News

最近の記事

2020年11月24日

JAPAN X BOWLプレスカンファレンスが開催されました


news202011241.jpg
news202011244.jpg
 ▲上段:オービック 今季2試合で5TDと好調のWR#84西村有斗副将、大橋 誠ヘッドコーチ
下段:富士通 LB#44趙 翔来主将、山本 洋ヘッドコーチ

  
11/24(火)、オービックと富士通が出場を決めた第34回JAPAN X BOWLのプレスカンファレンスがオンラインで開催され、両チームのヘッドコーチと選手代表が参加しました。

日本社会人アメリカンフットボール協会 深堀理一郎理事長は、「両チームとともに万全の感染防止対策を取って臨む。Xリーグの歴史に残る試合を演じてくれるだろう」と好カードへの期待を込めて挨拶。リーグ事務局からは、大会概要とともに、来場人数上限を50%以下としていたチケット販売について、昨今の感染拡大状況を鑑み、25%・10,000人程度に減らして11/27(金)からの販売開始に変更することが発表されました。

 
JAPAN X BOWL 最多連覇タイ記録(4連覇)で並ぶ両チーム。2014年に5連覇への道を阻まれた富士通に、今度はオービックが5連覇を阻むべく挑みます。4年ぶりの出場で7年ぶり9度目の優勝を目指すオービックと、8年連続出場、5連覇・6度目の優勝を狙う富士通の社会人頂上決戦は、12/15(火)19:00、東京ドームでキックオフです。


news202011242.jpg news202011243.jpg

 
「多くの選手がJXBは初めてで、チームとしても初出場のようなつもりでいる。大舞台で浮き足立たないことが第一。特別な時期だからこそ、フットボールは本当に面白いと思ってもらえるような試合をしたい。富士通は自信を持ってプレーしている点が一番の脅威。勝つことに慣れていることがどれだけ力を発揮するかはわかっているつもりなので、どう風穴を開けるか、なかなか難しい。パナソニック戦の勝利は最後まであがいた結果。相手のミスというより、互いに気持ちをずっとぶつけ合った中で起きたこと。最後まであがき続けた力を次も発揮できれば、結果につながるものと思う」(大橋ヘッドコーチ)
 
「リスペクトしている富士通と大舞台で戦えることをうれしく思う。日本一熱いフットボールができるよう、しっかり準備し、最高の試合をしたい。パナソニック戦は、最後まで諦めずに勝ち切ったことがチーム全体の自信にもなった。その気持ちを忘れず、次に生かしたい。富士通は個々の能力が高く、1対1の勝負が肝。一体感もあるチームなので、どう戦うか、もう一度模索して臨む」(西村副将)
 

2020年11月21日

【試合結果】パナソニックに35-34で勝利しJXB進出決定

news202011211.jpg
▲第1Q、RB#29李の15ydsTDラン
 

【11/21(土)X1 Super 第3節(第2戦) vs.パナソニックインパルス@富士通スタジアム川崎】

 

 

昨年、決勝進出を阻まれたパナソニックとの雪辱戦。前半を11点リードで折り返し、第3Qに逆転されるも、第4Q残り4分5秒に逆転。最後は劇的なファンブルリカバーで1点リードを死守して最終スコア35-34で勝利し、2016年以来4年ぶりとなるJAPAN X BOWL進出を決めました。 

 

------------- 

 

第1Q:QB#11ジミーからWR#84西村への2ydsTDパスで先制するも、直後にキックオフリターンTDを奪われ同点。WR#84西村の77ydsビッグキックオフリターンから、RB#29李が15ydsTDラン。パナソニックのFGを#23BJがブロック。自らボールを押さえて好位置でオフェンスにつなぎ、QB#11ジミー が7ydsTDラン。 オ21-7パ  

 

第2Q:パナソニックがTD。オービックはゴール前残り7ヤードでファンブルロストに終わるも、次の攻撃で再びQB#11ジミーWR#84西村へ69ydsTDパス。パナソニックが残り0秒でFGを決め、オービック11点リードで前半終了。 オ28-17パ

 

第3Q:パナソニックがTD(キックは#35佐藤がブロック)。再びパナソニックがTD、2ポイントコンバージョンも決めて逆転。3点差を追う形となったオービックの攻撃はインターセプトに終わり、このQは無得点と苦しい展開。 オ28-31パ

 

第4Q:パナソニックがFGを決めて6点差に。ここでオービックオフェンスが気を吐き、QB#11ジミーWR#9前田へ36ydsTDパスを通し、残り4分5秒で逆転・1点リード。パナソニックは時間を使いながら前進し、残り24秒・残り1ヤードからの攻撃で#33仲里がファンブルを誘い、LB#44成瀬がリカバーして勝負を決めた。 オ35-34パ

 

大橋HC談話公式記録(チーム・個人/Xリーグ公式サイト)ライブ中継(見逃し配信)


