News

最近の記事

2021年04月16日

【CFLドラフト】K/P#12山﨑丈路選手が指名されキャンプ参加へ(本人コメント掲載)

news202104160.jpg

 

 

現地4/15(木)[日本時間4/16(金)午前2:00~]、カナダのプロリーグCFL(Canadian Football League)の「グローバルドラフト」がトロントで開催され、K/P#12山﨑丈路選手が3巡目・全体19位でBCライオンズ(BC LIONS @バンクーバー)に指名されました。

 

CFL9チームが4巡で計36名を指名。山﨑選手は昨春ドラフト候補になりながらコロナ禍で中止されたため、2年越しの指名獲得となりました。

 

この後は、5月中旬からチームのトレーニングキャンプに参加し、日本人初のCFLプレーヤーを目指します。引き続き山﨑選手への応援をよろしくお願いします。

山﨑選手コメント

20yamasaki120.jpg

 

いつも熱い参戦をいただきありがとうございます。

CFLバンクーバーのBCライオンズからドラフト指名を受けることができ、たいへん光栄に思います。今回指名を受けたことで、多くの方から言葉をいただきました。自分の活動が周囲に与える影響の大きさを感じ、逆に自分自身も多くの方の支えがあって目標に向かっていけているのだと、あらためて実感しています。本当にありがとうございます。

 

次の目標としていたステップに進めた安心感はありますが、まだまだ自分の目標へのスタートラインに立てたわけではないと感じているのが正直なところです。この結果は結果として受け止めるとともに、目標を再認識し、慢心せず、やるべきことに邁進します。

 

昨シーズンは、個人的には悔しい思いもしました。それを糧に、持ち味であるキックの力強さを発揮してきます。目標を持って結果にこだわり、応援してくださる皆さんに喜んでいただけるよう、そしてチームメイトに刺激を与えることができるよう、等身大で挑みます。

今後とも変わらぬご声援をよろしくお願いします。

今後のCFLスケジュール

5月中旬~ トレーニングキャンプ(3週間)

6月上旬 ロスター発表:ロスター46名(グローバルプレーヤー枠2)、プラクティスロスター13名(同3)

6/11(金) レギュラーシーズン開幕

11月~ プレーオフ

11/21(日) 決勝 GREY CUP

 

山﨑選手と同じく昨年ドラフト候補だったRB#29李 卓選手は、今年はNFLのIPPプログラム選考キャンプに招聘されたためCFLドラフト候補外とされていましたが、3巡目24位でモントリオール・アルエッツに指名されました。現在、選考キャンプの結果待ちで、IPPプログラムへの参加を優先することになります。

日本選手は6名が指名を受けました。

  K 山﨑丈路(オービック):19位・BCライオンズ
  RB 李 卓(オービック):24位・モントリオール・アルエッツ

  OL 町野友哉(富士通):15位・ウィニペグ・ブルーボマーズ

  LB 丸尾玲寿里(アサヒ飲料クラブ):4位・ウィニペグ・ブルーボマーズ

  LB 山岸明生(富士通):13位・モントリオール・アルエッツ

  K 佐藤敏基(IBM):16位・トロント・アルゴノーツ

 


news202104163.JPG

news202104162.jpg

 

2021年04月13日

NFL IPPプログラム選考キャンプ終了。RB#29李選手「良い結果を信じアメリカに残る」

news202012300.jpg
 
 
現地4/11(日)、 RB#29李 卓選手が2月から参加していた2021NFLのIPPプログラム(インターナショナル・プレーヤー・パスウェー・プログラム )候補選手による選考キャンプ(@米フロリダ州 IMGアカデミー)の全日程が終了しました。

この選考キャンプの結果によりIPPプログラムに選抜された選手と、各々の配属先チームは、現地4/29(木)~5/1(土)に行われるNFLドラフト後に発表される予定です。アメリカにとどまり、結果発表に備える李選手から、キャンプの報告が届きました。

チャレンジを続ける李選手をいつも応援いただきありがとうございます。5月の吉報を期待しましょう。



オービックシーガルズファミリーの皆さんこんにちは。いつもオービックシーガルズの応援をありがとうございます。先日、10週間にわたるNFL IPPプログラムの選考キャンプを終えました。

このキャンプでは、ウエイトトレーニング、ポジション練習、ムーブメントトレーニング、キッキング、戦術指導プログラムなどを行い、世界9ヵ国から参加した11人の候補選手が、今シーズンNFLチームに帯同する国際練習生の枠をかけ、さらには実際にチームに合流したあとにサマーキャンプを生き抜きロスターとして活躍する選手へと成長するべく、切磋琢磨しながらともに過ごしてきました。

RBコーチはアーネスト・バイナー(Earnest Byner / 下写真)という、NFLで長くプレーされたあとにコーチとしても長く指導された方で、RBはただ1人だったので、ポジション練習前にはマンツーマンで指導を受けられました。

オフもコロナで施設から出ることはできず、ルームメートのOL選手とNFLのプレーブックを一緒に勉強したり、プレーを英語でプレゼンテーションする練習などをして充実した時間を過ごしました。

技術的にも身体的にも、そして精神的にも成長を実感していますし、毎練習上手くなるために、自分自身とコンピートし、ポジティブな日々を積み重ねてきたプロセスにも自信があります。

結果はドラフト後に発表されるそうですが、そのあとすぐチームと合流することになるので、良い結果を信じてアメリカに残り、トレーニングや準備を継続します。オービックシーガルズファミリーの皆さんをはじめ、チームのみんなに良い報告をして、今シーズンの連覇に向けて景気づけできたらうれしいです。

FLY OBIC SEAGULLS!
 
news202104131.jpg

news202104132.jpg
 
news202104135.jpg
   

2021年04月01日

春季開幕戦は5/23(日)-春季公式戦(交流戦)日程発表

Xリーグから、2021年春季公式戦の試合形式と日程が発表されました。

 
X1 Super 東日本地区(6チーム)は、例年のパールボウルトーナメントの大会フォーマットではなく、「各チーム2試合ずつの交流戦」が「有観客」で開催されます。
 
試合ごとの来場者数、チケットの販売方法・価格等については、後日、リーグから発表があり次第、このページ他でお知らせします。 
 
 
いまだ感染拡大が懸念される状況ですが、感染予防に最大限の注意を払いながらチームづくりを進めてまいります。皆さんもどうぞお気をつけください。2021シーズンも参戦よろしくお願いします。

※「2021ブースタークラブ」の会員募集等については、追ってご案内させていただきます。
 

【オービックシーガルズ春季試合日程】
開幕戦 5/23(日)14:00 vs. ノジマ相模原ライズ @富士通スタジアム川崎
第2戦  6/6(日)14:00  vs. IBMビッグブルー @富士通スタジアム川崎
 
