チームブログ“WE ARE”

最近の記事

2016年12月21日

2016シーズンご声援ありがとうございました(古庄HC)

 

team20161221.JPG

 

 

 

2016シーズン初日の練習。開始10分でグラウンド脇の茂みに吐きに行ったのは#36バネでした。練習後も酸欠状態から抜け出せず、翌日までトレーナールームで寝ていたのは#28庸輔でした。

 

初日の練習であれだけの追い込みをみせたチームは、私の長い現役生活の中でも思い出せません。

 

 

皆がスタート時点から見えていたのでしょう。

 

 勝ち続ける自分。

チャンピオンになる自分。

突き抜けたチームになるオービックシーガルズ。

 

そのためにハードワークを重ね、皆が心を込めてこのチームを創ってきました。

 

 

だからこそ、志半ばでのシーズンエンドは、胸が張り裂けそうで喪失感も大きかった。

 

けれど、我々は毎試合、自分とチームに自信を持ってキックオフを迎えていました。どれだけしんどい場面になっても、勝ちへの執念を捨てませんでした。何度も試合をひっくり返してきました。

 

チャンピオンにはなれなかったけれど、みんなで創ってきたこのチームを、JAPAN X BOWLの試合前と変わらず「誇り」に思っています。

 

 

最後まで選手に声を届けてくれたファンの皆さん、本当にありがとうございました。長居での決戦に、関東からも多くのファンの方が参戦してくれたことは忘れません。皆さんの温かい「想い」に支えられて、我々は自信を持ち続けることができました。

  

チームは一度解散しますが、この2016シーズンは、「突き抜けたチーム」の礎を築いた大事な1シーズンになりました。2017シーズン、「やっぱ、こいつら面白い」と思ってもらえるチームを創って戻ってきます。

 

 

ライバルチームの皆さん、来シーズンもレベルの高いやったりやられたりでリーグを盛り上げていきましょう。富士通さん、ライスボウルでの素晴らしい試合を期待しています。

 

 

最後になりましたが、チームのみんな、1年間ありがとう。

 

 

kosho_blog2.JPG
ヘッドコーチ
古庄直樹

 

古庄HCはライスボウルNHK生中継に「解説」(主音声)で出演します。

2017/1/3(火)15:00~ NHK BS1 ライスボウル(日本選手権) 関西学院大×富士通 @東京ドーム

2016年12月14日

約束(砂川副将)

 

team20161215.JPG
▲第2Q、ゴール前7ヤードからの3rdダウン。
エンドゾーンへのパスに跳びつきカット。FGに抑える

 

 

今シーズン、チームが始動したときの感覚が今でも忘れられません。

 

アントンさんを筆頭に、チームの皆が変化し始めた。皆でハードワークを重ね、練習ごとに自信をつけていく。そんな練習が楽しくてたまりませんでした。

 

 

今シーズン最後の試合になってしまったJAPAN X BOWL。ディフェンスリーダーを完璧にこなせていたかは分かりません。でも、ディフェンスメンバーのおかげで、良いディフェンスがつくれたと思います。練習中からディフェンスメンバー、そしてチームを鼓舞し続けてくれた坂ちゃん(LB#5坂田)に感謝しています。

 

誰ひとり抜けても今シーズンのディフェンスはつくれなかったと、胸を張って言えます。ディフェンスのみんな、ありがとう。今シーズン積み上げてきた自信を、来シーズンもまた重ねていきます。

 

 

最高の舞台での、オービックのスタンドからの声援は、本当に気持ちよかったです。エンドゾーンを背に戦っているとき、とても心強かったです。それに勝利で応えられず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

 

最高のディフェンス、勝たせるディフェンスをつくって戻ってきます。チームも、ディフェンスも、引っ張っていくことを約束します。

 

 

isagawa_blog.JPG
副将 DB#1
砂川敬三郎

 

特別な思い(坂口副将)

 

team201612141.JPG

 

 

2年前の春、オービックシーガルズに加入してすぐに迎えたパールボウル。会場は東京ドーム。相手は富士通。

 

一昨日のJAPAN X BOWLと全く同じ環境での試合でした。あんなに大勢のファンが応援してくれている中での試合は初めてで、全く良いパフォーマンスができませんでした。試合には勝ちましたが、私はこれまで、あの日のことが頭から離れることはありませんでした。個人として、富士通を圧倒したい。そういう気持ちでいっぱいでした。

 

 

