チームブログ“WE ARE”

« 2017年04月 | メイン

2017年06月

2017年06月18日

決戦前夜(砂川副将)

 

team20170618.jpg

 

 

「3つのボウルゲーム*を制覇する」
*パールボウル[東日本社会人選手権]、JAPAN X BOWL[日本社会人選手権]、ライスボウル[日本選手権]

「ディフェンスで勝たせる」

 

 この2つが、今年のシーズンインのときにディフェンスが掲げた目標です。ひとつ目のボウルゲーム、パールボウルがいよいよ明日です! やるしかない! チーム全員が自信を持ってフィールドに立てる準備をしてきました。

 

明日は、ここまでの試合で活躍の機会が少なかったディフェンスの最後尾、ディフェンスバック(DB)陣に注目していただければ幸いです。#24島津を筆頭に、やる気満々です。必ずボールを奪って、魅せます。

 

 

満員になっているであろう客席をイメージしながら、今夜は眠りにつきます。ファンの皆さんも、アドレナリンを出すのは明日まで我慢して、早く寝てください。そして明日は、隣にいる仲間の皆を信じて戦っている私たちを、"FLYボイス"で後押ししてください。おやすみなさい。

 

 

isagawa_blog.JPG
副将 DB#1
砂川敬三郎

 

2017年06月15日

そう、熱いんです!(安東主将)

 

team20170615.jpg

 

 

 

先日、かつて長い間一緒に戦った、選手・コーチOBで元日本代表選手でもある玉ノ井康昌さん(現日体大アメフト部コーチ)が習志野グラウンドに来られました。

 

「勝負だけではなく、感動を伝えることができるのが、オービックシーガルズ。パールボウルで、その姿を見せてほしい」

 

チームの皆の前で言っていただいた、その熱いひと言で、私が長年オービックシーガルズでフットボールをやっている意味を、改めて認識しました。そうなんです。熱いんですよ! 今も昔も変わらず、うっとうしいくらいに熱い連中がこのチームには集まってくるんです!

 

 

応援してくださる皆さんに「感動」を伝えるために、選手はもちろん、コーチやスタッフ、チア全員で春からもがきながら、一日一日を積み重ねてきました。

 

そして、先頃発表した「ファイティングボイス」("FLY OBIC SEAGULLS")や、東京ドームでお披露目する「オリジナル応援ソング」など、チームとしても、新たなチャレンジを始めています。どうなるかは、わかりません。でも、やってみます。足をかき続けます。

 

 

まずは、パールボウル。皆さんも、ともにやりましょう! 足をかき続けましょう! 熱いオービックシーガルズファミリーの熱い戦いを見せましょう!!

 

We are OBIC SEAGULLS ! !

 

ando_blog.jpg
主将 TE#88
安東純貴

2017年06月14日

「超ガルズ級オフェンス」(藤田副将)

 

team20170614.jpg
▲準決勝キックオフ前のウォームアップから

 

 

3年ぶりのパールボウル出場ということで、チーム、個人ともども、たいへんワクワクしています。

 

今シーズンのオフェンスは、「超ガルズ級オフェンス」というスローガンを掲げて、ここまで練習、試合に取り組んできました。「今までのオービックオフェンスを超える」、「オービックオフェンスこそ、日本のベストオフェンス」。そんな強い決意と自負を込めたスローガンです。

 

日本一から遠ざかった2014年からの3シーズン、オフェンスは得点力に乏しく、厳しいシーズンを過ごしてきました。それを改善すべく、昨シーズン、あらためて覚悟を決め、試行錯誤しながらここまでやってきました。

 

当たり前のことを当たり前にできていない。たとえば、プレーの考え方、スキームについて全員が同じ認識を持っているのか。OLはRBが走るコースを、RBはOLのブロックを理解しているのか。もっと言うなら、我々ツイスターズ(OL)は共通認識を持てているのか。一枚岩になっているのか。できているつもり、分かっているつもりでいたけれど、実際はそうではなかった。まず、その現実に向き合うのに苦労しました。

 

そこから少しずつですが、個人も、ユニットも、オフェンスも、変化し成長してきました。今シーズンここまでの試合の得点や獲得ヤード数に、その成果が表れ始めているのかなと思っています。

 

まずは春の集大成として、パールボウルの舞台で「超ガルズ級オフェンス」を爆発させます。オービックシーガルズファミリーの皆さん、6/19(月)は東京ドームに集合です。全員で勝ちにいきましょう!! 参戦よろしくお願いします。

 

 

teamblog_fujita.JPG
副将 OL#76
藤田真史(まさし)

 

2017年06月13日

ファイティングボイス(大橋GM)

 

FLY_slide02%2B%2B%E8%A8%98%E4%BA%8B%E7%94%A8.jpg

 

 

2017シーズンのオービックシーガルズが始動してはや3ヵ月余り。いよいよ春シーズンの集大成を見せるときが来ました。3年ぶりのパールボウルです。

 

古庄ヘッドコーチが提唱してきた「ハードワーク」が根づき始めており、個々人がそれぞれの局面においてタフな戦いができるようになってきました。対戦相手も手強いですが、激しいやり合いになればなるほど、選手たちの強みが披露できるはずです。

 

 

さて、このパールボウルから、ファイティングボイス“FLY OBIC SEAGULLS”がお目見えします。フィールドの選手たちを鼓舞するためのかけ声です。燃えたぎる思いを声にのせて、戦いの場へ届けてください。

 

チームならではのファイティングボイスがあったらいいなあと考え始めたのは、さかのぼること6年前。フットボールの名門、アラバマ大学を訪ねたことがきっかけです。当時のアスレティックディレクターが退屈なアラバマの夜(失礼!)を気遣って、バスケットボールの試合観戦に招待してくれました。そのとき、観客が叫ぶ“ROLL TIDE”を実体験し、これはいいと思ったのです。アラバマ大のニックネームは、CRIMSON TIDE(深紅の潮流)で、それにかけてROLL!(うねれ!)と鼓舞しているわけです。

 

OBIC SEAGULLSにかけてFLY。まんまの感があるかも知れませんが、高みを目指してどこまでも翔ぶというのは、チームが目指すところそのものと感じています。どうか皆さんで、この“FLY OBIC SEAGULLS”を育てていただき、皆さんのファイティングボイスにしていってください。そして皆さんの声で、チームを飛翔させましょう。

 

FLY OBIC SEAGULLS!

 

ohashi_blog.jpg
ゼネラルマネジャー
    大橋 誠