News

最近の記事

2019年12月25日

【TV出演予定】1/3(金)ライスボウル NHK生放送の解説に古庄HCとTDK

新春1/3(金)、ライスボウルのTV中継で古庄直樹ヘッドコーチが主音声の解説を、チームDJのTDK(タッチダウン金子 / 金子 敦 / 元DB#7)が副音声の解説を務めることになりました。ともにJAPAN X BOWLに続いての出演です。  

史上最多タイ・4連覇を狙う富士通と、2年連続出場の関西学院大学。オービックシーガルズも関学大とは  2011、2012、2013シーズンの3度対戦しており、同校出身の現役選手は4名います(DL#20平澤 徹DB#27田中雄大DB#32山本泰世RB#43望月麻樹)。彼らの恩師であり、今シーズン限りで勇退される鳥内秀晃監督のラストゲームです。どうぞご覧ください。


NHK BS1 [LIVE] 「第73回ライスボウル(日本選手権) 関西学院大×富士通」@東京ドーム
2020/1/3(金)15:00~17:50 (17:50~18:00 サブチャンネル102)
主音声 解説:古庄直樹
副音声<ルール解説>  解説:金子 敦
番組情報NHKスポーツオンライン>アメフト

 
news201912101.jpg

2019年12月23日

【2020トライアウト】 2/11(火祝)開催 -参加選手募集

news20190121.jpg

 

 

2020/2/11(火祝)、2020シーズンの選手トライアウトを開催します。下記実施要項をご確認のうえ、2/4(火)までにご応募ください。皆さんの果敢なチャレンジをお待ちしています。 

 

「2019シーズンも多くの新人・移籍選手が日々の練習でも試合でも存在感を発揮し、チームの成長に大きく貢献してくれました。出身大学、サイズ、フィジカルは関係ありません。このオープントライアウトの参加条件は次の3つだけです。

  1.社会人になってもフットボールを続けたい。

  2.男として、フットボーラーとして、成長することを楽しみたい。

  3.数あるクラブチームの中でも、オービックシーガルズで日本一にチャレンジしたい。

チャンスはすべて、このフィールドにあります。2020シーズンも、新しいポテンシャルに出合えるのを楽しみにしています」(古庄ヘッドコーチ)

 

 

2020シーズン オービックシーガルズ トライアウト実施要項

日時:  2020/2/11(火祝) 11:15受付開始、12:00選考開始

場所:  オービック習志野グラウンド(千葉県習志野市茜浜)
         *最寄り駅:JR京葉線「新習志野駅」MAP・アクセス

 

応募条件:

・首都圏在住の方(首都圏以外にお住まいの方は、事前にお知らせください)
・オービックシーガルズの練習、試合、その他の活動に参加できる方
・社会人協会規約およびオービックシーガルズ選手規約を遵守できる方

外国籍の方は、以下も条件となります。
     ・シーズンを通して日本国内(首都圏)に在住している方
        -It's best to stay in Japan “Tokyo area” for the whole season.
     ・日本国内で、生計を立てる職業に従事している方
       -It’s required to have a job in Japan.
     ・プロ選手としてフットボールをプレーしたことがある方は除きます
       -The player shall not have played in professional football.
     ・登録は4名、オンフィールドは2名まで
       -We allow to keep for four international players,
          but only two can be on the field at one time.
     ・フットボールプレーヤーとしてのプロ契約はしません
      -We can't offer professional contract.

 

トライアウト内容:

・40ヤード走
・20ヤードシャトル
・3コーンドリル
・立ち幅跳び
・バーチカルジャンプ(予定)
・100kgベンチプレス(OL/DL/LB/TE)
・ポジション毎のスキルチェック
・コーチからのインタビュー

*実技は90分程度。その後、コーチのインタビューを終えた方から解散となります。
*ウエアはハーフスタイル。自チームのメッシュ・練習着を着用してください(オフェンスはホワイト、ディフェンスはカラー)。防具、スパイク、運動靴、短パンなどもご用意ください。

*フィールドは、フィールドターフ(ロングパイル人工芝)を使用しています。
*交通費は自己負担でお願いします。車でお越しいただいてもかまいません。

 

応募方法:

1)トライアウト応募フォームに必要事項を記入のうえ、送信してください。
2) いただいた内容を当方で確認し、不足などなければ、「受付完了メール」をお送りします。
3) トライアウトの1週間ほど前から順次、最終の意思確認とご案内のため、電話連絡をさせていただきます。
*不明点、ご質問などありましたら、応募フォームの備考欄から、またはTELでご連絡ください。
  オービックシーガルズ事務局  
  担当:坂本(アシスタントコーチ) TEL:047-452-2224(月~金10:00~17:00)

 

<<応募締切>> 2/4(火)23:59

 

 

応募を考えている皆さんへ、昨年加入した3選手からのメッセージをお届けします。

 

DB#32山本泰世

兵庫県出身。高校では硬式テニス部。関西学院大学でアメリカンフットボールを始め、1、2、4年時の3度、甲子園ボウルを制し大学日本一。アサヒ飲料クラブチャレンジャーズを経て、2019年オービックシーガルズ加入。

 

news201912232.jpg  

 

オービックシーガルズとの出合いは、関西学院大学1年時に出場した2013年シーズンのライスボウルです。アメフトを始めたばかりの私にとって、オービックは憧れの存在、雲の上の存在でした。大学の4年間、「日本一」に本気で向き合い、チームは3度大学日本一になりましたが、自分自身に対してまだどこか腑に落ちないところがありました。スタメンではなかったし、まだ上手くなるんじゃないか、もっと心からこのスポーツを楽しむことができるんじゃないか。そんな思いが社会人でアメフトを続ける原動力になりました。

 

卒業後、アサヒ飲料で2年間プレーしましたが、さらに自分を成長させるために、競争がより激しく、勝利が求められる環境に身を置きたい、真の日本一になりたいという想いが湧いてきました。そんな中、大学の1つ先輩の#27田中雄大さんも所属しているということもあって、オービックのトライアウトに挑戦しました。

 

実際に加入して気づいたことは、ここにいれば勝てる、日本一になれるというわけではないということ。一人ひとりの取り組み、行動が歴史をつくるということ。私もその歴史をつくるために、自分自身と、仲間と向き合い、悪戦苦闘しながらフットボールを心から楽しんでいます。仕事の関係で大阪から毎週末通っていますが、毎週末が楽しみで仕方ありません。 また、一人ひとりの本気も大切ですが、選手、コーチ、スタッフ、チームのサポート、すべてが日本一になるためのものであると感じています。日本一を目指すための環境がここにはあります。

 

実績がある方、絶対にオービックでフットボールをしたいと考えている方、ぜひ私たちに力を貸してください。目標に向かって一緒に成長しましょう。様々な事情で悩んでいる方には、こう伝えたいです。「本気(まじ)でフットボール、やりきった?」。一緒に新たな歴史をつくれることを楽しみにしています!


DB#39須田克志

兵庫県出身。高校はサッカー部。京都大学でアメリカンフットボールを始め、4年時にカレッジ日本代表。2019年オービックシーガルズ加入。新人ながら2019シーズンのオールXリーグに選出された。

 

news201912235.JPG  

 

オービックシーガルズに加入したのは、自分が最大限成長できる、チャレンジングな環境にあると思ったからです。大学からアメフトを始め、プレーヤーとしてどのレベルまで成長できるのか挑戦したい。各ポジションに日本代表を担う選手がそろっているオービックは、そんな僕にうってつけのチームでした。 

 

この1年、実際に週末の練習では、毎回チームメートから成長のきっかけをもらうことができました。また、社会人チームは学生に比べて集まる時間も短く、個人個人の能力で戦っているのではと思っていましたが、限られた時間で目一杯コミュニケーションを取り、ファミリーとして一丸となってシーズンを戦っています。自分自身、平日は京都で大学院生として研究活動をし、週末に上京して練習に参加しています。たしかにたいへんな環境ではありますが、それでも挑戦する価値のあるチームです。

2019シーズンは目標の日本一を達成することはできませんでした。個人としても、Xリーグのレベルの高さを感じ、課題が多く残るシーズンでした。もう一度、日本一にふさわしいチーム、選手、スタッフとは何なのか、自問自答を繰り返して、必ず日本一を奪還します。

 

ここには本気で自分の限界に挑戦できる素晴らしい環境が整っています。一緒に、最高にワクワクできる挑戦をしましょう!


DL#94菊池雄大

北海道出身。高校は野球部。北海学園大学でアメリカンフットボールを始め、主将を務めた。2、4年時に北海道リーグベストイレブン選出。2019年オービックシーガルズに加入(練習生)。

 

news201912241.JPG  

 

大学で始めたフットボールが私の人生を変えました。オービックシーガルズと出合ったのは、大学3年の時に参加させてもらった練習です。その時はまさか自分が後に入ることになるとは思ってもいませんでしたが、まだまだフットボールがしたい、北海道リーグで終わるのではなく、もっと高いレベルに挑戦したいと、Xリーグ上位チームでのプレーを希望するようになりました。そして、やるならとにかく日本一になりたい、私のような初心者でも努力次第で日本一になれることを証明したいと思い、地方リーグ出身者が多く活躍しているオービックへの加入を決めました。


今年は練習生で、試合に出られないと決まっていましたが、来シーズンに向けて1年もかけて準備ができるのは練習生だけだとポジティブに捉え、まずは体作りから始めました。体重は10kg以上増え、スピードも上がっています。ファンダメンタルの向上ももちろんですが、アメリカ人選手から教わるテクニックは、オービックシーガルズなどのトップチームにしかないものです。毎練習後、#17ジェイソンに指導してもらっています。

オービックシーガルズは「本気」の2文字を体現しているチームです。何事にも本気で取り組む、熱い思いを持った者の集まりで、どの年代も大学時代のスター選手ばかり。レベルの高い選手と競い合える環境が、私を成長させてくれています。2020シーズンの目標は、スターターとして試合に出ること。そしてもちろん日本一になることです。

オービックシーガルズの良いところは、「最強のクラブチーム」である点だと私は思っています。平日は仕事、休日は練習となると、どこかで辛くなり、甘えたくなるものです。しかし、周りを見ると、日本を代表するような企業に務めている選手や子どもが生まれたばかりの選手が休日にハードトレーニングをし、試合で活躍していたりする。どこまで頑張っても、自分の努力がまだ足りないと気づかされます。

 

与えられるのではなく、常に自分から何かを掴みにいく環境はなかなかないのではないでしょうか。そんな環境でぜひ一緒にフットボールを通して成長していきましょう。そして、ともに日本一になりましょう。


練習の模様などがこちらのTV特番で紹介されています。参考にご覧ください。
千葉テレビ密着ドキュメンタリー「WE ARE OBIC SEAGULLS すべてに本気な男たち」(2018/4放送、29分×2話)


