ホームタウン活動

最近の記事

2021年04月20日

QB#11ジミー選手が習志野郵便局「一日郵便局長」を務めました

ht202104201.JPG
▲「一日郵便局長」を拝命し、さっそく局長席に座らせていただきました。
押尾和彦袖ケ浦郵便局長(左)、角田正義習志野郵便局長(右)と
 
 
郵政記念日にあたる4/20(火)、QB#11ジミー・ロックレイ選手習志野郵便局で「一日郵便局長」を務めました。

「一日郵便局長」はジミー選手にとってはもちろん初めての体験でしたが、習志野郵便局にとっても初開催という、記念すべき一日になりました。
 

まずは窓口オープンからお客様をお出迎えし、「ぽすくま」貯金箱などの郵便局からのプレゼントと、ジミー選手のサイン入りオリジナルポストカードをお渡ししました。その後は、保険担当の部署にご挨拶したり、郵便仕分け業務を見学したりと、局内を回らせていただきました。
 

そして、局内コミュニティルームで30分ほど「ミニトークショー」を開催しました。2020シーズンを振り返るムービーをご覧いただきながら、あらためて7年ぶりの日本一をご報告したあと、「オービックシーガルズ習志野応援団」の織戸克久団長がジミー選手にインタビュー。競技以外の部分、ジミー選手の人となりを知ることができる質問をしていただき、場内が温かい雰囲気に包まれ、盛り上がりました。
 

コロナ禍で市内のイベントがなかなか実施できない状況が続く中、昨シーズンの日本一を初めて地元の皆さんに直接ご報告でき、交流の時間を持つことができました。感染防止対策も含め、いろいろと準備してくださった習志野郵便局の皆さんに感謝申し上げます。ありがとうございました。


ジミー選手:「このような場にチームの代表として来られたことに感謝しています。こういったイベントは初めてだったのでとても貴重な体験になりました。ありがとうございました」


ht202104202.JPG
▲始業前に本物の郵便局長、角田局長から委嘱状をいただいて任務開始

ht202104203.JPG
▲来局されたお客様にプレゼントとサイン入りカードをお渡し。ジミー選手に会いに来てくださった方もいらっしゃいました
 
ht202104204.JPG  
ht202104207.JPG
▲局内の皆さんと。お仕事中ではありましたが、少しだけご挨拶させていただきました。「こんなに多くの方に集まっていただけるとは光栄です」とジミー選手

ht202104206.JPG
ht202104205.JPG
▲局内のいたるところで歓迎していただき、ジミー選手もうれしそうでした

ht2021042010.JPG
▲ミニトークショー。習志野市民でもあるジミー選手は習志野市の印象を聞かれ、「練習グラウンドに近いだけでなく、大型スーパーも近くて住みやすい、好きな街です」。左は聞き手の織戸習志野応援団長、右は通訳を務めた冨樫アシスタントGM

ht2021042011.JPG
▲ 最後は「じゃんけん大会」。ジミー選手に勝った方にプレゼントをお渡ししました

ht2021042012.JPG
▲地元でのイベントにもいつもかけつけてくださる織戸習志野応援団長と

ht202104209.JPG
▲大役を終え、角田局長(右)から記念に大きな貯金箱をいただいたジミー選手。「娘へのプレゼントにします!」と喜んでいました
 

2021年04月15日

4/20(火) QBジミー・ロックレイ選手が習志野郵便局「一日郵便局長」を務めます

郵政記念日にあたる4/20(火)、習志野郵便局QB#11ジミー・ロックレイ選手が「一日郵便局長」を務めることになりました。

この日は郵便創業の記念日であり、ジミー選手が局内を視察・激励させていただくほか、窓口オープンからお客さまのお出迎えをお手伝いさせていただきます。

また、10:00から同局内コミュニティルームで、昨シーズンの優勝報告および今シーズンの意気込みを「オービックシーガルズ習志野応援団」の織戸克久団長とともにお話しさせていただく予定です。

なお、この時間にご来局された方には、習志野郵便局から記念品をプレゼント。さらに、ジミー選手のサイン入りポストカードもご用意予定です(いずれも先着順、なくなり次第終了)。

ぜひ習志野郵便局にお立ち寄りください。
 

4/20(火)ジミー・ロックレイ選手 習志野郵便局一日郵便局長

20jimmy110.jpg
<タイムスケジュール>
 9:00~  窓口オープン、お客さまお出迎え
10:00~  ミニトークショー
10:30   終了予定



 ▼コロナ禍の昨年加入し、地元のイベントへの参加はこれが初めてのジミー選手は、一日郵便局長拝命に「Awesome!」(いいね!すごい!)を連呼。「いつもサポートしてくれる習志野の皆さんに会えるのを楽しみにしています」。マスク越しにはなりますが、ぜひ“ジミー局長”との交流をお楽しみください
 
news202104151.jpg

news202104153.JPG

2021年03月22日

ジュニアシーガルズと選手がフラッグフットボールの交流戦を行いました

(※撮影時のみマスクを外しています)
 