試合概要
試合日 2020/11/21(土)
試合開始時刻 - 終了時刻 14:00-17:04
試合会場 富士通スタジアム川崎
天候 晴れ
観衆 717人
得点経過
  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
オービックシーガルズ 21 7 0 7 35
パナソニックインパルス 7 10 14 3 34
# チーム 時間 プレー トライ
種類 #選手 ヤード 種類 選手 結果
1 オービック 1 04:10 パス #11ジミー#84西村 2 キック #12山﨑 成功
2 パナソニック 1 04:24 キックオフリターン #5ミッチェル 94 キック #16佐伯 成功
3 オービック 1 05:21 ラン #29李 15 キック #12山﨑 成功
4 オービック 1 07:39 ラン #11ジミー 7 キック #12山﨑 成功
5 パナソニック 2 00:17 ラン #5ミッチェル 2 キック #16佐伯 成功
6 オービック 2 08:24 パス #11ジミー#84西村 68 キック #12山﨑 成功
7 パナソニック 2 12:00 フィールドゴール #16佐伯 22      
8 パナソニック 3 03:49 パス #18ロウレンス→#6成田 5 キック #16佐伯 失敗
9 パナソニック 3 10:03 パス #18ロウレンス→#88木戸 8 パス #15頓花→#6成田 成功
10 パナソニック 4 05:09 フィールドゴール #16佐伯 20      
11 オービック 4 07:55 パス #11ジミー#9前田 36 キック #12山﨑 成功
チーム記録
チーム オービック パナソニック
ファーストダウン獲得数
内訳(ラン+パス+反則)
17
 (7+9+1)
24
 (6+16+2)
(攻撃計)  回数-獲得ヤード 52回-313ヤード 85回-458ヤード
(うちラン)  回数-獲得ヤード 25回-76ヤード 39回-127ヤード
(うちパス) 回数-成功数-被インターセプト
成功率  獲得ヤード
27-13-1
48.1% 237ヤード
46-34-0
73.9% 331ヤード
(反則)  回数-損失ヤード 3回-17ヤード 9回-71ヤード
(ファンブル)  回数-喪失 1回-1回 3回-1回
(フィールドゴール) 回数-成功 0回-0回 3回-2回
TIME OF POSSESSION (ボール保有時間) 20:48 27:12
スターティングメンバ―
20201121startM.jpg

 


◇ 参戦ありがとうございました 

news202011212.jpg

news202011213.jpg news202011214.jpg

news202011215.jpg news202011216.JPG

大橋ヘッドコーチ談話◆11/21(土)第2戦パナソニック戦後

facebook.jpg  

 11/21(土)第2戦 @富士通スタジアム川崎
〇35-34 パナソニックインパルス

今日のパナソニック戦を振り返って
 

「第4Qの再逆転のTDや、ゴールライン直前でのファンブルフォース&リカバーが象徴的ですが、目の前のプレーだけに集中することを選手がやりきってくれました。もちろん、課題も散見されるゲームではありましたが、勝利できたことで、それらも財産になると感じています。とにかくしびれるゲームでした」

次戦 JAPAN X BOWLに向けて
 

「タフで強力な相手と対戦したことで、修正したり、強化したりするべきポイントが見えました。まだまだ成長できるチャンスととらえ、次戦に向けてしっかり取り組んでいきます。いずれにしても、国内最高峰のゲームですから、それにふさわしいプレーを披露するべく邁進します」

応援してくださる皆さまへ
 

「心臓によくないゲームを最後まで応援いただき、ありがとうございました。いよいよ東京ドームでJAPAN X BOWLです。観戦していただける人数も増えますので、健康にご留意いただきつつ、参戦よろしくお願いいたします。皆さんとともに戦うボウルゲームです」

 

2020年11月17日

「KEIYO TEAM6クロストーク」第15弾にSEA-Cheer Miku-アプリ「京葉線プラス」

news20181226.jpg

news202011180.jpg
 

無料アプリ「京葉線プラス」の人気連載企画「KEIYO TEAM6クロストーク」第15弾として、SEA-CheerキャプテンのMiku千葉ロッテマリーンズ M☆Splash!! のリーダーASUKAさんの「チアリーダー対談」が公開されました。 
 
ともに「リモートチアラー」(リモート応援システム)を導入するなど、コロナ禍の中で新しい応援スタイルを模索してきた2人がリモートで語り合い、エールを交換しました。

アプリのダウンロードはこちら JR東日本千葉支社HP>京葉線プラス

news202011181.jpg news202011182.jpg
 
 
<クロスストーク バックナンバー>
#11KJ選手(現コーチ):Vol.1  ディドゥダ選手(バルドラール浦安)と日本語対談 2019/1up
しーがるくん:Vol.3 チームマスコット対談 2019/3up
DB#16三宅剛司選手:Vol.6 古家康隆選手(千葉ゼルバ)と対談 2019/6up
OL#77坂口 裕選手:Vol.9 酒居知史選手(千葉ロッテマリーンズ)と対談 2019/12up
脇田雅史VITA BASE取締役兼オービックシーガルズアシスタントGM:Vol.12 ジェフユナイテッド市原・千葉 佐藤勇人クラブユナイテッドオフィサーと対談 2020/5up
OL#58 庄島辰尭選手:Vol.13 新井一耀選手(ジェフユナイテッド市原・千葉)と対談 2020/9up
 

2020年11月16日

11/21(土)リーグ戦第2戦 パナソニック戦のご案内

news202010211.jpg

X1 Super  2020秋季公式戦
リーグ戦第2戦(第3節)
2020obichel.jpg
X.jpg
オービックシーガルズ
メインスタンド/カラージャージ
  パナソニックインパルス
バックスタンド/ホワイトジャージ



今季2戦目は早くもJAPAN X BOWL進出をかけた天王山、パナソニックとの一戦です。昨年はパナソニックとは2度対戦し、レギュラーシーズン(〇14-7)、準決勝(●14-24)と1勝1敗、決勝進出を阻まれました。今年は一発勝負。持てる力のすべてを出し切り、4年ぶりのJAPAN X BOWL進出を勝ち取りたいと思います。


応援では、「リモートチアラー」をさらに活用していきます。タッチダウンやビッグプレーが決まったら、スマホから歓声を選手に届けてください。プレーが始まると音響機器は使えないため、クラウドノイズのシーンでは、手拍子・足踏みで大きな音を出して選手を後押ししましょう。スタンドで、ご自宅で、参戦よろしくお願いします。

 

