News

2017年06月

2017年06月28日

優勝を祝う横断幕・広告を掲出してくださいました(新京成電鉄、京成バス)

パールボウル(東日本社会人選手権)優勝を受け、習志野市を走る交通機関が優勝を祝う横断幕、車内広告を掲出してくださいました。
 
いつもご支援いただきありがとうございます。応援してくださる地元の方々の想いにお応えできるよう、「習志野から日本一」を目指して戦っていきます。


新津田沼駅(習志野市)、松戸駅(松戸市)構内に「横断幕」を掲出してくださっています[8/31(木)まで]。
 
news201706281.JPG news201706282.JPG
▲新津田沼駅、松戸駅
 
 
習志野、幕張界隈を走るバス約170台に「車内広告」を掲出してくださっています [7/8(土)まで(予定)]。
 
news201706283.jpg news201706284.jpg
▲写真は勝利に喜ぶOL・TE陣
 

2017年06月23日

【動画/歌詞/bless4メッセージ掲載】応援ソング「FLY!」を初披露しました

▲2017/6/19 パールボウル@東京ドーム 「ガルズタイム」

 

FLY!

作曲・編曲:AKASHI

歌詞:AKASHI & KANASA

振り付け:AIKI

衣装:AKINO

 

Let’s go!  試合(たたかい)の防具(よろい)身につけ
フィールド(せんじょう)へ乗り込むぞ Tick Tock Tick Tock

全ての夢を握りしめ 背負って戦うぞ Kick off Kick off

 

we are burning on fire

諦めないよ

燃え続けるこの desire

We are running on water

勝ち抜く survivor

I’d give my life on this old battle field

 

FLY, FLY, FLY  ( FLY OBIC SEAGULLS )

FLY, SEAGULLS FLY  ( Go! Go! Go! Go! )

FLY, FLY, FLY  ( FLY OBIC SEAGULLS )

FLY to the sky  ( Go! Go! Go! Go! )

 

チーム公認アーティストの「bless4」「アスレチック・ミュージック・ウォリアーズ(AMW)」が、オービックシーガルズオリジナル応援ソングFLY!をパールボウルで初披露しました。ファイティングボイス「FLY OBIC SEAGULLS」に込められた想いを、楽曲のみならずダンスや衣装にわたって表現し、決戦に挑む選手、オービックスタンドに最高のエールを送ってくれました。bless4、AMWの皆さん、ありがとうございました。

秋に向け、ぜひ歌詞や振りを覚えてください。一緒に歌い、踊り、FLY!=翔びましょう! 応援してくださる皆さんと思いをひとつにして、頂点を目指していきたいと思います。
 
news201706221.jpg news201706222.jpg
▲渾身のパフォーマンス。アメフトの動きを取り入れたダンスや衣装にも注目して動画をご覧ください。選手も、FLY!をアレンジした曲をバックに入場しました

bless4からのメッセージ
オービックシーガルズの皆さん、そしてオービックシーガルズファンの皆さん、パールボウル優勝おめでとうございます! 最初から最後まで、白熱した試合に大興奮でした! 盛り上がりすぎて、次の日は声がガラガラでした(笑)。そんなパールボウルを制覇した記念すべき日にオービックシーガルズオリジナル応援ソングFLY!を初披露することができて、最高に幸せでした!
 
この楽曲を作るにあたり、何よりも選手陣のモチベーションを上げられること、フィールドとスタンドが一体となれることを重視しました。そのため、DL#11KJ選手DL#23BJ選手と何度もミーティングを繰り返し、選手の想いを聞かせてただき、それをメロディー、ビート、歌詞、ダンス、衣装で可視化できるように励みました。

メロディーは強さと壮快さを出し、歌詞にはアメフトに関連するワードを散りばめ、ダンスはオービックシーガルズのフォーメーションやアメフトの動きを取り入れました。また、衣装にはオービックシーガルズの旗を使い、白い羽でタイトルFLY!を表現しました。

この素晴らしいチームへの私たちの愛をふんだんに込めたので、ぜひ皆さんにも歌、ダンスを覚えていただき、これからさらに一緒に盛り上げていけたらと思っています!

(bless4 プロフィール)詳しいプロフィールはこちらbless4公式サイト>プロフィール
4⼈兄妹のコーラス・ダンス・グループ、音楽ユニット。アメリカ出⾝のバイリンガルで、アリゾナ州フェニックスを中⼼としたエリアで約15年過ごした。2003年、フジテレビ系メジャーリーグ中継2003テーマソング「Good Morning! Mr.Sunshine」でメジャーデビュー。アスレチック・ミュージック・ウォリアーズは、bless4が主催するスクールの⾨下⽣。

20170622AKASHI.jpg 20170622KANASA.jpg
AKASHI(Vocal / MC 長男)  担当:作曲/編曲、KANASA(Vocal / Rap 長女)  担当:作詞