 
3/14(日)、オービックシーガルズ習志野スポーツクラブに所属するジュニアシーガルズの小学校卒業記念として、小学生チームと選手有志がフラッグフットボールで対戦しました。

卒業とともにこのチームからも巣立っていく子どもたちへのはなむけに、大人の本気とはどんなものなのかを伝えようと、選手たちも本気で参戦。最後まで勝敗がわからない白熱した展開になり、大いに盛り上がりました。

卒業・卒団するジュニアのみんな、おめでとうございます。この日の交流は、選手にとっても素敵な機会になりました。
 

▲(左)手加減なし。中央はQB#5舩戸怜郎選手(右)子どもたちと談笑するDL#23BJ選手

2021年01月13日

習志野市長を表敬訪問し日本一を報告しました

ht202001134.jpg
▲写真左から、大橋ヘッドコーチ、並河代表、李選手、宮本市長、諏訪晴信副市長
 
 
1/13(水)、並河 研チーム代表、大橋 誠ヘッドコーチ、RB#29李 卓選手が習志野市役所を訪問し、宮本泰介市長に日本一達成をご報告しました。

2020シーズンも試合会場やテレビで参戦し、先週末の優勝報告会にもVTR出演してくださった宮本市長からは、「コロナ禍でも前向きにオンラインなどを活用して見事まとまって優勝され、習志野市としても見習うべきものが詰まっている。誇りとすべき勝利だと思う。習志野市に夢や勇気を届けてくれてありがとう」とお祝いの言葉をいただきました。
 
2013年シーズンに4連覇を達成して以降、長らく優勝のご報告ができずにいましたが、その間も、宮本市長はじめ習志野市の皆さんにはずっと応援し続けていただきました。あらためて感謝申し上げます。


ht202001131.jpg
▲宮本市長(右)にチャンピオンキャップと記念パネルを贈呈。左は、パネルには選手のサインが入っていることを説明する並河代表

ht202001132.jpg
▲「7年間待ち続けて応援し続けていただけたからこその勝利。また再び、そして3度、4度、5度と習志野に日本一を持ち帰れるように精進したい」と大橋ヘッドコーチ

ht202001133.jpg
▲選手を代表して訪問した李選手(左)。NFLの海外選手発掘プログラム(IPPプログラム)の候補生に選ばれたこともご報告しました(李選手記事)。
「海外挑戦をするうえで日本一になることは大切だった。習志野を本拠地とするオービックシーガルズで日本一のタイトルを獲れたことはとてもうれしい。習志野のオービックシーガルズからNFLチームへ飛躍できるようにしたい」
宮本市長からも、「NFL選手日本人第1号を習志野から果たしていただき、習志野から夢を乗せてアメリカで縦横無尽の活躍をしてほしい」と激励をいただきました

ht202001135.jpg
▲帰り道に見つけた、習志野商工会議所に掲げられた横断幕の前で。
「たくさんの方に応援、祝福していただいて、本当にありがたいです」と李選手
 

2020年02月17日

「千葉市青少年のつどい大会」に参加しました

2/15(土)、千葉市にあるフクダ電子スクエアで開催された「千葉県青少年のつどい大会」(主催:千葉市青少年相談員連絡協議会、後援:千葉市)に参加しました。

県内のスポーツチームが協力し、それぞれの競技に関連したゲームなどを小中学生に体験してもらう年に1度のイベントで、オービックシーガルズは、OL#70窪田選手OL#77坂口選手OL#78木部選手RB#37岩崎選手の4選手とともに、「ガルズラン」(障害物競走)と「綱引き」を実施しました。
 
今年の参加人数は300名と例年を上回る多くの子どもたちが集まり、元気いっぱいに様々なスポーツを楽しみました。

(参加・協力チーム)
サッカー ジェフユナイテッド市原・千葉(市原市・千葉市)
野球 千葉ロッテマリーンズ(千葉市)
チアパフォーマー M☆Splash!!(千葉市)
競輪 千葉けいりん(千葉市)
ラグビー クボタスピアーズ(船橋市)
プロレス 2AW(ツーエーダブリュー/千葉市)
アメリカンフットボール オービックシーガルズ(習志野市)
 