なお、ご来場の際は、マスク着用、ご自身の座席への着席、ソーシャルディスタンスの確保など、皆が安心・安全に観戦できるようご協力をお願いします。


日時
会場
news20201031ball.jpg  
11/21(土)14:00キックオフ
富士通スタジアム川崎  アクセス

13:00  開場

13:40  「ガルズタイム」開始-応援レクチャー、スタメン紹介
14:00  キックオフ (1Q12分、タイブレーク有り)

チケット
news20201031ticket.jpeg

今回はブースタークラブ会員限定のチームチケット「追加販売」はありません。どうぞご了承ください。
 

Xリーグが試合当日のみインターネット販売します。購入ページ

販売開始:試合当日午前0:00~
価格:全席指定席 2,000円(コンビニ決済、コンビニ発券は手数料別途)
※当日の「会場販売」はありませんのでご注意ください。
※隣りは3席空き、前後も空いています。
※一般販売ではバックスタンド席も購入できます。

ライブ配信

「イレブンスポーツ」サイトで配信されます。
この試合の視聴ページ
※見逃し配信も同じURLです。

(以下、11/20追記)

「スポーツナビ」でもライブ配信します。
視聴ページ

実況:増田隆生(元日本テレビアナウンサー/NFLスーパーボウル実況7回)

解説:山同 建、岩元 洸

当日のチーム企画

news2020logo.jpg  

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、チーム受付、グッズ販売、チームイベントを控えさせていただきます。

ゲート内で手提げ型「オリジナルクリアファイル」(デー・プログラム入り)を配布します。
先着200名様には「アクアグリーンタオル」も入っていますので、応援に活用してください(※旧デザインを無料配布)。

news202011161.jpg

1●スタンドを「アクアグリーン」に染めよう
アクアグリーンタオルやFLYガル幕、アクアグリーンTシャツ、ブースタークラブ2020特典ネックゲイターなど、アクアグリーングッズをご持参ください。スタンドを一色に染め、選手の心に火をつけましょう!
タッチダウンが決まったら、タオルを左右に振ってセレブレーション!

2●相手の3rdダウン、ゴール前では……「手拍子・足踏み」
クラウドノイズのシーンでは、体を使って大きな音を出し、選手を後押ししましょう!

 

3●ナイスプレー、ビッグプレーには……「リモートチアラー」

タッチダウンやビッグプレーが決まったら、スマホから「歓声」を選手に届けましょう! 皆さんのタップ数によって、スピーカーから流れる声量が変わります。

オービックシーガルズ リモートチアラーサイトはこちら
           news20201106.jpg    cheererQR.png
プレー中は音響機器からの音出しが禁止されていますので、プレーに入ったら音は制御させていただきます。

ブースタークラブ会員の
皆さんへ

news20201101.jpg
ご利用には
LINEの友だち追加が必要です

news202011162.jpg
▲地村カメラ

LINEから会員証(DDDisc)の読み込みはお済みですか?  一度読み込むと、トーク画面に会員限定メッセージ(試合中にフィールドや舞台裏で撮った動画や、スペシャルコンテンツ追加のお知らせなど)が届きます。まだの方はぜひ次戦までにご準備ください。


メッセージでもお伝えしましたが、「地村カメラ」第1弾をスペシャルコンテンツページに追加しました。興奮冷めやらぬ試合後の控え室で地村主将が選手を直撃。会員証を再び読み込むか、最初に読み込んだときに表示された「認識に成功しました!」からご覧ください。


パナソニック戦はチームチケットの追加販売はありません。JAPAN X BOWLについては、進出が決まれば、「会員限定 割引販売」を行います。
 
※今年は感染拡大防止のため、JAPAN X BOWL進出となっても試合当日の「東京ドームフィールドツアー」は行いません。ご了承ください。

 

 
▼まだまだ会員募集中(2,500円)。「地村カメラ」のバックナンバーもご覧いただけます。JAPAN X BOWL進出が決まれば、会員限定のチームチケット割引販売を行います。

 

2020年11月08日

【試合結果】2020第1戦 東京ガスに60-0で完封勝利

 


news202011081.JPG
▲9回のパスで190yds・4TD。自らのランでも1TDを挙げたQB#11ジミー・ロックレイ
 
 

 

【11/8(日)X1 Super 第2節(シーズン初戦) vs.東京ガスクリエイターズ@富士通スタジアム川崎】

 

 

大橋ヘッドコーチが5年ぶりに指揮するシーズン初戦。 K/P#49星野の32ydsFGで先制したオービックは、ノジマ相模原から移籍したQB#11ジミーが前半だけで4TDパスを通して試合をつくり、ディフェンスは得点圏内への侵入を許さず、最終スコア60-0で完封勝利しました。

 

------------- 

 

第1Q:最初の攻撃、K/P#49星野の32ydsFGで先制。続く敵陣30ヤードからの攻撃は、2プレーでQB#11ジミーが18ydsTDラン。新人QB#15小林TE#2高木へ2ポイントのパスを決める。DB#16三宅のロスタックルなどで東京ガスはパント。オービックオフェンスはファンブルロストに終わり、東京ガスは4thギャンブル失敗で第1Q終了。 オ11-0東 

 

第2Q:開始直後8秒、QB#11ジミーWR#84西村へ42ydsTDパス。続いて、WR#18木下の51ydsパントリターンから、再びQB#11ジミーWR#84西村へ11ydsTDパス。新人DL#50板敷がロスタックルを決め、東京ガスはパント。QB#11ジミーが今度はWR#7池井へ29ydsTDパス。DL#90髙橋(誠)のQBサックなどで東京ガスをパントに追い込み、QB#11ジミーがさらにRB#43望月へ7ydsTDパスを決めて前半終了。 オ39-0東

