チームブログ“WE ARE”

« 2020年02月 | メイン

2020年03月

2020年03月27日

今こそ想いをつなごう-OUR MESSAGE

g


今こそ想いをつなごう。毎週金曜日発行の「オービックシーガルズ 週刊メールマガジン」で発信中。ここに順次、転載していきます。

 

3  古庄直樹 アシスタントヘッドコーチ (4/3号)

 

team20200403.JPG

 

 

いつも応援ありがとうございます。今シーズン、アシスタントヘッドコーチ (兼ディフェンスコーディネーター)を務める古庄です。

 

人が集まることができない社会情勢の中、我々もチーム活動の自粛が続いています。しかし、人生どんなに苦しい状況に見えても、明るい未来に向けてやれることは必ず目の前にあります。リモートでのミーティングや、各自でのトレーニングだけでなく、手洗い、うがい、マスク着用の徹底など、フットボールとは関係なく見える日常のことを本気で徹底してやるのもその一つでしょう。

 

どんな状況でも、目の前のことに全力で取り組む力。何かを成し遂げるために、困難を乗り越えるために、これ以上に大切な「人間力」はないと考えます。おそらくこの先も、社会生活、チーム活動ともに何かしらの制限が生じるでしょうが、やり方はいくらでもあります。どこまでやれるかは我々の人間力次第です。

 

そう考えると、あらゆるスポーツイベントが中止や延期になってしまったこんなシーズンだからこそ、必ず乗り越えて、秋にはファンの皆さんに過去最高のフットボールをお見せしたい!と強く思います。まだ少し先になりますが、試合会場で皆さんとともに戦えることを楽しみにしています。乗り越えましょう。

 

 

2  大橋 誠 ヘッドコーチ (3/27号)

 

team2020032702.JPG

 

     

いつも応援ありがとうございます。今シーズン、ヘッドコーチに復帰しました大橋です。

 

当たり前に行っていた活動がままならない日々が続いております。今は限られた環境下で、どうすれば向上できるのかを考える機会をもらったと捉え、前向きにチャレンジを続けています。

 

ただ一方で、当たり前だったことを取り戻したい思いを強くしているのも事実です。無観客で実施されていた大相撲をTV観戦していましたが、画面を通してでも、空気の違いは明らかでした。勝負の面白さや興奮は、観客、ファンの皆さんの熱気なしにはつくり得ないと痛感しました。

 

個々人の留意の積み重ねで今回の問題を終息させ、再び、あの空間を皆さんとともにつくり出したい、切にそう思います。そのときに「やっぱり面白い」と言っていただけるよう、日々を戦います。

 

 

1  並河 研 GM (3/19号)

 

team2020032701.JPG

 

     

今季からGMに復帰した並河です。あらためてよろしくお願いいたします。

リーグの勧告に従って、今週末も集合練習は行いません。

 

人が移動できない、集まれない。そのことが、経済だけではなく「人らしさ」をも削り取っていく。社会危機の中で、私たちスポーツチームにできることは本当にわずかです。

 

集まり、語り合い、汗を流す。応援してくださるファンの皆さんの前で試合をする。当たり前のことがあまりにもありがたく、遠く感じるこの頃です。

 

とはいえ、明けない夜はない。私たち、そして皆さんを始め、世界中の人類の力を合わせてこの危機を乗り越えて。スタジアムに再び集う日まで、心を動かし、想いをつないでいきましょう!