ht202002179.JPG
▲開会式で子どもたちの前に立つ4選手。左からOL#78木部選手、OL#77坂口選手、OL#70窪田選手、RB#37岩崎選手
 
ht202002173.JPG
▲怪我をしないように、まずは皆でラジオ体操
 
ht202002174.JPG

ht202002177.JPG
▲選手もトレーニングで使う器具で「ガルズラン」(障害物競争)。子どもたちの伴走で何度も走り、いいトレーニングになりました
 
ht202002176.JPG
▲子どもたちから人気だった綱引き。約20名の子どもチームには、さすがに勝てませんでした
 
ht202002178.JPG
▲イベントの最後はチアダンス。子どもから大人まで、全員で楽しみました
          

「実籾八幡稲荷神社初午祭」にチアが参加しました

2/11(火祝)、習志野市にある実籾八幡稲荷神社の初午祭(はつうまさい)にSEA-Cheerが参加しました。

昨年は天候が悪く、縮小しての開催だったため、SEA-Cheerは2年ぶりの参加となりました。今回は快晴のもと、たくさんの来場者の前でパフォーマンスを披露することができました。
 
ht202002161.jpg
▲活動風景
 
ht202002162.jpg
▲パフォーマンスをなるべく近くで見ようと早くから集まってくれた子どもたち
 
ht202002163.jpg
▲会場では多くの屋台やフリーマーケットを楽しむお客さんで賑わっていました
 
ht202002164.jpg
▲チアをやっているという女の子たちと。「川崎まで応援に行ったよ!」と教えてくれました

2020年02月07日

「千葉県児童福祉施設協議会マラソン大会」に参加しました

先日、千葉県内の陸上競技場で行われた第34回千葉県児童福祉施設協議会マラソン大会に選手・スタッフ・SEA-Cheerから27名が参加し、子どもたちの応援や伴走、パフォーマンスコーナーで協力させていただきました。

今年で34回を数えるこのイベントは、千葉県下の養護施設に暮らす子どもたちの自立支援を目指すもので、走ることや前向きになれるプログラムを通して、夢や希望、頑張ってゴールすることの尊さを感じてもらうとともに、子どもと職員の思い出をつくることを目的に開催されています。今年は幼児から高校生までの子どもたちと職員、約600人が参加しました。
 

千葉県住みます芸人のもぐもぐピーナッツさん、スター・ウォーズの登場キャラクターに扮した、世界規模のコスチューミング団体「第501軍団」の日本部隊の皆さん、プロバスケットボールBリーグ 千葉ジェッツふなばしの謎の覆面キャラクター マスク・ド・オッチー、千葉県のマスコットキャラクター チーバくんも参加し、ともに大会を盛り上げました。


ht202002062.JPG
▲子どもたちのスタートを待つ選手たち。気持ちの良い冬晴れで、マラソン日和でした

ht202002063.JPG
▲ゴール前で子どもたちに声援を送ります。しーがるくんも参加しました

ht202002064.JPG
▲ひときわ大きな声でエールを送っていたDB#22山本龍太郎選手

ht202002065.jpg
▲子どもたちと一緒に走るRB#44成瀬選手WR#10森 健太郎選手。森選手は大会後、「子どもたちから、最後まで諦めずに頑張ることの大切さを教えてもらいました」と感想を話していました

ht202002066.jpg
▲レースの合間に子どもたちと談笑するTE#85ホールデン選手DL#90髙橋選手。常に子どもたちに囲まれていました

ht202002067.JPG
▲パフォーマンスタイムでは、まずSEA-Cheerがパフォーマンス。キレのあるダンスを披露し、子どもたちにも動きをレクチャー。一緒に音楽に合わせて体を動かしました

ht202002068.JPG

ht202002069.JPG
▲「子どもたちvs.選手」で綱引き。子ども21人対選手6人は、さすがに子どもたちに完敗。2回戦ではマスク・ド・オッチーが選手チームに加勢し、選手チームがなんとか勝ちました

ht2020020610.JPG
▲ボールキャリーリレー。試合さながらの華麗な身のこなしでバーを飛び越えるRB#30地村主将

ht2020020611.JPG
▲子どもたちが滑り込むようにしてあっという間にバーをくぐる一方、選手は低いバーに大きな体を入れ込むのに苦戦していました。写真はDB#14藤本選手

          ht2020020612.JPG
▲様々な場面で協力してくれた千葉ジェッツのマスク・ド・オッチーと一緒に、「シーガルジェッツ!」。
上段左からしーがるくん、Sayaka、Aki、Remi、DB#14藤本選手、TE#85ホールデン選手、DL#94菊池選手、DB#22山本龍太郎選手、DB#25山本寛人選手。下段左からMaori、Saori、DL#90髙橋選手、マスク・ド・オッチー、RB#30地村主将、RB#44成瀬選手
(この他の参加者 : LB#9塚田選手、WR#10森 健太郎選手、DB#16三宅選手DB#24島津選手DB#36北村選手LB#56鈴木選手OL#59山本祐介選手OL#70窪田選手、他コーチ・スタッフ6名)

