News

2019年03月

2019年03月25日

OL#50山崎憲義選手 引退のお知らせ

このたび、OL#50山崎憲義選手(2013年~/龍谷大学)が引退することになりましたので、お知らせします。

17yamazaki500.jpg news20190325.jpg
 

(本人コメント)

オービックシーガルズファミリーの皆様、いつもご声援、ご参戦いただき、誠にありがとうございます。2018年シーズンをもちまして、引退することを決意しました。

兄の影響で始めたフットボールを、正直、13年も続けてきたとは思っていませんでした。ここまで続けてこられたのは、オービックシーガルズに出会い、ツイスターズ(OL)のみんなで日本一を目指したことがすべてです。残念ながらツイスターズで勝たせる、日本一になるという目標は達成できませんでしたが、今のツイスターズなら、日本一になれると信じています。

苦しいことも多々ありましたが、貴重な体験をいろいろさせていただき、本当に楽しい6年間でした。これまで生活の中心であったフットボールから離れるのは少し寂しい思いもありますが、今後は家族との時間を大切にしていきたいと思います。

最後に、応援してくださったファンの皆様、支えてくださったオービック様をはじめチームに関わる皆様、6年間ありがとうございました。また、一番近くで支えてくれた妻と娘、関西から毎回応援しにきてくれた両親には本当に感謝しています。ありがとうございました。
 

2019年03月07日

【Gulls for Tohoku】仙台でフラッグ体験会を開催しました

 
 
3/3(日)、仙台市のHALEO DOMEで「がんばろう東北!フラッグフットボール体験会」(主催:宮城県アメリカンフットボール協会、協力:東北学生アメリカンフットボール連盟、オービックシーガルズ)を開催し、オービックシーガルズからLB#9塚田昌克選手ら5名が参加しました。
 
3.11東日本大震災以降、自分たちにできることで東北復興を応援しようと立ち上げた「Gulls for Tohoku」の一環として、2012年からスタートした本イベント。今年で8回目の開催となりました。

 
午前-アメリカンフットボールクリニック
約70名の学生が参加し、前半オフェンス、後半ディフェンスで実施しました。
 
news201903071.JPG
▲LBを担当した#9塚田選手(左端)。現役選手の指導に学生たちは真剣な眼差しでした

news201903072.JPG
▲WRはチームOBの萩山竜馬さん(元WR#85/東北大アメリカンフットボール部監督)が指導

news201903073.JPG
▲熱心な学生に、大橋GMの指導にも熱が入ります
 
 
午後-フラッグフットボール体験会
40名ほどの小学生が参加してくれました。午前のクリニックに参加した学生も加わり、みんなで楽しみました。

news201903074.JPG
▲「毎年参加しているよ」という子どもたちもいました
 
news201903075.JPG
▲工夫した作戦が成功すると大歓声! 見事なタッチダウンでした
 
news201903076.JPG
▲イベント後の塚田選手サイン会には長蛇の列

2019年03月01日

引退選手のお知らせとメッセージ

2018シーズンをもって、8名の選手がチームを引退することになりました(2019/3/1現在)。これまで応援いただき、ありがとうございました。




DL#11ケビン・ジャクソン (ハワイ大学 / 2005年加入)
     2005・2013JAPAN X BOWL MVP、2005~2014 10年連続オールXリーグ選出
     2019シーズンからディフェンスコーチ兼キッキングコーチ
QB#15松岡修平 (中央大学 / 2018年練習生)
DB#20下水流裕太 (日本大学 / 2016年加入)
RB#32原 卓門 (法政大学 / 2012年加入)
     2012JAPAN X BOWL・ライスボウルMVP、
     2014GERMAN JAPAN BOWL Ⅱ・2014世界選手権アジア予選日本代表、2014オールXリーグ選出
LS#39西口和宏 (関西大学 / 2013年加入)
WR#87竹川龍雅 (上智大学 / 2018年加入)
TE#88安東純貴 (新潟大学 / 1999年加入 / 2016~2018主将)
LB#96澤田 遥 (関西大学 / 2014年加入)
     2014GERMAN JAPAN BOWL Ⅱ・2014世界選手権アジア予選・2015世界選手権 日本代表
 

 

(引退選手からのメッセージをお届けします)
 
DL#11ケビン・ジャクソン
news2019030111.JPG
It's hard to sum up all of my feelings in a few short comments, but I want to first start by expressing gratitude for everyone who has been there by my side on this journey. 

