News

  • TOP
  • NEWS
  • 【試合結果/HC談話】第6節IBMに42-25で勝利し6連勝、富士通との全勝対決へ

【試合結果/HC談話】第6節IBMに42-25で勝利し6連勝、富士通との全勝対決へ

2019年11月03日

news201911031.jpg
▲第3Q、RB#29李の68ydsTDラン。8回のランで148yds獲得・2TDの活躍
 
 

【11/3(日)X1 Super 第6節 vs.IBMビッグブルー@横浜スタジアム】

 

前節でプレーオフ・準決勝進出を決めましたが、全勝での日本一を目指し、負けられない試合。第1QにIBMに先制を許すも、第2Qに2本のTDパスで逆転し、後半はいずれもロングゲインのTDランを4本決めて引き離し、ファイナルスコア42-25で快勝しました。

11/17(日)の最終節は、同じくこの日6勝目を挙げた富士通との全勝対決となりました。

X1 Super 星取表

富士通に勝てばリーグ戦総合順位1位 →準決勝は川崎で4位チームと対戦

富士通に負ければリーグ戦総合順位2位 →準決勝は大阪・万博記念競技場で3位チームと対戦

(※最終節 パナソニック×エレコム神戸 の勝者が3位、敗者が4位)

 

【古庄ヘッドコーチ談話】

 

序盤から苦しい試合展開だったが、オフェンス、ディフェンス、キッキングの各ユニットがお互いを信じ合い、今持っている力を出し切ることにフォーカスして戦うことができた。

 

特に前半大きかったのは、第1QのQB#12荒木のパントからLB#38石神のファンブルリカバーでボールを奪ったプレー。試合序盤で1つボールを奪われていたので、早いうちに取り返せたことで試合をつくり直せた。後半に入ってからは、RB#29李RB#30地村がTDを2本ずつ決めるなど、トータル300yds以上のラン獲得ヤードを叩き出したタイトユニットが素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれた。まだまだ完璧ではないが、出せるものが確実に増えてきているのが一番の収穫。

 

次戦はいよいよリーグ戦最終節。これまで同様、最高の準備を続けて、持っているものをすべてぶつけたい。

 

第1Q:最初のパントリターンでボールをファンブル。IBMがリカバーし、ゴール前13ヤードからの攻撃で先制TD。次のIBMの攻撃でLB#48小田原がインターセプト。オービックの攻撃はパントとなるも、IBMがQB#12荒木のパントをファンブル。LB#38石神がリカバーして攻撃権を奪い返し、ゴール前2ヤードまで進んで第1Q終了。 オ0-7I

 

第2Q:ゴール前2ヤードからの2ndダウンでインターセプトを喫す。次の攻撃でQB#3スカイラーTE#85ホールデンへ15ydsTDパス。IBMのファンブルをDB#1砂川がリカバーして得た敵陣28ヤードからの攻撃で、WR#18木下へ25ydsTDパスが決まり逆転。IBMが2本のFGで1点差まで詰め寄り前半終了。 オ14-13I

 

第3Q:IBM最初の攻撃で残り18ヤードまで攻め込まれるも、DB#21ブロンソンがインターセプト。直後の2プレー目でRB#29李が68ydsのTDラン。続いてRB#30地村が38ydsTDランを決めてリードを広げる。 オ28-13I

 

第4Q:IBMがTDパスを決めるも、2ポイントコンバージョンのパスを失敗。RB#29李が55ydsTDラン。IBMがTDパスを決めるも、再び2ポイントコンバージョンのパスを失敗。IBMのオンサイドキックをWR#18木下が押さえ、RB#30地村が51ydsTDラン。 オ42-25I

 

X1 Super 星取表
公式記録(チーム・個人/Xリーグ公式サイト)ライブ中継録画(XリーグYouTube)


試合概要
試合日 2019/11/3(日)
試合開始時刻 - 終了時刻 17:00-19:29
試合会場 横浜スタジアム
天候 曇り
観衆 999人
得点経過
  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
オービックシーガルズ 0 14 14 14 42
IBMビッグブルー 7 6 0 12 25
# チーム 時間 プレー トライ
種類 #選手 ヤード 種類 選手 結果
1 IBM 1 02:22 パス #3ケビン・クラフト→#84近江 11 キック #11佐藤 成功
2 オービック 2 05:22 パス #3スカイラー#85ホールデン 15 キック #49星野 成功
3 オービック 2 06:23 パス #3スカイラー#18木下 25 キック #49星野 成功
4 IBM 2 08:01 フィールドゴール #11佐藤  43      
5 IBM 2 12:00 フィールドゴール #11佐藤  47      
6 オービック 3 06:22 ラン #29李 68 キック #49星野 成功
7 オービック 3 09:21 ラン #30地村 38 キック #49星野 成功
8 IBM 4 02:33 パス #3ケビン・クラフト→#85鈴木 2 パス #3ケビン・クラフト 失敗
9 オービック 4 05:28 ラン #29李 55 キック #49星野 成功
10 IBM 4 08:15 パス #3ケビン・クラフト→#82白根 20 パス #3ケビン・クラフト 失敗
11 オービック 4 08:27 ラン #30地村 51 キック #49星野 成功
チーム記録
チーム オービック IBM
ファーストダウン獲得数
内訳(ラン+パス+反則)
22
 (11+8+3)
19
(2+17+0)
(攻撃計)  回数-獲得ヤード 57回-477ヤード 64回-395ヤード
(うちラン)  回数-獲得ヤード 36回-317ヤード 21回-71ヤード
(うちパス) 回数-成功数-被インターセプト
成功率  獲得ヤード
21-12-1
57.1% 160ヤード
43-26-2
60.5% 324ヤード
(反則)  回数-損失ヤード 4回-15ヤード 6回-70ヤード
(ファンブル)  回数-喪失 1回-1回 2回-2回
(フィールドゴール) 回数-成功 1回-0回 2回-2回
TIME OF POSSESSION (ボール保有時間) 27:40 20:20
スターティングメンバ―
20191103startM.jpg

◇ 参戦ありがとうございました 
オレンジリボンデー
 
news2019110301.jpg

news2019110302.jpg news2019110303.jpg
news2019110304.jpg news2019110306.jpg

news2019110307.jpg news2019110308.jpg