ホームタウン活動

最近の記事

2017年03月14日

【Gulls for Tohoku】 習志野3.11追悼イベントに参加しました

forTOHOKU2013ss.jpg

 

 

東日本大震災から6年となった3/11(土)、京成津田沼駅前で行われた「第6回習志野3.11追悼イベント 3.11を決して忘れない!」(主催:竹宵の会・実行委員会)にWR#10森 健太郎選手DB#14藤本将司選手RB#37加藤寛樹選手DL#68清家拓也選手ら9名が参加し、募金活動に協力させていただきました。

  

今年も追悼や復興応援のメッセージが書かれた黄色いハンカチが多数飾られたなか、演奏や歌で震災の犠牲になられた方々を悼み、被災地の復興を願いました。

 

この日集まった募金で、福島県いわき市の新鮮な野菜を購入し、仮設住宅にお住まいの方へお届けするそうです。募金にご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。今後も、復興応援プロジェクト「Gulls for Tohoku」の活動を継続し、自分たちにできることをしっかりやっていきたいと思います。

 

 

ht20170314001.JPG ht20170314002.JPG

▲【左】「復興に前向きに取り組み続けたい。イベントを通してにぎわいと新たな繋がりを広げましょう」と宮本泰介習志野市長 【右】主催者 竹宵の会代表の尾曽昭雄さん。このイベントや、夏に開催している「キャンドルナイトin習志野」などを通して被災地の支援活動を続けていらっしゃいます

 

ht20170314003.JPG ht20170314004.JPG

▲【左】福島県双葉町に住んでおられた千代田信一さん。「歌から何かを感じ取ってもらえたら幸いです」と帰れなくなってしまったふるさとへの想いを歌に乗せました 【右】篠笛奏者の林 作衛さん(左)と山田路子さん(右)が演奏する優しい音色に会場が包まれました

 

ht20170314005.JPG ht201703140011.jpg

▲オペラ歌手の立川かずささんと会場の全員で復興支援の歌「花は咲く」を合唱しました

 

ht20170314006.JPG

▲【左】宮城県仙台市出身のSEA-Cheerほみが挨拶。「健康な体に感謝し、スポーツを通して力になれることは何かを考えながら過ごしていきたい」。左から、加藤選手、清家選手、森(健)選手、藤本選手、SEA-Cheerあおい、もみ、ほみ

 

ht20170314008.JPG ht20170314007.JPG

▲【左】地震が発生した14時46分に黙とうを捧げました 【右】「去年も来ていたよね」と声をかけていただきました

 

ht20170314009.JPG ht201703140010.JPG

▲【左】地元の皆さんの追悼、応援メッセージ 【右】習志野市が被災した様子も掲示されていて、あらためて3.11を振り返る時間となりました

 

奏の杜の防災訓練でワークショップを開催しました

ht201703144.JPG
 ▲「手つなぎしっぽ取り de コミュニケーション」
3人で手をつなぎ、他のチームのしっぽを取りにいきます

 
3/5(日)、習志野市奏の杜にあるザ・パークハウス津田沼奏の杜などの3つのマンションの合同防災訓練に参加しました。

住民の皆さんの防災訓練への関心は高く、この日は総世帯数の約60%(1,000名)が避難訓練に参加されていました。
 

オービックシーガルズは、避難訓練後に行われた体験プログラムのひとつとして、ワークショップ「手つなぎしっぽ取りdeコミュニケーション」を担当。日頃、フラッグフットボール教室で行っているしっぽ取りをアレンジしたゲームを通じて、災害時に特に必要となるコミュニケーションの大切さを体感していただきました。

その他にも、的当てやタックル体験、チア教室を開催し、たくさんの住民の皆さんと触れ合いました。
 

ht201703142.JPG ht201703143.jpg
▲【左】避難場所に指定されている谷津奏の杜公園に集まった住民の皆さん。昨夏、「奏の杜スポーツフェスタ」をチームで開催したこともあり、「知ってるよ」「今年こそ頑張ってね」と声をかけていただきました 【右】「災害時は助け合うことが大事。スポーツを通してコミュニケーションを取る大切さを伝えたい」と脇田アシスタントGM

ht201703141.JPG ht201703145.JPG
▲【左】ワークショップに参加してくれた子どもたちと。「普通のしっぽ取りより難しいけど、楽しかった!」   【右】SEA-Cheerほみによるチア教室。ダンスが初めての子どもたちも上手に踊れました
 
ht201703146.JPG ht201703147.JPG
▲【左】的当てにも長い列ができました。高得点を目指して何度もチャレンジ 【右】一番人気だったタックル体験。勢いよく飛びつきます