Writer Charles Dickens tells us to “Reflect upon our present blessings, of which every man has plenty; not on your past misfortunes, of which all men have some.”

There are so many things to be thankful for, and I want to extend my gratitude to the Obic Seagulls organization for 
giving me an opportunity to live out my dream. I fell in love with football at an early age and was fortunate enough to be a blessed to play as long as I did. 14 seasons is the longest I've been with any program. The past 14 years have been full of a little bit of everything. Every possible type of high you can imagine, and every possible type of low as well. Through it all, my Seagulls family has been there right by my side and have helped to make the past 14 years the best 14 years of my life.

I am looking forward to beginning a new chapter and I’m both grateful and happy that I will begin that new chapter together with my Seagulls family. I look forward to seeing you all next season!

思いのすべてを短いコメントにまとめるのは難しいのですが、まず、これまでそばにいてくださった皆さんに感謝の気持ちを伝えたいと思います。作家チャールズ・ディケンズはこう言います。「誰もがたくさんもっている今の幸せに目を向けなさい。誰もがもっている過去の不幸は忘れなさい」。感謝していることが本当にたくさんあります。オービックシーガルズが私に夢をかなえる機会を与えてくれたことにも感謝しています。幼い頃にフットボールを好きになり、たいへん幸運なことに、長くプレーすることができました。14シーズンというのは、私が過ごしたプログラムの中で一番長いです。この14年は、いいことも悪いこともいっぱいありました。そんな中ずっと、オービックシーガルズファミリーの皆さんはそばにいてくれましたし、この14年間を私の人生で最高の14年にするのを助けてくれました。いまは新しい章が始まることを楽しみにしています。そして、その新しい章をオービックシーガルズファミリーとともに始められることをありがたく、幸せに思っています。来たるシーズンに皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!
 
 
QB#15松岡修平
2018年シーズンの1年間、チームに参加させていただきありがとうございました。選手として、人として成長できた1年でした。2019年、日本一を目指して頑張ってください。1年間という短い期間でしたが、本当にありがとうございました。

 
DB#20下水流裕太
news2019030120.JPG
2018シーズンをもちまして、オービックシーガルズを去ることを決意いたしました。2019シーズンからは、東京ガスクリエイターズの⼀員としてフットボールを続けさせていただ きます。 
 
3年間という短い間ではありましたが、オービックシーガルズの⼀員になれたこと、また、ハイレベルなDBユニットの⼀員になれたことはとても幸せです。毎回の練習が学びの場で、フットボールをするにあたってとても恵まれた環境の中でプレ ーをさせていただきました。 
 
転職に伴いチームを移籍することになりましたが、オービックシーガルズでの学びを、新チームだけでなく、今後の⼈⽣に活かして成⻑していければと思います。
 
最後になりますが、ファンの皆さんをはじめ、コーチ、スタッフ、チームメートの⽅々にはたいへん感謝しています。⼤学を卒業してからこれまでの社会⼈でのフットボール⼈⽣を充実させられたのも、皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。 今後は、東京ガスクリエイターズの下⽔流をよろしくお願いします。
 
 
RB#32原 卓門
news2019030132.JPG
いつも参戦ありがとうございます。2018年シーズンをもちましてアメフトを引退いたします。

2012年から7シーズンに渡り、とても幸せなアメフト人生を送ることができました。悔しい思いもしましたが、今思い返すと楽しい思い出ばかり思い出します。周りにはいつも面白くて頼れる仲間がいて、一緒に同じ目標に向かって、毎週練習に励む日々が楽しくて楽しくて仕方なかったです。今思うと、限りある日々だからこそ楽しかったのだと思います。