20170622AKINO.jpg 20170622AIKI.jpg
AKINO( Vocal 次女)  担当:衣装、AIKI(Vocal / Dance 次男)  担当:振り付け
 

2017年06月19日

【試合結果/HC談話】IBMに29-27で勝利しパールボウル制覇

news201706201.jpg
▲第1Q、3点差に詰められた直後、98ヤードを走り切って
キックオフリターンTDを決めたWR#83水野とブロッカーWR#7池井
 

 

【6/19(月) パールボウル(東日本社会人選手権) vs.IBMビッグブルー@東京ドーム】

 

点の取り合いになった決勝戦、先制したオービックが最後までリードを守り切り、3年ぶり(2大会ぶり)6度目の優勝を飾りました(1997、2000、2005、2012、2014、2017年)。MVPには、2TDを挙げたWR#83水野が選ばれました。

 

 

第1Q、オービックがK/P#49星野のFGで先制。続くIBMの攻撃でDB#27田中がインターセプト。残り15ヤードまで走ってオフェンスに託すと、新人QB#12イカイカがWR#84西村へTDパスを決めて追加点(2ポイントのパス失敗)。代わってIBMにTDを奪われ(キック失敗)、9-6。ここでWR#83水野が98ヤードのキックオフリターンTDを決めて、16-6。10点差に広げます。

 

第2Q、IBM、オービックともにFGをブロックされて追加点ならず。ここでDB#27田中がこの日2つ目のインターセプト。好位置でオフェンスにつなぐも、パントに終わります。前半残り1分40秒でIBMにTDを許し、16-13。3点差に迫られます。しかし、オービックは残り22秒にQB#12イカイカがWR#83水野へ31ヤードTDパスを通して、23-13と再び点差を広げて前半を折り返します。

 

第3Q、IBMがTDランを決め、23-20と再び3点差。オービックはFGをまたもブロックされて、3点差のまま最終Qへ。

 

第4Q、オービックがRB#43望月の5連続ランなどで時間を使いながら前進し、最後はWR#85萩山への12ヤードTDパス(キック失敗)で29-20。9点差に広げます。残り6分2秒、IBMが93ヤードのキックオフリターンTDを決め、29-27。FG1本で逆転される2点差まで迫られましたが、ディフェンスが踏ん張り、2分19秒を残して攻撃権はオービックへ。最後は4thダウンギャンブルで1stダウンを更新し、時間を使い切って逃げ切りました。

 

【古庄ヘッドコーチ談話】

2月のシーズンインからここまで、チームの全員が常に自分をレベルアップさせることを目指して週末も平日もチャレンジを繰り返し、チームを確実に成長させてきた。

今日の試合は、オフェンス、ディフェンス、キッキングそれぞれに苦しい時間帯もあったが、4Q最後のディフェンスでのサック、前半最後の"2ミニッツ"での追加点、試合の最後をフレッシュをとって終わらせたオフェンスなど、試合結果を左右する局面で、フィールドの全員が同じイメージを持って1つのプレーをつくれるようになってきた。

秋に向け、2ヵ月でまたどれだけ強くなれるか楽しみだ。

********

ファンの皆さん、今日も熱い参戦ありがとうございました。フィールド、スタンド一体となってのボウルゲームの勝利は、我々に大きな自信を与えてくれました。秋シーズンまで少し間が空きますが、2ヵ月でチームはまた生まれ変わります。開幕戦でお会いできるのを楽しみにしています。

 

スターティングメンバー表(PDF) 公式記録(チーム・個人/Xリーグ公式サイト)
試合後インタビュー動画(facebook)WR#83水野太郎選手WR#84西村有斗選手DB#27田中雄大選手


試合概要
試合日 2017/6/19(月)
試合開始時刻 - 終了時刻 19:00-21:37
試合会場 東京ドーム
天候 晴れ
観衆 16,281人
得点経過
  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
オービックシーガルズ 16 7 0 6 29
IBMビッグブルー 6 7 7 7 27
# チーム 時間 プレー トライ
種類 #選手 ヤード 種類 選手 結果
1 オービック 1 02:24 フィールドゴール #49星野 37      
2 オービック 1 03:48 パス #12イカイカ→#84西村 15 パス #6菅原 失敗
3 IBM 1 07:48 パス #2政本→#81栗原 3 キック #8小田倉 成功
4 オービック 1 08:04 キックオフリターン #83水野 98 キック #49星野 成功
5 IBM 2 10:20 パス #3クラフト→#81栗原 6 キック #11佐藤 成功
6 オービック 2 11:38 パス #12イカイカ→#83水野 31 キック #49星野 成功
7 IBM 3 09:17 ラン #2政本 2 キック #11佐藤 成功
8 オービック 4 05:44 パス #12イカイカ→#85萩山 12 キック #49星野 失敗
9 IBM 4 05:58 キックオフリターン #81栗原 93 キック #11佐藤 成功
チーム記録
チーム オービック IBM
ファーストダウン獲得数
内訳(ラン+パス+反則)
19
(8+10+1)
20
(8+11+1)
(攻撃計)  回数-獲得ヤード 52回-326ヤード 66回-295ヤード
(うちラン)  回数-獲得ヤード 30回-117ヤード 27回-60ヤード
(うちパス) 回数-成功数-被インターセプト
成功率  獲得ヤード
22-14-1
63.6%  209ヤード
39-24-2
61.5%  235ヤード
(反則)  回数-損失ヤード 8回-59ヤード 7回-30ヤード
(ファンブル)  回数-喪失 0回-0回 1回-0回
(フィールドゴール) 回数-成功 3回-1回 1回-0回
TIME OF POSSESSION (ボール保有時間) 24:16 23:44