2017年02月15日

「千葉県児童福祉施設協議会マラソン大会」に参加しました

ht201702150.jpg
 
 
2/12(日)、千葉県総合スポーツセンターで「千葉県児童福祉施設協議会マラソン大会」が開催されました。
 
オービックシーガルズからTE#88安東主将WR#18木下選手QB#19升川選手DL#44倉脇選手DB#24島津選手K/P#49星野選手、チア、スタッフの有志18名が参加し、子どもたちの伴走や、パフォーマンスコーナーで協力させていただきました。
 
今年で32回を数えるこのイベントは、千葉県下の養護施設に暮らす幼児から高校生までの子どもたちに走ることなどを通して夢や希望を感じてもらい、自立支援を目指すもので、今回は職員含め約700名が参加。ゴールデンボーイズのうっほ菅原さん、怪獣の坂口真弓さん、千葉ジェッツのマスク・ド・オッチーもゲストとして、ともに会場を盛り上げてくれました。

「みんなの前で走るのは最初ドキドキしたけど、応援してくれるから頑張れた」「走るのが苦手で疲れたけど、楽しかった」と笑顔で話してくれた子どもたち。元気よく走る姿に、たくさんのパワーをもらった1日となりました。

 
ht201702151.jpg ht201702152.jpg
▲【左】選手も一緒に準備体操 【右】マラソンを前に、子どもに声をかけるDL#44倉脇選手
 
ht201702153.jpg ht201702154.jpg
▲【左】ゴール前で声援を送ります 【右】パフォーマンスコーナーのMCはTE#88安東主将
 
ht201702155.JPG ht201702156.JPG
▲【左】坂口真弓さんとうっほ菅原さんは、千葉県住みます芸人として地元メディアやイベントで活躍中 【右】SEA-Cheerとバランス対決。選手と一緒に、片足立ちやY字バランスに挑戦しました
 
ht201702157.jpg ht201702159.jpg
▲【左】DL#44倉脇選手と力比べ。「動かなくて悔しい」と子どもたち 【右】K/P#49星野選手のキックに大きな拍手と歓声をいただきました
 
ht201702158.JPG ht2017021510.jpg
▲【左】マスク・ド・オッチーもナイスキック! 【右】チーム1の俊足、WR#18木下選手との50m走では、木下選手が後ろからスタート。走りに自信がないと言っていた小学生たちですが、見事勝ちました
 
ht2017021511.JPG  
▲オービックシーガルズの面々。大橋GM、吉永ヘッドトレーナー、古庄HCも参加しました。
一緒に走ってくれた子どもたち、職員の皆さん、関係者の皆さん、ありがとうございました
 
 
「遅くてもひたむきに走り続ける子どもたち。私のことを覚えてくれていた子どもたち。将来の夢を一生懸命話してくれた子どもたち。本当にみんな最高の笑顔で接してくれました。自分たちに何かできることはないかと思い参加していますが、いつも逆に元気をもらっています。子どもたちに『日本一のアメフト選手と走ったんだよ』と胸を張って言ってもらえるよう、今シーズンも取り組んでいきます」(TE#88安東主将)
 
「子どもたちの必死に走る姿や、最後の力を振り絞る姿に、私たちのアメリカンフットボールと通ずるものを感じました。今回が初参加でしたが、いい経験になりました。この経験をチーム力アップに繋げるよう精進していきます」(DL#44倉脇選手)
 
「一緒に走った子どもたちは辛い経験もしていると聞いていましたが、そんなことを全く感じさせない、たくさんの明るい笑顔を見ることができてうれしかったです。子どもたちに感動を届けることができるよう頑張っていきます」(DB#24島津選手)

2017年02月01日

確定申告PRイベント「実は簡単! 確定申告」に参加しました

ht201702012.JPG
  ▲今回の申告から新たに、「マイナンバー」の記載と、本人確認書類として
「マイナンバーカード」または「通知カード」などの番号確認書類が必要になります。
マイナンバーカードのパネルを持つのは、e-Taxマスコットキャラクター イータ君
 
