コンビニ払い、携帯キャリア決済)できます。
・チーム受付(13:00~15:00) でデジタルチケット(QRコード)を提示し、入場チケットと引き換えてください。

・全席自由席、高校生以下無料。

・春は、決勝以外はXリーグの前売券販売はありません。

公式ファンクラブ
「ブースタークラブ」

booster_banner%20_2018s.jpg

詳細・申込
スターターパック2,500円
シーズンパス10,000円
プレミアム50,000円

割引チケットにグッズ他各種特典がついて2,500円~とたいへんお得な参戦パックです。いまご入会いただくと、この富士通戦は無料ご招待※当日会場での入会も対象)。インターネットまたは当日のチーム受付でお申し込みください。インターネットで事前申し込み→試合会場で受け取りも可能です。

 

news201804202.JPG news201804203.jpg

▲今年の特典グッズは「リール & 2種類のストラップ付き会員カードケース」

     

【現会員の皆さんへ】

お送りした「特別招待券」でそのままご入場ください。

今シーズンから、チーム受付でのチケット引き換えが不要になりました。追加のチケット(招待券3枚セット3,000円)は、チーム受付で販売します。

場内グッズ販売ブースで来場記念品をプレゼントします。

会員カードのQRコードを読み取り、記念品をお渡ししますので、グッズブースにお立ち寄りください。

チーム公認「私設応援団」

ouendan_s2018.jpg

詳細・応募

5名以上の私設応援団を募集中。団名入りの「応援団旗」をご用意します(5〜15名:1本、16名以上:2本)。

 

news201804024.JPG news201804025.jpg

 

チームロゴやヘルメット、背番号ロゴを使ったオリジナルグッズを作りたい方は、「利用許諾申請書」をご提出ください。ご希望のロゴデータをお送りします。

詳細・申請


2018年05月03日

【試合結果/HC談話】春季開幕戦は明治安田PentaOceanに59-0で完封勝利

news20180503.jpg
▲古庄HCが挙げた第2Qの2プレー。RB#30地村が決めたスペシャルプレーと
DB#21ブロンソンのインターセプト&30ヤードラン
 

 

【5/3(木祝) パールボウルトーナメント予選リーグ第1戦 vs.明治安田PentaOceanパイレーツ@富士通スタジアム川崎】

 

昨春と同じカードとなった開幕戦を、今年も完封勝利で飾りました。


新加入のQB#3スカイラー(ウエストバージニア大)が先発し、3TDパスや自らのTDランなどで35-0として前半を終了。後半は、QB#6菅原、QB#12荒木(ノジマ相模原から移籍/立命館大)とつなぎ、3TDランとK/P#49星野(貴)の50ydsFGでリードを広げます。守備も相手の獲得ヤードを33ydsに抑えて圧倒し、零封を達成。最終スコア59-0で快勝しました。

 

【古庄ヘッドコーチ談話】

 

立ち上がりは開幕戦独特の緊張感があり、リアクションでプレーをする選手が多かったが、第2Qに入り、2年目の#30地村のスペシャルプレーと、その直後の新加入#21ブロンソンのインターセプトでチームの雰囲気が大きく変わった。自分からアクションしてプレーすることを思い出し、その結果、ビッグプレーが数多く生まれた。若い2人がそんなきっかけになるプレーをしてくれたことは、チームとして大きな収穫だ。

 

次の富士通戦に向けては、自らアクションしてプレーする、この部分を強調して練習し、試合序盤から我々らしい、仕掛けるフットボールを見せたい。

 

第1Q : QB#3スカイラーからTE#85ホールデン(ボイシ州立大)へのTDパスで先制。 オ7-0明

 

第2Q : パント隊形からパンター#30地村が走るスペシャルプレーで1stダウンを更新し、#3スカイラーからWR#18木下への36ydsTDパスで追加点。直後、相手の1プレー目をDB#21ブロンソンがインターセプト。30ヤード走ってゴール前3ヤードに迫る。最後はRB#41成瀬がTDラン。次の攻撃は#3スカイラーが自ら走りTD。直後、DL#11KJのファンブルリカバーで敵陣32ヤードからの攻撃とし、#3スカイラーがWR#10森(健)への32ydsTDパスを決める。 オ35-0明

 

第3Q : QBは#6菅原RB#29李の23ydsTDラン、RB#43望月のTDランでリードを広げる。 オ49-0明

 

第4Q : (開始時点の得点差が30点以上のため、規定により第4Qは時計を止めずに進行) QBは#12荒木。K/P#49星野(貴)の50ydsFG、RB#32原の28ydsTDランで追加点。 オ59-0明

 

スターティングメンバー表(PDF) 公式記録(チーム・個人/Xリーグ公式サイト)

 


試合概要
試合日 2018/5/3(木祝)
試合開始時刻 - 終了時刻 14:00-16:06
試合会場 富士通スタジアム川崎
天候 曇り
観衆 1,273人
得点経過
  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
オービックシーガルズ 7 28 14 10 59
明治安田PentaOceanパイレーツ 0 0 0 0 0
# チーム 時間 プレー トライ
種類 #選手 ヤード 種類 選手 結果
1 オービック 1 09:05 パス #3スカイラー→#85ホールデン 1 キック #49星野貴 成功
2 オービック 2 05:33 パス #3スカイラー→#18木下 36 キック #49星野貴 成功
3 オービック 2 06:40 ラン #41成瀬 2 キック #49星野貴 成功
4 オービック 2 09:58 ラン #3スカイラー 3 キック #49星野貴 成功
5 オービック 2 10:11 パス #3スカイラー→#10森健 32 キック #49星野貴 成功
6 オービック 3 03:22 ラン #29李 23 キック #80田畑 成功
7 オービック 3 07:27 ラン #43望月 3 キック #80田畑 成功
8 オービック 4 03:38 フィールドゴール #49星野貴 50      
9 オービック 4 09:16 ラン #32原 28 キック #80田畑 成功
チーム記録
チーム オービック 明治安田PentaOcean
ファーストダウン獲得数
内訳(ラン+パス+反則)
21
(11+10+0)
5
(1+3+1)
(攻撃計)  回数-獲得ヤード 53回-444ヤード 36回-33ヤード
(うちラン)  回数-獲得ヤード 27回-245ヤード 19回--42ヤード
(うちパス) 回数-成功数-被インターセプト
成功率  獲得ヤード
26-14-2
53.8% 199ヤード
17-7-1
41.2%  75ヤード
(反則)  回数-損失ヤード 3回-30ヤード 4回-15ヤード
(ファンブル)  回数-喪失 0回-0回 1回-1回
(フィールドゴール) 回数-成功 1回-1回 0回-0回
TIME OF POSSESSION (ボール保有時間) 22:32 25:28

 

2018年04月29日

【TV】チバテレでオービック密着ドキュメンタリーが放送されました(YouTube公開)

チバテレ(千葉テレビ)の2夜連続アメフト特別番組、オービックシーガルズ密着ドキュメンタリー「WE ARE OBIC SEAGULLS すべてに本気な男たち」が放送されました(29分×2話)。

同局の公式YouTubeでも公開されていますので、ご覧ください。



▲#1 4/27(金)放送



▲#2 4/28(土)放送


2018年04月25日

17名が新加入-2018春季在籍選手発表

この春、新たに17名の選手が加入しました。あわせて、現在の在籍選手と、新たな引退選手をお知らせします。
 
有望な選手が多数合流し、チーム総勢72名が毎試合の出場枠(57名)、そして7月の本登録枠(65名)をかけて競い合っています。パールボウルトーナメントでは、続々とデビューを飾る新戦力にぜひご注目ください。