そして、今シーズンが始まりました。私は副将としてオフェンスのリーダーになり、「今年はオフェンスで勝つ」というテーマのもと、日々の練習やトレーニングに励んできました。仲間たちと徐々に気持ちがひとつになっていく感覚は、たいへん心地いいものでした。このメンバーで勝ちたい、と心から思いました。

 

 

迎えたJAPAN X BOWL。相手は富士通。最高の舞台でした。1年目の雪辱を果たしたい。このメンバーで勝ちたい。2つの想いを持って挑んだ試合は、私にとって特別なものでした。

 

個人としても、オフェンスとしても、去年、一昨年と比べ、全く違う自信を持って臨めたと思います。しかし、結果は完敗。ディフェンスのメンバーとキッキングのメンバーに申し訳ない気持ちと、負けた悔しさでいっぱいです。

 

 

正直、いまも整理はついていません。ですが、この舞台に必ず戻ってきて、来シーズンこそは絶対に日本一になってやります。

 

来シーズンはゼロからのスタートではありません。今年積み上げてきたものから、良いところはもっと伸ばし、ダメなところは改善していく。そういう取り組みをしていきます。そして、来シーズンはオフェンスで勝ちます。

 

 

ここまで支えてくれたコーチや仲間たちには本当に感謝しています。ありがとうございます。

 

そして何より、オービックシーガルズファミリーの皆さん、今シーズンも熱い参戦ありがとうございました。皆さんの声援があったからこそ、ここまでこられたと思っています。来シーズンは、全員で笑って泣けるシーズンに必ずしましょう!

 

”We are OBIC SEAGULLS”


sakaguchi_blog.JPG
副将 OL#77
坂口 裕

 

2016年12月13日

WE ARE OBIC SEAGULLS 2016(並河GM)

 

team201612134.JPG

 

     

昨日は3年ぶりの日本社会人選手権に本当に本当に大勢駆けつけてくださいまして、誠にありがとうございました。同時に、不甲斐なく完敗してしまい、誠に申し訳ありませんでした。

 

 

昨年、同じ相手にリーグ戦で41-7、準決勝は27-6で敗れ、3度目こそはと、決勝で富士通と対戦することを目指して今年のチームづくりはスタートしました。

 

新ヘッドコーチ古庄が選手に呼びかけた「HARD WORK」は、もう一度覚醒しようという自分たちへの叱咤の言葉でした。3月には、新オフェンス・コーディネーター ダニエル・リンズとジェリー・ニューハイゼルを加え、菅原 俊、畑 卓志郎と3人で新しいQBユニットがスタートし、新しいオフェンスづくりもスタートしました。

 

夏が過ぎ、開幕を迎えると、Xリーグのレベル向上は昨年よりさらにヒートアップ。多くのチームがNCAA卒業の選手をリクルーティングし、2016年のリーグ戦は未曾有の白熱状態となりました。

 

その中、開幕戦のノジマ相模原を1点差、強敵LIXILを2タッチダウン差、IBMをタイブレークで1点差、エレコム神戸を1タッチダウン差、準決勝のパナソニックをタイブレークで3点差としのぎ続けて、決勝進出を果たしました。

 

決勝は、選手たちもコーチも本当に楽しみに準備をして、アドレナリンを放出し続けながら闘いましたが、完敗。改めて、富士通というチームの凄さと私たちの至らなさ、甘さを痛感しました。ここ2年、負け続けるたびに、GMとしての自分の認識を問い直し、チャレンジを続けてきましたが、まだまだ甘い、ということです。

 

 

既に記憶にない方もいらっしゃると思いますが、里見恒平という立命館大出身の選手が活躍してくれていた2006年ごろ、プレーオフでパナソニックに負けるたびに、グラウンドに崩れ落ち泣いている彼の背中に手を置くのが精いっぱいでした。

 

いろいろなものと戦いながらフィールドに立ち続ける選手たちのアメフトへの想いに報いるために、GMとして何を為すべきか。昨夜の3塁側スタンドの皆さんの声、姿、フィールドで戦い続けた選手の姿を脳裏に焼きつけて、来シーズンへと向かいます。

 

最後になりますが、今シーズン参戦していただき、本当にありがとうございました。

 

namikawa_blog.jpg
ゼネラルマネジャー
並河 研

感謝(安東主将)

 

team201612131.JPG

 

     

JAPAN X BOWLは完敗でした。

 

その中でも、ディフェンスはこれまでと同じように何度も踏ん張り、粘ってくれていました。

 