 
1/29(日)、JR津田沼駅前のモリシア津田沼で、確定申告PRイベント「実は簡単! 確定申告~津田沼高校オーケストラ部&オービックシーガルズも挑戦~」が開催されました(主催:千葉西税務署、習志野商工会議所、千葉西税務署懇話会 / 後援:習志野市)。
 
オービックシーガルズからはTE#88安東純貴主将OL#77坂口裕選手、SEA-Cheer、SEA-Cheerジュニアが参加し、2/16(木)から受付が始まる確定申告書を実際に作成するデモンストレーションなどを行いました。

安東主将は手書きで、津田沼高校オーケストラ部の高校生はパソコンで国税庁HPの「確定申告書等作成コーナー」を利用して申告書を作成。安東選手はすべて手書きのうえに計算も必要で時間がかかりましたが、高校生の方は自動計算されるためあっという間に終えることができました。
 
この「確定申告書等作成コーナー」を使えば誰でも簡単に申告書を作成できます。印刷して税務署に提出できますので、ぜひご利用ください。
 
PR後には、オービックシーガルズ ファン交流会を開催し、安東、坂口両選手が2017シーズンへの意気込みを語りました。サイン会では「今年こそ優勝してね」とたくさんの温かい声をかけていただきました。
 
ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。

※このイベントの模様は、J:COM「デイリーニュース」でご覧いただけます。
放送日時 : 2/1(水)17:40~、20:30~、23:30~
放送地域 : 習志野、船橋、八千代

ht201702019.jpg
▲デモンストレーションの前後に、津田沼高校オーケストラ部の皆さんが演奏を披露
 
ht201702018.JPG
ht201702013.jpg  
▲レクチャーを受けながら安東主将は「紙」で申告書を作成し、パソコンを使った高校生(右)に完敗! 「作成するときはぜひパソコンで」と安東主将
 
ht201702014.jpg  
▲ファン交流会は、SEA-Cheer、SEA-Cheerジュニアのパフォーマンスからスタート
 
ht201702015.jpg  
▲「JAPAN X BOWLやホームゲームのときに多くの応援に力をいただき、皆さんと一緒に戦っていることをあらためて実感した。今年こそ優勝したい」(安東主将)。「勝ちたい気持ちは誰よりもある。勝つためには、皆さんの応援が大きな力になる。今年も応援よろしくお願いします」(坂口選手)。チームグッズが当たるじゃんけん大会にはオービックシーガルズ習志野応援団の織戸団長も参加し、盛り上がりました
 
ht201702011.JPG
▲主催、出演の皆さんと記念撮影  

2017年01月20日

1/29(日)確定申告PRイベント@モリシア津田沼に安東主将らが参加します

1/29(日)13:30からモリシア津田沼で開催される確定申告PRイベント「実は簡単! 確定申告 〜津田沼高校オーケストラ部&オービックシーガルズも挑戦〜
」に、TE#88安東純貴主将OL#77坂口 裕選手SEA-Cheer、SEA-Cheerジュニアが参加します。
 
2/16(木)から始まる確定申告を前に、申告書へのマイナンバー記載や、国税庁のホームページ上で申告書が作成できる「確定申告書等作成コーナー」やe-TaxなどのICT(情報通信技術)申告についてレクチャーを受けながら、ステージ上で安東主将が申告書を作成します。

イベントの最後には、津田沼高校オーケストラ部による演奏、オービックシーガルズによるファン交流会が開催されます。SEA-Cheer、SEA-Cheerジュニアによるパフォーマンスも予定していますので、ぜひお誘い合わせのうえお越しください(参加無料です)。
 


「実は簡単!確定申告〜津田沼高校オーケストラ部&オービックシーガルズも挑戦〜
   (申告は「国税庁HPが便利」マイナンバーの記載もお忘れなく)」
日時 : 1/29(日)13:30〜15:00頃まで
会場 : モリシア津田沼(習志野市JR津田沼駅南口すぐ)
主催 : 千葉西税務署、習志野商工会議所、千葉西懇話会
後援 : 習志野市
協力 : オービックシーガルズ
参加 : TE#88安東純貴主将、OL#77坂口 裕選手、SEA-Cheer、SEA-Cheerジュニア
オービックシーガルズ ファン交流会 :
  (1)SEA-CheerとSEA-Cheerジュニアによるパフォーマンス
  (2)チームグッズがあたるじゃんけん大会
  (3)サイン&記念撮影会