 
news20210401.jpg
 

2021年03月31日

引退選手のお知らせとメッセージ

2020シーズンをもって、13名の選手が引退することになりました。これまでたくさんの応援をいただき、ありがとうございました。

(2021/3/31現在)
OL#59山本祐介(北海学園大学 / 2008年加入)
2014、2016年オールXリーグ選出
GERMAN JAPAN BOWL Ⅱ(2014年)、第5回世界選手権アジア予選(2014年)、第5回世界選手権(アメリカ大会/2015年) 各日本代表
OL#74山形明弘(立教大学 / 2019年移籍加入)
TE#2高木翔野(関西大学 / 2014年加入)
TE#89森 章光(名城大学 / 2011年加入)
GERMAN JAPAN BOWL Ⅱ(2014年)、第5回世界選手権アジア予選(2014年) 各日本代表
WR#10森 健太郎(法政大学 / 2010年加入)
※2021シーズン WRコーチ就任
WR#17井上拓也(神戸大学 / 2019年加入)
DL#31三井勇洋(京都大学 / 2013年加入)
GERMAN JAPAN BOWL Ⅱ(2014年)、第5回世界選手権アジア予選(2014年) 各日本代表
DL#99中田善博(関西大学 / 2009年加入)
GERMAN JAPAN BOWL Ⅱ(2014年)、第5回世界選手権アジア予選(2014年)、アメリカ The Spring League 選抜戦(2020年) 各日本代表
LB#34寺田雄大(日本大学 / 2014年加入)
DB#16三宅剛司(立命館大学 / 2007年移籍加入)
2010、2011、2012、2014年オールXリーグ選出
第3回世界選手権日本代表(日本大会/2007年)、第4回世界選手権アジア予選(2011年)、第4回世界選手権(オーストリア大会/2011年)、第5回世界選手権アジア予選(2014年)、第5回世界選手権(アメリカ大会/2015年) 各日本代表
※2019シーズンからコーチ兼任。2021シーズン ディフェンスコーディネーターアシスタント兼DBコーチ
DB#39須田克志(京都大学 / 2019年加入) 
2019年オールXリーグ選出
アメリカ The Spring League 選抜戦(2020年)日本代表
K/P#8長尾 健(日本体育大学 / 2014年加入)
LS#53山口翔太郎(日本大学 / 2018年加入)

 

 

(引退選手メッセージ)

OL#59山本祐介
  news20210331059.jpg
オービックシーガルズファンの皆さん、いつも温かいご声援をいただきありがとうございます。昨シーズンをもって現役を引退することにしました。チームメイトに辞める辞めると言い続けて6年くらい経ちました……ようやく引退します。

13年の長きにわたり在籍できたことにたいへん感謝しています。また、今まで関わっていただいたOLコーチ、オフェンスコーディネーターの方々、温かく迎え入れてくれたツイスターズの諸先輩方とともにプレーできたことは、今後の私の人生において大きな財産です。

北海道リーグという無名リーグ出身にも関わらず、日本代表も経験させていただけたことは、アメフト、そしてチームに感謝しかありません。

今後はどこかでコーチでもしようと考えていますが、今はしっかりと休養を取りたいと思います。13年間ありがとうございました。
 
 
OL#74山形明弘
  news20210331074.JPG
いつもオービックシーガルズに熱いご声援をいただきありがとうございます。2020シーズンをもちまして引退することになりました。

シーガルズで過ごしたのは2シーズンで、決して長くはありませんが、たくさんの経験をさせていただき、そのすべてが自分の大事な資産となっています。また、他チームからの移籍にも関わらず、温かく迎えていただいたチームメイト・コーチ・スタッフ・ファンの皆さんには感謝しかありません。本当にありがとうございました。

これからは、シーガルズで学んだ「チャレンジ」を別のフィールドで実践していきます。少しの間、フットボールの第一線からは離れることになりますが、後進の指導という形でまたフィールドに戻ってきたいと考えていますので、引き続きよろしくお願いします。

2021シーズンは連覇がかかった大事なシーズンになりますので、オービックシーガルズファミリーの皆さんには、今年も熱いご声援をいただければ幸いです。個人的には、どんどん若い力が加わって世代交代も進んでいる我がツイスターズにご期待いただければと思っています! 短い間でしたが、応援いただき本当にありがとうございました。


TE#2高木翔野
  news2021033102.JPG
オービックシーガルズファミリーの皆さん、いつも温かいご声援ありがとうございます。2020シーズンをもって引退する決意をしました。

2014シーズンに加入し、7年間プレーさせていただきました。加入から6年はチームとして納得のいく結果を得られず、全員がもがき続けた苦しいシーズンが続きました。昨年はコロナ禍の中、できることを一人ひとりが実践しました。私が在籍したシーズンの中で一番皆が結束していたと思います。その結果、JAPAN X BOWLで富士通に勝利し、ライスボウルで関西学院大に勝利することができたと思います。日本一という最高の結果を得ることができ、うれしく思います。

小学校4年生からアメリカンフットボールを始め、20年間プレーしました。今後もその経験を活かし、何らかの形で関わっていきたいと思います。

最後に、これまで関わっていただいた、コーチ、スタッフ、ファンの皆さん、家族には感謝しかありません。本当にありがとうございました。これからもシーガルズの一員であることは変わりありません。またスタンドでお会いしましょう。
We are OBIC SEAGULLS!!!!!!


TE#89森 章光
  news20210331089.JPG
オービックシーガルズサポーターの皆さん、いつも応援ありがとうございます。

大学からアメフトを始め、シーガルズで10年間プレーヤーとして活動させていただきましたが、昨シーズンをもって引退させていただくことを決めました。シーガルズでの10年間は、良いときもあれば、うまくいかないときもありました。ケガをして非常に苦しいシーズンもありましたが、その何倍もいい思いをさせてもらったと思います。

15年取り組んできたアメフトを引退するのは寂しくも感じますが、もうこれ以上できないというところまでやり切れたと思います。

これまで応援してくださった方々、家族には本当に感謝しています。ありがとうございました!
 
 
WR#10森 健太郎
  news20210331010.jpg
オービックシーガルズファミリーの皆さん、いつも参戦ありがとうございます。2020シーズンをもって引退することを決意しました。

2010シーズンに加入して以来11シーズン、日本一を5回経験させていただきました。シーガルズのフットボールを通じて、「本気でやることの大切さ」と「仲間の重要性」を実感しました。

日々「本気」でフットボールに挑戦しているか問い続けることにより、多くの素晴らしい結果を残すことができました。「本気」でやるからうまくいったときはめちゃくちゃうれしいし、うまくいかなかったときはめちゃくちゃ悔しい思いをしました。そのような経験をさせていただき、とても感謝しています。そして「仲間」がいたからこそ、つらいときもお互い励まし合い、切磋琢磨して過ごすことができました。ここで一緒に戦った「仲間」は一生の仲間になると思います。

シーガルズファミリーの皆さんに支えていただきプレーできたのは、本当に幸せでした。この場を借りてお礼申し上げます。すでに公表させていただいていますが、2021シーズンはコーチとして日本一を目指します。試合会場に足を運んでくださった皆さんに感動していただけるチームをつくっていきますので、引き続きオービックシーガルズをよろしくお願いします。


WR#17井上拓也(※写真は旧番号)
  news20210331017.jpg
いつもオービックシーガルズを応援いただきありがとうございます。2020シーズンをもって退団することに決めました。

2年という短い間でしたが、シーガルズという最高のチームにチャレンジできたことは僕の人生にとって本当に貴重な経験です。これからもシーガルズで学んだ、何事にも全力でチャレンジする姿勢を大切に、精進していきます。

2年間支えてくださったすべての皆さん、本当にありがとうございました。


DL#31三井勇洋
  news20210331031.jpg
いつもオービックシーガルズファミリーとして参戦していただき、誠にありがとうございます。2020シーズンをもって引退することを決意しました。

2013年から7シーズンという長い間在籍させていただきました。初年度と最終年度ともに優勝することができ、悔いなく引退することができます。なかなか勝てず辛い時期も多かったのですが、思い返すと楽しかった記憶しかありません。

高校から19年間もの長い間続けてきましたが、34歳まで楽しくフットボールをできたのは、チームメイト、コーチ、オペレーションスタッフ、トレーナー、事務局の方々、ファンの皆さん、なにより妻、両親のおかげです。感謝してもしきれません。

今年からは、大阪学院大学のヘッドコーチとしてフットボールに関わっていきます。少しでもフットボール界に恩返しができれば幸いです。いずれはシーガルズにも選手を輩出していければと思っています。今後はシーガルズファミリーとして本気で応援していきますので、試合会場などでお会いしたときには一緒に応援しましょう。本当にありがとうございました。