初戦終了後に、新外国人選手(QB#3スカイラー・ハワード、DB#21ブロンソン・ビーティー、TE#85ホールデン・ハフ)のサイン会を行います。
5/3(木祝)14:00~ vs明治安田PentaOceanパイレーツ@富士通スタジアム川崎見どころ・ご案内
 
 
2018春季新加入選手(4/25現在 17名:OL4、TE1、WR2、QB3、RB1、LB1、DB3、K1、LS1)
No. Pos.   氏名
身長
cm
体重
kg
  出身校   出身地
年齢
2018
 
3 QB Skyler Howard
スカイラー・ハワード
180 90 ウエストバージニア大学 米テキサス州 24  
4 DB 久保 颯
くぼはやて
181 81 早稲田大学 東京都 23 2014U-19日本代表
2017オール関東24
12 QB 荒木裕一朗
あらきゆういちろう
185 95 立命館大学 京都府 28 ノジマ相模原から移籍
2010大学日本一
2009U-19(大会ベスト11)、2014カレッジ日本代表
15 QB 松岡修平
まつおかしゅうへい
182 80 中央大学 神奈川県 22  
21 DB Bronson Beatty
ブロンソン・ビーティー
188 90 日本大学 米ハワイ州 24 2017大学日本一
DL#23BJ実弟
25 DB 山本寛人
やまもとひろと
185 78 神奈川大学 神奈川県 23  
37 RB 岩崎優哉
いわさきゆうや
174 90 龍谷大学 京都府 25  
47 LB 星野慶一郎
ほしのけいいちろう
171 85 立教大学 東京都 23 2014U-19日本代表
51 OL 髙田滋文
たかたしげふみ
185 118 明治大学 広島県 23  
53 LS 山口翔太郎
やまぐちしょうたろう
172 83 日本大学 滋賀県 23 2017大学日本一
61 OL 玉村 匠
たまむらたくみ
180 115 中央大学 東京都 23 2014U-19、2016カレッジ日本代表
70 OL 窪田翔吾
くぼたしょうご
185 115 岡山大学 滋賀県 23  
78 OL 木部龍之介
きべりゅうのすけ
185 110 日本大学 静岡県 24

(2017練習生)

80 K 田畑憲人
たばたけんと
176 74 同志社大学 京都府 23  
83 WR 濱本智吏
はまもとさとし
180 80 南山大学 愛知県 28 X2横浜ハーバースから移籍
85 TE Holden Huff
ホールデン・ハフ
198 107 ボイシ州立大学 米カリフォルニア州 26  
87 WR 竹川龍雅
たけがわりゅうが
187 93 上智大学 東京都 23  
 
 
2018春季在籍選手(4/25現在 72名)
一覧[PDF]
・ポジションン変更 #38石神宇貴 DB→LB
・番号変更 WR水野太郎 #83→#81


引退選手
3月に発表した10名に加えて、新たに次の2名が引退しました。これまで応援いただき、ありがとうございました。

DB#3 滝澤輝久
 (立命館大学 / 2010年加入)
roster17_takizawa3.jpg

OL#69 川本真志
 (京都産業大学 / 2017年加入)
roster17_kawamoto69.jpg
「この度、オービックシーガルズを引退することになりました。オービックシーガルズの選手として1年間プレーさせていただき、本当にありがとうございました。1年という非常に短い期間でしたが、これまでにない経験をさせていただき、たいへん勉強になりました。応援してくださった皆様の期待に応えることができず、申し訳ございません。結果を残せずに引退することに自分でも悔いが残っていますが、現在の仕事環境を考え、引退を決意した次第です。これからも、オービックシーガルズを応援します。まずは今シーズン、チームの皆さんが怪我なく日本一になることを願っています。最後に、これまで多くの方々からの支えがあってフットボールを続けてこられたことに心から感謝しています。本当にありがとうございました」
 

2018年04月23日

【TV】チバテレで2夜連続特番-「WE ARE OBIC SEAGULLS すべてに本気な男たち」

 

 

 

春季初戦目前の4/27(金)・28(土)、チバテレ(千葉テレビ放送)で2夜連続のアメフト特別番組として、オービックシーガルズ密着ドキュメンタリー「WE ARE OBIC SEAGULLS すべてに本気な男たち」が放送されます。両日とも、放送終了後すぐに同局のYouTube公式チャンネルでも配信開始となりますので、ぜひご覧ください。

 

「……オービックシーガルズにカメラが密着。今年2月に行われた新体制発表会から新シーズン開幕直前までの様子を取材。練習場、ミーティング、選手個々の職場など、普段は入れない場所までカメラが潜入し、チームスローガンの“本気”と、チームミッションの“ワクワクするフットボール”の実現へのチームの奮闘ぶりをお伝えします」(チバテレHPより)

 

 

チバテレ アメフト特別番組 オービックシーガルズ密着ドキュメンタリー
「WE ARE OBIC SEAGULLS すべてに本気な男たち」 チバテレHP>番組紹介

 

放送日時:

第1話 4/27(金)24:30~25:00 →25:00~YouTube配信開始 チバテレYouTube公式チャンネル

第2話 4/28(土)24:30~25:00 →25:00~YouTube配信開始

 

チャンネル:

千葉県内は「3」チャンネル。県外では「10」や「11」に設定される場合があります。

※千葉県内すべてのケーブルテレビ局でご覧いただけます。県外(関東・山梨)のケーブルテレビ局については、チバテレHP>受信ガイドをご確認ください。

 

2018年04月20日

応援ソング「FLY! OBIC SEAGULLS」の音楽配信が4/27(金)スタート

bless4_cd.jpg
 
 
お待たせしました。4/27(金)12:00から、オービックシーガルズオリジナル応援ソング「FLY! OBIC SEAGULLS」の音楽配信が主要音楽配信サイトでスタートします。
 
チーム公認アーティストのbless4が、DL#11ケビン・ジャクソン選手DL#23バイロン・ビーティー・ジュニア選手とコラボレーションして創り上げた、力強くソウルフルなナンバーです。昨秋の無料ダウンロードは1番のみのサンプル版でしたが、今回はフルバージョンでクオリティーもアップした完成版のリリースとなります。
 
ぜひご購入いただき、いつでもどこでも、聴いてください。この曲を通して、私たちがチームファイティングボイス「FLY OBIC SEAGULLS」に込めた想いを、多くの皆さんと共有できたらと思います。今シーズンも、ともに歌い、踊り、勝ち上がっていきましょう。
 
 
bless4 「FLY! OBIC SEAGULLS」
------------------------
3分56秒
250円
4/27(金)12:00配信開始
------------------------
 
news201704201.jpg

bless4 メジャーデビュー15周年 初の全国ツアー開催
全会場で「FLY! OBIC SEAGULL」をパフォームします
 
オービックシーガルズの初戦翌日の5/4(金祝)@沖縄を皮切りに、初の全国ツアー「WE ARE WARRIORS」を開催。会場限定のアルバム「WARRIOR」も発売します。
沖縄:5/4(金祝)18:30@ミュージックタウン音市場チケット
福岡:6/30(土)12:30、17:00@あるあるCity 7Fホログラムシアターチケット
名古屋:7/28(土)@GSP STUDIO
東京:11/16 (金)@クラブチッタ
 

FLY! OBIC SEAGULLS

作詞:AKASHI/KANASA

作曲:AKASHI

 

 

Let’s go!  
試合(たたかい)の防具(よろい)身につけ フィールド(せんじょう)へ乗り込むぞ Tick Tock Tick Tock

全ての夢を握りしめ 背負って戦うぞ Kick off Kick off

 

We are burning on fire

諦めないよ 燃え続けるこの DESIRE

We are running on water

勝ち抜く SURVIVOR

I’d give my life on this old battle field

 

FLY!, FLY!, FLY! ( FLY! OBIC SEAGULLS )

FLY!, SEAGULLS FLY! ( GO! GO! GO! GO! )

FLY!, FLY!, FLY! ( FLY! OBIC SEAGULLS )

Fly to the sky ( GO! GO! GO! GO! )

 

 

Come on!