千葉地区老人クラブリーダー研修会で大橋GMが講演しました

ht20170120%EF%BC%94.JPG
 
 
1/17(火)、サンロード津田沼で開催された、なのはなシニア千葉(公益財団法人千葉県老人クラブ連合会)の「千葉地区老人クラブリーダー研修会」で大橋GMが講演しました。

なのはなシニア千葉は、高齢者の生きがいと健康づくりのための様々な活動をしている団体で、この日の研修会には、千葉地区(習志野市、市原市、八千代市)の会員約60名が参加されました。
 
講演テーマは、「組織活性化のために in OBIC SEAGULLS」。一昨年までヘッドコーチとして16年間チームを率いた経験から、リーダーのあり方について話をさせていただきました。
 
会場ではメモを取る姿も多く見られ、皆さん相槌を打ちながら真剣に聞いてくださいました。質疑応答では体幹の鍛え方や日本におけるアメフトの普及にも話が及び、終了後には、「目からうろこの内容だった」、「今日の話を忘れずに活動を続けたい」、「まだまだ変わるチャンスはあると思えた」と、うれしい感想をいただきました。
 

ht20170120%EF%BC%92.JPG
▲来賓の宮本泰介習志野市長が挨拶。「これからも精力的に活動してください。そのためのサポートを頑張っていきます」
 
ht20170120%EF%BC%93.jpg
▲続いて、遠山慎治習志野市健康福祉部部長。「皆さんが日々の活動や生活のなかで生きがいをつくることが、地域を元気にします」
 
ht20170120%EF%BC%96.JPG
ht20170120%EF%BC%95.JPG  
▲「自分以外が喜んでいる姿を見て喜べるか」、「包容力を持って認めてあげること」、「メンバーの変化をサポートすることも大事だが、まずは先頭に立って自分が常に変わり続けること」など、リーダーに求められる資質やあり方について語りました。マイク要らずの大橋GM。「人生の先輩方を前に僭越至極の感があったが、熱心に聞いてくださったのでこちらも熱が入り、いつもの調子で話すことができた」そうです
 
ht201701201.JPG
▲千葉地区老人クラブの役員の方々と。左から、中村元英千葉地区老人クラブ連合会会長、越智 桂習志野市あじさいクラブ連合会副会長、後藤文子同副会長、山口純子八千代市長寿連合会会長、板倉康之市原市ちはら台シニアクラブ連合会会長
 
「今回はたいへん貴重な機会をいただき、感謝しています。皆さん好奇心旺盛でエネルギッシュ。質疑応答ではやや圧倒されてしまいました。『今シーズンも期待してるよ!』、『もっと地域でPRしていかなきゃね』といった激励も多数いただき、たいへんありがたく、襟を正される思いがしました。いろいろな方の支えに応えられるチームづくりをしていきます」(大橋GM)
 
千葉地区老人クラブの皆さん、ありがとうございました。
 

2016年12月10日

きてきてアメフト先生-習志野市立実花小学校を訪問しました

kitekite_banner.jpg
 
  ht201612104.jpg
 
 
12/8(木)、習志野市立実花小学校を訪問し、2年生(4クラス110名)のフラッグフットボールの授業を行いました。

この日は、DL#11ケビン・ジャクソン選手(KJコーチ)、栗田謙人アシスタントトレーナー(クリケンコーチ)、渡辺雄一DBコーチ(さるコーチ)の3名が参加しました。
 
実花小学校への訪問は今年で5年目になりました。毎年訪問しているKJコーチは、もうすっかり有名人。学校に着いて校内を歩いていると、「あっ、KJだ!」「秋津に試合を見に行ったときにサインもらったよ!」「下敷きで見た選手だ!!」と子どもたちが次々に声をかけてくれます。
 
この日の授業では、しっぽ取りゲーム、3vs3ゲーム、パスキャッチ競争をして、クラス対抗の試合を楽しみました。

授業の最後に、JAPAN X BOWLに出場することを伝え、「東京ドーム参戦かNHKテレビ参戦、どちらでもいいので、オービックシーガルズを応援してください」とお願いをしてきました。授業後にさっそく、「絶対テレビで見るよ!!」と直接言ってきてくれた子がたくさんいました^^/。