#1

#2

 

2019年12月21日

『Wedge』2020年1月号にオービックシーガルズの取材記事が掲載されました

総合月刊誌『Wedge』2020年1月号の特集「スポーツで街おこし プロ化だけが解じゃない」で、オービックシーガルズがクラブチーム化して活動していることが事例のひとつとして紹介されました。
 
掲載誌 :『Wedge』(株式会社ウェッジ刊) 2020年1月号(12/20発売)
特集タイトル :「スポーツで街おこし プロ化だけが解じゃない」
掲載記事 :PART5 「岐路に立つ実業団チーム 存続のカギは地域との連携」


news201912221.jpg

news201912222.jpg
 

2019年12月10日

【TV出演予定】12/16(月)JAPAN X BOWL NHK生放送の解説に古庄HCとTDK

12/16(月)、東京ドームで開催される社会人決勝「JAPAN X BOWL」のTV中継で、古庄直樹ヘッドコーチが主音声の解説を、チームDJのTDK(タッチダウン金子 / 金子 敦 / 元DB#7)が副音声の解説を務めます。

NHK BS1 [LIVE] 「第33回ジャパン X ボウル」@東京ドーム
12/16(月)19:00~21:49 富士通フロンティアーズ×パナソニックインパルス
主音声 解説:古庄直樹
副音声<ルール解説>  解説:金子 敦
番組情報NHKスポーツオンライン>アメフト

 
news201912101.jpg
▲TDKは初出演。副音声で初心者でも楽しめる易しい解説をお届けします

2019年12月09日

オールXリーグに6名の選手が選出されました-2019Xリーグ表彰

news2019120900l.jpg

 


JAPAN X BOWL開催を前に、Xリーグから2019シーズンの「最優秀選手」「最優秀新人選手」「オールXリーグ」(ALL X1 Super)の各賞が発表され、オービックシーガルズからはオールXリーグに6名の選手が選出されました。ビーティー兄弟は、2年連続で兄弟そろっての受賞となりました。

 

なお、最優秀選手と最優秀新人選手はともに、オールXリーグにも選ばれた富士通フロンティアーズ RB#29グラント・サマジー選手が受賞しました。

 

 

【Offense 1st Team / 最優秀オフェンス】 1名

RB#29李 卓(初受賞 / 2017年最優秀新人選手)

【Defense 1st Team / 最優秀ディフェンス】 5名

DL#33仲里広章(2年ぶり2度目:2017,2019)
DL#23バイロン・ビーティー・ジュニア(2年連続4度目:2013,2016,2018,2019)
LB#13岩本卓也(3年連続3度目:2017,2018,2019)
DB#21ブロンソン・ビーティー(2年連続2度目:2018,2019)
DB#39須田克志(新人・京都大 / 初受賞) 

 

Xリーグ公式サイト 発表ページチーム歴代受賞者一覧

※オールXリーグ : 2000年から始まった表彰制度。2019シーズンはX1 Super所属の8チームがレギュラーシーズン(リーグ戦)を対象期間として、自チーム以外の選手に対してポジション別に投票を行い、【オフェンス11名、ディフェンス11名、スペシャルチーム3名 計25名】が選出されました。


オールXリーグ2019(ALL X1 Super)

 

【Offense 1st Team / 最優秀オフェンス】

 

news201912091.jpg

RB#29李 卓(2017年加入 / 初受賞 / 2017年最優秀新人選手)

受賞コメント

はじめに、オールX選出に関わるリーグ関係者の皆様に感謝します。今シーズンも素晴らしい選手が多く在籍するXリーグから選出していただけたことをたいへん光栄に思います。そして、UNITE というスローガンのもと、ランユニットを支えてくれたTwisters(OL)と、毎練習毎試合で僕を刺激し僕の闘争心を燃やしてくれたPillars(RB)の仲間たちに感謝します。彼らとともに真剣に悩み、もがき苦しみながら切磋琢磨したチームワーク無しに、この受賞はありませんでした。また、今シーズンも多くのコーチ、選手、スタッフが仕事や家庭においてそれぞれの犠牲を払いながら、日本一を目指し取り組んできました。このチームと、それを理解し支えてくれた家族、友人、そして常に熱い声援でサポートしてくださったファンのすべての皆さんに感謝します。この素晴らしいオービックシーガルズファミリーの皆さんとともに日本一を目指し戦えた経験をとても誇りに思います。来年こそ、ライスボウル勝利の歓喜で皆さんにお返しするために、より一層努力していきます。

古庄HCコメント

リーグ序盤は怪我で戦列を離れていたが、「目指しているところが違う」、そんな走りをリーグ戦中盤から見せつけ、存在感を発揮した。日々のハードワークの積み重ねで手に入れたフィジカルは他を圧倒し、特にカット後にサイドライン際を駆け上がる加速はリーグ無双。来シーズンは海外挑戦も含めてさらなる進化が求められる1年。ここまでの延長ではなく、持ち前の向上心で新たな武器を手に入れにいってほしい。

 

 

【Defense 1st Team / 最優秀ディフェンス】

 

news201912092.jpg

DL#33仲里広章(2016年加入 / 2年ぶり2度目:2017,2019)

受賞コメント

2年ぶりのオールX受賞をうれしく思います。ひとえに周りからの応援、サポートがあってこそだと思いますので感謝いたします。昨年は怪我のため、なかなかプレーすることもできず、悔しいシーズンを経験しました。今シーズンは絶対に活躍してやろうと意気込んで臨んだ結果、オールXを受賞できたので、個人的にはよかったと思います。来年も受賞できるよう頑張っていきます。チームとしては今年も準決勝で敗れるということになり、とても悔しく思います。やはり日本一になってオールXを受賞することが一番いいことだと思いますので、来年はさらに活躍してチームを勝たせます。今年のチームは今までにない一体感をもってやってきました。まだ結果はついてきていませんが、間違いなく前進していることを感じます。引き続き前進し、来年必ず日本一を奪還します! 今シーズン熱い参戦ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。

古庄HCコメント

怪我で思うようなパフォーマンスが出なかった昨年の鬱憤を晴らすかのように、今シーズンは春からビッグプレーを連発し、すべての試合でスクリメージラインを支配し続けた。特に1対1の強さでは他を圧倒。直後の感情的なガッツポーズも印象深い。アメリカ人DLがズラリとそろうXリーグDL陣において、日本人唯一のオールX入りは本当に誇らしく、さらなる進化に期待している。

 

news201912093.jpg

DL#23バイロン・ビーティー・ジュニア(2012年加入 / 2年連続4度目:2013,2016,2018,2019)

受賞コメント

It is an honor to have been selected as an All X member this season.  There are many great players throughout the league and I am blessed to be chosen as one of the top players.  I want to thank my coaches and teammates for all the support this season.  You all make this fun and make me a better player.  Also a big thank you to my wife and kids who are always there to support and motivate me. You guys make me want to be the best person and player that I can be. Thank you to all the Seagulls fans for always supporting the team and I. You all make it special to play for this team.  I will continue to work hard and play my hardest next season 

to help our team become the best. Aloha.

(今シーズンのオールXメンバーに選ばれ光栄に思います。多くの素晴らしい選手がいるリーグでトッププレーヤーのひとりに選ばれ幸運です。サポートしてくれたコーチやチームメートに感謝します。皆がシーズンを楽しいものにしてくれ、私を成長させてくれます。そばでいつもサポートし、やる気を起こさせてくれる妻と子どもたちにもとても感謝しています。最高の人、プレーヤーになりたいと思わせてくれます。オービックシーガルズファンの皆さん、チームと私をいつもサポートいただきありがとうございます。皆さんがこのチームでプレーすることを特別なものにしてくれます。来シーズンも頑張って懸命にプレーし続け、チームの優勝に貢献したいと思います。アロハ。)

古庄HCコメント

Xリーグ8年目となった今シーズンも、フィジカル、メンタルの向上に真摯に向き合い、どの試合でもオービックディフェンスの象徴として、闘志むき出しで暴れ続けた。特にQBへのプレッシャーに対しては誰よりも貪欲で、どこのQBも彼を無視してプレーすることはできない。今シーズンは副将・ディフェンスリーダーにもチャレンジ。勝利への強い意志から発せられる熱い言葉で、ディフェンスの先頭に立って選手たちの士気を上げ続けた。

 

17iwamoto130.jpg news201912094.jpg

LB#13岩本卓也(2016年加入 / 3年連続3度目:2017,2018,2019)

受賞コメント

オールXに選出され、光栄に思います。リーグにはたくさんの素晴らしい選手がいて、毎年レベルが上がっている中、たいへん栄誉なことですし、優秀な選手たちの中で選ばれたことに感謝しています。2019シーズンは残念な結果に終わってしまい、悔しい気持ちでいっぱいです。2020シーズンは今まで以上にハードワークを積み重ね、進化したオービックシーガルズを見せられるように、日々の練習に取り組みたいと思います。ファンの皆さん、今シーズン応援ありがとうございました。来シーズンも熱い声援をよろしくお願いします。  

古庄HCコメント

今シーズンはミドルLBのポジションでフィールドコントロールの責任も担い、自分のプレーだけでなく、周囲のプレーを動かすことにもチャレンジ。サインの理解度が上がり、安定したパフォーマンスを出せるようになった。しかし、彼の潜在能力はこんなものではない。オフェンスのレベルが上がったXリーグの中でも、OLにもRBにもWRにも、1対1では誰にも負けないLB へと成長してくれると期待している。


 

news201912095.jpg

DB#21ブロンソン・ビーティー (2018年加入 / 2年連続2度目:2018,2019)

受賞コメント

I am happy to be selected as an All X League DB.  It is always my goal at the beginning of the season.  I wouldn’t have been able to accomplish this goal without the help of my teammates and coaches, at the end of the day this is a team sport. Thank you Seagull Family for your support throughout the year!  We will work hard this off season so we can win a championship in 2020.