侮れない強い壁 己を信じ続け Touch down Touch down

この瞬間 歴史を刻む 限界を超えて let’s take off take off

 

We are burning on fire

諦めないよ 燃え続けるこの DESIRE

We are running on water

勝ち抜く SURVIVOR

I’d give my life on this old battle field

 

FLY!, FLY!, FLY! ( FLY! OBIC SEAGULLS )

FLY!, SEAGULLS FLY! ( GO! GO! GO! GO! )

FLY!, FLY!, FLY! ( FLY! OBIC SEAGULLS )

Fly to the sky ( GO! GO! GO! GO! )

 

 

We are burning on fire

諦めないよ 燃え続けるこの DESIRE

We are running on water

勝ち抜く SURVIVOR

I’d give my life on this old battle field

 

FLY!, FLY!, FLY! ( FLY! OBIC SEAGULLS )

FLY!, SEAGULLS FLY! ( GO! GO! GO! GO! )

FLY!, FLY!, FLY! ( FLY! OBIC SEAGULLS )

Fly to the sky ( GO! GO! GO! GO! )


5/3(木祝)パールボウル初戦 明治安田PentaOcean戦の見どころ・ご案内

パールボウル2018 予選リーグ(Aブロック)初戦

top_helmet_obic.jpg
X.jpg

オービックシーガルズ
 ホーム/メインスタンド/カラージャージ

   

明治安田PentaOceanパイレーツ
ビジター/バックスタンド/ホワイトジャージ


昨シーズン同様、明治安田PentaOceanパイレーツとの対戦で、オービックシーガルズの2018シーズンがスタートします。

明治安田PentaOceanは、今週末4/22(日)に開幕戦(富士通フロンティアーズ戦)を迎えるため、オービックとは2戦目の試合になります。一方、オービックは、昨年11月の準決勝以来のため、試合感覚が早くつかめるかがポイントになってくるでしょう。しっかり準備をして臨む必要があります。

注目は、やはり新加入選手です。どのような選手が入ったのか、Xリーグでどんな活躍をするのか、ご注目ください。
 
試合後には、この日デビューする新外国人選手のサイン会を行います。また、ひと足早い「こどもの日」企画として、お子様へのお菓子のプレゼントや、SEA-Cheerジュニアの出演を予定しています。

ぜひ、2018オービックシーガルズの初陣を見届けてください。たくさんのご来場をお待ちしています。 

新加入選手の発表、春季在籍選手一覧の公開は、4/25(水)の予定です。発表しました記事(4/25追記)

日時

5/3(木祝)14:00  トーナメント表試合日程

会場

富士通スタジアム川崎 アクセス

タイムテーブル

13:00  開場、 チーム受付開始、グッズ販売(メインスタンド下)開始
13:40  ガルズタイム(ファン参加型エンタメ) 開始
14:00  キックオフ

 

※各Q12分、ハーフタイム15分、タイブレーク有り。
※第3Q開始時点で50点以上、または第4Q開始時点で30点以上の得点差がある場合は、チームタイムアウトとレフリータイムアウト以外で時計を止めず、ランニングタイムとなります。

Xリーグ ライブ中継

無し。 ※春はパールボウル(決勝)のみ、実施を検討中とのことです。

チームゲスト

SEA-Cheerジュニア(オービックシーガルズ習志野スポーツクラブ所属

 

 当日の企画


子どもの日スペシャルプレゼント -グッズ販売ブースで先着30名のお子様に、ル・パティシエ ヨコヤマ(習志野市)のクッキーを差し上げます。
ハーフタイム -SEA-CheerとSEA-Cheerジュニアのコラボレーションショーをお届けします。
試合後 -新外国人選手3名のサイン会を行います。 bn2016051835.jpg news201804251.jpg
▲右写真の3人がサイン会をします。ぜひご参加ください。左から、QB#3スカイラー・ハワード選手(ウエストバージニア大)、TE#85ホールデン・ハフ選手(ボイシ州立大)、DB#21ブロンソン・ビーティー選手(日本大)(4/25追記)

 

チケット digiticke_banner_s.jpg
購入(Livepocket)

デジタルチームチケット1,300円を販売中(Xリーグ当日券と同価格)。

 

・「アクアグリーンタオル」(販売価格500円)のプレゼント付き。
・キックオフ1時間前(13:00)まで、PCや携帯から簡単に購入・決済(クレジットカード、コンビニ払い、携帯キャリア決済)できます。
・チーム受付(13:00~15:00) でデジタルチケット(QRコード)を提示し、入場チケットと引き換えてください。

・全席自由席、高校生以下無料。

・春は、決勝以外はXリーグの前売券販売はありません。

公式ファンクラブ
「ブースタークラブ」

booster_banner%20_2018s.jpg

詳細・申込

割引チケットにグッズ他各種特典がついて2,500円~とたいへんお得な参戦パックです。いまご入会いただくと、開幕2試合に無料ご招待。インターネットまたは試合会場でお申し込みください。インターネットで事前申し込み→試合会場で受け取りも可能です。

 

news201804202.JPG news201804203.jpg

▲今年の特典グッズは「リール & 2種類のストラップ付き会員カードケース」

     

【会員の皆さんへ】

お送りした「特別招待券」でそのままご入場ください。

今シーズンから、チーム受付でのチケット引き換えが不要になりました。追加のチケット(招待券3枚セット3,000円)は、チーム受付で販売します。

場内グッズ販売ブースにお立ち寄りください。

1)会員カードのQRコードを読み取り、2)来場記念品をプレゼントします。

チーム公認「私設応援団」

ouendan_s2018.jpg

詳細・応募

5名以上で結成された私設応援団を募集中。応援団名が入った「応援団旗」を、5〜15名で1本、16名以上で2本プレゼントします。

※5/20(日)富士通戦で団旗を使用するには、4/27(金)までに申請が必要です。

 

news201804024.JPG news201804025.jpg

 

チームロゴやヘルメット、背番号ロゴを使ったオリジナルグッズを作りたい方は、「利用許諾申請書」をご提出ください。ご希望のロゴデータをお送りします。

詳細・申請


2018年03月22日

【新聞記事】朝日新聞千葉版コラム「ひと」にDB#16三宅剛司選手

3/21(水)付 朝日新聞千葉版のコラム「ひと」欄にDB#16三宅剛司選手の取材記事が掲載されました。
 
 
~アメフトも仕事も全力投球~
 
news20180402.jpg
▲11年目のシーズンを迎えた三宅選手。ゼビオの「アスリート社員」として店舗勤務の傍ら一般用医薬品販売の資格を取得するなど、仕事もアメフトも、全力投球中
  