 

秋の初戦は9/5(火)vs.IBM@東京ドーム -秋季試合日程発表

昨年末にレギュラーシーズンの組み合わせのみが発表されていた秋季Xリーグの試合について、今日、ポストシーズンを含む全日程が発表されました。
 
レギュラーシーズン(各チーム6試合)は8/26(土)~10/29(日)。ポストシーズンは、11/5(日)のワイルドカードプレーオフに始まり、11/11(土)からJXBトーナメント(準々決勝~)、12/18(月)が決勝・JAPAN X BOWL(社会人選手権/東京ドーム)となります。
 
オービックシーガルズの初戦は9/5(火)。再び、IBMと東京ドームで対戦します。

「試合開始時刻」は後日発表発表されました。(7/11追記)
※日程や会場が変更となる場合もありますので、最新情報をご確認ください。
※秋季に出場する選手65名の登録ならびに発表は、7/15(土)の予定です。
 
<オービックシーガルズ 秋季試合日程> 参考Xリーグ公式サイト>大会方式
※昨年準優勝のオービックは【CENTRALディビジョン ランク1位】です。
<レギュラーシーズン 6試合>
1● 9/ 5(火)19:00 vs.【CENTRAL2位】IBMビッグブルー @東京ドーム
2● 9/17(日)14:00 vs.【CENTRAL3位】ノジマ相模原ライズ @富士通スタジアム川崎
3● 9/24(日)13:00 vs.【CENTRAL4位】オール三菱ライオンズ @フロンティアサッカーフィールド(習志野市)
4● 10/ 7(土)14:00 vs.【EAST3位】アサヒビールシルバースター @富士通スタジアム川崎
5● 10/15(日)14:10 vs.【WEST1位】パナソニックインパルス @エキスポフラッシュフィールド(大阪府吹田市)
   ※ビジター・ホワイトジャージ
6● 10/29(日)14:00 vs.【EAST1位】富士通フロンティアーズ @横浜スタジアム 
   ※ビジター・ホワイトジャージ
 
 
--ポストシーズン--
 
<ワイルドカード・プレーオフ>
(Super9の下位7・8位、Battle9の上位1・2位の4チームが戦い、勝った2チームがトーナメントに進出)
11/5(日)11:00 @横浜スタジアム11:10 @エキスポフラッシュフィールド(大阪府吹田市)
 
<JXBトーナメント 3試合>
7○ 準々決勝
    11/11(土)@横浜スタジアム、11/12(日)@ヤンマースタジアム長居(大阪市)
   1会場1試合開催:12:00、2試合開催:12:00・15:00、3試合開催:11:00・14:00・17:00
8○ 準決勝 11/26(日)13:00 @富士通スタジアム川崎キンチョウスタジアム(大阪市)
9○ 社会人選手権 JAPAN X BOWL(JXB) 12/18(月)19:00 @東京ドーム
 
<日本選手権 ライスボウル>
10○ 2018/1/3(水)15:00(予定)@東京ドーム
 
 
▼秋の参戦準備はお早めにこちらから詳細・お申し込み
photo434.jpg
photo436.jpg
 

京葉チーム6「ポケットカレンダー」京葉線各駅で無料配布中

news201706191.jpg
▲「うれしい企画ですね。他のチームの応援にも行ってみたい」とTE#88安東主将
 
news201706192.JPG news201706193.jpg
  ▲"一緒に湧こう、一緒に燃えよう!"
6/19(月)「パールボウル(決勝)」も記載されています

 
JR東日本千葉支社と京葉線沿線の6つのトップスポーツチーム(京葉チーム6)が昨年から展開している「京葉線沿線トップスポーツチーム連動プロモーション」の一環として、「ポケットカレンダー」の無料配布が始まりました。

6チームの試合やイベントのスケジュールをまとめたもので、A4 サイズのチラシを八つ折りにすると、ポケットサイズのカレンダーになります。京葉線各駅のパンフレットラック等にありますので、ぜひ手に取ってみてください。
 