(オールXリーグのDBに選ばれてうれしいです。オールXはいつもシーズンが始まるときの目標です。チームスポーツなので、チームメートやコーチの助けがなければ達成することはできなかったと思います。オービックシーガルズファミリーの皆さんには、シーズンを通してサポートいただきありがとうございます。2020年優勝できるよう、皆でこのオフシーズン頑張ります。)

古庄HCコメント

Xリーグ2年目にして、誰もが認めるリーグのナンバーワンセーフティとしての存在感を存分に発揮した。フィジカルも、メンタルも昨年よりアップした状態でシーズンインし、宣言通りのリーディングタックラー、インターセプト王獲得は、日々の努力の賜物。サイズ、フィジカル、スピード、嗅覚、すべて兼ね備えた選手だが、彼の一番の能力は、練習でも、試合でも、すべてのプレーを全力で、心から楽しんでやっていること。フットボール愛にあふれる彼のさらなる成長に期待している。

 

news201912096.jpg

DB#39須田克志 (新人・京都大 / 初受賞)

受賞コメント

ルーキーイヤーにオールXという栄誉ある賞をいただけたこと、非常にうれしく思います。ひとえにファンの皆さんをはじめ、チームメート、コーチ、スタッフの方々のおかげです。本当にありがとうございました。今シーズンは初めてのXリーグ参戦でレベルの高さを痛感し、悔しい1年間でした。今年直面した多くの課題に向き合い戦い続けることで、さらなる進化を遂げてフィールドに帰ってきます。来シーズンはチーム一丸となって必ず日本一を勝ち取ります。今後も熱いご声援よろしくお願いします。

古庄HCコメント

Xリーグ初年度ながら、恵まれた手足の長さを存分に活かして春からシャットダウン・コーナーバックとして存在感を発揮。特にプレスマンツーマンでの間合いの取り方は、新人離れした感覚を持っている。成長意欲も人一倍高い。毎週のように新たな気づきを手に入れ、チャレンジを繰り返す素直な性格も彼の大きな武器。同ポジションの#14藤本、#27田中との切磋琢磨は本当にレベルが高く、練習を見ているだけでワクワクさせてくれる。


ケビン・ジャクソン コーチがHULA BOWLジャパン・オフィシャル・ディレクターに就任

hulalogo-kraked.png

EKNt8jpUwAAqA-k.jpg
 
 
ケビン・ジャクソン コーチ(コーチKJ)が、来年1/26(日)に米ハワイ州・アロハ・スタジアムで開催される全米大学オールスター戦「HULA BOWL」のジャパン・オフィシャル・ディレクターに就任しました。

それに伴い、コーチKJを代表とした「ジャパン・アメリカン・フットボール・コンバイン」(JAFC)が発足。12/22(日)、全国の大学生選手を対象にコンバイン(公開テスト)を行い、優秀選手3名をHULA BOWLに送り出します。また、コンバインの運営資金、HULA BOWLに出場が決まった選手のサポート資金として、クラウドファンディングによる支援を広く募集しています。

オービックシーガルズとしても、世界に挑戦する選手、そしてコーチKJの活動をサポートしていきたいと考えています。コンバインへのご参加、ならびにクラウドファンディングへのご支援をよろしくお願いします。
 
日本アメリカンフットボール協会がこのコンバインを選手のグローバルチャレンジを後押しする意義ある活動と認め、後援することが発表されました。記事(12/11追記)
 
 
ジャパン・アメリカン・フットボール・コンバイン(Japan American Football Combine / JAFC)
コンバイン実施概要はこちらFacebookTwitterInstagram (応募締切:12/15(日))
クラウドファンディング募集ページ (12/22(日)まで。主旨、リターン等ご確認ください)

Desktop.jpg
「野球界では大谷選手が、NBAでは八村選手が、サッカーでは久保選手がと、日本のスポーツ選手が世界で目覚ましい活躍を見せる一方で、こんなにもたくさん優秀なアメフト選手がいるのにどうして日本人のNFL選手を生み出すことができないのだろうと長い間考えてきました。とにかく日本の若い選手にNFLで活躍してほしい! そして日本のアメフト熱をラグビー熱に負けないぐらい盛り上げたい! そんななか、HULA BOWL ジャパン・オフィシャル・ディレクター就任という機会が訪れました。日本から優秀なアメフト選手をHULA BOWLへ送り出せるようになったのです。HULA BOWLはNFLへつながる新たな道だと信じています。HULA BOWLを未来のNFL選手を生み出す入り口にして、日本のアメフトを盛り上げていきたいと強く思っています。大学生選手の果敢なチャレンジをお待ちしています。日本のアメリカンフットボールを応援してくださっている皆さまには、ご支援ご協力をどうぞよろしくお願いいたします」(JAFC代表 ケビン・ジャクソン) 


2019年11月30日

【試合結果/HC談話】パナソニックに14-24で敗れ、準決勝敗退

news201911301.jpg
 
 

【11/30(土)準決勝 vs.パナソニックインパルス@万博記念競技場】

 

リーグ戦では14-7で勝利したパナソニックとの再戦。WR#11前田のTDで先制するも、4つのインターセプトを献上するなど攻め切れず、ファイナルスコア14-24で敗れ、残念ながら3年連続の準決勝敗退に終わりました。

 

【古庄ヘッドコーチ談話】

 

前半からシーソーゲームの展開が続き、第4Qには苦しい時間帯もあったが、選手、スタッフはどの場面でも目の前の1プレーに集中し、勝利を信じる力を見せ続けてくれた。これはシーズン当初から持っていたものではなく、チーム全員の熱で、ここまで成長させてきたものだ。

 

そんな中での今日の敗戦は、本当に悔しい。チームの中には立ち上がるまでにしばらく時間がかかる者もいると思うが、この結果を受け入れ、また自分に大きな自信を持って再スタートを切ってほしい。

     ------------ 

リーグ戦からここまで、ファンの皆さんには常に大声援で後押しをいただいたにも関わらず、勝ち進むことは叶いませんでした。オービックシーガルズの2019シーズンはここで終了となります。今シーズンも最後まで、熱い参戦、応援をありがとうございました。来シーズンに向けて今一度、我々にしかできない取り組みを探し、皆さんの期待に応えられるチームになって帰ってきます。今後とも温かいご声援をよろしくお願いします。

 

第1Q:パナソニック最初の攻撃は47ydsFG失敗。オービックが2シリーズ目、QB#6菅原からWR#11前田への42ydsTDパスで先制。パナソニックも1TDを返し、同点。 オ7-7パ

 

第2Q:パナソニックに残り1ヤードまで迫られるも、4thダウンギャンブルを阻止。しかし、直後の攻撃で32ydsインターセプトリターンTDを奪われる。次の攻撃も、インターセプトされて終わる。 オ7-14パ

 

第3Q:オービック最初の攻撃もインターセプト。次の攻撃で、RB#30地村が自陣から66ydsを走り切ってTD。同点に追いつくも、パナソニックもTDを決めて再び7点のビハインド。 オ14-21パ

 

第4Q:開始早々、パナソニックが49ydsFGを決め、10点・2ポゼッション差。残り8分4秒、オービックは36ydsFGを失敗。残り2分5秒で迎えた攻撃で、この日4つ目のインターセプトを喫し、万事休す。 オ14-24パ

 

公式記録(チーム・個人/Xリーグ公式サイト)ライブ中継録画(XリーグYouTube) 


試合概要
試合日 2019/11/30(土)
試合開始時刻 - 終了時刻 13:00-15:17
試合会場 万博記念競技場
天候 晴れ
観衆 1,899人
得点経過
  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
オービックシーガルズ 7 0 7 0 14
パナソニックインパルス 7 7 7 3 24
# チーム 時間 プレー トライ
種類 #選手 ヤード 種類 選手 結果
1 オービック 1 08:23 パス #6菅原#11前田 42 キック #49星野 成功
2 パナソニック 1 11:58 パス #18アンソニー・ロウレンス
→#89小山
10 キック #16佐伯眞 成功
3 パナソニック 2 10:20 インターセプトリターン #7土井 32 キック #16佐伯眞 成功
4 オービック 3 05:10 ラン #30地村 66 キック #49星野 成功
5 パナソニック 3 07:15 ラン #26藤本 6 キック #11佐伯栄 成功
6 パナソニック 4 01:14 フィールドゴール #11佐伯栄 49      
チーム記録
チーム オービック パナソニック
ファーストダウン獲得数
内訳(ラン+パス+反則)
9
 (3+6+0)
21
(11+10+0)
(攻撃計)  回数-獲得ヤード 41回-311ヤード 76回-384ヤード
(うちラン)  回数-獲得ヤード 18回-126ヤード 44回-210ヤード
(うちパス) 回数-成功数-被インターセプト
成功率  獲得ヤード
23-11-4
47.8% 185ヤード
32-23-0
71.9% 174ヤード
(反則)  回数-損失ヤード 6回-60ヤード 2回-15ヤード
(ファンブル)  回数-喪失 0回-0回 1回-0回
(フィールドゴール) 回数-成功 1回-0回 2回-1回
TIME OF POSSESSION (ボール保有時間) 17:56 30:04
スターティングメンバ―
20191130startM.jpg

◇ 参戦ありがとうございました 

news201911302.jpg
 
news201911303.jpg news201911304.JPG
 
news201911307.jpg news2019113068.jpg
 
news201911305.jpg news201911306.jpg

2019年11月27日

【新聞記事】読売新聞千葉版にオービックシーガルズの記事

11/27(水)付 読売新聞千葉版にオービックシーガルズの記事が掲載されました。
 
 
~ オービック 6年ぶりV狙う リーグ戦2位で決勝Tへ ~
 
news20191127.jpg
 

2019年11月20日

11/30(土)準決勝 パナソニック戦の見どころ・ご案内

news201911202.jpg

 

2019JXBトーナメント 準決勝
hel-obic_2019.jpg
X.jpg
オービックシーガルズ
(2019レギュラーシーズン2位)
ホーム/メインスタンド/カラージャージ
  パナソニックインパルス
(2019レギュラーシーズン3位)
ビジター/バックスタンド/ホワイトジャージ

日時
会場


タイムテーブル

 

11/30(土)13:00
万博記念競技場(大阪府吹田市千里万博公園5-2)Google Map
大阪モノレール「公園東口駅」から徒歩3分

12:00   開場、チーム受付・ グッズ販売開始@メインスタンドゲート前

12:40  「ガルズタイム」開始(スタメン紹介、応援レクチャー)
13:00  キックオフ (1Q12分、タイブレーク有り) 

※もうひとつの準決勝【1位 富士通×4位 エレコム神戸】は、同日13:00~富士通スタジアム川崎で開催されます。


【飲食】

メインゲート前、メインスタンド下に飲食出店あり。

※再入場可(半券または再入場カードを使用)

チケット

デジタルチームチケット(自由席前売券 2,000円)販売中
購入(Livepocket)

試合前日23:59まで、PCや携帯から簡単に購入できます。
※システム使用料・手数料無料

※当日券は2,500円、全席自由席、高校生以下無料

ライブ中継

XリーグYouTubeでライブ配信されます。視聴ページはこちら


レギュラーシーズン2位で決勝トーナメント・準決勝に進出したオービックシーガルズは、同3位のパナソニックインパルスと対戦します。パナソニックとは先月の第5節で対戦し、14-7で勝利していますが、スタッツがほぼ互角であることからも実力は拮抗していると言えます。一度対戦したことで互いに戦力が分かっているだけに、コーチ陣がどのようなゲームプランを準備するのかにも注目が集まります。
 