2018年03月20日

団旗で参戦-「チーム公認私設応援団」の募集を再開しました

2018cheer_s.jpg
 
Desktop15.jpg

 
春季パールボウルトーナメントの開幕に向け、「私設応援団」の募集を再開しました。
 
オービックシーガルズでは昨シーズンから、日本一を目指すチームとともに戦ってくださる「5名以上で結成された私設応援団」の募集しています。昨シーズンは26の応援団が結成され、スタンドで団旗を掲げたり振ったりと、力いっぱいの応援で、選手、チームを盛り立ててくださいました。

下記の通り募集要項の一部を変更しましたので、ご一読いただき、ぜひ、気の合う仲間と一緒にイチオシの選手を応援してください。試合後などに、応援する選手との交流も楽しんでいただければと思います。たくさんのお申し込みをお待ちしています。
 

【「オービックシーガルズ公認私設応援団」募集要項】
※特典グッズが「応援団旗」のみになりました。
応募から公認まで
1) 専用応募フォームに代表者の連絡先など必要事項を記入し、送信してください。
2) 代表者のメールアドレスに申請書を送付します。応援団の「名称」「団員」を記入し、返信してください。
3) 当方で申請内容を確認し、公認の可否を判断させていただきます。
 
応募資格
以下の応募資格を満たす方5名以上で申請してください。
1) 年齢、性別は問いません。
2) シーズン中、一度は試合会場での応援ができる方。
3) チームが定める応援約束を遵守できる方。
4) “オービックシーガルズファミリー”となっていただける方。

特典 
1) 団員数に応じて、応援団名が入った「応援団旗」(上写真参照)をプレゼントします。
     5〜15名=応援団旗1本、16名以上=応援団旗2本
      ※団旗(旗+ポール)はチームでお預かりし、毎試合会場でお渡しします。
2) チームHPに応援団の名称、団長名を掲出します。
 
スケジュールほか
1) 募集期限は設けず、シーズン終了まで随時受け付けます。
2) 申請書提出から団旗納品まで、3週間ほどかかります。
3) 年に数回、応援団代表者のミーティングを行います。できる限り参加していただくようお願いします。
 
注意点
1) 応援団の名称は「オービックシーガルズ○○○○応援団」とし、「○○○○」の部分は、「選手などチーム関係者名(在籍者)」、「国・地域名」、「チームに関連する表現」に限らせていただきます。(例:安東主将応援団、北陸応援団、米国応援団、本気応援団 など)
2) 昨シーズンに結成された応援団を含め、ダブル登録(複数の応援団への登録)はできません。発見次第、両方の応援団の登録を無効とさせていただきます。
 
FAQ
Q. 私設応援団とは、何をするのですか?
A. 試合に来ていただき、フィールドの選手に声援を送っていただく、それだけです。特にやらなければならないことは決まっていません。応援団旗をフルに活用していただき、熱い声援をお願いします。
-- 
Q. 私設応援団の応援場所は指定されるのですか?
A. 基本的にはこれまで通り、ご自由に参戦していただいてけっこうですが、団旗で周りの方の視線を遮るなど、ご迷惑がかからないようご留意いただければと思います。東京ドームなどの大きな会場では、かたまって応援するかどうかで応援に大きな違いが出てきます。そういった場合は応援場所を指定させていただくことがありますが、代表者の皆さんにご相談、ご連絡して進めていく予定です。
-- 
Q. 交通費は出ますか?
A. 私設応援団ですので、交通費は出ません。チームとしては、特典などを準備し、皆さんに楽しみながら応援していただけるよう、全力でサポートしていきます。

2018年03月19日

春季パールボウルトーナメントのデジタルチケット(チーム券/タオル付き)販売開始

digiticke_banner_s.jpg   
 
春季パールボウルトーナメントのチーム券(1,300円)を、デジタルチケット販売サイトLivepocketで販売開始しました。

決勝以外はXリーグでの販売が当日券(1,300円)のみのため、チームの前売りも同価格となりますが、「アクアグリーンタオル」のプレゼントつき(旧デザイン/売価500円)でお得です。キックオフの1時間前まで、PCや携帯から簡単に購入・決済できますので、ぜひご利用ください。
 
<販売中のチケット>
予選リーグ第1戦 5/3(木祝)14:00 vs.明治安田PentaOcean@富士通スタジアム川崎購入する
※facebookやTwitter、Yahoo!などのアカウントまたはメールアドレスで会員登録。住所などの入力は不要です。
※クレジットカード、コンビニ払い、携帯キャリア決済が利用できます。
※会場チーム受付(13:00~15:00) でデジタルチケット(QRコード)を提示し、入場チケットと引き換えてください。
※QRコード、引き換えた入場チケットは、ともに第2戦 5/20(日)富士通戦、第3戦(準決勝あるいは交流戦)でも使用できます
2017goods5.jpg 2017goods6.jpg
▲「アクアグリーンタオル」(売価500円)をもれなくプレゼント。
会場のチーム受付で入場チケットと引き換える際にお受け取りください
 
<パールボウルトーナメントチケット情報>
準決勝まで:当日券1,300円のみ。全席自由。高校生以下無料
パールボウル(決勝/1階席):前売券1,800円(予定)、 当日券2,200円(予定)。全席自由。高校生以下無料。

  
チケットに会員限定グッズほか各種特典がついたお得なパックです。
春に入会すると開幕2試合は無料ご招待詳細・入会手続き
 
 
2018PB.jpg

2018年03月12日

U-19世界選手権(7/14~メキシコ)日本代表ヘッドコーチに大橋GMが就任

7月にメキシコで開催される第5回U-19世界選手権に出場する日本代表チームのヘッドコーチに、大橋 誠GMが就任することが日本アメリカンフットボール協会から発表されました。

大橋GMは、U-19日本代表では2014年の第3回世界選手権大会(クウェート/5位)でアシスタントヘッドコーチ、2016年の第4回大会(中国/4位)でヘッドコーチを務めており、今回が3度目の世界挑戦になります。春のパールボウルトーナメント(~6/28)を終えてからの開催になりますが、こちらにもぜひご注目ください。

オービックシーガルズ チームブログ>「U-19から考えたこと」(大橋シニアアドバイザー ※当時)(2016/8/20up)


第5回IFAFアメリカンフットボールU-19世界選手権大会
派遣主体:公益社団法人日本アメリカンフットボール協会
大会日程:2018/7/14(土)〜22(日) ※派遣:7/10(火)〜24(火)
会場:メキシコ合衆国メキシコシティー
参加国(予定):カナダ、アメリカ、メキシコ、日本、オーストリア、スウェーデン
参加資格:日本国籍を有する、16~19歳(開催年年末に)
派遣人数:選手45名、コーチおよびスタッフ18名(予定)
監督:山嵜隆夫(大阪産業大学附属高校)
 
 
team20160820.jpg
▲前回大会/写真提供:日本アメリカンフットボール協会

2018年03月09日

引退選手のお知らせとメッセージ

news2018030201.JPG
▲2/24(土)2018シーズン初日、あいさつに来てくれた引退選手とともに
 
 
2017シーズンをもって、10名の選手がチームを引退することになりました(2018/3/9現在)。これまで応援いただき、ありがとうございました。

roster17_toyoda4.jpg roster17_ikaika12.jpg roster17_nakanishi21.jpg roster17_tojo25.jpg roster17_kato37.jpg
roster17_kealakai51.jpg roster17_masuyama70.jpg roster17_matsunaga81.jpg roster17_hagiyama85.jpg roster17_waku98.jpg
 
