選手ブログ“ROCKERS”

最近の記事

2018年07月02日

パールボウル(決勝)IBM戦MVP受賞コメント[OFF.#43望月/DEF.#23BJ/KICK.#21ブロンソン]

 

2018/6/28 パールボウル(決勝) vs IBMビッグブルー戦 MVP/認定ポイント/スタメン

 

20180702.jpg  

 

オフェンスMVP  RB #43 望月麻樹

 

いつも参戦いただきありがとうございます。

 

この春は、QBスカイラーをはじめ、多くの新人選手を迎え、新生オービックシーガルズとして試行錯誤を重ねながら、悩みながら、決勝まで進んできました。決して100点満点ではない中身でしたが、OLはしっかりとブロックし、RBが走路を走り、WRはキャッチし、みんなでフィニッシュにこだわった結果が、勝利につながったと思っています。今回、私自身が走ることができたのも、他の選手の最高のパフォーマンスが結集した結果だと思います。

 

個人的な感想になってしまいますが、OLでは#73岡本がIBMを相手に1試合を通じてフィニッシュを体現してくれたこと、新人#70窪田(岡山大)が東京ドームでのプレーを経験できたこと、RBの#29李、#30地村、#41成瀬がいいパフォーマンスを発揮してくれたこと、こういった若手の経験が、秋のオービックシーガルズに大きな影響を与えてくれると思っています。

 

少しずつではありますが、前進していき、秋に最高の結果を残せるよう、春の結果を過信ではなく自信に変えられるよう、尽力していきます。これからもどうぞよろしくお願いします。

 

【選出理由】 持ち前のフィジカルを最大限に活かし、1stタックラーを弾き飛ばす激しいプレーを連発。ゴールライン1ydでの先制TD、残り1ydの4thダウンギャンブルなど、大切な場面で決め、チームを勢いづけた。


ディフェンスMVP  DL #23 バイロン・ビーティー・ジュニア

roster17_byron23.jpg

 

Congrats to everyone on a great spring and awesome job in the Pearl Bowl. I’m very proud of our team and I’m very happy to have helped the defense keep IBM’s offense to zero points. I’m looking forward to keeping this momentum up in the fall season.

Thank you to my coaches and teammates for choosing me as the defensive MVP. Our defense is very talented and I’m glad to play with alongside all my teammates.

Thank you to the fans for your continuous support and as always I will play my hardest every game. 応援いつもありがとうございます!

 

皆さん、素晴らしい春シーズンとパールボウル優勝おめでとうございます。私はチームを誇りに思いますし、ディフェンスとしてIBMオフェンスを0点に抑えたことをたいへんうれしく思います。この勢いを秋シーズンまでキープしていきたいです。そして、デイフェンスMVPに選んでくれたコーチやチームメートに感謝します。ディフェンス陣はとても才能があり、そんなチームメートと一緒にプレーできることがうれしいです。ファンの皆さん、いつもサポートをありがとうございます。これからも変わらず毎試合がんばります。応援いつもありがとうございます!

 

【選出理由】 この試合のリーディングタックラー。ラン、パスともに常に相手より早いスタート、激しいフィニッシュを繰り返し、7タックル1サックを記録。今シーズン2度目の完封勝利に貢献した。


キッキングMVP  ★新人DB#21 ブロンソン・ビーティー

18bronson.jpg

 

First of all, Id like to say thank you to the fans for the support throughout this spring season. You guys play a huge role in motivating us and keeping the fire going.

 

Its an honor to receive MVP for special teams, Im glad I could make an impact on the game not just defensively but in more ways than one.

Now that the summer is here the real work begins where we will prepare ourselves for the fall season. We are happy with winning the Pearl Bowl but not satisfied as the main goal is to be National Champions at the end of the year. We are excited for the fall season and we hope you are, too!! 

 

まず、春シーズンを通してサポートしてくださったファンの皆さん、ありがとうございました。皆さんのおかげでモチベーション高く、熱くやってこられました。スペシャルチームのMVPをいただき光栄ですし、ディフェンス以外でもゲームに貢献できたことがうれしいです。私たちが本当にやるべきこと、秋シーズンに向けた準備を始める夏がきました。パールボウルの勝利はうれしいですが、シーズンの最後に日本一になるのが一番の目標なので、満足はしていません。秋シーズンが楽しみです。皆さんもどうぞ楽しみにしていてください!! 

 

【選出理由】 常に集中力を欠くことなくベストスタートを切り、敵陣でパントブロックをした。キックオフカバーでも2タックルと、激しいキッキングチームの象徴となるプレーを見せた。(第2戦富士通戦・準決勝LIXIL戦ディフェンスMVPに続いて、3試合連続・今季3度目の受賞)

 

2018年06月19日

パールボウル準決勝LIXIL戦MVP受賞コメント[DEF.#21ブロンソン/KICK.#7池井]

 

2018/6/10 パールボウル準決勝 vs LIXILディアーズ戦 MVP/認定ポイント/スタメン

 

mvp20180619.jpg  

 

オフェンスMVP  該当者無し


ディフェンスMVP  ★新人DB#21 ブロンソン・ビーティー

20180520b.jpg

 

It’s an honor to be named MVP again. We work hard as a team during the week to get the results we want. Thank you to the fans that attended our last game even though it was raining, we really appreciate the loyalty and support. 