高校から始めて、もう15年続けてきたアメフトをしなくなるのはまだ実感が湧きませんが、今後はゆっくり家族との時間を過ごしたいです。今の私にとってはそれが幸せです。

これからもオービックシーガルズファミリーの一員として、皆さんと同じスタンドで応援しますので、見かけた際はぜひ声をかけてください。いつも熱い応援ありがとうございました。感謝しています。
 
 
LS#39西口和宏
news2019030139.JPG
オービックシーガルズファミリーの皆さん、いつも応援いただきありがとうございます。2018年シーズンをもって引退することを決意しました。
 
2013年シーズンから6年間在籍しました。正直、ここまでアメフトを続けるとは思いもしませんでした。学生時代、社会人では絶対プレーしないと言っていましたし、古庄HCや大橋GMから最初にお誘いいただいたときも、草野球をすると言ってお断りしました(笑)。それから2年後、アメフトがやりたい、日本一になりたいという思いから、オービックシーガルズでプレーすることを決めました。自分を熱くさせてくれ、また居心地がよく、家族のようなチームでした。

僕はロングスナッパー(LS)というポジションにこだわり続けました。良いプレーは目立たず、悪いプレーが非常に目立つポジション。ですが、ホルダーがボールを置き、キッカー・パンターが安心して蹴るには、安定した速いスナップが必要不可欠です。また、ボールのレース(縫い目)の向きも考えて投げています。LSは地味に頑張っています。そんなLSに、ひとりでも多くの人に魅力を感じてもらいたいと思い、専任でやり続けました。昨秋は怪我でプレーができませんでしたが、最後までLSとして自分らしくチャレンジし続けることができました。今後はぜひLSにも注目してください。
 
最後になりますが、 ファンの皆さん、オービックをはじめとするスポンサーの皆様、事務局、コーチ、トレーナー、スタッフ、チア、チームメートの皆さん、そして家族、本当にありがとうございました。今後はオービックシーガルズファミリーとして、本気で応援していきます! 
 
 
WR#87竹川龍雅
 
1年という短い間でしたが、たいへんお世話になりました。周りに刺激され、人としても成長できた1年でした。 オービックシーガルズの日本一を応援しています!

 
TE#88安東純貴
news2019030188.JPG
今まで応援をいただきまして、本当にありがとうございました。

主将としては、あまりチームを引っぱることができず、周りに助けてもらってばかりでしたが、本当に幸せなフットボール人生でした。

フットボールを通じて、いろいろな経験や、多くのファンの皆さん、仲間、対戦相手との出会いなど、かけがえのないものを得ることができました。また、本気でやれば何でもできるということも学びました。フットボールを始めた大学時代の監督にも引退を報告しましたが、これまで本当に多くの方々に支えていただいたから今の自分があるんだなと改めて思いました。今後は私も何か役に立てるよう行動していきます。

最後になりましたが、これからもオービックシーガルズ、アメリカンフットボールをよろしくお願いします。ありがとうございました。We are OBIC SEAGULLS!!
 

【KEIYO TEAM6】「京葉線プラス」アプリを使ったお買い物キャンペーン開始

KEIYO TEAM6  「京葉線プラス」アプリを使ったお買い物キャンペーン
「京葉線、行こうぜ応援!キャンペーン」が始まりました [3/1(金)~24(日)]


JR東日本千葉支社と京葉線沿線のトップスポーツ6チームが協働で展開している連動プロモーション「KEIYO TEAM6」のひとつとして、今日3/1(金)から、京葉線沿線の駅ビル・エキナカ店舗でのお買い物キャンペーンをが始まりました。アプリにお買い物ポイントを貯めて応募すると、各チームのオリジナルグッズや試合チケットなどが当たります。

参加方法は、
ステップ1 「京葉線プラス」アプリをダウンロード
ステップ2 対象店舗でお買い物をして、指定画像をアプリ内のカメラで読み取る
ステップ3 応募対象ポイントが貯まったら、アプリ内の応募フォームから希望賞品に応募

オービックシーガルズからの賞品は、サイン入りユニフォームとサイン入り公式球、オリジナルグッズ、試合ペアチケットです。ぜひこの機会にアプリをダウンロードして、京葉線各駅の店舗をご利用いただき、抽選に応募してください。