LB#4 豊田真史 (関西大学 / 2011年加入)
QB#12 イカイカ・ウーズィー (ハワイ大学 / 2017年加入)
RB#21 中西 頌 (日本大学 / 2011年加入 / 2012オールXリーグ)
DB#25 東條健人 (立命館大学 / 2014年加入 / 2015W杯アメリカ大会日本代表)
RB#37 加藤寛樹 (国士館大学 / 2009年加入)
OL#51 ケアラカイ・マイアバ
  (UCLA / 2013年加入 / 2013Xリーグ最優秀新人、2013・2016・2017オールXリーグ)
OL#70 増山俊樹 (日本大学 / 2014年加入)
WR#81 松永翔太 (法政大学 / 2013年加入)
WR#85 萩山竜馬
  (東北大学 / 2007年加入 / 2009オールXリーグ /
    2011W杯アジア予選・2011W杯オーストリア大会・2014ジャーマン・ジャパン・ボウルⅡ日本代表)
TE#98 和久憲三
  (関西大学 / 2015年加入 / アサヒ飲料時代に2009ノートルダム・ジャパン・ボウル日本代表)
 

 

(引退選手からのメッセージをお届けします)
 
LB#4豊田真史
news101803018.JPG
2017年シーズンをもって引退することになりました。オービックシーガルズファンの皆様、オービック様、チームメート、コーチ、スタッフら皆さんの支えのおかげで、社会人になっても本気になれる環境でアメフトと向き合うことができました。本当に感謝しています。
 
2011年から在籍させていただき、怪我も多くたいへんな時期もありましたが、思い返すと、いい思い出もあり辛い思い出もありと、人生の中で本当に貴重な時間を過ごすことができました。所属当初と比べると、リーグのレベルもかなり上がり、観ている方には盛り上がっていただけけるような試合が多くなってきたと思います。その分、選手のたいへんさが増していることも実感しているからこそ、今後はオービックシーガルズファミリーとして、本気で応援していきたいと思います。
 
最後に、遠方から試合会場まで来て応援してくれた両親、家族に心から感謝を伝えたいと思います。本当にありがとうございました。
 
 
RB#21中西 頌
news101803017.JPG
いつもオービックシーガルズを応援いただき、参戦いただき、誠にありがとうございます。昨2017シーズンをもって引退することを決意しました。

人それぞれオービックシーガルズに対する感じ方は違いますが、私にとっては「家族」そのものでした。7年間、楽しいときも苦しいときも常に隣には信頼できる仲間がいたからこそ、ここまで続けることができたのだと改めて実感しています。苦楽をともにしてきたチームメートこそ、私がこのチームで得られた一番の財産です。オービックシーガルズの一員であったこと、7年間このチームで一緒に戦えたことは私の誇りです。これからは別の道を歩んでいくことになりますが、まずはこの誇りを胸に、自分の家族をつくることに専念したいと思います。

ファンの皆様、オービック様ならびにスポンサーの皆様、並河さん、大橋さん、古谷さん、古庄さん、一緒にプレーしたすべての選手、俺と加藤が抜けたことにより戦力不足が否めないRB陣、コーチ陣、吉永さんをはじめトレーナー陣、美女ぞろいのオペレーションたち、事務局の方々、偉大なOB・OG、オービックシーガルズファミリーの皆様にはたいへん感謝しています。本当にありがとうございました。おかげさまで、最高のフットボール人生を送ることができました。そして、7年間、毎試合欠かさず参戦してくれた両親と弟、ずっと応援し続けてきてくれた祖母にも心から感謝しています。本当にありがとう。

 
DB#25東條健人
news101803012.JPG
この度、オービックシーガルズを引退することになりました。

オービックシーガルズで過ごした4年間は非常に有意義な時間でした。これまでのフットボール人生で、最もフットボールを楽しめた4年間だと断言できます。しかし、ただ楽しんでいるだけでは勝てないのがフットボールです。チームが大きく変わろうとしている今、私自身のフットボールに対する価値観、プライベートの仕事環境等々を勘案した結果、これ以上在籍すべきではないと判断しました。オービックシーガルズ、ひいてはフットボールから離れることに、寂しさ、悲しさを禁じ得ませんが、ここで学んだことを活かし、前進したいと思います。

応援してくださった関係者、ファンの皆様、本当にお世話になりました。また、チーム関係者の方々には多大なるサポートをいただき、感謝しても感謝しきれません。そして、チームメートがいたからこそ、最高に楽しいフットボールができました。こんな私と一緒にプレーしてくれたこと、本当にありがとうございました。
 
 
RB#37加藤寛樹
news101803016.JPG
オービックシーガルズファミリーの皆様、こんにちは。自分は2017シーズンをもって引退することを決意しました。

これまで支えてくれた、家族、友人、職場、仲間、そして試合に参戦していただいている皆様には本当に感謝しています。2009年から9シーズン在籍し、気づけば30歳を超えていますが、オービックシーガルズは最高で、熱くなれるチームでした。本当にありがとうございました。

これからのことは具体的には決めていませんが、何らかの形でフットボールに関わっていきたいと考えています。また、サーフィンやボクシング、さらにはボルダリングなどといった新たなスポーツにも挑戦していきたいと考えています! オービックシーガルズの試合は自分も参戦しにいきますので、これからも、あらためてよろしくお願いします。We are OBIC SEAGULLS!!
 
 
OL#70増山俊樹
news101803015.JPG
いつもオービックシーガルズを応援いただき、誠にありがとうございます。2017年シーズンをもって引退させていただくことになりました。

小学4年生から、父親の影響があって16年間続けてきたアメリカンフットボールですが、オービックシーガルズでプレーした4年間が最も楽しく、また厳しさを知った4年間でもありました。私自身の一部であったアメリカンフットボールから離れることを寂しく思うこともありますが、16年間の経験を生かして、新しいことにチャレンジしていきたいと考えています。

最後になりますが、これまで応援してくださったファンの皆様、支えていだきましたチームに関わるすべての皆様、16年間応援してくれた両親には感謝しています。本当にありがとうございました。
 
 
WR#81松永翔太
news101803013.JPG
オービックシーガルズファミリーの皆様、いつもご声援いただき、誠にありがとうございます。2017年シーズンをもちまして、引退することを決意しました。

思い返すと、12年前に栗田恭志くん(元DB#27)に誘われ、軽い気持ちで始めたアメフトでしたが、気がづけばどっぷりはまってしまい、私の人生においてかけがえのないものになっていました。12年間続けられたのも、たくさんの方々の応援や支えがあったからこそです。高校時代から毎試合駆けつけてくれた家族。そして常に熱い声援を送ってくださったファンの皆様。職場でいつも気にかけていただいた会社及び取引先の方々。東京ドームの試合でしか結成されない松永応援団(非公式)の皆さん。このような貴重な経験を支えてくださったコーチ、スタッフ、事務局の方々。そして、高校・大学・社会人と日本一を目指す中で出会えたチームメート。こんなにも最高な仲間と出会えた私は幸せ者です!!