パナソニックは、6:4程度の割合でパスプレーが多く、リーグ2位(205回投126回成功(61.5%))の記録を残しているQB#18アンソニー・ローレンス選手が実力を発揮すると厄介です。そのターゲットとなっているのは、レシービング部門6位のWR#15頓花選手と9位のWR#12ダニエル・ワイズ選手。この2人に45%以上のパスが決まっているだけに、いかにしてホットラインを機能させないかがポイントになります。また、RB#5ミッチェル・ビクター選手も、ラッシング部門5位の記録(58回392ヤード獲得(平均6.8ヤード))を残しているランはもちろんのこと、パスプレーにおいてもスクリーンパスなどからのロングゲインがあるので警戒しなければなりません。

news201911221.jpg
 
オービックシーガルズは、エアキラーズ(DB陣)にご注目ください。今シーズンから#32山本(泰)選手#39須田選手が加わり、さらにレベルアップしたDB陣の戦力はXリーグ随一。インターセプト部門1位の#21ブロンソン選手(4インター)、6位の#39須田選手(2インター)を筆頭に、DB陣がレギュラーシーズン7戦で相手のパス成功率を56.4%に抑えているオービックディフェンスを牽引しています。パナソニックの核となっているホットラインをシャットダウンするパスカバーだけでなく、WR#12ダニエル選手やRB#5ミッチェル選手などの走力の高いボールキャリアーを一発で仕留める鋭いタックルにも期待したいところです。
 
news201911222.jpg
  
2位で準決勝進出となったものの、今シーズンからの大会方式により遠征(大阪)での試合となりますが、オービックの選手は半数以上が関西在住または関西出身です。万博記念競技場をホームにして戦いたいと思います。スタンドからの声援が選手の力になりますので、ぜひお誘い合わせのうえご来場ください。ひとりでも多くの参戦をお待ちしています。ともに戦いましょう。WE ARE OBIC SEAGULLS.

当日の応援・イベント企画

メインスタンドをアクアグリーンに染めよう

チーム受付で「FLY紙メガホン」をお配りします。アクアグリーンのTシャツやタオルもぜひご持参ください。

 

news201911214.jpg

     

☆アクアスピンで振る「アクアグリーンタオル」(500円/会場限定販売)を、この日も2枚で900円で販売します。グループでまとめてお求めください。

news201911216.JPG news201906292.jpg


ハーフタイムは、SEA-Cheerのダンスパフォーマンスをお届けします。

グッズ販売(スタジオ21)
@メインスタンドゲート前

2019新商品・新デザイン商品を多数販売中。

ラインナップはこちらスタジオ21サイト

news201911223.jpg

▲前節売れ筋ベスト3: 1位アクアグリーンタオル (500円 /会場限定販売 /★準決勝も2枚で900円)、2位フェイスペイントシート(200円)、3位しーがるくん マスコットキーホルダー(800円) 

公式ファンクラブ「ブースタークラブ」入会受付中

チケット1枚+特典グッズで2,500円(スターターパック)。準決勝の前売チケットは2,000円、当日は2,500円ですので、こちらがお得です。会員になると「チケット3枚セット」(3,000円)が購入でき、ご家族、グループでの参戦にお使いいただけます。インターネットまたは試合会場チーム受付でお申し込みください。

詳細・申込
2019goods.jpg
▲2019特典グッズ:真空ステンレスタンブラーと保冷温ランチバッグ

 

【勝てば、東京ドームフィールド見学ツアーにご招待】

JAPAN X BOWL進出が決まれば、試合当日のフィールド見学ツアーに15組30名様をご招待します(申込多数の場合は抽選)。フィールドに入り、選手のウォームアップを間近に見ながら、ボウルゲームの雰囲気をお楽しみください。

news201905245.jpg news201905246.jpg

※準決勝会場でのご入会までが対象となります。

※12/2(月)に事前申込のご案内メールを配信します。

 

【現会員の皆さんへ】

お渡ししている「特別招待券」でそのまま入場できます。

追加でチケットが必要な場合は、チーム受付で「招待券3枚セット」(3,000円)をご購入ください。

チーム受付で「会員カード」を提示してください。1回の来場につき1ポイントを付与し、選手ステッカー引換券1枚(引換券3枚でステッカーと引き換え)をお渡しします。5ポイント(=5試合来場)で、「2020年オービックカレンダー」または「サイン入り選手フォト」をプレゼントします。

news201911201.jpg

インスタグラムに参戦風景を投稿して、アツい瞬間を共有しましょう( #flyobicseagulls )。
毎月曜日朝、ストーリーにめざましガルズを投稿中。
 

2019年11月17日

【試合結果/HC談話】最終節 富士通に14-16で敗れリーグ戦2位で準決勝へ

news201911181.jpg
▲第1Q終了間際、QB#3スカイラーの7ydsTDランで先制
 
 

【11/17(日)X1 Super 第7節(最終節) vs.富士通フロンティアーズ@富士通スタジアム川崎】

 

ともに全勝で迎えたリーグ戦1位決定戦は、オービックがQB#3スカイラーのTDランで先制するもシーソーゲームとなり、最後は2点を追う残り2秒、逆転を狙ったFGをブロックされ、14-16で惜しくも敗戦となりました。6勝1敗で2位通過、準決勝は3位パナソニックと再び万博記念競技場で対戦します。

 

【古庄ヘッドコーチ談話】

 

チーム一丸となって戦った試合での敗戦は心底悔しいが、「お前ら、それでも日本一になるのか」と、我々の覚悟を試されているのだと思うと、さらに燃えてきた。試合後の選手、スタッフの顔を見ていると、今シーズンここまで成長してきたチームの進化を、誰一人止めるつもりはまったくないようだ。この先も自分たちの可能性を信じて、チャンピオンになることを信じて、己を創り続けていく。

     ------------ 

オービックシーガルズファミリーの皆さん、今日は今シーズン一番の声援をありがとうございました。今ある力を出し切りましたが、残念ながら皆さんの期待に応える結果を勝ち取ることはできませんでした。7戦全勝とはいきませんでしたが、素晴らしいリーグ戦を戦わせていただいたことに感謝します。ここからもう一段、必ず成長し、準決勝は最高にワクワクする試合をお見せしますので、引き続きの参戦をよろしくお願いします。

 

第1Q:QB#3スカイラーからRB#29李への16ydsパス、WR#18木下への25ydsパスなどでゴール前に迫り、QB#3スカイラーの7ydsTDランで先制。 オ7-0富

 

第2Q:富士通QBが8ydsTDラン(キックはオービックがブロック)。オービックがランでファンブルロストし、富士通が敵陣17ヤードから攻撃へ。TDパスが決まり、富士通の6点リードで前半終了。 オ7-13富

 

第3Q:両者無得点。オービック6点ビハインドのまま最終Qへ。 オ7-13富

 

第4Q:WR#7池井への22ydsパスなどで前進。RB#30地村が30ydsTDランを決めて、14-13と逆転。直後、富士通の攻撃でDB#21ブロンソンがインターセプト。19ydsリターンして敵陣23ヤードでオフェンスにつなぐも、43ydsFGトライが失敗に終わる。富士通が23ydsのFGを決めて14-16と逆転。2点ビハインド、残り2分11秒からオービックの攻撃。WR#18木下への23ydsパスで一気にゴール前10ヤード。残り2秒でゴール前9ヤード、逆転をかけた26ydsFGトライをブロックされ、試合終了。 オ14-16富

 

公式記録(チーム・個人/Xリーグ公式サイト)ライブ中継録画(XリーグYouTube) 


【X1 Super レギュラーシーズン最終順位】星取表

1位 富士通(7勝)
2位 オービック(6勝1敗)
3位 パナソニック(5勝2敗)

4位 エレコム神戸(3勝4敗)  ※直接対決でIBMに勝利
  -----以上4強進出

5位 IBM(3勝4敗)

6位 東京ガス(2勝5敗)

7位 オール三菱(1勝6敗) ※直接対決でノジマ相模原に勝利

8位 ノジマ相模原(1勝6敗) ※X1 Areaとの入れ替え戦へ

【準決勝】11/30(土)13:00~

オービック(2位)× パナソニック (3位)@万博記念競技場

富士通 (1位)× エレコム神戸(4位)@富士通スタジアム川崎

【X1 Super ⇔ X1 Area 入替戦】12/22(日)14:00~@富士通スタジアム川崎
ノジマ相模原 ×【12/1(日)X1 Area ファイナル(アサヒビール×アサヒ飲料)勝者】


試合概要
試合日 2019/11/17(日)
試合開始時刻 - 終了時刻 12:00-14:15
試合会場 富士通スタジアム川崎
天候 晴れ
観衆 4,183人
得点経過
  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
オービックシーガルズ 7 0 0 7 14
富士通フロンティアーズ 0 13 0 3 16
# チーム 時間 プレー トライ
種類 #選手 ヤード 種類 選手 結果
1 オービック 1 11:28 ラン #3スカイラー 7 キック #49星野 成功
2 富士通 2 04:45 ラン #3バードソン 8 キック #11西村 失敗
3 富士通 2 05:56 パス #3バードソン→#29サマジー 17 キック #11西村 成功
4 オービック 4 01:40 ラン #30地村 20 キック #49星野 成功
5 富士通 4 09:49 フィールドゴール #11西村 23      
チーム記録
チーム オービック 富士通
ファーストダウン獲得数
内訳(ラン+パス+反則)
17
 (7+10+0)
12
(8+4+0)
(攻撃計)  回数-獲得ヤード 57回-301ヤード 44回-234ヤード
(うちラン)  回数-獲得ヤード 36回-141ヤード 25回-126ヤード
(うちパス) 回数-成功数-被インターセプト
成功率  獲得ヤード
21-13-0
61.9% 160ヤード
19-13-2
68.4% 108ヤード
(反則)  回数-損失ヤード 3回-25ヤード 3回-20ヤード
(ファンブル)  回数-喪失 2回-1回 0回-0回
(フィールドゴール) 回数-成功 2回-0回 1回-1回
TIME OF POSSESSION (ボール保有時間) 29:12 18:48
スターティングメンバ―
20191117startM.jpg

◇ 参戦ありがとうございました 

news201911182.jpg
 
 
news201911187.jpg news2019111829.jpg
 

2019年11月12日

応援団をつくろう-私設応援団募集 ☆11/19(火)までの申請で準決勝に団旗ご用意

 
photo545.jpg
 
  
オービックシーガルズでは2017シーズンから、日本一を目指すチームとともに戦ってくださる「5名以上で結成された、チーム公認私設応援団」を募集しています。2019シーズンは今現在、24の応援団がスタンドで団旗を掲げ、力いっぱいの参戦をしてくださっています。