オフェンスでなんとかしたかった。ですが、スコアする決定力不足を解消できず、また、要所でミスが出たのが敗因と考えています。

 

 

東京ドームで満員となった皆さんの参戦を目のあたりにして、心が奮え立ち、勇気を持って戦うことができました。また、ここまで進んでくるにあたり、本当に多くの励ましや応援をいただき、私たちはこの支えてくださっている人たちのために戦っているのだと、改めて思いました。

 

最高の舞台でのフットボールは、やはり格別の思いがする時間でした。かけがえのないメンバーと戦えることを誇りに思いました。だから、最後まで、ライスボウルまでやりたかった。まだ足りない、まだ強くなれることがあるということを教えられました。

 

 

オービックシーガルズはもう来シーズンに向けて始動しています。

 

応援してくださった皆さんには、本当に感謝しかありません。来シーズンは日本一という結果でお応えできるよう、前を向いて進んでいきます。今シーズンも熱い参戦ありがとうございました。

 

“We are OBIC SEAGULLS”

 

ando_blog.jpg
主将 TE#88
安東純貴

2016年12月11日

アドレナリン(古庄HC)

 

team201612112.jpg
▲2013年 JAPAN X BOWL

 

 

いよいよです。

 

今日、試合前最後の練習を無事に終え、今夜は各々が、明日の決戦に向けて「気」を磨いています。

 

 

我々は明日、最高に贅沢な時間を過ごします。

 

自分が現役の頃を思い出してみても、どれだけ体がしんどかったシーズンであっても、東京ドームでのボウルゲームで調子が悪かった試合は思い出せません。

 

当たり前です。会場。歓声。対戦相手とのガチンコ対決。そのすべてがアドレナリンを放出させるのです。

 

あのフィールドに立って、アドレナリンが出ないフットボーラーなどいないでしょう。アドレナリンは痛みを消し去ります。不安をかき消します。私はビッグゲームになると、2週間前からアドレナリンが出て止まらないことがほとんどでした。

 

もちろん、いま、このフェーズでも止まりません。もう選手ではありませんが。

 

 

楽しみです。明日の試合で自分はどれだけのアドレリンを放出するのか。選手たちのアドレリンはどれだけ放出されるのか。

 

DLはどこまでも相手QBを追いかけるでしょう。OLは何度でも強いブロックをし続け、RB、WR陣はどこまでも走り続けるでしょう。LBは何度でもタックルを繰り返し、DBは地の果てまでも相手を追いかけるでしょう。

 

心配です。試合前のアーリーワークで、島津(DB#24)が張り切り過ぎないか。試合前のセレモニーで、アントン(TE#88安東主将)は今日の宣言通り生き様を見せられるのか。

 

 

最高の舞台。最高の相手。春からずっとそれをイメージして、根性あるチームをみんなで創ってきました。何も恐れはありません。我々らしく、強気で、魂のこもったプレーを見せます。これまでの試合同様、目の前の相手に我々のすべてをぶつけます。

 

明日の参戦を心よりお待ちしています。 

 

JAPAN X BOWL 12/12(月)19:00 オービックvs.富士通@東京ドーム

 

 

kosho_blog2.JPG
ヘッドコーチ
古庄直樹

2016年11月25日

アウェーゲーム?@大阪(大橋SA)

 

team20161107.JPG
▲10/30(日)エレコム神戸戦@エキスポフラッシュフィールド

 

 

週末は今シーズン2度目の大阪遠征。シーズン佳境のプレーオフ準決勝をアウェーで戦います。

 

とは言ったものの、先日10/30(日)の対エレコム神戸ファイニーズ戦では、全くアウェー感はなかったですね。スタンドはすごい盛り上がりで、ホームに勝るとも劣らない雰囲気を感じさせていただきました。

 

それもそのはずで、オービックシーガルズの選手のうち、半分弱が関西の大学でのプレー経験者。彼らにとっては、帰ってきて試合をしているという感覚なのでしょう。関西の方々に、大学時代よりも進化した姿をライブで見ていただけたことで、選手たちも一段とテンションが上がっているように思えました。

 

以前、ホームゲームアドバンテージについて書かせていただきましたが、ホームのアドバンテージが、観客の皆さんの応援にあるということならば、その熱気やエネルギーにあるというならば、もはやビジターとしてのデメリットはないも同然です。

 