ボールを捕らずに笑いばかり取り続けた私が抜けることに不安を感じているメンバーも多いかと思われます。そんなメンバーに、最後にこの言葉を贈ります。汝、G Temperたれ。〝今日のテンポはゲームのテンポ″。私もこの言葉を胸に、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。オービックシーガルズで学んだことを糧に、残りの人生を楽しんで生きていきます。本当に本当にありがとうございました。そして、これからも松永翔太をよろしくお願いいたします。
 
 
WR#85萩山竜馬
news101803014.JPG
オービックシーガルズでプレーする中で、大好きだったことがふたつあります。

ひとつが、日本一になるという意志を持ち、自分で、自分たちで考え行動するという準備を、チームメート、コーチとしたこと。もうひとつが、自分が、自分たちが準備したことで日本一になる確信をもってゲームに臨み、チームを勝たせるプレーを決めてスタンドの皆さんの声援を浴びたことです。
 
東北大学という地方大学でフットボールを始めた自分にとって、オービックシーガルズのためにプレーし、日本一に貢献するということは、本当に夢のようなことでした。夢のようなフットボール人生の中で出会ったチームメート、コーチ、対戦相手、スタッフ、チア、ファン、オービックの皆さん、すべてに感謝しています。そして、一番身近で応援してくれた両親をはじめとする家族にも、本当に感謝しています。
 
最後に。今までも、これからも、オービックシーガルズファミリーは自分にとって本当に特別で、自分はいつでもオービックシーガルズファミリーの一員だと思っています。試合会場とかで見かけたら、気軽にお声がけください! 11年間という長い間、本当にありがとうございました。
 
 
TE#98和久憲三
news101803011.JPG
2017年シーズンをもって引退させていただくことになりました。

オービックシーガルズのディフェンスラインと競い合って自分がどこまでできるのか挑戦してみたいと思い、30歳にしてオールドルーキーとして入部させていただきました。ディフェンスラインだけでなく、フルバック、タイトエンド、オフェンスラインと様々なポジションを経験し、思い描いていたような選手生活ではありませんでしたが、とても良い経験になりました。

高校時代にフットボールに出会い、17年間日本一を目指してプレーし続けましたが、選手として日本一という目標を達成することができず、正直、悔いは残っています。チームの皆さんにはぜひ、今年こそ日本一になっていただきたいと思います。

今まで支えてくださったすべての皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
 

2018年02月26日

MVPにDL#11ケビン・ジャクソン選手-2017チーム表彰

2/24(土)、シーズン初日のミーティングで、昨シーズンのMVP各賞の発表、表彰が行われました。2017MVPにはDL#11ケビン・ジャクソン選手選ばれました。


news2018022643.JPG
▲2017シーズンの主役6選手。選手、コーチ全員の投票で選ばれました
左から、
DL#33仲里選手(ディフェンスMVP)「今シーズンも気合を入れてやっていく」
QB#6菅原選手(オフェンスMVP)「昨シーズンの悔しさをバネにして、今年も全力で戦う」
DB#36北村選手(MIP/Most Improved Player 最も成長した選手)「今年もワクワクするフットボールで日本一を目指す」
DL#11KJ選手(チームMVP)「今シーズンこそ絶対に優勝したい。全員で頑張っていこう」
RB#41成瀬選手(キッキングMVP)「オフの間に準備してきた成果を発揮し、さらに挑戦していく」
RB#29李選手(ルーキー・オブ・ザ・イヤー) 「皆の協力があっての賞。昨年以上の結果を出せるよう努力する」
(以上、表彰式でのスピーチから) 

mvp.jpg  2017チームMVP  DL#11ケビン・ジャクソン選手

  news2018022601.JPG


mvp.jpg オフェンスMVP  QB#6菅原 俊選手

  news2018022602.jpg

 

mvp.jpg ディフェンスMVP  DL#33仲里広章選手 ※前年(2016)ルーキー・オブ・ザ・イヤー

  news2018022603.JPG

 

mvp.jpg キッキングMVP  RB#41成瀬圭汰選手 ※2017新人

  news2018022604.jpg


mvp.jpg チームMIP(Most Improved Player 最も成長した選手)  DB#36北村 優選手

  news2018022605.JPG

 

mvp.jpg ルーキー・オブ・ザ・イヤー  RB#29李 卓選手

  news2018022606.JPG

 

2018シーズンイン-新体制で初練習を行いました

news2018022631.JPG
▲2018幹部。TE#88安東主将(中央)とDB#1砂川副将(左)が留任、
新たに2年目のRB#29李選手(右)が副将に加わりました

 
2/24(土)、オービックシーガルズの2018シーズンがスタートしました。

宮本泰介習志野市長が激励に駆けつけてくださり、地元メディアの取材も入るなか、最初のミーティングでは、今シーズンの方針やコーチングスタッフ・選手幹部の発表、昨シーズンのMVP各賞の表彰を行いました。
 
古庄ヘッドコーチは、「自分たちが日本一になると信じ続けること、限界を決めないでやりきることが大事。日本一にふさわしいチームになるために、今日初日から、各自が強い意志を持って取り組んでいこう」とメッセージ。挨拶に立った選手たちからも、「昨年の悔しさをなんとしても晴らす」「このチームで必ず日本一になる」といった決意が聞かれました。
 
news201802262.JPG news2018022641.JPG
▲宮本市長(左)は、「習志野市としても、個人としても、全力で応援する。今シーズンこそ日本一になりましょう」と激励。「宮本市長は、17万人の市民の皆さんに使う時間を割いてこの場に来てくださっている。こんなにうれしいことはない」と古庄ヘッドコーチ(右)

2018コーチユニットコーチプロフィール紹介ページ
ヘッドコーチ:古庄直樹
オフェンスコーチ:濱部 昇
オフェンスコーチ:ダニエル・リンズ
オフェンスアシスタントコーチ:福永慎太郎
オフェンスアシスタントコーチ:坂本昂大
ディフェンスコーチ/アシスタントゼネラルマネジャー:渡辺雄一
ディフェンスコーチ/キッキングコーチ:奥村宏仁
ディフェンスアシスタントコーチ/選手:塚田昌克

2018選手幹部
主将:TE#88安東純貴(2016~)
副将:DB#1砂川敬三郎(2016~)、RB#29李 卓(新任)
 
news2018022640.JPG news201802261.JPG
▲左から、 
ダンコーチ 「日本のトップオフェンスをつくりたいという思いは変わらないが、『このポジションが強い』と言われるのではなく、『このチーム、組織が強い』と言われるようなチームづくりをしていきたい」
濱部コーチ 「今シーズン日本一になると決め、覚悟をもって今日この場に戻ってきた。力を出し切ろう」
李副将 「昨年悔しかった思いと日本一になりたい思いは人一倍持っている。できないこともまだまだあるが、ひたむきにやっていく」
安東主将 「チャンピオンになる。でも、それだけではなく、全員がこのチームで活動することを誇りに思えるようなチームをつくっていこう」
砂川副将 「ディフェンスだけでなく、チーム全体の底上げを意識して取り組んでいく」

各ポジションのリーダーも抱負を語りました。
QB:#6菅原選手 「キャリア関係なく全員が活躍できるような取り組みをしていく」
OL:#59山本選手 「みんなの意見を吸い上げて、良い組織をつくる」
WR:#7池井選手 「WRユニットがオフェンスを引っ張っていく」
DL:#31三井選手 「『フィニッシュまでやりきる』というDLの目標を全員が達成するよう高め合う」
LB:#5坂田選手 「LBの一人ひとりがリーダーという意識を持てるような環境づくりをしていく」
スペシャリスト:LS/DL#44倉脇 「関わるすべての人で、高い意識を持ってユニットを完成させたい」 
(TE:#88安東主将、RB:#29李副将、DB:#1砂川副将