シーズンもいよいよ佳境を迎えます。気の合う仲間と一緒にイチオシの選手の応援団を結成し、さらなる活躍を後押ししてください。11/19(火)までに申請していただくと、11/30(土)の準決勝に団旗をご用意できます。たくさんの結団をお待ちしています。
 

【「オービックシーガルズ公認私設応援団」募集要項】
応募から公認まで
1) 専用応募フォームに代表者の連絡先など必要事項を記入し、送信してください。
2) 代表者のメールアドレスに申請書を送付します。応援団の「名称」「団員」を記入し、返信してください。
3) 当方で申請内容を確認し、公認の可否を判断させていただきます。
 
応募資格
以下の応募資格を満たす方5名以上で申請してください。
1) 年齢、性別は問いません。
2) シーズン中、一度は試合会場での応援ができる方。
3) チームが定める応援約束を遵守できる方。
4) “オービックシーガルズファミリー”となっていただける方。

特典 
1) 団員数に応じて、応援団名が入った「応援団旗」をプレゼントします。
     5〜15名=応援団旗1本、16名以上=応援団旗2本
      ※団旗(旗+ポール)はチームでお預かりし、毎試合会場でお渡しします。
2) チームHPに応援団の名称、団長名を掲出します。
 
スケジュールほか
1) 募集期限は設けず、シーズン終了まで随時受け付けます。
2) 申請書提出から団旗納品まで、2週間ほどかかります。
3) 年に数回、応援団代表者のミーティングを行います。できる限り参加していただくようお願いします。
 
注意点
1) 応援団の名称は「オービックシーガルズ○○○○応援団」とし、「○○○○」の部分は、「選手などチーム関係者名(在籍者)」、「国・地域名」、「チームに関連する表現」に限らせていただきます。(例:地村主将応援団、関西応援団、アメリカ応援団、本気応援団 など)
2) これまでに結成された応援団を含め、複数の応援団への登録はできません。
 
FAQ
Q. 私設応援団とは、何をするのですか?
A. 試合に来ていただき、フィールドの選手に声援を送っていただく、それだけです。特にやらなければならないことは決まっていません。応援団旗をフルに活用していただき、熱い声援をお願いします。
-- 
Q. 私設応援団の応援場所は指定されるのですか?
A. 基本的にはこれまで通り、ご自由に参戦していただいてけっこうですが、団旗で周りの方の視線を遮るなど、ご迷惑がかからないようご留意いただければと思います。東京ドームなどの大きな会場では、かたまって応援するかどうかで応援に大きな違いが出てきます。そういった場合は応援場所を指定させていただくことがありますが、代表者の皆さんにご相談、ご連絡して進めていく予定です。
-- 
Q. 交通費は出ますか?
A. 私設応援団ですので、交通費は出ません。チームとしては、特典などを準備し、皆さんに楽しみながら応援していただけるよう、全力でサポートしていきます。
 

☆2019シーズンは、24の応援団が活動中☆

1●習志野応援団(織戸克久)、 2●成瀬圭汰応援団(北尾桃子) 3●ふじもん応援団(塩見英造) 4●藤本将司応援団(浅井恭子) 5●かもめ応援団(岩崎樹里) 6●砂川敬三郎応援団 #1 Club(藤枝和己) 7●望月麻樹応援団 The 43ers(山口 哲) 8●星野貴俊応援団(岩上美咲) 9●秋津応援団(橋村清隆) 10●中田善博応援団(中田 勉) 11●木下典明応援団(木下有香子) 12●Jr.シーガルズFamily応援団(坂本勝之) 13●西村有斗応援団(西村美保) 14●寺田雄大応援団(白木周作) 15●藤田真史応援団(石井政子) 16●#68TAKUZOの愉快な仲間たち応援団(清家準司) 17●塚田昌克応援団(石川達子) 18●SEA-Cheer応援団(齊藤 颯) 19●冨田祥太応援団(冨田康彦) 20●#77坂口 裕応援団(小泉美智子)21●小田原利之応援団(有賀行秀) 22●萩野憲輝応援団(由家政信) 23●岩崎優哉応援団(大窪宣延) 24●#21倶楽部応援団(桶谷良樹)
※結成順。( )内は団長
 
2019danki1.jpg 2019danki2.jpg 2019danki3.jpg
2019danki4.jpg 2019danki5.jpg 2019danki6.jpg
2019danki7.jpg 2019danki8.jpg 2019danki9.jpg
2019danki10.jpg 2019danki11.jpg 2019danki12.jpg
2019danki13.jpg 2019danki14.jpg 2019danki15.jpg
2019danki16.jpg 2019danki17.jpg 2019danki18.jpg
2019danki19.jpg 2019danki20.jpg 2019danki21.jpg
2019danki22.jpg 2019danki23.jpg 2019danki24.jpg

2019年11月07日

11/17(日)レギュラーシーズン最終節 富士通戦の見どころ・ご案内

 

X1 Super  Opening Season
2019秋季レギュラーシーズン第7節(最終節)
レギュラーシーズン1位・2位決定戦
hel-obic_2019.jpg
X.jpg
オービックシーガルズ
(前年レギュラーシーズン5位)
ビジター/バックスタンド/ホワイトジャージ
  富士通フロンティアーズ
(前年レギュラーシーズン1位)
ホーム/メインスタンド/カラージャージ

日時
会場

タイムテーブル

11/17(日)12:00
富士通スタジアム川崎  アクセス

11:00  開場、チーム受付開始@バックスタンドゲート手前

           ※バックスタンド側の入場門(川崎競輪場寄り)も開きます。             

          グッズ販売開始@バックスタンド下

11:30  「ガルズタイム」開始(bless4応援レクチャー、スタメン紹介)
         ※通常より早く始めますので、早めにご来場ください。
11:50   オープニングセレモニー
12:00  キックオフ (1Q12分、タイブレーク有り)


15:00  第2試合(ノジマ相模原×オール三菱)

digiticke_banner_s.jpg

デジタルチームチケット(「自由席前売券」1,500円)販売中

※試合当日11:00まで、PCや携帯から簡単に購入できます。
※システム使用料・手数料無料

※当日券は2,000円、高校生以下無料

「指定席前売券」(3,000円)の購入はこちら(XリーグHP)
※チームチケット(=自由席)をお持ちの場合、「指定席」ボタンから「お直り券」(1,500円/差額分)を選択すると、自由席から指定席に変更できます。

ライブ映像配信

Xリーグによるライブ配信があります。
この試合の視聴ページはこちら


 第7節(最終節)は、富士通フロンティアーズとの全勝対決。勝者がレギュラーシーズン1位、敗者が2位で決勝トーナメント(準決勝)進出となります。1位か2位で準決勝の対戦カード(試合会場・対戦相手)が大きく異なるため、この試合は非常に重要な一戦です。
 
富士通とは、直近3シーズン(2017シーズン〜2019シーズン春)で6回対戦し、春季シーズンでは勝利しているものの、秋季シーズンでの勝ち星がありません。しかし、いずれも1TD差以内の僅差のため、この差を埋めることが勝利のポイントになるでしょう。
 
両チーム、今シーズンはRB陣の活躍が目につきます。富士通は、X1 Superラッシング部門1位の#29サマジー グラント選手(40回425ヤード/アリゾナ大)、同9位の#26デレク アキラ ウィリアムス選手(20回225ヤード/日本大)の新人2人が牽引しています。平均獲得ヤードが10ヤード超はたいへん脅威です。

news201911084.JPG news201911085.JPG

対するオービックシーガルズも負けておらず、ラッシング部門2位に#29李選手(47回424ヤード)、同3位に#30地村選手(41回393ヤード)がランクイン。ランキングトップ20には入っていませんが、#43望月選手も力強いランを要所で見せており、3人のRBを中心に効果的なゲインを重ねています。
 
news2019110810.jpg news2019110811.jpg
 
このRB陣をどう活かすのか、またどう止めるのかが、勝敗の分かれ目になってくるでしょう。そこで注目するポイントは、OL vs. DLのスクリメージライン上での攻防になります。どんなにいいRBでもOLのブロックがないと走れません。逆に、どんな驚異的なRBでも、DLがOLに打ち勝てば止めることができます。両チームのOL、DLとも、Xリーグを代表するような選手たちが揃っているので、その攻防はよりハイレベルなものになるでしょう。我らがツイスターズ(OL陣)デストロイヤーズ(DL陣)の活躍を大いにご期待ください。
 
敵地川崎に乗り込んでの決戦に、オービックシーガルズファミリーの総力を結集して挑みましょう。1人でも多くご来場いただき、選手の思いと皆さんの思いをひとつにして、最初から全力で戦いたいと思います。本気の参戦をよろしくお願いします。WE ARE OBIC SEAGULLS 
 

 【11/30(土)13:00~ 準決勝の対戦カードについて】
すでに4強は決定しており、最終節「オービック×富士通」の勝者が1位、敗者が2位、「パナソニック×エレコム神戸」(11/17 13:00@王子スタジアム)の勝者が3位、敗者が4位となります。
富士通に勝てば1位 →富士通スタジアム川崎で、「パナソニック×エレコム神戸」の敗者4位と対戦
富士通に負ければ2位 →大阪・万博記念競技場で、「パナソニック×エレコム神戸」の勝者3位と対戦

news201911045.jpg

当日の応援・イベント企画

bless4参戦

オービックシーガルズの応援ソング「FLY! OBIC SEAGULLS」を歌うbless4がこの秋、初参戦。試合前のガルズタイム、Qタイム、ハーフタイムと、大一番を盛り上げてくれます。
ガルズタイムはキックオフ30分前の11:30から。いつもより早く始めますので、ぜひ早めにご来場ください。

news201911083.jpg
FLY!ダンス動画(YouTube)

 


「FLY 紙メガホン」を配布します

お手持ちの「アクアグリーンタオル」「FLYガル幕」「アクアグリーンTシャツ」もぜひご用意ください。スタンドをアクアグリーンに染め、「声」と「アクアスピン」で選手にパワーを送りましょう。

  

news201911081.jpg news201911082.jpg

 

☆アクアスピンで振り回す「アクアグリーンタオル」(500円/会場限定販売)を、この日限りの2枚で900円で販売します。グループでまとめてお求めください。


news201911073.jpg

 

 

トビタテ × アメフト 応援DAY 詳細(Xリーグ記事)

「トビタテ(トビタテ!留学JAPAN)」は、若者の海外留学を促進する官民協働キャンペーン。給付型奨学金等によって海外チャレンジを支援するもので、Xリーグも広報に協力しています。この日は、世界各地で留学を経験したトビタテ生が様々な企画でスタジアムを盛り上げてくれます。

試合前セレモニー(歌唱)

ハーフタイムパフォーマンス(よさこい演舞)