 
<京葉チーム6 >※京葉線駅順
news201701263.jpg
バルドラール浦安 (新浦安駅/フットサルFリーグ)
千葉ジェッツ (西船橋駅/プロバスケットボールBリーグ)
オービックシーガルズ (新習志野駅/アメリカンフットボールXリーグ)
千葉ロッテマリーンズ (海浜幕張駅/プロ野球パシフィックリーグ)
千葉ゼルバ (千葉みなと駅/バレーボールV・チャレンジリーグⅡ)
ジェフユナイテッド市原・千葉 (蘇我駅/プロサッカーJリーグ)
 

2017年06月08日

6/19(月)パールボウル(決勝) IBM戦の見どころ・ご案内

news201706081.jpg
パールボウル記者発表会の模様はこちら
 
 
top_helmet_obic.jpg                                helmet_ibm.gif
オービックシーガルズ [ビジター/3塁側]   vs.   IBMビッグブルー [ホーム/1塁側]

<第39回パールボウル(東日本社会人選手権 決勝)>大会特設サイト(Xリーグ)

6/19(月)19:00 @東京ドーム アクセス

 

【タイムテーブル】 

16:00  チーム受付開始(3塁側24ゲート)
17:00  開場
17:30  フィールドツアー参加者集合(ブースタークラブ会員当選者/17:45〜18:15フィールド滞在)
18:10、18:20  Xリーグチア ウエルカムダンスショー(正面22ゲート前 ※SEA-Cheerは出演しません)
18:30  スタメン紹介(会場ビジョン)
18:37  「ガルズタイム」
18:51  選手 花道入場
19:00  キックオフ(1Q12分、タイブレーク有り)
ハーフタイム  Xリーグチアハーフタイムショー ※スペシャルゲスト「デーモン閣下」
試合後   表彰式、(優勝した場合)選手・スタンドで記念撮影
※当日のテレビ中継、インターネット配信はありません。後日、Xリーグがネット配信予定。

【チケット】
前売1,800円(チケットぴあ、ローソンチケット)、当日2,200円(全席自由席/高校生以下無料)
チームのネットショップでも販売中(一般前売と同価格1,800円/当日お渡し)詳細・申込[6/16(金)まで]
「ブースタークラブ2017」(チケット+特典グッズ他)も入会受付中詳細・申込
※会員はチケット引換券3枚つづり(3,000円)を購入でき、複数人での参戦や秋の参戦を考慮すると、こちらもお得です。
※チーム受付でも入会できますが、混雑が予想されるため、インターネットでの事前申し込みをお勧めします。 
 
 
2014年以来3年ぶりに出場するパールボウル(決勝)は、2連覇を狙うIBMビッグブルーとの対戦になりました。IBMとは秋季開幕戦でも対戦することが決まっているため、レギュラーシーズンの前哨戦としても譲れない戦いになります。

IBMのキープレーヤーのひとりは、DL#34ブルックス・ジェームス選手。準決勝のノジマ相模原戦(〇27-19)では、パスを投じるQBにプレッシャーをかけたり、RBを激しいタックルで仕留めたりと、195cm・123kgのひときわ大きい体格を活かし、縦横無尽の活躍をみせていました。そのブルックス選手に対して、オービックオフェンスがどのようなプレーを展開するのかに注目が集まります。ここまでの3戦、パスとランを織り交ぜ、得点力を増したオフェンスを牽引しているQB陣[#6菅原選手、新人#12イカイカ・ウーズィー選手(ハワイ大)、新人#19升川岳史選手(専修大)]の活躍にご期待ください。

また、今シーズンのオービックは、若手選手が目覚ましい活躍をしています。新人WR#26野崎貴宏選手(中央大)、WR#83水野選手WR#84西村選手WR#86前田選手、新人RB#30地村知樹選手(関西大)、新人RB41成瀬圭汰選手(名古屋大)、OL#75川本(康)選手DL#33仲里選手LB#35岩本選手DB#20下水流選手DB#27田中選手といった面々がXリーグでもトップクラスのパフォーマンスを発揮し、チームに勢いを与えています。決勝は激戦が予想されますので、若手の躍動が勝利をたぐり寄せてくれることでしょう。ご注目ください。
 
 
<最近のパールボウル>
今回、オービックが勝てば、3年ぶり(2大会ぶり)6度目の優勝、IBMが勝てば、2年連続2度目の優勝となります。
2016年  IBM  21-20  LIXIL
2015年  (世界選手権開催のため休止)
2014年  オービック 37-34  富士通
2013年  鹿島(現LIXIL)  17-10  富士通
2012年  オービック 31-10  富士通
 
<最近のIBM戦の結果>
2016年  秋季リーグ戦 〇24-23
2015年  秋季2ndステージ 〇34-26、春季交流戦 〇24-7
2014年  春季パールボウル予選  〇45-14
2013年  秋季リーグ戦 〇42-41
2012年  秋季リーグ戦 〇35-21

news201705252.jpg

いよいよ東京ドームでの決戦。スタンドの「声」が選手の大きな力になります。思いをひとつにして、ともに戦っていきましょう! この機会にまわりの方を誘っていただき、ひとりでも多くのご来場をお待ちしています。熱い参戦をよろしくお願いします。