 

第3Q:東京ガスの4thダウンギャンブルを阻止。オービックのパントに続き、LB#44成瀬のロスタックルなどで東京ガスもパント。続いてオービックオフェンスは新人QB#15小林WR#84西村へ38ydsTDパスを通す。WR#84西村はこの日3TDの活躍。次のディフェンス1プレー目にDB#40市川がファンブルリカバーを決めて第4Qへ。 オ46-0東

 

第4Q:オービック好位置からの攻撃はパスインターセプトに終わる。DL#90髙橋(誠)が2つ目のサックを決め、東京ガスはパント。オービックはRB#43望月のランなどで前進し、新人QB#15小林 がWR#26野崎へ16ydsTDパス。新人DL#94菊池がロスタックルを決めて東京ガスをパントに抑え、RB#29李が34ydsTDラン。東京ガスは敵陣40ヤードまで進むも、新人DL#94菊池がファンブルを誘い、DL#90髙橋(誠)がリカバー。オービックのニーダウンで試合終了。 オ60-0東

 

公式記録(チーム・個人/Xリーグ公式サイト)ライブ中継(見逃し配信)


試合概要
試合日 2020/11/8(日)
試合開始時刻 - 終了時刻 14:00-16:11
試合会場 富士通スタジアム川崎
天候 曇り
観衆 919人
得点経過
  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
オービックシーガルズ 11 28 7 14 60
東京ガスクリエイターズ 0 0 0 0 0
# チーム 時間 プレー トライ
種類 #選手 ヤード 種類 選手 結果
1 オービック 1 02:26 フィールドゴール #49星野 32      
2 オービック 1 04:37 ラン #11ジミー 18 パス #15小林#2高木 成功
3 オービック 2 00:08 パス #11ジミー#84西村 42 キック #49星野 成功
4 オービック 2 02:14 パス #11ジミー#84西村 11 キック #49星野 成功
5 オービック 2 07:32 パス #11ジミー#7池井 29 キック #49星野 成功
6 オービック 2 11:22 パス #11ジミー#43望月 7 キック #49星野 成功
7 オービック 3 11:12 パス #15小林#84西村 38 キック #12山﨑 成功
8 オービック 4 04:58 パス #15小林#26野崎 16 キック #12山﨑 成功
9 オービック 4 08:32 ラン #29李 34 キック #12山﨑 成功
チーム記録
チーム オービック 東京ガス
ファーストダウン獲得数
内訳(ラン+パス+反則)
19
 (9+10+0)
10
(5+5+0)
(攻撃計)  回数-獲得ヤード 43回-426ヤード 59回-154ヤード
(うちラン)  回数-獲得ヤード 25回-170ヤード 32回-18ヤード
(うちパス) 回数-成功数-被インターセプト
成功率  獲得ヤード
18-13-1
72.2% 256ヤード
29-16-0
55.2% 136ヤード
(反則)  回数-損失ヤード 1回-10ヤード 4回-33ヤード
(ファンブル)  回数-喪失 1回-1回 2回-2回
(フィールドゴール) 回数-成功 1回-1回 0回-0回
TIME OF POSSESSION (ボール保有時間) 18:27 29:33
スターティングメンバ―
20201108startM3.jpg

 


◇ 参戦ありがとうございました 

news202011171.jpg news202011172.jpg news202011173.jpg news202011174.jpg news202011175.jpg news202011176.jpg

大橋ヘッドコーチ談話◆11/8(日)初戦 東京ガス戦後

facebook.jpg  

 11/8(日)シーズン初戦 @富士通スタジアム川崎
〇60-0 東京ガスクリエイターズ

今日のシーズン初戦 東京ガス戦を振り返って
 

「2020オービックシーガルズとしては初めての公式戦ということで、特別な思いを持って臨んだ試合でした。そのせいか、始めは少し硬さがあったように見えましたが、総合的には、準備していたことをある程度遂行できたと感じています」

次戦 パナソニック戦に向けて
 

「初戦までの期間が長かったのに比して、次戦まではあっという間です。しかも、さっそくJAPAN X BOWL進出をかけた天王山。とにかく自分たちの持っているものをゲーム中にすべて出し切れるよう、しっかり準備します。できないことを憂えず、できることに全力を尽くすがテーマになります」

応援してくださる皆さまへ
 

「観戦人数に制限があったり、応援時に声を出せなかったり、なんとなく隔靴掻痒の感が否めないことと思います。そんなもどかしさを一蹴するような、見応えのあるプレーを披露しますので、次戦もぜひご期待ください。特別なシーズンだからこそ、特別な熱量で闘います。引き続き応援よろしくお願いします」

 

2020年11月01日

11/8(日)リーグ戦第1戦 東京ガス戦のご案内

news202010211.jpg

X1 Super  2020秋季公式戦
リーグ戦第1戦(第2節)
2020obichel.jpg
X.jpg
オービックシーガルズ
メインスタンド/カラージャージ
  東京ガスクリエイターズ
バックスタンド/ホワイトジャージ



待望のシーズン初戦を迎えます。オービックが戦うBブロックはオール三菱の出場辞退で3チームになり、第1戦東京ガス、第2戦パナソニックに勝利すると、4年ぶりの決勝進出が決まります。大橋ヘッドコーチの5年ぶりの復帰戦、続々デビューする新人・移籍選手にご注目ください。


応援では、スマートフォンから声援を送る「リモートチアラー」をアメフトチームで初めて導入し、声を出さない新しい応援を展開します。また、ブースタークラブ会員には、「オービックシーガルズDDDisc for LINE」を通して、サイドラインから選手の様子や声を収めた写真・動画をお届けする予定です。