 
初練習(トレーニング)
 
news201802263.JPG
▲今シーズン初のハドルから練習開始
 
news201802267.JPG news201802266.JPG   
▲まずは全員でウォームアップ。トレーナー、コーチ陣はトレーニングのポイントを確認

news201802264.JPG news201802268.JPG
LB#9塚田選手 (左)は今年も選手兼コーチ。「選手とコーチが一体になれる雰囲気づくりが自分の役目」。「キツい!!」とQBリーダー#6菅原選手(右)
 
news201802269.JPG news2018022610.JPG
▲昨シーズン、ともにオールXリーグに初選出されたDL#33仲里選手(左)とLB#13岩本選手(右)。今年はさらなる活躍が期待されます
 
news2018022612.JPG news2018022611.JPG
▲声を出して周りを盛り上げるLB#28中西選手(左)とWR#86前田選手DB#16三宅選手(右)はキツいメニューにも余裕の表情でした

news2018022613.JPG news2018022628.JPG
OLリーダー#59山本選手(左)とRB#41成瀬選手(右)は、オフの間に一段と体が大きくなっていました
 
news2018022614.JPG news2018022632.JPG
▲昨年、チーム待望のジュニアシーガルズ出身選手が2人誕生。QB#19升川選手(左)とDB#38石神選手(右)
 
news2018022620.JPG news2018022615.JPG
K/P#49星野選手(左)はキレのある動きを見せていました。右は、サーキットトレーニングの合間にもハドルで気持ちを高めるOL#76藤田選手(右端)ら
 
news2018022618.JPG news2018022616.JPG   
▲全員が力を振り絞った綱引き。チーム最年長、今月41歳になったTE#88安東主将(右写真手前)は初日からハードワークでチームを引っ張ります
 
news2018022619.JPG news2018022617.JPG
RB#32原選手(左)は声を出してリード。右は必死の形相、RB#43望月選手。今シーズンも、“うなぎ走り”と“ゴリゴリラン“に注目です
 
news2018022622.JPG news2018022621.JPG
▲「WRがオフェンスを引っ張る」と意気込みを語ったWRリーダー#7池井選手(左)。右は昨年成長が目立ったOL#75川本(康)選手

news2018022623.JPG news2018022626.JPG
▲新副将のRB#29李選手はトレーニング中、声を出し続けていました。右は努力家OLコンビ、#78木部選手(左)と#73岡本選手(右)
 
news2018022624.JPG news2018022625.JPG
DB#27田中選手(左)は厳しいメニューも笑顔で乗り切りました。右はDL#11KJ選手。今年に賭ける思いは強く、「絶対に優勝したい」

news2018022642.JPG news2018022627.JPG
▲左はスペシャリストのリーダーの気合を表してくれたLS/DL#44倉脇選手。右はチームメートに体の使い方を伝えるDL#23BJ選手
 
news2018022629.JPG news2018022630.JPG
▲ポジションごとに、今シーズンどんな思いで戦っていくかを確認。「やりきる」「勝つ」、そのためにどうするかといった話がそれぞれのユニットで交わされました。左はLB、左端がリーダー#5坂田選手。右はDL。中央の#68清家選手は、この翌日に放送された「ジャンクSPORTS」(フジテレビ)で“怪力アスリート”ならではの驚きのトレーニング方法や面白エピソードを披露しました

2018年02月21日

【TV出演】DL#68清家拓也選手が2/25(日)フジテレビ「ジャンクSPORTS」に出演します

news201802211.JPG
▲永島優美アナウンサーと
 
 
2/25(日)夜、フジテレビのスポーツバラエティー「ジャンクSPORTS」にDL#68清家拓也選手が出演します。
 
この日のテーマは「怪力アスリート」。昨年の大晦日にAbemaTVで朝青龍さんと相撲で対決した(AbemaTV「朝青龍vs清家」)清家選手が、今度は地上波のトーク番組で他のアスリートの皆さんとともに、“怪力アスリート”ならではのエピソードを披露します。ぜひご覧ください。


フジテレビ「「ジャンクSPORTS」(毎週日曜日19:00~19:57)番組HP
 
放送日時:2/25(日)19:00~19:57
テーマ:怪力アスリート
出演者 (敬称略、番組HPより):
【MC】浜田雅功(ダウンタウン) 
【進行】永島優美(フジテレビアナウンサー) 
【ゲスト】岡田 隆(ボディビルダー) 、垣永真之介(ラグビー) 、柏村亮太(ハンマー投げ) 、桑井亜乃(ラグビー) 、マテイトンガ・ボギドゥラウマイナダヴェ(ラグビー) 、八木かなえ(重量挙げ) 、清家拓也(アメリカンフットボール) 
 
放送内容(番組HPより) :
MCの浜田雅功と、各界で活躍する一流のアスリートたちとのクロストークが大きな見どころ。今回は「怪力アスリート」の実態に迫る。スタジオでは、怪力アスリートたちの「驚きの鍛錬法」として、ボディビルダーの岡田からは追い込みの時期には1日2キロもの鶏肉を食べなければならないというエピソード、ラグビーのマテイからは力をつけるために大きなタイヤをハンマーで叩きまくる練習のエピソードなどが飛び出す。また、スタジオの怪力アスリートたちが、怪力ボディになる前の体を写真で紹介。現在、体重135キロのアメフトの清家は、中学時代はテニス部で70キロで非力だったと告白。5歳から体操を始め、中学時代は日本ジュニアで上位に入るほどの実力者だったという重量挙げの八木は、重量挙げに転向した意外なきっかけについて語る。
 
news201802214.JPG news201802212.JPG
▲左は、収録前の控室でくつろぐ清家選手。相撲は真剣勝負でしたが、今度は面白トークでMC浜田さんの笑いを取ったでしょうか

news201802215.JPG news201802213.JPG
▲左写真は上段左から、清家選手、岡田 隆選手(ボディビルダー)、柏村亮太選手(ハンマー投げ) 、垣永真之介選手(ラグビー) 、下段左から、マテイトンガ・ボギドゥラウマイナダヴェ選手(ラグビー) 、八木かなえ選手(重量挙げ) 、桑井亜乃選手(ラグビー) 

2018年02月20日

2018トライアウトを行いました

news201802202.jpg news201802201.jpg


2/17(土)、習志野グラウンドで2018シーズンのトライアウトを開催しました。

今年の受験者は20名と、昨年の倍近くの選手たちが、遠くは北海道や関西からもチャレンジしにきてくれました。

40ヤード走などの計測ではコンマ1秒を争い、スキルチェックではそれぞれが得意なプレーを猛アピール。マンツーマンではつい熱が入り、激しいコンタクトが見られるほどでした。まだ寒い時期にも関わらず、良いコンディションで臨んだ選手が多く、短い時間の中で、持てる能力を存分にアピールしてくれました。

2018シーズンのチームにとって、大きな収穫を得たトライアウトになりました。新人たちのこれからの活躍が楽しみです。果敢にチャレンジいただいた選手の皆さん、ありがとうございました。
 