しーがるくんも今シーズン初のフル参戦! 習志野市のナラシド♪をはじめ、しーがるくんの地元の仲間たちも駆けつけてくれる予定です。


news201706091.jpg
▲どこにでも気軽に貼れる
名刺大のステッカーです。
一人でも多くの方に渡るよう、
「1人1枚」にご協力お願いします


news201704212.JPG
▲紙メガホンで大声援を 


「FLY OBIC SEAGULLS」ステッカーを1,000枚配布します
@3塁側24ゲート内


先に発表したチームファイティングボイス「FLY OBIC SEAGULLS」のロゴステッカーを先着1,000名様にプレゼントします。

私たちの最大の武器は「声」。スタンドからの参戦は、鳴り物に頼らず、声に力をこめることが一番だと考えています。この思いを皆さんとさらに高めていくために、力をみなぎらせるための言葉、ファイティングボイスとして、「 FLY(翔ぼう)  OBIC SEAGULLS」を選びました。秋に向け、"FLYコール"など、FLY を織り込んだ参戦企画を増やしていきます。

 

同じ場所で「紙メガホン」も配布します。 


news201705251.jpg

bess4
 
× 
 
AMW20161207.jpg
AMW

×
 
news201706092.jpg
#11KJ & #23BJ


「ガルズタイム」は オービックスタンドで18:37~
「オービックシーガルズオリジナル応援ソング」お披露目

 

オービックシーガルズ公認アーティストの4人兄妹コーラス・ダンスグループ bless4、AMW(アスレチック・ミュージック・ウォリアーズ)がDL#11ケビン・ジャクソン選手DL#23バイロン・ビーティー・ジュニア選手と打ち合わせを重ね、2人の想いを盛り込んで創り上げた応援ソングを初披露します。

ファイティングボイス「FLY OBIC SEAGULLS」にこめた想いを表現した、躍動感のあるナンバーです。bless4のリードに合わせて、ぜひ一緒に歌ってください。

 

※今回は"プレ公開"とし、秋から本格的に応援にも取り入れていきます。夏にはPVの公開や楽曲配信なども予定しています。 

※「選手入場」の際にもこの曲をアレンジしたものを使用します。ご注目ください。

 

 

<KJ & BJ メッセージ>

「Hello Obic Seagulls family. We are excited about getting back to the Pear Bowl final for the first time in three years. We are anxiously looking forward to heading to the Tokyo Dome and putting on a show for all of fans and supporters. We are also equally excited about our team's new promotional song brought to you by the very talented group bless4. We have worked together to create something special and we hope that you all like what we have been able to put together. Along with the new song, everyone get ready to scream and shout for your favorite team again on the night of the 19th!  Thank you. We are Obic Seagulls!」

「オービックシーガルズファミリーの皆さん、こんにちは。私たちは、3年ぶりにパールボウルの舞台に戻ることに興奮しています。東京ドームでファンやサポートしてくださる皆さんに試合をご覧いただけることを心から楽しみにしています。また、たいへん才能があるグループbless4がお届けする私たちのチームの新しいプロモーションソングについても、同じようにうれしく思います。私たちは一緒に協力して特別なものを創りました。私たちがまとめあげたものを皆さんに気に入っていただけるとうれしいです。19日の夜、この新しい曲で、自分の好きなチームのために、叫んだり、大声を出したりする準備をしましょう。 よろしくお願いします。We Are Obic Seagulls!」


news201704214.JPG ▲「習志野応援団」に続こう!
DB#14藤本選手の応援団が早くも2つ誕生。RITS~は立命館大出身選手の応援団、K.B.K.I~は外国人選手4人(KJ、BJ、Kai、Ikaika)の応援団
 

「チーム公認私設応援団」始動!

 

春から募集を始めた「私設応援団」が、特典応援グッズの「バズーカメガホン」や「応援旗」を手に始動します。    

秋に向けて引き続き募集中です。5名集まれば、バス―カメガホンを2個差し上げます。イチオシの選手の応援団などを結成してみませんか。たくさんのお申し込みをお待ちしています。

 

7つの応援団が立ち上がっています。 

「習志野応援団」(織戸克久団長)

「成瀬圭汰応援団」(北尾桃子団長)78名

「ふじもん応援団」(塩見英造団長)10名

「藤本将司応援団」(長田弘一団長)21名

「はぎー応援団」(岩崎樹里団長)10名

「RITS応援団」(仲里章団長)8名

「K.B.K.I応援団」(清治善光団長)41名



iPhone2.jpg
NEWiPhoneハードケース
2017cap2.jpg
NEWキャップ(紺地、メッシュも有り)
     

2017pbgoods.jpg
▲大会記念グッズ
 
2017pbchamp.jpg
▲チャンピオングッズ 

新商品追加 & 大会記念グッズ・チャンピオングッズも販売されます

@3塁側場内 byスタジオ21

 