アメフト解説放送

トビタテ奨学生DJブース

トビタテ写真展

留学相談室

各種ミニゲーム

など。

グッズ販売(スタジオ21
@バックスタンド下

2019新商品・新デザイン商品を多数販売中。

ラインナップはこちらスタジオ21サイト

 

news201911072.jpg

▲前節売れ筋ベスト3: 1位アクアグリーンタオル (500円 /会場限定販売 / ★次の最終節に限り2枚で900円)、2位フェイスペイントシート集(200円)、3位マフラータオル(1,600円)

booster%20banner%202019%20S.jpg

2019goods.jpg

▲2019特典グッズ

ブースタークラブは割引チケットと各種特典がセットになった参戦パック。この試合のデジタル前売チケットは1,500円、準決勝は2,000円ですので、グッズほか特典がついて2,500円(スターターパック)は、これからのご入会でもお得です。インターネットまたは試合会場チーム受付でお申し込みください。

 

 

現会員の皆さんへ

お渡ししている「特別招待券」でそのまま入場してください。

追加でチケットが必要な場合は、チーム受付で「招待券3枚セット」(3,000円)をご購入ください。

場内グッズ販売ブースで「会員カード」を提示してください。1回の来場につき1ポイントを付与するとともに、ステッカー引換券1枚(3枚で選手ステッカーと引き換え)をお渡しします。5ポイント(=5試合来場)で、「2020年オービックカレンダー」または「サイン入り選手フォト」をプレゼントします。

ouendan_s2018.jpg

詳細・申請

 

2019シーズンも引き続きチーム公認私設応援団を募集しています。オリジナル団旗を掲げ、イチオシの選手を熱く応援してください(5〜15名で1本、16名以上で2本進呈)。

※団旗は、今から最終節富士通戦には間に合いませんが、11/19(火)までに申請いただくと、11/30(土)の準決勝にご用意できます。結団お待ちしています。

 
2019シーズンは24の応援団が活動中(カッコ内は団長)

習志野応援団(織戸克久)、成瀬圭汰応援団(北尾桃子)、ふじもん応援団(塩見英造)、藤本将司応援団(浅井恭子)、かもめ応援団(岩崎樹里)、砂川敬三郎応援団 #1 Club(藤枝和己)、望月麻樹応援団 The 43ers(山口 哲)、星野貴俊応援団(岩上美咲)、秋津応援団(橋村清隆)、中田善博応援団(中田 勉)、木下典明応援団(木下有香子)、Jr.シーガルズFamily応援団(坂本勝之)、西村有斗応援団(西村美保)、寺田雄大応援団(白木周作)、藤田真史応援団(石井政子)、#68TAKUZOの愉快な仲間たち応援団(清家準司)、塚田昌克応援団(石川達子)、SEA-Cheer応援団(齊藤 颯)、冨田祥太応援団(冨田康彦)、#77坂口 裕応援団(小泉美智子)、小田原利之応援団(有賀行秀)、萩野憲輝応援団(由家政信)、岩崎優哉応援団(大窪宣延)、#21倶楽部応援団(桶谷良樹)

 

news201911077.jpg

 

 

チームロゴやヘルメット、背番号ロゴを使ったオリジナルグッズを作りたい方は、「利用許諾申請書」をご提出ください。ご希望のロゴデータをお送りします。
詳細・申請

news201710271.jpg

 

news201911074.jpg

インスタグラムに参戦風景を投稿 #flyobicseagulls して、アツい瞬間を共有しましょう!
チーム公式アカウントでは毎週月曜朝、ストーリーにめざましガルズを投稿中
 

2019年11月03日

【試合結果/HC談話】第6節IBMに42-25で勝利し6連勝、富士通との全勝対決へ

news201911031.jpg
▲第3Q、RB#29李の68ydsTDラン。8回のランで148yds獲得・2TDの活躍
 
 

【11/3(日)X1 Super 第6節 vs.IBMビッグブルー@横浜スタジアム】

 

前節でプレーオフ・準決勝進出を決めましたが、全勝での日本一を目指し、負けられない試合。第1QにIBMに先制を許すも、第2Qに2本のTDパスで逆転し、後半はいずれもロングゲインのTDランを4本決めて引き離し、ファイナルスコア42-25で快勝しました。

11/17(日)の最終節は、同じくこの日6勝目を挙げた富士通との全勝対決となりました。

X1 Super 星取表

富士通に勝てばリーグ戦総合順位1位 →準決勝は川崎で4位チームと対戦

富士通に負ければリーグ戦総合順位2位 →準決勝は大阪・万博記念競技場で3位チームと対戦

(※最終節 パナソニック×エレコム神戸 の勝者が3位、敗者が4位)

 

【古庄ヘッドコーチ談話】

 

序盤から苦しい試合展開だったが、オフェンス、ディフェンス、キッキングの各ユニットがお互いを信じ合い、今持っている力を出し切ることにフォーカスして戦うことができた。

 

特に前半大きかったのは、第1QのQB#12荒木のパントからLB#38石神のファンブルリカバーでボールを奪ったプレー。試合序盤で1つボールを奪われていたので、早いうちに取り返せたことで試合をつくり直せた。後半に入ってからは、RB#29李RB#30地村がTDを2本ずつ決めるなど、トータル300yds以上のラン獲得ヤードを叩き出したタイトユニットが素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれた。まだまだ完璧ではないが、出せるものが確実に増えてきているのが一番の収穫。

 

次戦はいよいよリーグ戦最終節。これまで同様、最高の準備を続けて、持っているものをすべてぶつけたい。

 

第1Q:最初のパントリターンでボールをファンブル。IBMがリカバーし、ゴール前13ヤードからの攻撃で先制TD。次のIBMの攻撃でLB#48小田原がインターセプト。オービックの攻撃はパントとなるも、IBMがQB#12荒木のパントをファンブル。LB#38石神がリカバーして攻撃権を奪い返し、ゴール前2ヤードまで進んで第1Q終了。 オ0-7I

 

第2Q:ゴール前2ヤードからの2ndダウンでインターセプトを喫す。次の攻撃でQB#3スカイラーTE#85ホールデンへ15ydsTDパス。IBMのファンブルをDB#1砂川がリカバーして得た敵陣28ヤードからの攻撃で、WR#18木下へ25ydsTDパスが決まり逆転。IBMが2本のFGで1点差まで詰め寄り前半終了。 オ14-13I

 

第3Q:IBM最初の攻撃で残り18ヤードまで攻め込まれるも、DB#21ブロンソンがインターセプト。直後の2プレー目でRB#29李が68ydsのTDラン。続いてRB#30地村が38ydsTDランを決めてリードを広げる。 オ28-13I

 

第4Q:IBMがTDパスを決めるも、2ポイントコンバージョンのパスを失敗。RB#29李が55ydsTDラン。IBMがTDパスを決めるも、再び2ポイントコンバージョンのパスを失敗。IBMのオンサイドキックをWR#18木下が押さえ、RB#30地村が51ydsTDラン。 オ42-25I

 

X1 Super 星取表
公式記録(チーム・個人/Xリーグ公式サイト)ライブ中継録画(XリーグYouTube)


試合概要
試合日 2019/11/3(日)
試合開始時刻 - 終了時刻 17:00-19:29
試合会場 横浜スタジアム
天候 曇り
観衆 999人
得点経過
  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
オービックシーガルズ 0 14 14 14 42
IBMビッグブルー 7 6 0 12 25
# チーム 時間 プレー トライ
種類 #選手 ヤード 種類 選手 結果
1 IBM 1 02:22 パス #3ケビン・クラフト→#84近江 11 キック #11佐藤 成功
2 オービック 2 05:22 パス #3スカイラー#85ホールデン 15 キック #49星野 成功
3 オービック 2 06:23 パス #3スカイラー#18木下 25 キック #49星野 成功
4 IBM 2 08:01 フィールドゴール #11佐藤  43      
5 IBM 2 12:00 フィールドゴール #11佐藤  47      
6 オービック 3 06:22 ラン #29李 68 キック #49星野 成功
7 オービック 3 09:21 ラン #30地村 38 キック #49星野 成功
8 IBM 4 02:33 パス #3ケビン・クラフト→#85鈴木 2 パス #3ケビン・クラフト 失敗
9 オービック 4 05:28 ラン #29李 55 キック #49星野 成功
10 IBM 4 08:15 パス #3ケビン・クラフト→#82白根 20 パス #3ケビン・クラフト 失敗
11 オービック 4 08:27 ラン #30地村 51 キック #49星野 成功
チーム記録
チーム オービック IBM
ファーストダウン獲得数
内訳(ラン+パス+反則)
22
 (11+8+3)
19
(2+17+0)
(攻撃計)  回数-獲得ヤード 57回-477ヤード 64回-395ヤード
(うちラン)  回数-獲得ヤード 36回-317ヤード 21回-71ヤード
(うちパス) 回数-成功数-被インターセプト
成功率  獲得ヤード
21-12-1
57.1% 160ヤード
43-26-2
60.5% 324ヤード
(反則)  回数-損失ヤード 4回-15ヤード 6回-70ヤード
(ファンブル)  回数-喪失 1回-1回 2回-2回
(フィールドゴール) 回数-成功 1回-0回 2回-2回
TIME OF POSSESSION (ボール保有時間) 27:40 20:20
スターティングメンバ―
20191103startM.jpg

◇ 参戦ありがとうございました 
オレンジリボンデー
 
news2019110301.jpg

news2019110302.jpg news2019110303.jpg
news2019110304.jpg news2019110306.jpg

news2019110307.jpg news2019110308.jpg

第5節 #20平澤選手の反則処分(ターゲティングによる資格没収)取り消しについて

10/20(日)に万博記念競技場で行われた第5節パナソニック戦の第2Q、DL#20平澤 徹選手のタックルがインスタントリプレーの結果、ターゲティングの反則と判定され、資格没収(退場)が科せられました。

この判定について、試合終了後にチームからXリーグに確認の依頼を行っていましたが、この度、平澤選手の当該プレーはターゲティングの反則には該当しないこと、したがって資格没収とした履歴を抹消することが正式に発表されましたので、お知らせします。

また併せて、競技運営本部から全チームの代表宛てに、インスタントリプレーの精度を高めるべく、定期的に研修会等を行い、さらなる審判委員の技術向上に努めるとの報告がありましたので、具体的な改善策を待ちたいと思います。

なお、試合終了後の決定のため、試合記録の訂正は行われません。

※ターゲティング:ヘルメットのクラウンで強力な接触をすること。無防備な選手の首または頭部への強力な接触をすること。(公式規則より)
 
 
 
 
追記: Xリーグから改善策の発表がありました。

2019年10月25日

11/3(日)レギュラーシーズン第6節 IBM戦の見どころ・ご案内

 

