ホームタウン活動

2017年03月

2017年03月14日

【Gulls for Tohoku】 習志野3.11追悼イベントに参加しました

forTOHOKU2013ss.jpg

 

 

東日本大震災から6年となった3/11(土)、京成津田沼駅前で行われた「第6回習志野3.11追悼イベント 3.11を決して忘れない!」(主催:竹宵の会・実行委員会)にWR#10森 健太郎選手DB#14藤本将司選手RB#37加藤寛樹選手DL#68清家拓也選手ら9名が参加し、募金活動に協力させていただきました。

  

今年も追悼や復興応援のメッセージが書かれた黄色いハンカチが多数飾られたなか、演奏や歌で震災の犠牲になられた方々を悼み、被災地の復興を願いました。

 

この日集まった募金で、福島県いわき市の新鮮な野菜を購入し、仮設住宅にお住まいの方へお届けするそうです。募金にご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。今後も、復興応援プロジェクト「Gulls for Tohoku」の活動を継続し、自分たちにできることをしっかりやっていきたいと思います。

 

 

ht20170314001.JPG ht20170314002.JPG

▲【左】「復興に前向きに取り組み続けたい。イベントを通してにぎわいと新たな繋がりを広げましょう」と宮本泰介習志野市長 【右】主催者 竹宵の会代表の尾曽昭雄さん。このイベントや、夏に開催している「キャンドルナイトin習志野」などを通して被災地の支援活動を続けていらっしゃいます

 

ht20170314003.JPG ht20170314004.JPG

▲【左】福島県双葉町に住んでおられた千代田信一さん。「歌から何かを感じ取ってもらえたら幸いです」と帰れなくなってしまったふるさとへの想いを歌に乗せました 【右】篠笛奏者の林 作衛さん(左)と山田路子さん(右)が演奏する優しい音色に会場が包まれました

 

ht20170314005.JPG ht201703140011.jpg

▲オペラ歌手の立川かずささんと会場の全員で復興支援の歌「花は咲く」を合唱しました

 

ht20170314006.JPG

▲【左】宮城県仙台市出身のSEA-Cheerほみが挨拶。「健康な体に感謝し、スポーツを通して力になれることは何かを考えながら過ごしていきたい」。左から、加藤選手、清家選手、森(健)選手、藤本選手、SEA-Cheerあおい、もみ、ほみ

 

ht20170314008.JPG ht20170314007.JPG

▲【左】地震が発生した14時46分に黙とうを捧げました 【右】「去年も来ていたよね」と声をかけていただきました

 

ht20170314009.JPG ht201703140010.JPG

▲【左】地元の皆さんの追悼、応援メッセージ 【右】習志野市が被災した様子も掲示されていて、あらためて3.11を振り返る時間となりました

 

奏の杜の防災訓練でワークショップを開催しました

ht201703144.JPG
 ▲「手つなぎしっぽ取り de コミュニケーション」
3人で手をつなぎ、他のチームのしっぽを取りにいきます

 
3/5(日)、習志野市奏の杜にあるザ・パークハウス津田沼奏の杜などの3つのマンションの合同防災訓練に参加しました。

住民の皆さんの防災訓練への関心は高く、この日は総世帯数の約60%(1,000名)が避難訓練に参加されていました。
 

オービックシーガルズは、避難訓練後に行われた体験プログラムのひとつとして、ワークショップ「手つなぎしっぽ取りdeコミュニケーション」を担当。日頃、フラッグフットボール教室で行っているしっぽ取りをアレンジしたゲームを通じて、災害時に特に必要となるコミュニケーションの大切さを体感していただきました。

その他にも、的当てやタックル体験、チア教室を開催し、たくさんの住民の皆さんと触れ合いました。
 

ht201703142.JPG ht201703143.jpg
▲【左】避難場所に指定されている谷津奏の杜公園に集まった住民の皆さん。昨夏、「奏の杜スポーツフェスタ」をチームで開催したこともあり、「知ってるよ」「今年こそ頑張ってね」と声をかけていただきました 【右】「災害時は助け合うことが大事。スポーツを通してコミュニケーションを取る大切さを伝えたい」と脇田アシスタントGM

ht201703141.JPG ht201703145.JPG
▲【左】ワークショップに参加してくれた子どもたちと。「普通のしっぽ取りより難しいけど、楽しかった!」   【右】SEA-Cheerほみによるチア教室。ダンスが初めての子どもたちも上手に踊れました
 
ht201703146.JPG ht201703147.JPG
▲【左】的当てにも長い列ができました。高得点を目指して何度もチャレンジ 【右】一番人気だったタックル体験。勢いよく飛びつきます