 


会場限定販売の「アクアグリーンタオル」(500円)の他、今季の新商品などを各種取り揃えています(ラインナップスタジオ21サイト)。

 

この試合から左の2商品が追加発売されます。

iPhoneハードケース(iPhone 6 、6s 対応)
新デザイン(チームロゴ、ボール柄)
会場販売価格 1,600円(ブースタークラブ会員1,520円) 

キャップ
前回新発売した「紺」に加え、ご要望の多かった白を追加。「メッシュタイプ」も同デザイン・同価格で新発売。

会場販売価格 2,400円(ブースタークラブ会員2,280円)

素 材:綿100%

サイズ:フリー/背面にマジックテープ

カラー:白地に、紺またはゴールドのロゴ

 

 

 

※以下の商品はブースタークラブ会員割引はありません。(  )内は会場販売価格。

<大会記念グッズ>

6/10(土)~スタジオ21サイトで先行販売開始。

OBIC SEAGULLS Tシャツ2種(2,500円)

マッチアップデザインTシャツ(3,000円)
OBIC SEAGULLSキャップ(2,500円)

OBIC SEAGULLSマグカップ(1,000円)

<チャンピオングッズ>

優勝した場合、試合終了と同時に販売されます。 
6/19(月)試合終了後~スタジオ21サイトでも販売開始

チャンピオンキャップ(3,000円)

チャンピオンTシャツ(3,000円)

 

 


bn201401030s.jpg


恒例の「記念撮影」をします


優勝したら、選手とスタンドの皆さんで一緒に恒例の記念撮影を行います。表彰式終了まで、少しお待ちいただくことになりますが、ぜひご参加ください。

 

試合後は「スタンド清掃」にご協力をお願いします。メガホンや大会パンフなどの配布物はお持ち帰りいただき、座席まわりに残されたゴミをゴミ箱へ、よろしくお願いします。

  

2017年06月06日

パールボウル プレスカンファレンスが開催されました

news201706061.JPG
▲左からQB#12イカイカ選手、DB#1砂川副将、古庄HC、
IBM山田HC、DB#1中谷主将、K#8小田倉選手、DL#34ブルックス選手
 

6/6(火)、第39回パールボウル(東日本社会人選手権)のプレスカンファレンスが東京ドームホテルで行われ、出場を決めたオービックシーガルズとIBMビッグブルー、両チームのヘッドコーチと代表選手が意気込みを語りました。

2014年以来3年ぶり(2大会ぶり/2015年は世界選手権のため開催されず)6度目の優勝を狙うオービックと、2連覇を狙う昨年大会の覇者IBM。秋のレギュラーシーズン初戦での対戦も決まっていて(日程・会場は未発表)、ここから2連戦となります。東日本一をかけた春の決戦は、6/19(月)東京ドームで19:00キックオフです。
 

news201706062.JPG
▲日本社会人アメリカンフットボール協会 池野邦彦副理事長
「両チームともに若手が活躍し、ハイスコアで堅守、他チームを圧倒して勝ち上がってきた。昨年のパールボウルも1点差の接戦だったが、今大会も素晴らしい試合をしてくれることを期待している」
 
news201706063.JPG  
▲「チャンピオンになるために、時期や相手関係なく、全力を出し切る試合を重ねてきた。パールボウルに向けてもう一度全力で練習に臨み、決戦の舞台で力を出し切りたい」と力強く語る古庄ヘッドコーチ

news201706066.JPG
▲IBM 山田晋三ヘッドコーチ(右)
「2年連続でこの舞台に立てることがうれしい。とにかく思いっきり力をぶつける。若手が多く入ったので、力を発揮してもらいたい」 
 
news201706064.jpg
▲今シーズンも副将としてチームを引っ張るDB#1砂川選手。「昨シーズン、JAPAN X BOWLで敗れてから、選手はみんな勝ちに飢えている。春から取り組んできた成果を出し切りたい。足を運んでくださるファンの皆さんにも『観にきてよかった』と思ってもらえるようなプレーをしたい」
 
news201706065.jpg
▲早くもチームになじみ、試合で活躍を見せる新人QB#12イカイカ・ウーズィー選手(ハワイ大)。「良いゲームができることを期待している。初めての東京ドームでの試合ということで、気合い十分だ」
 
  
20170606PB.jpg
▲スペシャルゲストは「デーモン閣下」
 

ファイティングボイス “FLY OBIC SEAGULLS” 決定のお知らせ

FLY_slide02%2B%2B%E8%A8%98%E4%BA%8B%E7%94%A8.jpg


1983年に創部し、1988年に実業団リーグに加入して以来、オービックシーガルズは、フィールドの選手だけではなく、スタンドに駆けつけるファンや観客の皆さんと、ともに戦い、ともに勝利するというスタンスで、常に「参戦」を呼びかけてきました。そして、私たちの戦いは、心、技、体に加えて、「声」を最大の武器とし、スタンドからの参戦は、鳴り物に頼るのではなく、自分の声に力をこめることが一番だと考えています。