DL#99中田善博
  news20210331099.jpg
いつも参戦ありがとうございます。2020シーズンをもって引退することに決めました。

高校から始めたフットボール。中学時代は帰宅部だった僕は、練習についていくのがやっとでした。大学時代も怪我が多く、不完全燃焼で終わりましたが、オービックシーガルズに入って大きく変わりました。「本気でやる」ことの楽しさを学び、フットボールだけでなく、人間としても大きく成長させていただきました。本気でやるからこそ、勝ったときはめちゃくちゃうれしいし、負けたときはめちゃくちゃ悔しい。特に、2019シーズンまでの6連敗は本当にしんどかったです。だからこそ、昨シーズンの優勝はホンマにうれしかった。なによりファンの皆さんや家族、チームの仲間と喜びを分かち合えたことがうれしかったです。

気がつけばフットボールを始めて19年が経ちました。皆さんの応援、コーチの指導、スポンサーの方々はじめ関わっていただいた皆さんやスタッフの支援、仲間との競争、どれかが欠けてもここまで続けることはできませんでした。ありがとうございました。

最後に、毎試合大阪から応援に来てくれた両親、そばで支え続けてくれた妻や娘には心から感謝しています。これから少しずつ恩返ししていきたいと思います。本当にありがとうございました。


LB#34寺田雄大
  news20210331034.JPG
いつも参戦ありがとうございます。2020年シーズンをもちまして引退します。

オービックシーガルズで7シーズンプレーさせていただき、フットボールの楽しさ、悔しさ、厳しさなど、心が動く貴重な経験をたくさんさせていただきました。昨シーズンは、コロナウイルスにより今までと生活が劇的に変化した中で、本気で悩み、本気で取り組んだシーガルズファミリーの皆さんと最高のシーズンにすることができました。

今後は、妻と子供とゆっくり休日を過ごしていきたいと思います。

コーチ、トレーナー、スタッフ、選手、ファンの方々、家族、関わってくださったすべての方々に感謝申し上げます。本当にありがとうございました!!
 

DB#16三宅剛司
  news20210331016.jpg
2020シーズンをもちまして、引退することを決意しました。長きに渡り応援をいただきありがとうございます。

オービックシーガルズの一員になって14年。多くの仲間に出会い、そして支えられ、ここまで現役を続けることができました。もう一度日本一になりたい! そう思い続けて7年。やっと最高の形でシーズンを終え、皆さんと勝利を分かち合うことができました。7年の間に悔しい思いで引退した選手、スタッフ、皆の想いで勝ち取った日本一だったと思います。

産大高校でアメフトに出会い、立命、チャレンジャーズ、日本代表、シーガルズと、お世話になった方々、ありがとうございました! そして、いつも試合を楽しみにしてくれていた両親、支えてくれた家族、ありがとう!

2021年はコーチとしてチームの勝利に貢献していきます。引き続き参戦よろしくお願いします!


DB#39須田克志
  news20210331039.jpg
いつも応援ありがとうございます。昨シーズンをもちまして引退を決意しましたので、報告させていただきます。

2年という短い期間でしたが、これほどまでに充実して幸せな日々を送れたこと、チームメイトやコーチ、応援してくださった皆様に改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。オービックシーガルズの素晴らしいところは、関わるすべての人が「自己完結しない」ことだと思います。隣にいる仲間に、応援してくれる皆さんに、どのようにすればエネルギーを伝えることができるのかを考え抜くチームです。勝つことを目指すのはもちろんですが、その先の理想に向かって全員が一つになることができる。特に、日本一を獲った昨シーズン、強く感じたことでした。

このチームで2年間経験したことを僕の人生やこれからの人類に向けて再現性のあるものにしていきたい。そう思ってチームを離れることにしました。大学院生の間プレーしていましたので、今年から社会人になります。ビジネスマンとしても、世界を創っていく一人の人間としても、さらなる高みにチャレンジしていきます。

最後になりましたが、どんなときも応援し続けてくれた家族に心から感謝を伝えます。本当にありがとうございました!


K/P#8長尾 健
  news2021033108.jpg
オービックシーガルズファミリーの皆さん、いつも参戦いただきありがとうございます。昨シーズンをもってユニフォームを脱ぐことを決意しました。

この7シーズン、チーム関係者、ファンの皆さんもしんどい思いで過ごしてきたと思います。そんな中で昨シーズン、私自身としては初めて日本一になることができ、ここを一緒に目指せる仲間がいたことをうれしく思います。あと一歩届かない、そのもどかしさが僕らを強くしてくれました。

この7年間で経験したことを活かして次のチャレンジに進んでいきたいと思います。僕に関わってくださったすべての方々に感謝します。本当にありがとうございました。2021シーズンも、フィールドで大暴れしているオービックシーガルズを期待しています!
 

LS#53山口翔太郎
  news20210331053.jpg
オービックシーガルズファミリーの皆さん、いつもご声援ありがとうございます。2020年シーズンをもちまして、チームを離れることになりました。

大学を卒業してから3年間、シーガルズの一員としてプレーできたことを光栄に思います。また、最後のシーズンに目標であった日本一を成し遂げることができたことをたいへんうれしく思います。

シーガルズでの3年間は非常に学ぶことが多く、刺激的であり充実したものでした。技術や体力だけでなく、人としても大きく成長できたと実感しています。これも、ファンの皆さんはじめ、コーチ、選手、スタッフ、両親がいたからできた経験だと思います。ありがとうございました。

これからは新しい場所でのチャレンジになりますが、シーガルズで学んだことを活かしていきます。本当にありがとうございました!


3/27(土)シーズンイン初日、(遠方組を除く)全員がグラウンドに来てくれました
 
news202103311.jpg news202103313.jpg
▲(左)WR井上選手 (右)2020 TEユニットの4人。中央が森選手と高木選手
 
news202103314.jpg   news202103315.jpg
▲大橋ヘッドコーチと。(左)OL山本選手 (右)OL山形選手
 
news202103316.jpg news202103312.jpg
▲(左)2020キッキングMVPの記念品を手にK/P長尾選手 (右)LB寺田選手
 

2021年03月29日

2021シーズンイン-初練習を行いました


news202103291.jpg
▲満開を迎えた桜に囲まれ初ハドル


3/27(土)、例年より1ヵ月ほど遅くなりましたが、2021シーズンのチーム初練習を行いました。

緊急事態宣言は解除されたものの、感染予防のため、当面は全員が集まってのミーティングや練習は回避することとし、この日も、【午前:オフェンス陣が練習 → グラウンドで15分ほどチーム全員でハドル → 午後:ディフェンス陣が練習】と、オフェンス、ディフェンスで集合・練習を分けて進行。先日のトライアウトに合格した多くのメンバーもさっそく合流し、新しく社会人決勝となるライスボウルの初代チャンピオン、そして2連覇を目指す2021オービックシーガルズのチャレンジがいよいよ始まりました。

※引退選手は、追って、本人のコメントとともにお知らせします。
※春の新加入選手の発表は、開幕戦の直前を予定しています。
※春の試合日程、2021ブースタークラブ会員募集については、決まり次第、本サイトやSNSでお知らせします。

 
2021コーチ、トレーナー    :新任(役職変更は除く) 