12/15(木)に同校を再び訪ね、今度は3年生2クラスの授業を行う予定です。優勝報告ができるよう、がんばってきます。
 
ht201612105.jpg ht201612106.jpg
 

習志野市立香澄幼稚園の餅つきに参加しました

ht201612101.jpg
 
 
12/7(水)、習志野グラウンドから最も近い幼稚園のひとつである香澄幼稚園を訪問し、年末恒例の「餅つき」に参加してきました。
 
毎年声をかけていただき、子どもたちや地域の皆さんと一緒に餅つきをしています。今年は、DL#11ケビン・ジャクソン選手OL#77坂口 裕選手、渡辺雄一DBコーチが参加しました。
 
餅つきをした後は、教室に行って子どもたちと話をしたり、ハイタッチやお姫様抱っこしたりと、触れ合いの時間を過ごしました。最後に、JAPAN X BOWLの勝利を約束し、応援のお願いをしてきました。

ht201612102.jpg ht201612103.jpg

2016年11月22日

船上イベント「チャレンジングSHIRASE」でアメフト体験を実施しました

11/20(日)、元南極観測船「SHIRASE 5002」で開催された、第5回チャレンジングSHIRASE一般財団法人WNI気象文化創造センター主催)に参加し、的あてやなりきり体験などのアメリカンフットボール体験コーナーの実施と、次戦・JXBトーナメント準決勝のPRをしました。

SHIRASE 5002 は2008年7月30日で退役し、その後、解体される予定でしたが、「気象や環境問題の情報発信や議論の場として活用する」ために株式会社ウェザーニューズ(千葉市)が購入し、オービック習志野グラウンドの対岸である船橋港に係留しています。

天候にも恵まれたこの日は、アメフト体験ブース以外にも、気象や環境に関するブース、ライブステージ、屋台などたくさんの出店があり、朝早くから多くの親子連れが来場し楽しんでいました。
 
 
ht2016111221.JPG
▲子どもたちに大人気の的あてコーナー。何度もチャレンジする子どもに押され気味の織戸習志野応援団
 
ht2016111222.JPG
▲なりきり体験コーナーでは、防具をつけてDL#11ケビン・ジャクソン選手のパネルと記念撮影
 
ht2016111223.JPG
▲台風のできかたなどを体感できるブースがあり、子どもだけでなく大人の方も興味津々でした
 
ht2016111224.JPG
▲操舵室からの眺めは壮観。空気が澄んでいると富士山まで見えるそうです
 
ht2016111225.JPG
▲10階建てになっているSHIRASE 5002。近くにいくと圧倒される大きさでした

2016年11月18日

DL#11KJ選手「税を考える週間」広報大使就任。街頭広報をしました

ht201611186.JPG
  ▲深澤英雄千葉西税務署長、イータ君マイナちゃんのぬいぐるみと記念撮影
 
11/16(水)、いつもお世話になっている千葉西税務署、千葉西税務署懇話会の皆さんに任命いただき、DL#11ケビン・ジャクソン選手が「税を考える週間」の広報大使に就任し、その後、習志野市JR津田沼駅前で市民の皆さんへの街頭広報を行いました。

毎年11月11日〜17日の「税を考える週間」には、全国各地で様々な活動が行われています。今回は、来年1月以降の申告書や申請書等に必要となってくるマイナンバー制度などについて広く市民の皆さんにPRしたいということで、KJ選手にお声がけをいただきました。
 
ht201611181.JPG  
▲千葉西税務署 深澤英雄署長から「税を考える週間広報大使」の委嘱状をいただきました
 
ht201611182.JPG
▲委嘱状交付式には、千葉西税務署、千葉西税務署懇話会の皆さんが参加してくださいました
 
ht201611183.JPG
▲場所をJR津田沼駅前に移し、地元の皆さんも加わって街頭広報活動を行いました
 
ht201611184.JPG
▲KJもたくさんのチラシを配り、準備したチラシをあっという間に配り終えました
 
ht201611185.JPG
▲近くにいた警備員の方から「試合頑張ってね!」と激励をいただきました