X1 Super  Opening Season
 2019秋季レギュラーシーズン第6節
news201411133.jpg
 オレンジリボンデー 
hel-obic_2019.jpg
X.jpg
オービックシーガルズ
(前年レギュラーシーズン5位)
ビジター/1塁側/ホワイトジャージ
  IBMビッグブルー
(前年レギュラーシーズン3位)
ホーム/3塁側/カラージャージ

日時
会場

タイムテーブル

 

11/3(日)17:00

横浜スタジアム 


10:00  開場
11:00  第1試合 富士通×東京ガス
14:00  第2試合 ノジマ相模原×エレコム神戸

16:00  チーム受付開始@1塁側1ゲート

           グッズ販売開始@1塁側1ゲート内コンコース

16:40  「ガルズタイム」開始(スタメン紹介、応援レクチャー・FLY!ダンス)
17:00  キックオフ (1Q12分、タイブレーク有り)

スタジアムは増築・改築中につき、横浜市庁舎を背にした右側導線(3塁側)が閉鎖されていますのでご注意ください。入場ゲートは1塁側の3、1ゲート(オービックは1ゲート)、仮設チケット売り場は横浜公園・日本大通り側にあります。

チケット

デジタルチームチケット(自由席前売券 1,500円)販売中
購入(Livepocket)

※試合当日16:00まで、PCや携帯から簡単に購入できます。
※システム使用料・手数料無料

※当日券は2,000円、全席自由席、高校生以下無料

ライブ映像配信

X1 Super レギュラーシーズンは、XリーグYouTubeで全試合ライブ配信されます。この試合の視聴ページはこちら


第6節の対戦相手IBMビッグブルーは、ここまで2勝3敗の5位。上位4チームで行われる決勝トーナメントに進出するには少なくとも残り2試合に勝たねばならず、この試合に今シーズンのすべてをかけて挑んでくるでしょう。一方、オービックシーガルズは、5戦全勝で2位以内を決めていますが、全勝で日本一になるためには勝利しかありません。互いのプライドをかけた戦いになります。

IBMは、ここまで130回パスを投げ81回成功、1,206ヤード獲得のQB#3ケビン・クラフト選手がキープレーヤーになるでしょう。成功率62.3%は、パッシング記録でリーグ上位を占める外国人QBの中でも随一。第3節以降フル出場し、オフェンスを牽引しています。TE#40ジョン・スタントン選手とのホットラインは健在で、スタントン選手は、レシービングランキング(獲得ヤード数)では6位ですが、キャッチ回数では1位の30回を記録しており、確実にヤードを稼ぎたいときにスタントン選手がターゲットになっていることが分かります。このホットラインを機能させると非常に厄介です。第3節以降出場していないQB#2政本選手もサイドラインに控えており、出場することになれば、さらに厄介なオフェンスになるでしょう。

news201910254.JPG news201910255.JPG
▲前節オール三菱戦から
 
オービックは、フライヤーズ(WR陣)の活躍に期待したいところです。#7池井選手#11前田選手#18木下選手#81水野選手#84西村選手など能力の高いメンバーが揃っているユニットですが、ここまでのリークレシービングランキングには、13位 木下選手(14回 217ヤード)、15位 前田選手(8回 166ヤード)、17位 TE#85ホールデン選手(6回152ヤード)がランクインしているだけで、他チームに比べ記録が伸びていません。序盤戦のQB#3スカイラー選手の欠場が影響していますが、試合・練習を重ね、タイミングやプレー精度が改善されてきているので、次戦ではその実力を存分に発揮してもらいましょう。横浜スタジアムではフライヤーズにご注目ください。
 
news201910252.jpg news201910253.jpg  
▲前節パナソニック戦から
 
スタンドからの「声」が選手の力になりますので、ひとりでも多くの参戦をお待ちしています。また、この日は11月恒例の「オレンジリボンデー」です。ぜひ、いつものアクアグリーンのウエア・グッズに加えて、何かオレンジ色のものを身につけてご来場ください。
 
 
 星取表
【プレーオフ・準決勝の試合会場について】
前節を終えて勝ち星数5のオービックと富士通のレギュラーシーズン2位以上が確定しており、最終節の直接対決で1位か2位か決まります。11/30(土)13:00から行われる準決勝は、「1位が東日本のチームの場合、富士通スタジアム川崎で1位×4位、万博記念競技場で2位×3位」と決まっているため、以下の通りとなります。
最終節で富士通に勝てば、1位 →準決勝は富士通スタジアム川崎で4位チームと対戦
最終節で富士通に負ければ、2位 →準決勝は大阪遠征、万博記念競技場で3位チームと対戦
news201910232.jpg

当日の応援・イベント企画

子どもたちの笑顔を守ろう-オレンジリボンデー

11月は児童虐待防止推進月間(オレンジリボン運動)。チーム恒例のオレンジリボンデーを実施します。

オレンジ色のものを何か身につけてご来場ください。スタンドをアクアグリーン×オレンジで染めましょう。
この運動に積極的に取り組む大和商事株式会社様(習志野市)ご提供の「啓発マスク」をお配りします。
news201910241.jpg news201910242.JPG

▲Xリーグ全選手のヘルメットに、オレンジリボンのシール

 

SEA-Cheerが入場ゲートで「勝飴」をプレゼント(15:50~、先着200名様)。

 

「FLY 紙メガホン」を配布します
いつものアクアグリーンTシャツにオレンジのアイテムをプラスし、「啓発マスク」「勝飴」「紙メガホン」を手にすれば、準備は完璧です!  マスクと飴で喉をケアしながら、メガホンで大声援を送ってください。

bn2017111451.jpg news201910243.JPG

 

ハーフタイムは、SEA-Cheerのダンスパフォーマンスをお届けします。

グッズ販売(スタジオ21)
@1ゲート内

2019新商品・新デザイン商品を多数販売中。

ラインナップはこちらスタジオ21サイト

 

news201910311.jpg
▲この試合から新発売の「フェイスペイントシート」(会場限定販売/A6サイズ/200円)。初回は20枚限定。販売ブースで貼り方をお伝えします 

news20191025.jpg

▲前節売れ筋ベスト3: 1位 クッションボール(1,600円)、2位 マフラータオル(1,600円)、3位 しーがるくんキーホルダー(800円)

news201906292.jpg
▲応援で振る「アクアグリーンタオル」(500円)は会場限定販売です

公式ファンクラブ「ブースタークラブ」入会受付中 ブースタークラブは、割引チケットと各種特典がセットになった、お得な参戦パックです(スターターパック2,500円~)。インターネットまたは試合会場チーム受付でお申し込みください。
詳細・申込
2019goods.jpg
▲2019特典グッズ:真空ステンレスタンブラーと保冷温ランチバッグ

 

【現会員の皆さんへ】

お渡ししている「特別招待券」でそのまま入場できます。

追加でチケットが必要な場合は、チーム受付で「招待券3枚セット」(3,000円)をご購入ください。

場内グッズ販売ブースで「会員カード」を提示してください。1回の来場につき1ポイントを付与し、選手ステッカー引換券1枚(引換券3枚でステッカーと引き換え)をお渡しします。5ポイント(=5試合来場)で、「2020年オービックカレンダー」または「サイン入り選手フォト」をプレゼントします。

チーム公認私設応援団募集中

 

応援したい選手名などを入れたオリジナル団旗を掲げ、気の合う仲間とエールを送ってください。5〜15名の申請で1本、16名以上で2本の団旗を進呈します。
詳細・申請
news201908293.jpg

チームロゴやヘルメット、背番号ロゴを使ったオリジナルグッズを作りたい方は、「利用許諾申請書」をご提出ください。ご希望のロゴデータをお送りします。
詳細・申請

news201910231.jpg

インスタグラムに参戦風景を投稿して、アツい瞬間を共有しましょう( #flyobicseagulls )。
毎月曜日朝、ストーリーにめざましガルズを投稿中。
 

2019年10月20日

【試合結果/HC談話】第5節パナソニックに14-7で勝利し5連勝、4強進出決定

news201910202.jpg
▲WR#18木下、45ydsキックオフリターンで第4Qの再逆転をお膳立て
 
 

【10/20(日)X1 Super 第5節 vs.パナソニックインパルス@万博記念競技場】

 

今季2度目の関西遠征試合は、K/P#49星野のFGで先制。第3Q終盤にTDを許して逆転されるも、最終QにTDと2ポイントコンバージョンを決めて1ポゼッションのリードとし、その後はディフェンスが凌いで、ファイナルスコア14-7で勝利しました。

この日、X1 Super第5節の全試合が終了。オービックは勝ち星数を5に伸ばし、2節を残してリーグ戦2位以上での決勝トーナメント(準決勝)進出を決めました。

X1 Super 星取表

(※勝ち星数が多いチームから上位順位。勝ち星数で並んだ場合の順位は、まずは直接対決の勝敗で決定)

 

【古庄ヘッドコーチ談話】

 

苦しい試合展開だったが、どんな場面でも選手たちは強気で戦い続けてくれた。特にパントチームは、試合を通じて陣地を挽回し続けてくれた。

 

第3Qに逆転された後、再逆転したオフェンスの決定力、ディフェンスの粘りに、シーズンを戦いながらの成長を感じた。まだまだ完成度の低いプレーも見られたが、大事な場面で、我々が目指すプレーを出せるようになってきている。

 

2週間後のIBM戦では、今日より1プレーでも多く、自信を持ったプレーを見せたい。

 

第1Q:2回の攻撃は、ともにK/P#49星野のFGで得点(28yds、29yds)。パナソニックは2回とも1stダウン更新できず。 オ6-0パ

 

第2Q:パナソニックがFGを失敗。続くオービックもFGを失敗し、両者無得点。 オ6-0パ

 

第3Q:インターセプトを喫するも、直後にDB#21ブロンソンがインターセプトのお返し。パナソニックがTDとキックを決めて逆転。WR#18木下のビッグリターンで得た敵陣からの攻撃は、残り31ヤードまで前進して最終Qへ。 オ6-7パ

 

第4Q:QB#3スカイラーからWR#11前田へ、2ydsTDパス。2ポイントコンバージョンも同じく#11前田にパスを通して8得点で1ポゼッションリード。ディフェンスは残り9ヤードまで迫られながらも守り切って試合終了。 オ14-7パ

 

X1 Super 星取表
公式記録(チーム・個人/Xリーグ公式サイト)ライブ中継録画(XリーグYouTube)