【コーチ】 紹介ページ
ヘッドコーチ: 大橋 誠
アシスタントヘッドコーチ兼ディフェンスコーディネーター: 古庄直樹
オフェンスコーディネーター: 矢部寛之
キッキングコーディネーター兼DLコーチ: 小島健吾
オフェンスアドバイザー: 濱部 昇
ディフェンスアドバイザー: 池上祐二
オフェンスコーディネーターアシスタント兼OLコーチ: 坂本昂大
ディフェンスコーディネーターアシスタント: 塚田昌克(兼LBコーチ)、三宅剛司(兼DBコーチ)、
オフェンスコーチ: 菅原 俊(QBコーチ)、森 健太郎(WRコーチ)
ディフェンスコーチ: 渡邊健太郎(DLコーチ)
オフェンスアシスタント: 福永慎太郎、辻 展活、名主川祥吾
キッキングアシスタント: 黒木俊輔
三宅剛司、森 健太郎は現役引退。
 
【トレーナー】 紹介ページ
ヘッドアスレティックトレーナー: 平松良康
トレーナー: 孫田岳史、植村晃匡、青砥 岳、砂生明久、田尾昌也、寺田達彦、飯田啓介
ストレングスコーチ: 鈴木裕宣


選手幹部 ※4人とも留任

【主将】
RB#30地村知樹(関西大、2017年加入、2019年~主将)

【副将】
DB#1砂川敬三郎(関西大、2013年加入、2015年主将、2016~2018・2020年~副将)
WR#84西村有斗(日本大、2016年加入、2019年~副将)
DL#35佐藤将貴(中央大、2018年加入、2020年~副将)
 
 

news2021032913.jpg news202103293.jpg
▲昨シーズンはリモート納会となったため、ライスボウルのプレーヤー・オブ・ザ・ゲーム2020シーズンのチーム表彰を行いました。左は2020チームMIP(Most Improved Player 最も成長した選手) DB#4久保 颯選手、右は2020ルーキー・オブ・ザ・イヤー LB#47髙橋 悟選手
 
news202103294.jpg news202103295.jpg
▲(左)「コロナ禍の状況が何も変わらないなか経済活動が行われる今シーズンは、昨年より厳しいシーズンになるだろう。他のチームよりシーズンインも遅い、マイナスからのスタート。発射角を全員で上げていきたい。より慎重に毎日を過ごし、全員で勝ち切ろう」と並河チーム代表
(右)「まずは我々の現在地を認識し、どこを目指すのかをはっきりさせよう。去年と同じことをやって同じ結果が得られるわけではない。去年の成功体験を突き抜け、越えないと勝てない。勝たないと面白くない。皆で強くなり、皆の力を集約して勝てるようにしっかりやっていこう」と大橋ヘッドコーチ

news202103296.jpg news202103297.jpg
▲人気選手だった2人が現役を引退。 2019年からコーチを兼任していたDB#16三宅剛司選手(左)はディフェンスコーディネーターアシスタント兼DBコーチに、“もりけん”と呼ばれ親しまれたWR#10森 健太郎選手はWRコーチに就任しました
 
news202103298.jpg news202103299.jpg news2021032910.jpg news2021032911.jpg
▲昨年に続いてチームを率いる幹部が挨拶。左上から、
RB#30地村知樹主将 「去年とは全然違う、厳しい戦いになると思う。まずは自分を大事にしよう。それが集まってのチーム。6年間負けてきたことを忘てはいけない。ここからは勝ち続けるチームをつくろう」
DB#1砂川敬三郎副将 「何でも本音で言い合っていこう。それが強くなる近道であり、チームの伝統をつくってきた。意識してやっていこう」
WR#84西村有斗副将/オフェンスリーダー 「去年の結果に満足せず、個人個人のスキル上げてやっていこう。今年も必ず勝とう」
DL#35佐藤将貴副将/ディフェンスリーダー 「自分たちがコントロールできることにフォーカスして、圧倒的なディフェンスをつくろう」
 
news2021032912.jpg
 ▲頼もしい2年目の4人組。「絶対勝って、日本一になって、笑って終わろう!」と地村主将が気炎を上げ、シーズン初日の短い顔合わせを締めました。今シーズンも、オービックシーガルズに大いにご期待いただき、応援・参戦をよろしくお願いします

2021年03月23日

K/P#12山﨑丈路選手がCFLのグローバル・コンバインに招待されました

CFL(Canadian Football League)が2021シーズンのグローバル・コンバインに招待する88選手を発表し、日本からは、2月に国内で行われたコンバインにより選ばれた選手と、昨年招待されていた(※コロナ禍のため中止)選手を合わせた計12名が選出されました。

オービックシーガルズからは、昨年招待されていたK/P#12山﨑丈路選手が招待されました。

Xリーグ発表記事「CFLがグローバル・コンバインに招待する88選手を発表。日本からは12人が選出」


news202003233.jpg
 

この後は、現地時間4/15(木)のグローバル・ドラフトに向け、CFLの9チームがビデオをチェックして興味を持った選手と随時オンライン面談をするという形式でコンバインが行われます。ドラフトでは4巡で36名が指名され、5月中旬からトレーニングキャンプに参加する予定です。

<今後のスケジュール(現地時間/予定)>
この後随時 グローバル・コンバイン(リモート開催/22ヵ国88名)
4/15(木) グローバル・ドラフト(4名指名×9チーム=36名)
5月中旬~ チーム練習地でトレーニングキャンプ(3週間)
6月初旬 ロスター決定
6/11(金)~10/31(日) レギュラーシーズン
11/21(日) 決勝(108th GREY CUP)

山﨑選手と同じく昨年招待されたRB#29李 卓選手は、NFLの海外選手発掘プログラム(IPPプログラム)へのチャレンジと重なっているため、今回のコンバインは対象外となっていますが、フリーエージェントとして指名される可能性(資格)はあります。

2021年03月18日

2021トライアウトを行いました

3/14(日)、2021シーズンインの選手トライアウトを実施しました(※悪天候により1日順延)。

当初は例年通り2月の予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で思うような練習ができていない可能性を考慮して、2月に「オンライン面談」のみ行い、この日、感染予防対策を十分にとりながら、「実技テスト」を無事開催することができました。

最初は緊張感を漂わせつつも、参加者同士、次第に声を出して鼓舞し合い、ナイスパフォーマンスが出たときには拍手を送るなど、良い雰囲気のなか挑んでいました。

今年は合格者が多く、2021シーズンはさらに熾烈なロスター争いになりそうです。いよいよシーズンイン。選手全員そろっての練習再開は、3/27(土)の予定です。

 
news202103196.JPG news202103191.jpg
▲今年も全国各地から挑戦いただき、エントリー人数は過去最多でした。右中央奥は、日程変更にもかかわらずチャレンジしてくださった皆さんに、感謝の気持ちを述べる大橋ヘッドコーチ
 
news202103193.JPG news202103192.jpg
▲測定は4つのステーションに分かれて実施 (左)40ヤード走は手動と光電管で測定しています (右)ブロードジャンプでは、日本代表クラスの記録を出した選手もいました
 
news202103194.jpg news202103195.jpg
▲ポジション別スキルテストは現メンバーがサポート。コーチは、スキルチェックとともにワンポイントアドバイスをしていました

(参考)参加者の最高記録
40ヤード走:4.78秒(光電管)、4.60秒(手動)
20ヤードシャトル:4.05秒
ブロードジャンプ:2.93m
ベンチプレス100kg:25回
 
 
************
 
 
同じ週末、SEA-Cheerも2021シーズンのトライアウトを行いました。

2月のオンライン公開練習、オンライン面接を経て、3/13(土)のスタジオでの実技審査を迎えました。過去最多のエントリーがあったため、午前・午後の2部に分けての実施となりました。

news202003231.jpg news202003232.jpg
▲公開練習の課題曲、当日振り入れした曲などの実演と自己PRを、現役メンバーがひとりずつしっかり見させていただきました。ダンススキルだけでなく、お客さまを巻き込んで応援する「巻き込み力」も審査ポイントのひとつです。参加者の熱意と笑顔で、終始明るい雰囲気で実施できました
 