 

ご来場の際は、検温、手指消毒、マスク着用、ご自身の座席への着席(※空けている席に移動しないでください)、ソーシャルディスタンスの確保など、新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力をお願いします。皆が安心して観戦できるスタンドをつくりましょう。

 


日時
会場
news20201031ball.jpg  
11/8(日)14:00キックオフ
富士通スタジアム川崎  アクセス

13:00  開場

13:40  「ガルズタイム」開始-応援レクチャー、スタメン紹介
14:00  キックオフ (1Q12分、タイブレーク有り)

チケット
news20201031ticket.jpeg

ブースタークラブ会員限定のチームチケット「追加販売」を行います。
11/4(水)19:00~5(木)23:59 ※先着順/枚数限定
購入ページ※終了しました

一般の方は、Xリーグの当日券をご購入ください。購入ページ

販売開始:試合当日午前0:00~
価格:全席指定席 2,000円(コンビニ決済、コンビニ発券は手数料別途)
※「会場販売」はありませんのでご注意ください。
※隣りは3席空き、前後も空いています。
※一般販売ではバックスタンド席も購入できます。

ライブ配信

「イレブンスポーツ」サイトで配信されます。
この試合の視聴ページ
※見逃し配信もあります。

当日のチーム企画

news2020logo.jpg  

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、チーム受付、グッズ販売、チームイベントを控えさせていただきます。

ゲート内で「デー・プログラム」(ロスター、応援ガイド)を配布します。

ハーフタイムは、SEA-Cheerのパフォーマンスをお届けします。

新しい参戦スタイル
スマホから「声援」を送ろう


news202011053.jpg
news202011051.jpg news202011052.jpg

 

news20201106.jpg
▲リモートチアラーの画面

オフェンスのときは
- 1stダウンを更新したら「指差しアクション」。
- タッチダウンセレブレーションは「アクアグリーンタオル」を左右に振って(※振り回さないでください)。

ディフェンスのときは
-「クラップ」や「リモートチアラー」の音で選手を後押し。
- 3rdダウンでは「クラップ」「足踏み」「リモートチアラー」で圧倒。

 

 

<「リモートチアラー」の使い方>

 

TDK(タッチダウン金子)の合図や、SEA-Cheerのボードに合わせてボタンを押してください。押される数に応じて、スピーカーから流れる声援の大きさが変化します。

ライブ配信で参戦の方も、シーンに応じてボタンを押してください。

皆さんの「応援数」「ボルテージ」が表示されますので、皆の熱を感じながら盛り上がっていきましょう。
 
※規定により、プレー中は音響機器からの音出しが禁止されています。プレー中は運営側で音は制御させていただきます。
 

オービックシーガルズ リモートチアラーサイトはこちら
または、このQRコードをスマホで読み取ってください。
  cheererQR.png

ブースタークラブ会員の
皆さんへ

試合までに、オービックシーガルズLINE公式アカウント内のカメラで会員証(DDDisc)を撮影・送信しておいてください。
試合当日、LINEのトーク画面に、サイドラインや舞台裏の選手の様子や声を、写真・動画でお届けします。

※一度、会員証を読み込んでいただくと、トーク画面に随時メッセージが届くようになります(写真・動画投稿、スペシャルコンテンツ追加のお知らせなど)。

LINEの友だち追加が必要です。

 
▼まだまだ会員募集中(2,500円)。進出が決まれば、JAPAN X BOWLのチームチケットの先行販売も行います。

 

2020年10月31日

アメフトチーム初、リモート応援システム「リモートチアラー」を導入します

コロナ時代の新しい応援スタイルとしてヤマハ株式会社 (以下、ヤマハ)が開発を進めている「リモートチアラー」(Remote Cheerer powered by SoundUD)を、11/8(日)のシーズン初戦から導入します。プロ野球やサッカーJリーグ、バスケットボールBリーグなどで活用されていますが、アメリカンフットボールでは初の試みとなります。


リモートチアラーは、スマートフォン専用サイトのボタンをタップして声援などを送るリモート応援システムで、スタジアムでは、タップした人数に応じてスピーカーから声援の音などを流します。

     news20201031.jpg  
▲サンプル画面(実際の画面構成とは異なります)。
「ディフェンス」「オービック」などのボタンがあり、チームの応援ボルテージも表示されます

スタジアムでは -TDK(タッチダウン金子)の合図や、SEA-Cheerが掲げる「チアラーボード」に合わせてボタンをタップします。
ライブ配信を見ながら -試合展開に応じて光るボタンをタップします。


声を出しての応援ができない、また、多くの皆さんにご来場いただけない現状ですが、ぜひリモートチアラーを通して声援を選手に届けてください。
具体的な利用方法は、初戦のご案内記事でお知らせします。

2020年10月30日

ブースタークラブ会員向け新ツール「オービックシーガルズDDDisc for LINE」をリリース

今シーズンからブースタークラブの会員特典に加わったデジタルコンテンツ付き会員証(DDDisc)が納品され、会員の皆さんへの発送が始まりました。周囲にバーコードが刻まれた缶バッジに進化した会員証とLINEを用いた、会員とチームの新しいコミュニケーションツール「オービックシーガルズDDDisc for LINE」をリリースします。


news202010315.jpg news2020103024.jpg
(左画像はサンプル)


株式会社デジタルガレージが提供する「DDDisc for LINE」をベースに、同社とオービックシーガルズが共同開発したオリジナルツールで、オービックシーガルズ LINE公式アカウント内に実装されたカメラで缶バッジを撮影してバーコードを読み込むことで、次の2つを楽しんでいただけます。