試合概要
試合日 2019/10/20(日)
試合開始時刻 - 終了時刻 11:00-13:17
試合会場 万博記念競技場
天候 晴れ
観衆 2,161人
得点経過
  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
オービックシーガルズ 6 0 0 8 14
パナソニックインパルス 0 0 7 0 7
# チーム 時間 プレー トライ
種類 #選手 ヤード 種類 選手 結果
1 オービック 1 04;24 フィールドゴール #49星野 28      
2 オービック 1 10:10 フィールドゴール #49星野 29      
3 パナソニック 3 09:51 ラン #5ビクター・ジャモー・ミッチェル  2 キック #16佐伯 成功
4 オービック 4 02:38 パス #3スカイラー#11前田 2 パス #3スカイラー 
#11前田
成功
チーム記録
チーム オービック パナソニック
ファーストダウン獲得数
内訳(ラン+パス+反則)
13
 (6+7+0)
12
(2+9+1)
(攻撃計)  回数-獲得ヤード 53回-276ヤード 53回-227ヤード
(うちラン)  回数-獲得ヤード 31回-121ヤード 16回-26ヤード
(うちパス) 回数-成功数-被インターセプト
成功率  獲得ヤード
22-12-1
54.5% 155ヤード
37-22-1
59.5% 201ヤード
(反則)  回数-損失ヤード 8回-65ヤード 4回-25ヤード
(ファンブル)  回数-喪失 0回-0回 0回-0回
(フィールドゴール) 回数-成功 3回-2回 1回-0回
TIME OF POSSESSION (ボール保有時間) 27:41 20:19
スターティングメンバ―
20191020startM.jpg

◇ 参戦ありがとうございました 
 
news201910206.jpg news201910205.jpg
▲この試合から、機能向上のためユニフォームの素材を変更しました。アンダーアーマー製のものを使用しています

news201910204.jpg news201910207.jpg
news201910208.jpg news201910209.jpg

news201910201.jpg

2019年10月17日

RB#29李 卓選手、XFLドラフト指名に至らず

来年2020年2月に開幕するアメリカの新プロリーグ「XFL」のドラフトが現地時間10/15(火)・16(水)に行われ、候補入りしていたRB#29李 卓選手は、残念ながら指名されませんでした。
(※約1,000名の候補選手から、8チームがそれぞれ71名を指名)

XFLの初ドラフトでは指名に至りませんでしたが、アメリカでのプレーに向けたチャレンジは継続します。XFLに関しても、ドラフト以外のチャンスを探り、引き続きアタックし続ける予定です。

 
BC2I2554.jpg
 

2019年10月15日

台風19号の義援金募金活動について

10/12(土)に上陸した台風19号により被害に遭われた多くの皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。そして、被災地の一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。

オービックシーガルズでは、Xリーグが実施する義援金募金に協力することで、微力ながら復興支援のお役に立ちたいと考えています。10/20(日)の次戦パナソニック戦より、チーム受付にも募金箱を設置しますので、ご協力よろしくお願いいたします。

2019年10月11日

10/20(日)レギュラーシーズン第5節 パナソニック戦の見どころ・ご案内

台風19号の義援金募金活動について

 

10/12(土)に上陸した台風19号により被害に遭われた多くの皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。そして、被災地の一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。

オービックシーガルズでは、Xリーグが実施する義援金募金に協力することで、微力ながら復興支援のお役に立ちたいと考えています。次戦パナソニック戦より、チーム受付にも募金箱を設置しますので、ご協力よろしくお願いいたします。(10/15追記)

 

X1 Super  Opening Season
 2019秋季レギュラーシーズン第5節
hel-obic_2019.jpg
X.jpg
オービックシーガルズ
(前年レギュラーシーズン5位)
ビジター/バックスタンド/ホワイトジャージ
  パナソニックインパルス
(前年レギュラーシーズン2位)
ホーム/メインスタンド/カラージャージ

日時
会場


タイムテーブル

 

10/20(日)11:00
万博記念競技場(大阪府吹田市千里万博公園5-2)Google Map
大阪モノレール「公園東口駅」から徒歩3分

10:00  開場、チーム受付開始@バックスタンドゲート前、

          グッズ販売開始@バックスタンドゲート内

10:40  「ガルズタイム」開始(スタメン紹介、応援レクチャー・FLY!ダンス)
11:00  キックオフ (1Q12分、タイブレーク有り)

14:00  第2試合(エレコム神戸×富士通)

news201910104.jpg

news201910105.jpg
▲写真下方面が大阪モノレール「公園東口駅」。メインスタンドの左側(黄〇印)にバックスタンド入口・チーム受付があります

【飲食】

メインゲート前、メインスタンド下に飲食出店あり。

※再入場可(半券または再入場カードを使用)

チケット

デジタルチームチケット(自由席前売券 1,500円)販売中
購入(Livepocket)

※試合当日10:00まで、PCや携帯から簡単に購入できます。
※システム使用料・手数料無料

※当日券は2,000円、全席自由席、高校生以下無料

ライブ映像配信

X1 Super レギュラーシーズンは、XリーグYouTubeで全試合ライブ配信されます。この試合の視聴ページはこちら


第5節はパナソニックインパルスと対戦。万博記念競技場で試合をするのは、チームとして初めてです。パナソニックとは、最近では2016シーズン準決勝(〇9-6 タイブレーク / 長居)、2017シーズンリーグ戦(●13-16 /エキスポFF)に対戦していますが、いずれも「大阪」で「雨」の試合、3点差の「接戦」でした。今回、雨は避けたいところですが、非常に力のあるチームだけに接戦になることは避けられないでしょう。互いに、決勝トーナメント進出に大きな影響を及ぼす一戦。譲れない戦いになります。

パナソニックの注目は、新加入のQB#18アンソニー・ローレンス選手とRB#5ミッチェル・ビクター選手でしょう。QBアンソニー選手は、123回投げて71回成功(57.7%)、879ヤード獲得で、現在X1 Superのリーディングパサーです。WRとのタイミングも試合ごとに合ってきている印象で、特にWR#15頓花選手には3割近く決めており、このホットラインが機能すると厄介です。RBのミッチェル選手は、44回キャリーで363ヤード獲得。現在、X1 Super ラッシング部門2位です。ランプレーの5割弱はミッチェル選手がボールを持ち、ラン獲得ヤードの6割強はミッチェル選手が残しています。2人のキープレーヤーを抑えることが、勝利のポイントになります。

news2019101101.JPG news2019101102.JPG
▲前節東京ガス戦から
 
オービックは、デストロイヤーズ(DL陣)にご注目ください。ここまでの4戦で、ランプレーを124回91ヤード(平均1.4ヤード)に抑え、8つのQBサックを記録しているオービックディフェンス。下位チームとの序盤戦の記録のため、パナソニック相手にこの数字通りにいかないかもしれませんが、デストロイヤーズが最前線で大暴れすることがディフェンスの結果に直結すると言っても過言ではありません。前節から復帰した#17ジェイソン・ファナイカ選手と、開幕戦から絶好調の#20平澤選手の両新加入選手に加え、2年目の#35佐藤選手も実力を発揮し、DLユニットの戦力はXリーグ随一です。誰がどんなプレーを見せてくれるのか、大阪でも目が離せません。
 
news201910111.jpg news201910112.JPG
▲前節ノジマ相模原戦から
  
レギュラーシーズンもいよいよ後半戦。今シーズン2度目の遠征試合も、アウェーをホームに変える熱い参戦をよろしくお願いします。 
 
news201910101.jpg


当日の応援・イベント企画

広い陸上競技場のスタンドを、アクアグリーンに染めよう
チーム受付でアクアグリーンの「FLYガル幕」「FLY紙メガホン」をお配りします。お手持ちのアクアグリーンTシャツやタオルもぜひご持参ください。


bn201711269.jpg bn2017111451.jpg

ハーフタイムは、SEA-Cheerのダンスパフォーマンスをお届けします。

グッズ販売(スタジオ21)
@バックスタンドゲート内

2019新商品・新デザイン商品を多数販売中。

ラインナップはこちらスタジオ21サイト

大人用にボールTシャツ、キッズ用にしーがるくんTシャツを、この試合から新発売!

news201910103.jpg

▲「アクアグリーン ドライTシャツ」(会場価格2,800円)。ポリエステル100%、サイズ:S・M・L・LL・3L

news201910162.jpg

▲「キッズ ドライTシャツ」(2種/会場価格2,400円)。ポリエステル100%、サイズ:130cm、150cm

news201906292.jpg
▲応援で振る「アクアグリーンタオル」(500円)は会場限定販売です

公式ファンクラブ「ブースタークラブ」入会受付中 ブースタークラブは、割引チケットと各種特典がセットになった、お得な参戦パックです(スターターパック2,500円~)。インターネットまたは試合会場チーム受付でお申し込みください。
詳細・申込
2019goods.jpg
▲2019特典グッズ:真空ステンレスタンブラーと保冷温ランチバッグ

 

【現会員の皆さんへ】

お渡ししている「特別招待券」でそのまま入場できます。

追加でチケットが必要な場合は、チーム受付で「招待券3枚セット」(3,000円)をご購入ください。

チーム受付で「会員カード」を提示してください。1回の来場につき1ポイントを付与し、選手ステッカー引換券1枚(引換券3枚でステッカーと引き換え)をお渡しします。5ポイント(=5試合来場)で、「2020年オービックカレンダー」または「サイン入り選手フォト」をプレゼントします。

チーム公認私設応援団募集中

 

応援したい選手名などを入れたオリジナル団旗を掲げ、気の合う仲間とエールを送ってください。5〜15名の申請で1本、16名以上で2本の団旗を進呈します。
詳細・申請
news201908293.jpg

チームロゴやヘルメット、背番号ロゴを使ったオリジナルグッズを作りたい方は、「利用許諾申請書」をご提出ください。ご希望のロゴデータをお送りします。
詳細・申請

news201910102.jpg
▲前節ノジマ相模原戦、ピンクリボンデー

インスタグラムに参戦風景を投稿して、アツい瞬間を共有しましょう( #flyobicseagulls )。
毎月曜日朝、ストーリーにめざましガルズを投稿中。
 

2019年10月09日

RB#29李 卓選手が米新リーグXFLのドラフトにプールされました

news201910091.JPG
▲10/6(日)第4節ノジマ相模原戦から
  
 
RB#29李 卓選手が、来年2020年2月に開幕するアメリカの新しいプロフットボールリーグ「XFL」のドラフト指名候補選手としてプールされました(選手リスト  / Taku Lee RB / ※現地10/11(金)まで順次追加されます)。

李選手はアメリカでのプレーを目指し、今年春にはスカウトイベント「The Spring League(TSL)」に参加。そこでの活躍が認められ、6月にはXFLのトライアウト「XFL SUMMER SHOWCASE」に招聘されていました。

8チームがそれぞれ71名を指名するドラフトは、現地10/15(火)~16(水)の2日間にわたって開催されます。指名選手は、リーグ公式サイトTwitterInstagramの他、各チームから広報されますので、ご注目ください。チームとしても、李選手をはじめ、選手たちのチャレンジを応援しています。