2020年02月06日

選手と一緒に走ろう -3/22(日)「ならしのスマイルラン2020」エントリー受付中

このイベントは「 中止 」となりました。(3/3追記)

お問い合わせは一般社団法人オービックシーガルズ習志野スポーツクラブ スマイルラン事務局まで
smilerun@obicseagulls-narashino-sc.or.jp

 

<主催者発表>
3/22(日)に開催予定にしておりました「ならしのスマイルラン2020」ですが、新型コロナウイルスの影響により中止とさせていただきます。楽しみにしていただいていたかと思いますが、止むを得ずこのような判断をさせていただきました。今はいち早く感染の広がりが抑えられ終息に向かうことを願うばかりです。ならしのスマイルランの今後の開催につきましては、決まり次第お伝えいたします。何卒、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


ht202002061.jpg

チラシを見る(PDF)

  

 

~たくさんのスマイルに包まれる一日に。 エントリー受付中~

 

3/22(日)、私たちのグラウンドのすぐ近く、東京湾沿いの茜浜緑地公園で「ならしのスマイルラン2020」が開催されます。一般社団法人オービックシーガルズ習志野スポーツクラブが2014年から行っている、このアットホームなマラソン大会に、オービックシーガルズの選手たちが今年も参加することになりました。

 

種目は、親子マラソン、親子リレーマラソン、20kmリレーマラソン(2~10名)の3種目。地元の方はもちろん、オービックシーガルズファミリーの皆さんも、ぜひご参加ください。一緒に春の茜浜を走りましょう。エントリー受付は、3/6(金)まで。

 

「ならしのスマイルラン2020」大会概要           エントリーサイト大会HP大会facebook

 

開催日時:3/22(日)  ※雨天決行(荒天中止)

                8:45~開会式  9:30~親子マラソン、12:00~20kmリレーマラソン

会場:習志野市茜浜緑地公園 (JR京葉線新習志野駅から徒歩10分)

 

種目・定員:

   【親子マラソン】

     親子1kmマラソン(年長・小学1年・2年 & 保護者) 各40組×3

     親子2kmリレーマラソン(小学3~6年1km & 保護者1km) 60組

   【20kmリレーマラソン】

     20kmリレーマラソン( 中学生以上/1チーム2~10名) 50チームまたは400名

参加費:

   【親子マラソン】3,500円/組

   【20kmリレーマラソン】3,500円/名

参加賞:大会オリジナルエコバッグ(予定)

 

エントリー方法:

3/6(金)24:00までに、こちら(e-moshicom)からお申し込みください。
参加費のお支払いは、クレジットカード払いまたはコンビニ払いとなります。

 

 

▼昨年の様子 記事

ht201903311.jpg
 
ht2019033123.jpg ht201903315.jpg
  

2020年01月29日

確定申告PRイベントにチアが参加しました

ht202001287.jpg

 
 
1/26(日)、モリシア津田沼で確定申告PRイベント(主催:千葉西税務署、習志野商工会議所千葉西税務懇和会 / 後援:習志野市)が開催され、オービックシーガルズからSEA-CheerとSEA-Cheerジュニアが参加しました。
 
2/17(月)から始まる受付期間中の申告を地元の皆さんに呼びかけるイベントで、2016年から5年連続での参加となりました。
 

ht202001284.jpg
▲オービックシーガルズ習志野応援団の織戸団長が確定申告に関するクイズに挑戦しました

ht202001286.jpg
津田沼高校オーケストラ部による演奏。客席が満席になるほど人気でした
 
ht202001282.jpg
 
ht202001283.jpg  
▲SEA-Cheerジュニアのパフォーマンスに、「可愛い」「頑張れ」と温かい声援をいただきました
 
ht202001285.jpg
▲チームグッズをかけたじゃんけん大会。多くの方に参加していただきました

2019年12月17日

新習志野こども園の餅つき大会にRB#29李卓選手が参加しました

news201912171.jpg
 
 
12/11(水)、習志野市立新習志野こども園の餅つき大会にRB#29李 卓選手が参加しました。

この会には毎年お声がけいただいており、地域ボランティアの方、園児、先生たちと一緒に餅つきをしました。

 
news201912172.jpg  
▲火起こしを手伝う李選手。煙が目に染みますが、子どもたちのために頑張りました
 
news201912170.JPG
▲餅つきは初めて。みんなのかけ声に合わせて、ぺったん、ぺったん

news201912173.jpg
▲ついた餅で鏡餅も作ります。みんなで綺麗に形を整えました

news201912174.jpg
▲つきたてを一緒にいただきました。「おかわり〜!」と子どもたちの元気な声が響きます

news201912175.jpg
▲餅を食べた後、李選手の周りはサインを求める子どもたちでいっぱいになりました