2021年03月12日

NFLに挑戦中のRB#29李卓選手@フロリダを河田アドバイザーが訪問

news202012300.jpg


NFLのIPPプログラム(インターナショナル・プレーヤー・パスウェー・プログラム )候補選手として、2月から米フロリダ州で他の候補選手とともに4月の練習生契約を目指してトレーニング中のRB#29李 卓選手を、オービックシーガルズのアドバイザーであり、スタンフォード大学でオフェンシブアシスタントを務める河田 剛さんが訪ねてくれました(下写真。右が河田さん)。
 
--*---*---*---*---*---*--
  
news202102121.jpg

 
オービックシーガルズのファンの皆様、チームをご支援いただいているすべての皆様、いつもありがとうございます。チームのアドバイザーをさせていただいています、スタンフォード大学の河田です。先日、NFLへ挑戦中の李選手の激励と、現状の視察に、カリフォルニアからフロリダまで行ってきました。


李選手が活動をしているのは、「IMGアカデミー」(公式日本語サイト https://www.imgacademy.jp/)という施設です。テニスの錦織 圭選手を輩出したスポーツアカデミーとしてご存知の方も多いと思いますが、将来有望な高校生以下のアスリートが世界中から集まっている場所です。始まりは、競技力を上げるためだけの施設だったのですが、2000年代に入り、活動する若いアスリートの増加に伴い、組織内にハイスクール(日本でいう中学・高校)をつくってしまったという、日本では想像できないような組織です。アメリカンフットボール部も10年ぐらい前に設立され、数多くの一流選手を輩出しています。数年前には、【アトランタ・ファルコンズのスターティングOLメンバーの平均体重よりも、IMGのそれの方が重い】という記事が全米で話題になりました。


久しぶりに会った、李選手。まず驚いたのは、体が大きくなっていたことです。恵まれた環境の中、また、素晴らしい気候の中、すくすくと育っているという感じでした。こちらに来たことがある方はわかると思いますが、食事が一番の問題です。美味しい、と思えるのは最初の1週間だけです。体重を落とすことが許されない中で、ましてや体を大きくすることは、相当の苦労、そして工夫がなければ、なし得ないことです。最初に会った瞬間に私の一番の心配事を払拭してくれた、彼の【期待を裏切らない】その行動と覚悟は、尊敬に値すると強く思いました。

本来は、練習やミーティングの風景等も写真に収め、皆様にシェアをしたかったのですが、コロナ禍の中、NFLと、このプログラムの規則は厳しく、外部の人間は施設内に入ることさえ許されませんでした。そんな中、ほんの数時間ですが、李選手とコミュニケーションを取る時間が持てました。

あくまでも私の印象ですが、李選手は【自信に満ちあふれて】いました。「NFLのプレーを経験したコーチにマンツーマンで指導してもらっているので、日々気づきがあって刺激的です」という言葉に、日々の充実が表れているように感じ、いい表情をしていると思いました。日曜日を除いて毎日、練習、ウエイトトレーニング、ミーティング等を繰り返してきたこの1ヵ月半の経験が、彼を成長させたのでしょう。また、憂慮していたことのひとつであったコミュニケーションスキル、つまり英語のスキルも上がってきているようで、コーチやスタッフ、他の国からの候補選手とのやり取りも全く問題ないようです。こちらでの充実した日々と経験が、彼に自信を与えていることが見て取れました。


この活動はまだ1ヵ月以上続きますし、詳細は割愛しますが、(私がコミュニケーションを取っている)NFLの担当者も、このプログラムの責任者も、李選手には好印象を持っています。4月の中旬以降、日本のフットボール界にとって、日本のスポーツ界にとって、【聞いたこともないような朗報】がもたらされることを期待しましょう。
 
--*---*---*---*---*---*-- 
  
▼IMGアカデミーでのトレーニングの様子。
李選手からの発信については、届き次第お知らせします。

news202102122.jpg

news202102123.jpg

news202102124.jpg

2021年02月08日

【TV放送予定】2/9(火)NHK総合「おはよう日本」でRB#29李卓選手が紹介されます

news202012300.jpg
 

2/9(火)、NHK総合のニュース番組「おはよう日本」の6時台スポーツコーナーで、RB#29李 卓選手の特集が放送されます。

NFLの2021 IPPプログラム(インターナショナル・プレーヤー・パスウェー・プログラム )の候補選手(9ヵ国11名)に選出された李選手は、今月から、米フロリダ州・IMGアカデミーで他の候補選手とともに、4月の練習生契約を目指してトレーニングを積んでいます。番組では、渡米前の最終調整の様子やインタビューが特集されます。ぜひご覧ください。

番組名:NHK総合「おはよう日本」(月~金5:00~、土6:00~、日7:00~)

放送予定日時:2/9(火)6時台 スポーツコーナー
 

2021年02月05日

2/19(金)Xリーグの学生向けオンラインイベントに RB#30地村主将が出演します

※当日のレポートが公開されました(2/20追記)。
Xリーグ記事「地村主将らが学生へ熱いメッセージ オンラインセミナー【X meets Friday】がスタート!」

 

news20210205.jpg

 

 

2/19(金)、Xリーグがアメリカンフットボールファミリー(学生フットボーラー)に寄り添う活動の一環として新たに始める月1回のオンラインイベント「X meets Friday」の初回に、RB#30地村知樹主将がゲスト出演します。

 

 

初回のテーマは、「チームビルディング・魅力あるチームの作り方」です。下記フォームから事前申し込みのうえ、ぜひご参加ください。

 

 

X meets Friday  第1回「チームビルディング・魅力あるチームの作り方」
Xリーグ告知記事事前申込フォーム

 

日時:2/19 (金)20:30~22:00

配信:Zoom

募集対象:学生フットボーラー 先着200名予定

参加費:無料

 

内容:

チーム作りにおいて大切にしてきたことや取り組んだこと、理想とする魅力あるチーム、リーダーシップについてなど、パネルディスカッション形式で参加者と一緒に深堀りする。

 

出演:

地村知樹(オービックシーガルズ主将)

武田 航(NPO法人 Shape the Dream  meets Coach / 元パナソニックインパルス)

今井善教(Xリーグ / 元富士通フロンティアーズ)

白木栄次(進行 / NPO法人 Shape the Dream代表 元富士通フロンティアーズ)

 

主催:Xリーグ

協力:NPO法人 Shape the Dream meetsCoachプロジェクト


2021年02月02日

習志野市の広報紙「広報習志野」でオービックシーガルズの日本一が紹介されました

地元習志野市の広報紙「広報習志野」で、オービックシーガルズの7年ぶり8度目の日本一が紹介されました。同市公式サイトで全ページが公開されていますので、下記リンクからご覧ください。


広報紙「広報習志野」
令和3年2月1日号PDFを読む
「おめでとう!! アメフト日本一 オービックシーガルズ」

  news20210202.jpg
 ▲表紙を飾ったのは、ライスボウルで2TDを挙げた“ホットライン”、
QB#11ジミー選手(中央)からTE#85ホールデン選手(右)へのTDパス

・表紙
・7ページ 記事「祝オービックシーガルズ 日本一!」(RB#30地村知樹主将RB#29李 卓選手コメント)
・8ページ 宮本市長 連載コラム
今回のライスボウルにもテレビ越しに参戦してくださった市長が、「選手の生活が大きな制約を受けた中、努力と工夫で勝ち取った栄冠に感動するとともに、コロナ禍の私たちを明るいニュースで勇気づけてくれた」とコラムでふれてくださいました。
 

2021年01月31日

2021シーズンから「日本選手権 ライスボウル」は社会人優勝決定戦に(1月3日開催予定)