詳しくは、JR東日本千葉支社のプレスリリース(PDF)または「京葉線プラス」アプリのキャンペーンページでご確認ください。
 

【「京葉線、行こうぜ応援!キャンペーン」 概要】
  
京葉線沿線の駅ビル・エキナカ対象店舗でお買い物をして指定画像を「京葉線プラス」アプリで読み取ると、アプリにポイントが貯まります。貯まったポイントで応募すると、抽選で「KEIYO TEAM6」関連グッズやJRE POINTが当たります。

期間:3/1(金)~24(日)※賞品応募は3/24(日)23:59まで
対象店舗:京葉線の東京駅~蘇我駅、西船橋駅間の駅ビル、エキナカ
お買い物ポイント:金額問わず、対象店舗のご利用で2ポイント
賞品: *( )内=応募に必要なポイント数
A賞 選手サイン入りユニフォームまたは公式球など(5Pt)26名様
B賞 試合ペアチケット(4Pt)50組100名様
C賞 チームオリジナルグッズ(3Pt) 180名様
D賞 「KEIYO TEAM6」オリジナルグッズ(1Pt) 50名様
E賞 JRE POINT 2,000ポイント(2Pt)100名様
  ※E賞はJRE POINTサイトの会員登録、Suica登録が必要
参加賞:チームオリジナルデジタルカード(各チーム3種類、計18種類)
当選者発表:賞品の発送、JRE POINTの付与をもって発表に代えさせていただきます
 

春季開幕戦は4/20(土)-パールボウル試合日程発表

pearlbowl.jpg
 
 
Xリーグ東日本所属12チームが出場する「パールボウルトーナメント」(社会人東日本選手権)の試合日程が発表されました。

3年連続8度目の優勝を目指すオービックシーガルズの初戦は、4/20(土)のAFCクレーンズ(※X1昇格)戦。本大会の開幕戦です。そして、東京ドームでの決勝・パールボウルは6/17(月)。2019シーズンも、春の初戦から参戦よろしくお願いします。

なお、チームチケットの販売(デジタル前売チケット)ならびに「2019ブースタークラブ」の会員募集は、3月中旬開始予定です。もう少しお待ちください。
 

第41回パールボウルトーナメント  オービックシーガルズ試合日程 
【予選リーグ】  ※Bブロック
4/20(土)14:00 vs. AFCクレーンズ @富士通スタジアム川崎 ※メインスタンド
5/19(日)17:00 vs. アサヒビールシルバースター @富士通スタジアム川崎 ※メインスタンド
【準決勝】  ※Bブロック1位通過の場合
6/2(日)14:00 vs. Aブロック1位 @富士通スタジアム川崎 ※バックスタンド
                               (富士通東京ガス富士ゼロックスのいずれか)
【決勝(パールボウル)】
6/17(月)19:00 @東京ドーム ※メインスタンド(1塁側)
 
 -----------------------------------
Bブロック2位または3位となった場合は、以下の交流戦にまわります。
 2位の場合 : 6/1(土)14:00 vs. Aブロック2位 @富士通スタジアム川崎 ※バックスタンド
 3位の場合 : 6/8(土)14:00 vs. Aブロック3位 @富士通スタジアム川崎 ※バックスタンド
※1Q 12分、タイブレーク有り(交流戦はタイブレーク無し)。
※予選リーグに限り、第3Q開始時点で50点以上、または第4Q開始時点で30点以上の得点差がある場合は、タイムアウト以外で計時の停止を行わない。
 
準決勝まで :当日券1,300円のみ。全席自由。高校生以下無料
決勝(1階席) :前売券1,800円(予定)、 当日券2,200円(〃)。全席自由。高校生以下無料
 
(チーム チケット)
デジタルチケット (準決勝まで):Xリーグ当日券と同価格1,300円で3月中旬~ 販売開始予定(Livepocketにて)
「2019ブースタークラブ」(チケット+特典) :3月中旬~ 会員募集開始予定  
 

news201902271.jpg
▲2018パールボウル決勝(〇28-2 IBM)。ルーキーのQB#3スカイラーが大会MVP