そして今年、この思いをファンの皆さんとさらに高めていくために、力をみなぎらせるための言葉、「ファイティングボイス(Fighting Voice)」として、
 
  "  FLY(翔ぼう)  OBIC SEAGULLS  "
 
を選定しました。この FLY は、チームフィロソフィーのひとつとして、チームが続く限り大切に使っていく言葉です。

次戦パールボウルから、FLY を随所に織り込んだ参戦企画を始めていきますので、ファンの皆さんには、ぜひ大きな声で「FLY!」と叫んでいただければと思います。
 

【  FLY ステートメント(FLY にこめた想い)  】
 
  FLY  OBIC SEAGULLS
 
  翔ぼう
  想いを翼にたくわえて

  届けよう
  魂の声を

  越えよう
  速く、高く
  頂のその先まで


(参考)

 【  オービックシーガルズ 「チームフィロソフィー」   】


チームDNA(チームスローガン)

「ひとりひとりの“本気”でシーガルズを創り、シーガルズの“本気”がみんなを変える」
-------------------------
2005年に、創部以来培ってきた私たちの想いをチームDNAとしてまとめました。日本一になってやろう。誰もがやったことのない新しいことに挑戦しよう。一人ひとりの強い想い、本気の集合体がシーガルズというフットボールに結集し、オービックシーガルズの本気が周囲に伝わって、社会を変えていく。それが私たちのDNAです。


チームビジョン

「日本におけるアメリカンフットボールのプロチーム、プロリーグの実現」
-------------------------
チームのビジョンは、「千葉県におけるアメリカンフットボールのプロチームの創設」です。
プロチームの実現には、日本におけるアメリカンフットボールのプロリーグ化が実現することや、それを支えるフランチャイズと支援してくださる多くの方々、リーグ、チームを持続的に成長させるための人材が必要です。また、「ワクワクする」フットボールを「本気で」やりきる選手たち。そしてその選手たちを支える様々な制度……。たくさんのことが整備され、創り上げられる必要があります。ひとつとして欠けては、実現はできません。ハードルが高い目標ではありますが、私たちは、このビジョンを皆さんと一緒に実現していきたいと考えています。


チームミッション

「ワクワクするフットボールを」
-------------------------
アメリカンフットボールは、本場アメリカで “The Ultimate Sports” (究極のスポーツ)と、敬意をこめて呼ばれています。 オービックシーガルズは、アメリカンフットボールのこの原点に立ち返り、「究極」を私たちなりに「ワクワクすること」と置き換えることにしました。選手はもちろん、コーチも、何よりも観に来てくださるお客さまがワクワクするフットボールをすることを第一の使命とします。そして、そのことを積み重ねて日本のアメリカンフットボール力を上げていくことが、私たちの存在意義であると考えます。


チームバリュー

「ワクワクするフットボール」をやり続けるために、私たちが大切にする価値観は次の3つです。

「選手が主役で勝つ」
-------------------------
一流の社会人、市民として、アメリカンフットボールに挑戦する一人ひとりの「選手」の自覚、誇り、個性を核にした、その人らしいフットボールを磨いていくこと、その集合体で「日本一」を実現することに、コーチもスタッフも最大の努力を払います。

「改革する(変える)」
-------------------------
昨日よりも今日、1プレー前よりも今のプレー、そして次のプレーへと、絶えることのない「改革」を続けて、フットボールにおける新しい価値を追究します。そのことによって自己実現を果たし、成長するチームでありたいと考えます。

「本気でやる」
-------------------------
選手はもちろん、コーチやトレーナー、チームスタッフ、スポンサー、パートナー、試合会場にかけつけてくださるファンの方々、クリニックやフラッグフットボール体験教室への参加者に至るまで、一人でも多くの人が「本気」になることを目指します。


チームファイティングボイス

「FLY  OBIC SEAGULLS」

2017年06月04日

6/19(月)パールボウル(決勝)「前売券」をネット販売します

PB-001.jpg

パールボウル(決勝)進出を決めたオービック。決勝の相手は昨年大会の覇者、IBMビッグブルーです。2014年以来3年ぶり(2大会ぶり/※2015年は世界選手権のため開催されず)の優勝を勝ち取るために、ひとりでも多くの方に参戦いただきたく、チームのネットショップで「前売券」を販売します。


価格は、一般販売と同じ1,800円。お支払いは「銀行振込」または「郵便振替」に限られますが、手続きは簡単です。ぜひ周りの皆さんもお誘いいただき、華やかでひときわ熱いボウルゲームをお楽しみください。皆さんの参戦をお待ちしています。
 