日本アメリカンフットボール協会は、1/30(土)に開催された臨時理事会において、日本選手権・ライスボウルの対戦を2021年度大会から見直すこととし、(1)大学チームが日本選手権に出場しないこと(2)社会人の優勝決定戦を日本選手権とすること、を決議したと発表しました。

併せて、社会人の優勝決定戦を「日本選手権 ライスボウル」という名称で1月3日(予定)に開催することが確認されました。運営等の詳細については、3/14(日)の日本協会定例理事会で決定される予定です。
 
 

news20210132.jpg
▲2021/1/3 ライスボウル オービック〇35-18関西学院大学
社会人と学生が対戦する最後の大会になりました

2021年01月28日

『ハドルマガジン』2月号にオービックシーガルズ特集が掲載されました

1/28(木)に配信開始された月刊デジタルマガジン『ハドルマガジン』2月号に、ライスボウル、オービックシーガルズの特集が掲載されました。

2013シーズン以来7年ぶりの日本一ということで、2014年創刊の同誌では初のオービックシーガルズ特集です。下記の通り、多くの選手が対談企画やインタビュー記事に登場していますので、ぜひご覧ください。

オービック7年ぶり8回目のライスボウル制覇
心を燃やせ
【オービック幹部】地村知樹×西村有斗×佐藤将貴×砂川敬三郎が明かす
王座奪取の7年闘争
オービック関学大OB(※)×関学大4年生が語り合う
ライスボウル戦略       ※RB#43望月DB#27田中
以心伝心のホットライン
Xリーグのフットボールが私を成長させてくれた
ポール・ラッシュ杯 WR野崎貴宏
挫けず頑張ってきて本当に良かった
オービックから世界へ
RB李 卓のNFL・IPPプログラム挑戦
K/P長尾 健の7年間
私だけのMVP

※連載「ショーゴとユウ トップDBの作り方」では、今回はDB#36北村 優選手が立命館大学時代を振り返っています。

news202001281.jpg
 

2021年01月13日

MVPにRB#30地村知樹主将-2020チーム表彰各賞発表

1/9(土)、優勝報告会後の納会で、選手・コーチ・スタッフ全員の投票で決める2020シーズンの年間表彰各賞を発表しました。


チームMVPには、主将就任2年目、コロナ禍の中でチームを率いたRB#30地村知樹主将が、ルーキー・オブ・ザ・イヤーには、全4試合中3試合でリーディングタックラーとなる活躍を見せたLB#47髙橋 悟選手(富士通から移籍)が選ばれました。また今回は新たな賞として、コーチ陣が選んだ「Player of the Season」を併せて発表しました。

 

 

mvp.jpg  チームMVP  RB#30地村知樹
2019チームMIP(Most Improved Player 最も成長した選手)

2020mvp30.jpg

チームMVPに選んでいただき本当にうれしく思います。決して私自身の力だけで勝ち取ることができた「日本一」ではなく、チーム全員、またファンの皆さまや関係各位のお力あってのことと感じています。来シーズンも連覇に向けて自分らしく、チームの力になるべく努力しますので、これからのオービックシーガルズの挑戦を一緒に見届けてください。WE ARE OBIC SEAGULLS.


mvp.jpg オフェンスMVP  QB#11ジミー・ロックレイ(2020移籍加入)

2020mvp11.JPG

I am thankful to be voted by my teammates as the offensive MVP. We have a very talented offense and I couldn’t be successful without the players surrounding me. I’m very excited to receive this award, and I think there were several other players just as worthy to revive this award. At the end of the day we all got what we wanted though, we are all champions! I believe that this year was just scratching the surface in regards to how successful this team can be. Especially on offense, the more games we play together the better we will be. With such limited game time this season, we never really had time to correct the little things. I think the offseason will provide us with a great opportunity to perfect our game plan and offensive operation! Next year will be even more exciting for the fans!

チームメートからオフェンスMVPに選ばれうれしく思います。優れたオフェンスのメンバーたちがいなければ私は成功することはできませんでした。この賞に値する選手が他に何人もいました。要するに私たちは皆、望むものを手に入れたのです。私たち皆がチャンピオンです。今シーズンは少しうまくいっただけで、特にオフェンスは試合をするほどよくなるのですが、試合の機会が限られていたので細かい修正をする時間が本当にありませんでした。ですから、オフシーズンは、ゲームプランやオペレーションを完璧にするいい機会になると思います! 来シーズンはファンの皆さんにとってさらにエキサイティングなものになるでしょう!

 

mvp.jpg ディフェンスMVP  DL#35佐藤将貴

2020mvp35.JPG

チームメートから選んでいただけるこのような賞を受賞できてたいへん光栄です。どんな賞よりも光栄です。2020シーズンはディフェンスリーダーを務めさせていただきましたが、私が特別したことはほとんどなく、ディフェンスメンバー皆に支えられたシーズンでした。毎日の練習で心も体も追い込み、なかなかタフな日々でしたが、練習前後に皆でストレッチをふざけながら笑いながらしていたのが印象に残っています。アメフトをしていて大好きな瞬間のひとつです。そんな2020年から学んだことはひとつ。「1人では何もできない。けれども皆で支え合えば越えられない壁などない」ということです。今年も愚直に地道に一生懸命に、さらに大きくなったオービックシーガルズをお見せするべく頑張っていきます。

 

mvp.jpg キッキングMVP  K/P#8長尾 健

2020mvp8.jpg

キッキングMVPに選んでいただき、特にこの難しいシーズンを一緒に戦ってきた仲間が投票してくれた結果なので、本当にうれしく思います。ボールを蹴るのは僕ですが、いつも安定したボールを供給してくれた翔太郎(LS#53山口)、グッドブロック、グッドカバーをしてくれた皆のおかげで勝ち取れたMVPだと思っています。来シーズンはさらに強くなったキッキングチームをお見せします。


mvp.jpg チームMIP(Most Improved Player 最も成長した選手)  DB#4久保 颯

2020mvp4.jpg
2020シーズンは多くの制約がある非常に特殊なシーズンでした。そんな中、チーム一丸となって突き進み、日本一を勝ち取れたこと、また個人としてもMIPに選出いただけたことをたいへんうれしく思います。来シーズンもV2に貢献できるよう頑張ります。

 

mvp.jpg ルーキー・オブ・ザ・イヤー  LB#47髙橋 悟(2020移籍加入)

2020mvp47.JPG

ルーキーオブザイヤー受賞、素直にうれしいです。2020シーズンはいろいろな人のサポートのおかげで、オービックシーガルズでプレーすることができました。フットボールができることへの感謝を忘れずに、来シーズンも日本一に貢献できればと思います。


mvp.jpg  Player of the Season  WR#84西村有斗
2016オフェンスMVP

2020mvp84.JPG

コーチからこのような賞に選出していただけことをとてもうれしく思います。個々が責任を全うすることによってチームに貢献し、結果に繋がったシーズンでした。来シーズンは、この結果に満足せず、オービックシーガルズにしかできない、自分にしかできないものを創り上げていきます! 突き抜けます!!

 

mvp.jpg  Player of the Season  DL#33仲里広章
2016ルーキー・オブ・ザ・イヤー、2017・2019ディフェンスMVP

2020mvp33.JPG

コーチ推薦での受賞をうれしく思います。2020シーズンは春の試合がなく、秋も試合数が少ないという難しいシーズンでした。その少ない試合の中でチームを勝たせるプレーができて、とてもうれしいです。個人としても初めてライスボウルに勝ち、真の日本一になれてよかったと思っています。来シーズンもチームを勝たせるプレーを多くできるよう頑張っていきます! 連続して日本一になれるよう精進します!