さらにですが、オービックシーガルズには、関西の大学出身選手だけでなく、関西の高校でプレーしていた選手も多くいます。それを加えると、もはや選手の半数以上が関西フットボールに関わりのあった選手たち。こうなると、ホームとまでは言いませんが、アウェーとも思えません。我々の試合、です。

 

ぜひとも、オービックシーガルズの試合をともにつくるべく、長居へ駆けつけてください。参戦の興奮を味わってください。ゆかりの地で躍動するオービックシーガルズをお約束します。

 

そういえば、ヘッドコーチも関西大倉高校→立命館大学、でしたね。

 

ohashi_blog.jpg
シニアアドバイザー
大橋 誠

 

2016年11月21日

因縁の一戦(渡辺DBコーチ)

 

 

photo61.jpg
▲あれから6年(2010年JAPAN X BOWL)

 

     

さあ、不思議とここ5シーズンは対戦がなかったパナソニック戦@大阪だ!!

 

楽しみでしょうがないのですが、実は何を隠そう、私が昨年引退するまでの19年間の現役時代(1997~2015年)、大阪でパナソニック(元松下電工)に勝ったことがないんです。一度も……。

 

大阪でパナソニックに勝った一番最近の試合は……1996年。もう20年も前のことで、リクルートシーガルズ時代にさかのぼります。準決勝で対戦して勝ち、この年はそのまま日本一になりました。初めて日本一になった年ですね。で、私はというと、その翌年の1997年に加入しました。ということは、私が入ってからは大阪で一度も勝っていないということになるんです。何かすごく責任を感じてしまいます。

 

私が加入してからのパナソニックとの対戦成績を振り返ると、

2001年 準決勝  @長居球技場  ●7-10 (タイブレーク)

2004年 準決勝  @長居球技場  ●7-10

2005年 決勝  @東京ドーム  〇25-16  ★日本一

2007年 準決勝  @長居球技場  ●26-29  (タイブレーク)

2008年 準々決勝  @長居球技場  ●14-20

2009年 準々決勝  @長居球技場  ●20-23

2010年 決勝  @東京ドーム  〇20-16  ★日本一

 

見事に、大阪というか長居球技場(現在のキンチョウスタジアム)では全敗……(東京ドームでは全勝です^^)。2005年の決勝以外は6点差以内で決着しています。特に2007年・2008年・2009年は、3年連続同じ場所で負けてシーズンが終了しました(もう悔しくて、気が狂いそうでした)。

 

 

私を含めた私世代のオービックシーガルズ関係者にとっては、大阪でのパナソニックとの試合には、まさに大きな壁が存在していたわけですが、来る11/27(日)、その壁をぶっ壊して、前に進みます。歴史を変える日にします!! (かなり個人的な感情で、大げさな言い方ですが^^;)

 

そもそも、いまの選手たちからすると、私がここまで書いてきたことなんか、全く関係のない単なる過去の結果に過ぎません。「だから何?」レベルの話です。

 

毎年毎年チームは変わり、シーズン中もチームは変化し続けます。今シーズン、選手は春からハードワークをし続けて、平日も仕事と並行してアメフトの時間を捻出してトレーニングし、リーグ戦の1戦1戦で必死にもがき、チャレンジしてきました。春のパールボウルトーナメントでLIXILに負けたあの日より格段と進化しています。先週よりも、昨日よりも、前に進んでいる。強くなっています。

 

 

絶対、次の日曜日、ヤンマースタジアム長居でパナソニックを圧倒して、習志野に戻ってくる。

そして、12/12(月)、オービックシーガルズファンで超満員になった東京ドームで試合をする。

そしてそして、新春1/3(火)、オービックシーガルズファンで超満員になった東京ドームで試合をする。

 

今シーズンは残り3試合。ファンの皆さん、全試合参戦よろしくお願いします。


 

blog_watanabe.JPG
DBコーチ
渡辺雄一

バイスとして(砂川副将)

 

team20161121.JPG  
▲タイブレークを制したIBM戦(〇24-23)

 

 

昨シーズンは非常にもがきました。古庄さん(現ヘッドコーチ)の次のキャプテン、という重圧にもがきました。

 

怪我もありましたが、いろんなことを考えすぎました。自分らしいプレーが1プレーもできず、正直に言うと、これまで僕がフットボールをしてきた中で一番の不調でした。恥ずかしい話、自信を持ってフィールドに立てていなかったなと思います。気持ちだけが空回りした感じで、本当に苦しいシーズンでした。