※試合当日は、チーム受付でブースタークラブ(スターターパック2,500円~)の入会はできますが、前売券のチーム販売はありません。

前売券の申込および入金締切 : 6/16(金)12:00
お渡し : 試合当日のチーム受付でのお渡しとなります(※事前発送はいたしませんのでご了承ください)。入金確認後にお送りするメール[件名:ご入金済 注文番号(xxxxxxxx)]をご提示ください(プリントアウトしたもの、またはスマートフォン等の画面)。

【試合情報】パールボウル(東日本社会人選手権)特設サイト(Xリーグ)
6/19(月)19:00~@東京ドーム (16:00チーム受付開始、17:00開場)
オービックシーガルズ(3塁側) vs. IBMビッグブルー(1塁側)
チケット : 前売1,800円、当日2,200円(高校生以下無料、全席自由)
ハーフタイムショー スペシャルゲスト :(間もなく決定)デーモン閣下(6/6追記)
 
   
ブースタークラブ2017も入会受付中。ブースター会員は、
2017シーズン中有効の「チケット引換券」(3枚綴り3,000円)
試合会場のチーム受付で購入できます。
複数人での参戦や秋の参戦も考慮すると、こちらもお得です。

【試合結果/HC談話】準決勝 LIXILに35-7で勝利し決勝進出

news201706042.jpg
▲第2Q、ディフェンスをかわして70ヤードTDラン、新人RB#41成瀬
 

 

【6/4(日) パールボウル準決勝 vs.LIXILディアーズ@富士通スタジアム川崎】

 

昨年と同じ対戦カードとなった準決勝。先制したオービックが攻守ともに相手をしのぐ集中力を見せ、35-7で快勝して決勝進出を決めました。

 

第1Q4分43秒、新人QB#12イカイカ・ウ-ズィー(ハワイ大)からのパスを受けた新人RB#41成瀬圭汰(名古屋大)がエンドゾーンに走り込んで先制のTD。その成瀬が、第2Qには70ヤードのTDランを決めてチームを勢いづけます。残り30秒には#12イカイカがTD。21-0で前半を折り返します。

 

第3QはDB#24島津のインターセプトから、WR#83水野が58ヤードTD。28-0とリードを広げて最終Qへ。第4Qは再び#12イカイカのTDで追加点。終盤に1TDを許すも、危なげなく勝利を収めました。

 

来る6/19(月)パールボウル(決勝)の相手は、今日、ノジマ相模原ライズを27-19で破った昨年大会の覇者、IBMビッグブルー。オービックは、2014年以来3年ぶり(2大会ぶり/※2015年は世界選手権のため開催されず)の優勝をかけて戦います。

 

【古庄ヘッドコーチ談話】

 

全プレー、常に上を目指して、力を出し切る。そう全員で約束して臨んだ試合だったが、最初から最後まで、選手がそれをよく体現してくれた。特に、2QのRB#41成瀬のTD、3QのWR#83水野のTDは、思いがこもった素晴らしいプレーだった。

次の決勝に向けてやりたいことは山ほどあるが、全部はできない。まずは、今日課題が出たキッキングチームをしっかり整備して、次戦に臨む。

 

スターティングメンバー表(PDF) 公式記録(チーム・個人/Xリーグ公式サイト)
試合後インタビュー動画(facebook)新人RB#41成瀬圭汰選手


試合概要
試合日 2017/6/4(日)
試合開始時刻 - 終了時刻 14:00-16:12
試合会場 富士通スタジアム川崎
天候 晴れ
観衆 2,395人
得点経過
  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
オービックシーガルズ 7 14 7 7 35
LIXILディアーズ 0 0 0 7 7
# チーム 時間 プレー トライ
種類 #選手 ヤード 種類 選手 結果
1 オービック 1 04:43 パス #12イカイカ→#41成瀬 6 キック #49星野 成功
2 オービック 2 04:28 ラン #41成瀬 70 キック #49星野 成功
3 オービック 2 11:30 ラン #12イカイカ 4 キック #49星野 成功
4 オービック 3 10:27 パス #12イカイカ→#83水野 58 キック #49星野 成功
5 オービック 4 08:03 ラン #12イカイカ 3 キック #49星野 成功
6 LIXIL 4 09:57 パス #9加藤→#11前田 23 キック #14青木 成功
チーム記録
チーム オービック LIXIL
ファーストダウン獲得数
内訳(ラン+パス+反則)
21
(10+11+0)
11
(2+8+1)
(攻撃計)  回数-獲得ヤード 58回-528ヤード 48回-202ヤード
(うちラン)  回数-獲得ヤード 34回-247ヤード 24回-19ヤード
(うちパス) 回数-成功数-被インターセプト
成功率  獲得ヤード
24-16-1
66.7%  281ヤード
24-12-1
50.0%  183ヤード
(反則)  回数-損失ヤード 8回-57ヤード 0回-0ヤード
(ファンブル)  回数-喪失 0回-0回 0回-0回
(フィールドゴール) 回数-成功 1回-0回 0回-0回
TIME OF POSSESSION (ボール保有時間) 26:47 21:13