 

mvp.jpg  Player of the Season  OL#51村田健太(2020練習生)

2020mvp51.JPG

選出いただき、光栄です。2020年は練習生として参加させていただきました。試合に出ることができない中でどこで日本一に貢献できるか、また、自分が強くなるためにはどうしたらいいかと考え、試行錯誤したシーズンでした。個人としては全く結果を残せなかったので、今年こそは応援してくださる方々に感動や勇気を届ける激しいプレーができるよう、日々努力していきます。

 

2021年01月09日

2020シーズン優勝報告会を開催しました(ライブ配信)

news20210901001.jpg
▲チームから6名が登壇。左から、WR#26野崎貴宏選手(RICE BOWL MVP)、RB#30地村知樹主将、 RB#29李 卓選手(JAPAN X BOWL MVP)、大橋 誠ヘッドコーチ、2020加入選手からQB#11ジミー・ロックレイ選手K/P#12山﨑丈路選手


1/9(土)、地元習志野のVITA BASE前イベントスペースで2020シーズン優勝報告会を開催しました。

緊急事態宣言下のため、無観客で行い、Zoomでのリモート出演も織り交ぜながらYouTubeでライブ配信するという、チームとしては初の試みでもありました(中継・配信協力:株式会社ジェイコム千葉)。
 
「難しいシーズンを戦い切ったチームの皆を誇りに思う。応援してくださった皆さんをたいへんお待たせしたが、これから2度3度と、今度は皆さんと同じ場所で喜び合いたい」と大橋ヘッドコーチが日本一を報告。地村主将は、「濃いシーズンだった。練習できる喜び、仲間と会える喜びをかみしめた。皆さんと直接触れ合うことはできなかったが、声援はしっかり感じていたので、本当に皆さんに連れてきてもらった日本一だ」と感謝を表し、他の選手たちもそれぞれに異例のシーズンを振り返りながら、今後の目標を披露しました。

報告会の後、Zoomで納会を行い、2020シーズンの活動を終えました。ここまで応援いただき、ありがとうございました。また新たなチームをつくり、V2を目指して精進していきます。

見逃し配信(YouTube):報告会全編を公開しています。見逃した方はぜひご覧ください。
「オービックシーガルズ2020シーズン優勝報告会(オープニング映像~)
 
news20210901004.jpg news202109010010.jpg
▲(左)大橋ヘッドコーチ。チャンピオンキャップに輝く8つの星について問われ、「積み上げてきたものの重さ・大事さを感じ、これまで関わってきてくれた方たちの顔が浮かぶ」
 (右)Zoomでインタビューに答えるDB#1砂川敬三郎副将WR#84西村有斗DL#35佐藤将貴の両副将もリモート出演し、他の選手・スタッフも全員Zoom越しに参加しました

news20210901009.jpg news20210901006.jpg
▲(左)VTR出演してくださった宮本泰介 習志野市長。習志野応援団名誉応援団長でもあります。「コロナ禍という障壁を前向きな思考、努力と工夫で見事に乗り越え、ユニフォームに市章と習志野市の4文字を掲げて栄冠を勝ち取ってくれた。私たちの誇り」
(右)会場に駆けつけてくださった芦澤直太郎 習志野商工会議所副会頭(アシザワ・ファインテック株式会社代表取締役社長)。「7年応援し続けてよかった。年の始めに明るい話題を持ち込んでいただいた。これからも習志野の希望の星であってほしい」

news20210901005.jpg news20210901003.jpg
▲(左)いつも先頭に立って応援し、チームの地域活動もサポートしてくださる織戸克久習志野応援団長。「習志野から日本一、待っていました。習志野市の皆さんのアメフトやチームへの興味が次のワクワクにつながるよう、また頑張って応援していく」
(右)MCは小西綾子さん。長年の取材を通してチームや選手たちのことをよく知る小西さんならではの進行で、無観客ながら和やかな会になりました
 
news292101105.jpg news20210901002.jpg
▲たくさんのお祝いのお花をいただきました。ありがとうございました

news20210901008.jpg news292101106.jpg
▲(左)ステージの右奥が 昨春開業した、オービックシーガルズがサポートするスポーツクラブ VITA BASE。「オービックシーガルズ日本一!優勝感謝入会キャンペーン」を行っています
(右)同スポーツクラブ内 VITA CAFEでは、2020シーズンの写真展を開催中。2月末まで、順次入れ替えて展示しますので、ぜひお立ち寄りください

news202101101.jpg news202101102.jpg
▲VITA BASE前の壁には、インスタ映えしそうなチャンピオンボード。さっそく今日参加した選手たちがサインしました。右写真は地村主将。VITA BASEを訪れた選手がサインしていきます(2月末まで展示予定)

news202101103.jpg news202101104.jpg
▲最後に記念撮影。運営にご協力いただいた皆さま、取材をしてくださったメディアの皆さま、ありがとうございました
 
 

2021年01月06日

【ラジオ出演】bayfm「POWER BAY MORNING」に大橋ヘッドコーチが出演しました

1/6(水)朝、bayfmPOWER BAY MORNING」の「水曜日のスポットライト」コーナーに大橋 誠ヘッドコーチがリモート出演させていただきました。

ライスボウルを控えた先週の回に続く出演で、今回は優勝のご報告とともに、ライスボウルにも参戦してくださったパーソナリティの光永亮太さんと、試合の模様や異例のシーズンとなった2020シーズンを振り返りました。

インターネットラジオ「radiko」のタイムフリーで1週間聴くことができますので、聞き逃した方は下記リンクからチェックしてみてください(※登場コーナー頭出しになっています)。

番組Twitter@bayfmmorningに、番組スタッフが撮影してくださった試合の写真をたくさん掲載していただいています。ありがとうございます。こちらもぜひご覧ください。

 
news202101064.jpg
▲パーソナリティの光永亮太さん。先制TDを許したシリーズや関学大#21三宅選手の独走TD、キッキングゲームについてなど、アメフト通ならではのご質問をいただき、具体的なお話しができました。手にされている応援アイテム「ガルズクラッパー」にも番組内で触れてくださいました(写真提供:POWER BAY MORNING)

【2021トライアウト】 面談2/13(土)・実技3/13(土)-参加選手募集

 

<実施日等 変更のお知らせ> (1/29追記)
2/13(土)午後の実施を予定していましたが、 大学施設の閉鎖による受験者の準備不足や不安など、昨今のコロナ禍事情を考慮し、 実技テストを1ヵ月遅らせ、2日に分けて実施することに変更しました。

 

・2/13(土)面談(※Zoom面談)
・3/13(土)実技テスト
※実技の内容、2/6(土)申込締切に変更はありません。

 

news20201228.JPG

 

 

2021シーズンの選手トライアウトを下記の通り開催します。実施要項をご確認のうえ、2/6(土)までにご応募ください。

オービックシーガルズのオープントライアウト参加条件は次の3つだけです。

1. 社会人になってもフットボールを続けたい。

2. 男として、フットボーラーとして、成長することを楽しみたい。

3. 数あるクラブチームの中でも、オービックシーガルズで日本一にチャレンジしたい。

チャンスはすべて、このフィールドにあります。2021シーズンも、新しいポテンシャルに出合えるのを楽しみにしています。

 

 

2021シーズン オービックシーガルズ トライアウト実施要項

日時: 2/13(土) 11:15受付開始、12:00選考開始 ※1/29変更

【Zoom面談】
2/13(土) 9:00~12:00(順次) Zoomによるコーチインタビュー
※接続先、開始時刻は個別にご連絡します。
【実技テスト】
3/13(土) 11:15受付開始、12:00選考開始(90分程度)


実技テスト会場:  
オービック習志野グラウンド(千葉県習志野市茜浜)
*最寄り駅:JR京葉線「新習志野駅」MAP・アクセス

 

応募条件:

・首都圏在住の方(首都圏以外にお住まいの方は、事前にお知らせください)
・オービックシーガルズの練習、試合、その他の活動に参加できる方
・社会人協会規約およびオービックシーガルズ選手規約を遵守できる方

外国籍の方は、以下も条件となります。
     ・シーズンを通して日本国内(首都圏)に在住している方
        -It's best to stay in Japan “Tokyo area” for the whole season.
     ・日本国内で、生計を立てる職業に従事している方
       -It’s required to have a job in Japan.
     ・プロ選手としてフットボールをプレーしたことがある方は除きます
       -The player shall not have played in professional football.
     ・登録は4名、オンフィールドは2名まで
       -We allow to keep for four international players,
          but only two can be on the field at one time.
     ・フットボールプレーヤーとしてのプロ契約はしません
      -We can't offer professional contract.