1● 缶バッジを撮影・送信すると、シーズン中に随時追加されるスペシャルコンテンツ(動画など)が閲覧できます。

2●(一度送信しておくと、) LINEのトーク画面に随時メッセージが届きます(写真や動画、スペシャルコンテンツ追加のお知らせなど)。


news202010303.jpg

 
 
リリースにあたって、スペシャルコンテンツのサンプル動画を公開しましたので、会員の皆さんは特典が届きましたら、さっそくお試しください。缶バッジを一度読み込んでおくと、LINEに随時メッセージも届くようになります。

まずは11/8(日)初戦から、ごく間近でとらえた試合の様子や選手の声を写真や動画に収めて、トーク画面にお届けする予定です。チームをより身近に感じていただき、どこにいても臨場感たっぷりの参戦を楽しんでいただけるよう試行錯誤していきますので、どうぞご期待ください。


デジタルガレージHP >「DDDisc® for LINE」 活用事例


「ブースタークラブ2020」まだまだ会員募集中 (2,500円1種類のみ)
2020fcgoods.jpg  
▲リーグ戦2試合のチームチケット先行販売は完売にて終了しましたが、決勝進出が決まった場合にはまた先行販売を行う予定です(東京ドームは今のところ50%の入場制限となっています)

2020年10月21日

「コロナ禍でアメフトを止めるな!」-NHK公式サイトでDL#20平澤 徹選手がレポート

関東甲信越向けの番組内容を中心に伝えるNHK公式サイト内「ちかさとナビ」に、NHK横浜局に勤務するDL#20平澤 徹選手のレポート記事が掲載されました。

コロナ禍による活動自粛期間中のチームの取り組み、練習再開に向けての対策の数々や選手たちの思いを綴っています。ぜひご一読ください。

news20201021.JPG
▲「我々選手にできることは、『日本一』という結果を出して恩返しをすること。コロナ等の環境を言い訳にしない。今だからこその最高のフットボールシーズンの開幕だ」とレポートを締めくくった平澤選手
 

Xリーグ2020開幕前プレスカンファレンスが開催されました



news202010212.jpg

  
10/19(月)、今週末開幕する秋季公式戦のプレスカンファレンスがオンラインで開催され、X1 Super 7チーム(※オール三菱は出場辞退)のヘッドコーチが参加しました。
 
冒頭、日本社会人アメリカンフットボール協会 深堀理一郎理事長は、「非常に短いシーズンになるが、この時期にアメリカンフットボールをお見せすることは、私たちの大きな役割だ」と挨拶。リーグ事務局からは、リーグ戦全試合をインターネットライブ配信すること、富士通スタジアム川崎は収容人数の25%の座席数となるが、JAPAN X BOWL(12/15@東京ドーム)は現状、上限が50%となっており、その範囲内で準備を進めることなどが説明されました。


news202010213.jpg news202010214.jpg
▲左:深堀理事長、右:大橋ヘッドコーチ


5年ぶりにヘッドコーチに復帰したオービックシーガルズ 大橋 誠ヘッドコーチは、次のように意気込みや勝負のポイントを話しました。
 
「非常に閉塞感のある中でシーズンを過ごしてきたが、フットボールを応援していただいている皆さんも同じかと思う。そんな中で、コンタクトスポーツであるフットボールならではの爽快感や、激しさから感じられる開放感を皆さんに感じていただくことが我々の使命だと感じている。
 
こういう状況でも引き続きフットボールを愛し、Xリーグを応援してくださる皆さんに感謝し、それに応える試合をしていきたい。我々らしい思いのこもったプレーでお返ししていきたい。
 
チームとしては、いまできることを精一杯やっている。例年と違い、仕上がりを測る物差しがないのでどこまでできているか分からないが、成長は感じている。できることを100%、場合によっては120%、しっかりと1つの1つのプレーでできるか。遂行力、エクスキューションが今シーズンの鍵になると思っている」
 
 
news202010211.jpg
(当日の資料から)
 
 

2020年09月30日

【新聞記事】読売新聞千葉版にシーズン開幕を伝える記事が掲載されました

9/30(水)付 読売新聞千葉版に、Xリーグのシーズン開幕と、千葉県を拠点とするオービックシーガルズ(習志野市)とIBMビッグブルー(千葉市)の近況を伝える記事が掲載されました。

Xリーグ 2チーム準備着々 アメフト 来月開幕
オービック 新戦力期待
IBM 高い守備力
 
news202009308.jpg
▲「特別なシーズンだからこそ、面白かったと言われるような試合がしたい」と大橋ヘッドコーチ。
チーム躍進の鍵として、ともにNFLを目指しているオービックK/P#12山﨑丈路選手とIBM佐藤敏基選手に焦点が当てられています
 

【TV放送予定】10/1(木)NHK総合「ひるまえほっと」でオービックシーガルズが紹介されます

10/1(木)11:30から放送されるNHK総合のニュース情報番組「ひるまえほっと」(関東甲信越)の「笑顔見つけ隊」のコーナーで、オービックシーガルズの活動が紹介されます。

同コーナーは、地域を元気にする活動をしている人や団体を紹介するもので、今回は、「コロナに負けない! 社会人アメフトチームの奮闘」と題して、シーズン開幕に向け、コロナ対策をしながら練習に励むチームの様子と、それを応援してくださる地元の皆さんを取材してくださいました。

インターネットで見逃し配信もありますので、関東甲信越以外にお住まいの方もぜひご覧ください。

 
news202009301.jpg
▲番組HPから

番組名:NHK総合「ひるまえほっと
 (関東甲信越のみ / 月~金11:30~11:54・関東月曜のみ11:05~11:30)

放送予定日時:10/1(木)11:30~(番組内 約8分間)