この日の合格者はさっそく今週末2/24(土)のシーズンインからチームに合流し、春は既存選手とともに練習や試合でパフォーマンスを競います。7月のロスター登録(65名)にあたっては、コーチ陣も難しい判断を迫られそうです。

2018年02月01日

春季開幕戦は5/3(木祝) vs.明治安田PentaOcean-パールボウル試合日程発表

東日本の12チームが出場する「パールボウル2018」(春季 社会人アメリカンフットボール東日本選手権)の試合日程が発表されました。
 
オービックシーガルズの初戦は、5/3(木祝)の明治安田PentaOceanパイレーツ戦。東京ドームでの決勝(パールボウル)は6/28(木)。2年連続7度目の優勝を目指します。

パールボウル2018  オービックシーガルズ試合日程   ※キックオフ時間は未定。 決定(3/5追記)
【予選リーグ】※Aブロック トーナメント表(Xリーグ公式サイト)
5/3(木祝)14:00 vs.明治安田PentaOceanパイレーツ@富士通スタジアム川崎 ※ホーム/メインスタンド
5/20(日)14:00 vs.富士通フロンティアーズ@富士通スタジアム川崎 ※ビジター/バックスタンド
 
【準決勝】※Aブロック1位通過の場合
6/10(日)11:00 vs.Bブロック1位@富士通スタジアム川崎 ※ホーム/メインスタンド
                         (LIXILオール三菱BULLSのいずれか) 
   Aブロック2位または3位の場合は、以下の交流戦にまわります。
    2位の場合:6/9(土)14:00 vs.Bブロック2位@富士通スタジアム川崎 ※ホーム/メインスタンド
    3位の場合:6/16(土)14:00 vs.Bブロック3位@富士通スタジアム川崎 ※ホーム/メインスタンド
 
【決勝(パールボウル)】
6/28(木)19:00 @東京ドーム ※ホーム/メインスタンド 
※1Q 12分、タイブレーク有り(交流戦はタイブレーク無し)。
※予選リーグに限り、第3Q開始時点で50点以上、または第4Q開始時点で30点以上の得点差がある場合は、チームタイムアウトとレフリータイムアウト以外で時計を止めず、ランニングタイムとする。

booster%20banner%202018%20L.jpg  
★春にご入会いただくと、予選リーグ2試合に無料ご招待★
お得なチケットと各種特典がセットになった参戦パックを販売中です(2,500円~)。春にご入会いただくと、予選リーグ2試合(5/3明治安田PentaOcean戦、5/20富士通戦)に無料ご招待。今年の特典グッズは「リール & 2種類のストラップ付き 会員カードケース」です。ぜひお早めにご入会ください。詳細・お申し込み
(チケット情報)
準決勝まで=当日券1,300円のみ。全席自由。高校生以下無料 / パールボウル(決勝/1階席)=前売券1,800円(予定)、 当日券2,200円(予定)。全席自由。高校生以下無料。
 

2017061909s.JPG
▲昨年のパールボウル(決勝) 〇29-27IBM

2018秋季レギュラーシーズン組み合わせ決定

2018年秋季レギュラーシーズン(1~6節/8月末~10月開催)の組み合わせが発表されました。

昨年の戦績により、CENTRALディビジョン3位として2018シーズンに挑むオービックシーガルズは、同6位、1位、2位のチームと対戦した後、WEST2位(大阪遠征)、EAST1位、EAST4位のチームと対戦します。

レギュラーシーズンの日程・会場、プレーオフの日程等は未定。決まり次第、お知らせします。
 
2018秋季レギュラーシーズン オービックシーガルズの対戦カード(1~6節)
第1節  vs. BULLS(C6)
第2節  vs. ノジマ相模原(C1)
第3節  vs. LIXIL(C2)
第4節  vs.  エレコム神戸(W2)※大阪遠征
第5節  vs. 富士通(E1)
第6節  vs. オール三菱(E4)

2018ディビジョン編成   ※既報記事 2017/12/19
【EAST】 【CENTRAL】 【WEST】
E1  富士通 C1  ノジマ相模原 W1  パナソニック
E2  IBM C2  LIXIL W2  エレコム神戸
E3  アサヒビール C3  オービック W3  アサヒ飲料
E4  オール三菱 C4  富士ゼロックス W4  アズワン
E5  明治安田PentaOcean C5  東京ガス W5  名古屋
E6  電通 C6  BULLS W6  サイドワインダーズ 

(全組み合わせは以下の通りです)
 
<第1節>
E1 富士通 × E2 IBM
E3 アサヒビール × E6 電通
E4 オール三菱 × E5 明治安田PentaOcean
-------- 
C1 ノジマ相模原 × C2 LIXIL
C3 オービック × C6 BULLS
C4 富士ゼロックス × C5 東京ガス
-------- 
W1 パナソニック × W2 エレコム神戸
W3 アサヒ飲料 × W6 サイドワインダーズ
W4 アズワン × W5 名古屋

<第2節>
E1 富士通 × E3 アサヒビール
E2 IBM × E5 明治安田PentaOcean
E4 オール三菱 E6 電通
-------- 
C1 ノジマ相模原 × C3 オービック
C2 LIXIL × C5 東京ガス
C4 富士ゼロックス × C6 BULLS
-------- 
W1 パナソニック × W3 アサヒ飲料
W2 エレコム神戸 × W5 名古屋
W4 アズワン × W6 サイドワインダーズ

<第3節>
E1 富士通 × E4 オール三菱
E2 IBM × E3 アサヒビール
E5 明治安田PentaOcean × E6 電通
-------- 
C1 ノジマ相模原 × C4 富士ゼロックス
C2 LIXIL × C3 オービック
C5 東京ガス × C6 BULLS
-------- 
W1 パナソニック × W4 アズワン
W2 エレコム神戸 × W3 アサヒ飲料
W5 名古屋 × W6 サイドワインダーズ

<第4節>
E1 富士通 × C1 ノジマ相模原
E2 IBM × C2 LIXIL
C4 富士ゼロックス × W3 アサヒ飲料(遠征)
E4 オール三菱 × C5 東京ガス
E5 明治安田PentaOcean × C6 BULLS
-------- 
W1 パナソニック × E3 アサヒビール(遠征)
W2 エレコム神戸 × C3 オービック(遠征)
W4 アズワン × W5 名古屋
W6 サイドワインダーズ × E6 電通(遠征)

<第5節>
E1 富士通 × C3 オービック
E3 アサヒビール × W4 アズワン(遠征)
E4 オール三菱 × C4 富士ゼロックス
E5 明治安田PentaOcean × C5 東京ガス
E6 電通 × C6 BULLS
-------- 
C1 ノジマ相模原 × W1 パナソニック(遠征)
W2 エレコム神戸 × C2 LIXIL(遠征)
W3 アサヒ飲料 × E2 IBM(遠征)
W5 名古屋 × W6 サイドワインダーズ

<第6節>
E2 IBM × W2 エレコム神戸(遠征)
C2 LIXIL × E3 アサヒビール
C3 オービック × E4 オール三菱
C4 富士ゼロックス × E5 明治安田PentaOcean
C5 東京ガス × E6 電通
-------- 
C6 BULLS × W5 名古屋(遠征)
W1 パナソニック × E1 富士通(遠征)
W3 アサヒ飲料 × C1 ノジマ相模原(遠征)
W4 アズワン × W6 サイドワインダーズ
 
 
news20180201.jpg
▲2018シーズンも参戦よろしくお願いします