 

 

実技テスト内容 :

 ・40ヤード走
 ・20ヤードシャトル
 ・3コーンドリル
 ・立ち幅跳び
 ・バーチカルジャンプ
 ・100kgベンチプレス(OL/DL/LB/TE)
 ・ポジション毎のスキルチェック 


*着用ウエア : ハーフスタイル。自チームのメッシュ・練習着を着用してください(オフェンスはホワイト、ディフェンスはカラー)。防具、スパイク、運動靴、短パンなどもご用意ください。

*フィールド : フィールドターフ(ロングパイル人工芝)を使用しています。

*交通費 : 自己負担でお願いします。車でお越しいただいてもかまいません。

 

 

応募方法:

1)トライアウト応募フォームに必要事項を記入し、送信してください。
2) いただいた内容を当方で確認したうえ、「受付完了メール」をお送りします。
3) トライアウトの1週間ほど前から順次、最終の意思確認とご案内のため、電話連絡をさせていただきます。

*不明点、ご質問などありましたら、応募フォームの備考欄から、またはTELでお問い合わせください。
オービックシーガルズ事務局
TEL:047-452-2224(月~金10:00~17:00)   
担当:坂本(オフェンスコーディネーターアシスタント)

 

<<応募締切>> 2/6(土)23:59  ※募集を終了しました。

 

(選手インタビュー動画)
「ここに来た理由」-なぜフットボールを続けるのか、なぜオービックシーガルズを選んだのか
YouTube再生リストですべて再生

RB30地村知樹
主将 / 関西大学 / 2017年加入

OL75川本康太
立教大学 / 2016年加入

WR80河本航太朗
立教大学 / 2019年加入

RB29李 卓
慶應義塾大学 / 2017年加入

K/P12山﨑丈路
大阪大学 / 2020年移籍加入

DB27田中雄大
関西学院大学 / 2016年加入

OL58庄島辰尭
UCLA / 2020年加入

【ライブ配信】1/9(土)2020シーズン優勝報告会のご案内

 
 
2020年シーズンも多くの参戦をいただきありがとうございました。コロナ禍のなか無事完走でき、さらには7年ぶりの日本一奪還を果たすことができました。これも関係各位のご支援ご尽力、そしてずっと応援してくださった皆さまのおかげと心から感謝申し上げます。

さっそくですが、ここまで応援してくださった皆さまと日本一の喜びをを分かち合いたく、今週末1/9(土)に優勝報告会を開催させていただきます。

本来なら、選手全員が皆さまの前に立ち、感謝の気持ちを直接お伝えしたいところですが、近く緊急事態宣言発出という厳しい状況を鑑み、今回は「無観客」で開催し、その模様を「インターネットライブ配信」でお届けすることにいたしました。会場での登壇は代表数名に限り、他の選手・スタッフは全員、自宅等からリモートで参加します。

この日が今のチームで活動する最後の日になります。画面越しの短い会ですが、皆さまとともに2020シーズンを締めくくれればと思いますので、ぜひご参加くださいますようよろしくお願いいたします。
【オービックシーガルズ2020シーズン優勝報告会(無観客/ライブ配信)】
 
日時:1/9(土)11:00~11:45(終了予定)
会場:VITA BASE 前イベントスペース
          (JR新習志野駅前 ミスターマックス新習志野ショッピングセンター2F)

インターネットライブ配信: 
オービックシーガルズYouTubeチャンネルのYouTube LIVEで配信。
こちらからご視聴ください⇒ https://youtu.be/-txVXcmrvPs 

会場登壇者:
大橋 誠ヘッドコーチ
RB#30地村知樹主将
RICE BOWL MVP WR#26野崎貴宏選手
JAPAN X BOWL MVP/ NFL IPPプログラム参加候補選手選出 RB#29李 卓選手
QB#11ジミー・ロックレイ選手
K/P#12山﨑丈路選手
news20210106008.JPG news20210106009.JPG news20210106007.jpg
news202101060010.jpg news20210106001.jpg news202101060060.jpg

リモート出演(予定):
DB#1砂川敬三郎副将
WR#84西村有斗副将
DL#35佐藤将貴副将
news20210106002.jpg news20210106004.jpg news20210106003.jpg

ゲスト(予定):
宮本泰介習志野市長(VTR出演)
織戸克久習志野応援団長 ほか

司会進行:小西綾子さん
(ゴルフ中継、アメフト中継を中心にリポーター・インタビュア・実況として活躍中。J:COM船橋習志野などでニュースキャスターとしてレギュラー出演。高校時代、アメフト部マネージャー。アメフトの中継、レポートを通じてオービックシーガルズにも近い存在。)

中継・配信協力:株式会社ジェイコム千葉 

※コロナ感染拡大の状況により、出演者、プログラムについては、やむを得ず変更させていただく場合があります。予めご了承ください。

news202001062.jpg


RICE BOWL・JAPAN X BOWLの両大会記念グッズ、チームロゴ入りマスク3色セットをスタジオ21サイトで販売中。なお、RICE BOWLチャンピオンキャップの販売はありません。どうぞご了承ください。

2021年01月05日

【ラジオ出演予定】1/6(水)bayfm「POWER BAY MORNING」に大橋HCが出演

1/6(水)朝8:30頃から、bayfm「POWER BAY MORNING」の「水曜日のスポットライト」コーナーに大橋 誠ヘッドコーチがリモート出演します。

ライスボウルを控えた昨年末にスタジオ出演したコーナーで、今回はライスボウルのご報告をさせていただく予定です。

インターネットラジオ「radiko」では、こちらのページ(※番組後半視聴ページ)から、リアルタイムで、またタイムフリー(オンエアから1週間)でもお聴きいただけますので、ぜひチェックしてください。
 

番組名 : bayfm78(ベイエフエム)「POWER BAY MORNING」(月~金 5:00~8:57)
出演日時 : 1/6(水)8:30頃~「水曜日のスポットライト」コーナー
出演者 : 大橋 誠ヘッドコーチ

 

news20210105.jpg
▲2021/1/3 ライスボウル
 

2021年01月04日

【新聞記事】朝日新聞「ひと」欄にRB#29李 卓選手

ライスボウル明けの1/4(月)、旬の人を取り上げる朝日新聞の連載コラム「ひと」欄で、RB#29李 卓選手が紹介されました。

「アメフト・ライスボウルで日本一になった攻撃の中心選手 -李 卓さん(25)」
 
news202101042.jpg
▲昨年末にNFLの海外選手発掘プログラム(IPPプログラム)の候補選手に選出され、近々キャンプに出発する李選手。自身初の日本一に、「憧れていたタイトルがとれた。日本を代表して海外に挑戦できる」(記事より)

朝日新聞デジタルに会員記事として掲載されています(無料登録でも月5本までお読みいただけます)。