コーナー名:「笑顔見つけ隊」

見逃し配信:番組HPからご覧いただけます(放送終了から7日間)。
NHKプラスのご利用登録が必要です。


news202009302.JPG news202009303.jpg

news202009305.JPG news202009304.JPG
VITA BASE とグラウンドで取材・撮影が行われました 

【KEIYO TEAM6】10月はオービックの選手がJR京葉線車内放送・駅放送でメッセージ

 
 
JR京葉線全線開業30周年を記念した「KEIYO TEAM6」各チームの選手による車内放送が、今年3月に続き、7月から順次行われています。

10月は以下の通り、オービックシーガルズの選手のメッセージが流れます。京葉線をご利用の際はぜひお聞きください。

期間: 10/1(木)~31(土) 7:00~20:00
車内放送: JR京葉線  南船橋駅 ⇔ 新習志野駅間
駅構内放送: 新習志野駅 (※チーム最寄り駅)



news20200930.jpg
 

2020年09月29日

【TV放送予定】大分放送「OBSイブニングニュース」にK/P#12山﨑丈路選手

 

※以下のニュースは、放送日が延期となりました。決まり次第あらためてお知らせします(9/29午後追記)
※10/7(水)放送決定(10/6追記)

 

 

9/29(火)10/7(水)、大分放送のニュース番組「OBSイブニングニュース」で、地元出身のK/P#12山﨑丈路選手が紹介されます。

番組名:大分放送OBSイブニングニュース」(月~金 18:15~18:55)
放送予定日時:9/29(火)10/7(水)18:15~18:55 (番組内約5分間のコーナーです)


news202009291.JPG news202009292.JPG
▲取材を受ける山﨑選手と大橋ヘッドコーチ

2020年09月28日

ウェザーニューズ社「MiCATA」公式サイトに大橋HCのインタビュー記事が掲載されました

ウェザーニューズが運営するアスリート・スポーツチーム向け気象ウェブサービス「MiCATA」(ミカタ)の公式サイトに、サービスの活用事例として、大橋 誠ヘッドコーチのインタビュー記事が掲載されました。下記リンクからご覧ください。 

 

news20200928.jpg
▲アメリカンフットボールは「All Weather Sports」。MiCATAでグラウンドのピンポイント天気予報を確認し、練習プランを構築・調整するなど、チームの活用方法を話しています
 

2020年09月23日

2020ロスター発表 -新人・移籍14名を含む65名を登録しました

 
 
2020シーズンのロスターとして、65名の選手を登録しました。ロスター一覧ページ

新人・移籍  14名 
5月の新加入選手発表の後、LB#47髙橋 悟(富士通/法政大)が新たに加入しました。

オフェンス9名

ディフェンス 4名

スペシャリスト 1名

OL#58 庄島辰尭  (UCLA)U-19日本代表
OL#71 松原寛志 ◎移籍 (早稲田大学)3度高校日本一(早稲田大学高等学院)、大学主将、オール関東24、U-19日本代表、カレッジ日本代表、2018オール三菱
OL#72 島崎貴弘 ◎移籍 (早稲田大学)オール関東24、U-19日本代表、カレッジ日本代表、2017~2019アサヒビール
OL#79 堀家祥越 ◎移籍 (京都産業大学)2018~2019PentaOceanパイレーツ
TE#3 植原 涼 (日本大学)大学日本一
WR#82 成田将吾 (北海学園大学)大学主将、北海道ベスト11
WR#88 小坂健太 (東北大学)東北MVP
QB#11 ジミー・ロックレイ ◎移籍 (UCデービス)2017APFリッチモンドラフライダーズ(最優秀OFF.選手賞、オールAPF)、2018~2019ノジマ相模原
QB#15 小林優之 (日本体育大学)※昨年練習生  U-19日本代表
DL#50 板敷勁至 (関西学院大学)3度大学日本一
DL#94 菊池雄大 (北海学園大学)※昨年練習生  大学主将、北海道ベスト11
LB#47 髙橋 悟 ◎移籍 (法政大学)2017~2018富士通、2020シニア日本代表
DB#45 東方嘉永 (慶應義塾大学)
K/P# 12 山﨑丈路 ◎移籍

(大阪大学)関西2部最優秀キッカー、2017~2019エレコム神戸、2019オールXリーグ、 2020CFLドラフト候補


ポジション・番号変更  4名
WR#9 前田眞郷 ← #11から番号変更
LB#44 成瀬圭汰 ← RBからポジション変更
DB#40 市川憲章 ← LBからポジション変更
WR#17 井上拓也(練習生) ← #87から番号変更
 
練習生  6名
5月の新加入選手発表の後、OL#51村田健太(関西学院大)が新たに加入しました。
OL#51 村田健太 (関西学院大) 2020~
OL#69 髙田望史 (白鴎大学) 2020~
WR#17 井上拓也 (神戸大) 2019~
QB#5 舩戸怜郎 (神奈川大学) 2020~
RB#41 藤原裕貴 (関西大学) 2020~
DB#46 田尾雅稔 (久留米大) 2019~
 
休部 2名

引退 3名
これまで応援いただきありがとうございました。
OL#57 角田伸弥 (関西大、2011年加入)
OL#78 木部龍之介 (日本大、2018年加入)
LB#38 石神宇貴 (法政大、2017年加入)
 
(引退選手メッセージ)

OL#57角田伸弥選手


オービックシーガルズファミリーの皆さん、いつも参戦いただきありがとうございます。

2020シーズン途中ですが、引退することを決意しました。2011年に加入し、約9年間と長い間お世話になりました。ライスボウル優勝、海外遠征など、このチームに携わっていなければ経験できないことをたくさん経験させていただきました。試合に出られず悔しい思いをしたことや、優勝して仲間と最高の時間を過ごせたこと、ライバルチームに勝てなくて悩んだことなど、今までのことを思い出すと、本当に良い思い出ばかりです。本当に良い経験をさせていただきました。