 

 

今シーズンはアントンさん(TE#88安東)がキャプテンを引き受けてくれて、僕はバイス(ディフェンスリーダー)になりました。キャプテンの重圧はアントンさんが背負ってくれる。それだけで気持ちがだいぶ変わりました(笑)。

 

まずは自分とディフェンスのことだけを考えようと思ってシーズンインし、皆でハードワークを重ねてきました。練習はしんどいけど、楽しい。そんな、学生時代のような感じが懐かしく、毎週末が待ち遠しかった。いまの雰囲気は、僕がフットボールをしてきた中で一番楽しいです。

 

ディフェンスでは、僕の他にさかちゃん(LB#5坂田)清家(DL#68)がポジションリーダーとして頑張ってくれています。特に、坂ちゃんの練習中の大声にはディフェンスをひとつにまとめる力があって、頼もしい限り。最近の練習では、坂ちゃんのボイスリーダーのポジションをEG(エガ/DL#93江頭)ちょっき(LB#56鈴木選手)が脅かしていて、この3人の存在感が増しています。試合会場でも、彼らに注目してみてください。

 

そんなこんなで、毎週末、相手のオフェンスを圧倒するために賑やかに練習しています。僕も調子が上がってきているので、今週末のパナソニック戦で仕上がりをチェックしてください。

 

 

パナソニックとは、社会人になって初めて対戦します。すごく楽しみです。でも、パナソニックだから気合いが入るとかではありません。今シーズンは無敗で優勝すると決めているので、どの試合も大事なのは変わりません。自分たちがしたいプレーをするために何をするか、だと思って準備しています。

 

チームの皆が100%のプレーをし続ければ、絶対に負けません。その自信があります!!! 今シーズンは試合を重ねる毎に、自信をつけ、課題は克服する、ということを繰り返せています。伸びしろはまだまだあります。ディフェンスが完封すれば、負けることはありません。そういうことです!!!!!

 

ディフェンスの気迫のプレーを見に、ぜひ試合会場にお越しください。俺たち、今シーズンやります!!!!!!

 

 

isagawa_blog.JPG
副将 DB#1
砂川敬三郎

 

2016年11月18日

ツイスターズ(坂口副将)

 

team20161118.JPG
team201611182.JPG
(参考)2015ファンカードの特典「ツイスターズ紹介動画」(37秒)を見る

 

 

皆さん、こんにちは! 今シーズン副将を務めさせていただいている坂口 裕です。

 

 

今回は、私のポジションである「ツイスターズ」(OL)をご紹介します! 

 

まず、OLというポジションは、とても地味なポジションです。ランやパスを巧みに使い分けるQBや、華やかにボールをキャッチするWR、渡されたボールを持ってフィールドを縦横無尽に走るRBのように、これといって目立つところがありません。皆を輝かせるためにあえて太っているのに、周囲からはデブ呼ばわり……(あえて太っているわけではありませんが(笑))。

 

しかし、私たちツイスターズは、そんなポジションに誇りを持ってやっています! それは、こんなにも一つひとつの動作にこだわりを持ち(最初のステップ位置や手の位置次第で勝敗が左右されます)、こんなにもメンバー同士のつながりを大事にするポジションは他にないからです。

 

そして何より、普段はデブ呼ばわりするチームの仲間たちも、タッチダウンをしたときには必ず、「ツイスターズ ナイス!」と言ってくれるのです。その言葉に、私たちは普段の頑張りが報われた気持ちになります。

 

 

ツイスターズはいま、みやーんコーチ(宮本さん)のもと、日本一になるために日々取り組んでいます。

 

ツイスターズは周囲とのつながりを大事にすると書きましたが、私たちツイスターズの話題は主に、みやーんコーチのいじりと、ツイスターズ最年長のちょーさん(#58長井さん)のいじりです! 今年は皆で肉を食べにいく「ツイスターズ会」もよく開かれるようになりました。そんなツイスターズの仲間たちと、今年こそは必ず日本一になりたいと強く思っています!

 

 

今年は絶対日本一になります! 参戦していただける際には、ぜひ私たちツイスターズの頑張りを一目離さず見てもらえたらと思います。

 

次のパナソニック戦は敵地での試合です。過去の戦績について取り上げられることが多いですが、それは一切関係ありません。必ず倒しますので、参戦よろしくお願いします!!

 

 

sakaguchi_blog.JPG
副将 OL#77
坂口 裕