今まではフットボール中心の生活でしたが、今後は新たなフィールドでも活躍できるよう、オービックシーガルズで学んだ「本気でやる」を忘れずチャレンジしていきたいと思います。

最後に、高校からフットボールを始め、腰や膝の手術をしたときはたいへん心配をかけましたが、僕の試合を楽しみにし、15年間フットボールを応援し続けてくれた両親には心から感謝しています。本当にありがとうございました。


OL#78木部龍之介選手


オービックシーガルズファミリーの皆さん、いつも応援ありがとうございます。

この度、2020シーズン開幕を前に引退を決めました。日本大学を卒業後加入して3年半、オービックシーガルズでツイスターズとして活動させていただき、試合に出て活躍することはありませんでしたが、本当に多くのことを学ばせていただきました。毎日本気で日本一について考え、行動し、仕事とフットボールを両立して取り組んだ日々はとても充実していました。

フットボールを始めてから11年、目指していた日本一にはなれませんでしたが、これまでの経験を今後に活かしていきます。

最後になりますが、今後はオービックシーガルズファミリーとして皆さんとともに選手を応援したいと思います。ありがとうございました。

 
LB#38石神宇貴選手
r

オービックシーガルズファミリーの皆さん、いつも参戦ありがとうございます。

春をもちまして引退することに決めました。約3年という短い期間ではありましたが、オービックシーガルズの一員としてプレーできたことをとても誇りに思います。毎週、刺激のある練習で楽しく過ごすことができ、また、選手としても人間としても成長できた3年間でした。これからは学んだことを還元していきたいと思います。

最後に、ここまで長い間フットボールを続けられたのは、両親や周りの支えがあったからだと思います。本当にありがとうございました。
 

2020年09月18日

オール三菱が出場辞退、オービック初戦は第2節11/8(日)東京ガス戦に

10/24(土)開幕予定のX1 Super 秋季公式戦について、オール三菱ライオンズの出場辞退とそれに伴う試合日程の変更が発表されました。オービックシーガルズが戦うBブロックは1チーム減の3チーム・全3試合に縮小され、オービックの第1節(オール三菱戦)はキャンセル、初戦は第2節の11/8(日)東京ガス戦になりました。
Xリーグ発表記事「オール三菱が2020年秋季公式戦出場辞退、東京ガスは遠征見合わせ」

楽しみにお待ちいただいている初戦がさらに2週間遅れますが、この短期決戦を必ず勝ち抜きたいと思いますので、ぜひとも応援・参戦をよろしくお願いします。

変更後のBブロック試合日程

【第1節】 10/24(土)14:00 パナソニック× 東京ガス @富士通スタジアム川崎 ※日時・会場変更
※東京ガスが遠征を伴う試合を辞退しましたが、パナソニックが代わりに遠征して試合を成立させるとし、会場を変更して開催されることになりました。

【第2節】 11/8(日)14:00 オービック × 東京ガス  @富士通スタジアム川崎  

【第3節】 11/21(土)14:00 オービック × パナソニック @富士通スタジアム川崎  

JAPAN X BOWL (社会人選手権) 12/15(火)19:00  vs.Aブロック1位 @東京ドーム
ライスボウル(日本選手権) 2021/1/3(日) vs.学生代表 @東京ドーム

なお、今回の変更に伴い、9/17(木)からと予告していた「2020ブースタークラブ」の会員募集をいったん延期させていただきました。10/1(木)詳細発表・会員募集開始の予定です。チーム券の事前購入に関する特典もつきますので、ご案内までもう少しお待ちください。2020ロスターは9/23(水)に発表します。
 

(再掲) Xリーグチケット販売概要 (X1 Super 東日本会場)詳細(Xリーグ記事)
Xリーグ販売分は「全席指定・当日販売のみ」で変更ありません。

対象試合:  第1節~第3節 (JAPAN X BOWLは未定・対象外)
 
1試合の最大収容人数: 1,000名(会場計・現時点予定数)

席種: 全席指定席(全席一律価格。購入時に座席位置を選択)

販売方法・価格: 「試合別当日券」と「一日観戦当日券(通し券)」を2通りで販売。
(1)インターネット販売=試合当日0:00~、試合別 2,000円・一日観戦 2,500円
(2)試合会場販売=試合当日キックオフ1時間前~、試合別 2,000円・一日観戦 2,500円

※例年、高校生以下は入場無料(自由席)ですが、今年は指定席購入が必要です。
※膝の上に座る場合に限り、大人1名につき小学生以下1名まで入場できます。
※チケット購入後に試合中止となった場合は、払い戻しされます。 

 
news20200918.jpg
▲昨秋第3節 東京ガス戦@秋津
 

2020年09月14日

アサヒビールシルバースターと練習試合を行いました

news20200914.JPG

 


 9/13(日)、富士通スタジアム川崎で、同スタジアムを練習拠点とするアサヒビールシルバースターと試合形式の練習を行いました。

 

今シーズン初めての実戦練習で、これまで準備してきたことを確認できる良い機会になりました。この貴重な機会をくださったアサヒビールシルバースターさん、そして実施にあたりご協力くださいました審判の皆さまに感謝いたします。ありがとうございました。

 

「やっぱり試合は楽しい!」と選手たちは本番が待ちきれない様子でした。今回の練習試合で得た課題を糧に、さらにパワーアップして開幕戦を迎えられるよう、選手・スタッフ一同、取り組んでいきます。今シーズンもぜひ応援よろしくお願いします。