 

We’re excited for the Pearl Bowl and look forward to the challenge. See you guys at Tokyo Dome on the 28th, be ready to make some noise!!

 

再びMVPに選ばれ光栄です。私たちはチームとして、欲しい結果を得るために頑張りました。雨にも関わらず参戦いただいたファンの皆さん、ありがとうございました。皆さんの思いとサポートに本当に感謝しています。パールボウルのチャレンジをたいへん楽しみにしています。28日に東京ドームで会いましょう。声援よろしくお願いします。

 

【選出理由】 試合の1stシリーズで相手パスをインターセプトに仕留めて、先制FGを演出。最後のプレーも、この日2本目のインターセプトで締めくくり、大活躍。激しいタックルを連発し、好調ディフェンス陣の最後尾で広い守備範囲を見せ続けた。(第2戦富士通戦に続いて、2試合連続・今季2度目の受賞)


キッキングMVP  WR #7池井勇輝

 

いつも応援ありがとうございます。


キッキングMVPに選ばれて、たいへん光栄に思います。といっても、今回受賞できたのは、ブロックしてくれたチームメートのおかげです。練習から周りのブロックを信じて、どんなボールがきてもできるだけリターンすることにこだわっていたので、試合で結果を出せたのは本当にうれしかったです。

 

チームとしても、自身としても、パントリターンでのTDは久しぶり(?)でした。相手の脅威となるようなリターンチームになるべく、もっともっとビッグリターンをしていきます。

 

パールボウルでも、キッキングで魅せたい(もちろんオフェンスでも!)と意気込んでいますので、引き続き、参戦よろしくお願いします!

 

【選出理由】 77ヤードのパントリターンTDは見事。キックオフリターンでも53ヤードのビッグリターンを決め、この試合の得点と勝利に大きく貢献した。

 

2018年05月29日

パールボウル予選2富士通戦MVP受賞コメント[OFF.#85ホールデン/DEF.#21ブロンソン/KICK.#24島津]

 

2018/5/20 パールボウル予選2 vs 富士通フロンティアーズ戦 MVP/認定ポイント/スタメン

 

20180520mvp.jpg  

 

オフェンスMVP  ★新人TE#85 ホールデン・ハフ

20180520h.jpg

 

First I would like to say thank you to the coaches who voted me the MVP of the last game against the Fujitsu Frontiers. Anyone could have been picked for the MVP, every man on that field played hard and played well. While I appreciate the award, I am in no way satisfied with the level I am currently at. I know that we as a team are not satisfied with our level either, and we will continue to get better everyday. This is team sport and we can do nothing without the people next to us. That being said, I would like to say thank you to my teammates, it is a lot of fun playing with guys who love the game and love to win.

Last and most important I want to say thank you to the fans. I hope that you love watching the games as much as we love having you there. Every Seagulls’ fan I have met has treated me with the upmost respect and it is an honor to play for them. 


As for the Fujitsu Frontiers, I have the upmost respect for the organization. They played hard until the final whistle. With a couple different plays going their way, it could be an entirely different game. We as a team are excited for our next game against the Frontiers because they feel the same fire for the game as we do. It is easy to feel the level of passion a team has for the game once you play against them. They are a disciplined and well coached team and it was a lot of fun to be up against a team of that caliber. 

 

While the team felt a lot of pride winning the last game, we are focused on the future. The Lixil Deers are our focus from here on. I know that the Deers will be ready to play. I have watched tape and seen their defense operate, and I know that we will need to have 100% focus every snap in order to compete.  ありがとうございます!

 

まずコーチたちに感謝したい。選手皆がよくやりました。受賞はうれしいですが、今の自分のレベルには満足していません。チームとしても自分たちのレベルに満足していませんし、日々よくなっていきます。チームスポーツはチームメートなしには何もできません。感謝していますし、試合が好きで勝つことが好きな選手たちとプレーするのは本当に楽しい。そして最も大事なことですが、ファンの皆さんにありがとうと言いたいです。試合を見ることを楽しんでほしい。皆さんのためにプレーできて光栄です。私は富士通をたいへんリスペクトしています。彼らは最後まで必死でプレーしました。いくつかのプレーが彼らの思うようにいけば、まったく違った試合になったでしょう。彼らも次に向けて燃えていると思いますし、私たちも富士通との次の試合を楽しみにしています。一度戦うと、試合にかける情熱がわかります。よく鍛えられたチームと戦うのはとても楽しかったです。私たちは勝って誇らしく思ったけれど、未来にフォーカスしています。ここからはLIXILディアーズ戦に集中します。ディアーズも準備しているでしょう。私はビデオで彼らのディフェンスの動きを見ました。すべてのスナップに100%集中して戦います。ありがとうございます!

 

【選出理由】 TDシリーズでの3rdダウン残り10ヤードからの31ヤードパスキャッチや、持ち前のフィジカルを活かした4回のビックブロック&フィニッシュなど、躍動感あふれるプレーでオフェンスを引っ張り、チームの勝利に大きく貢献した。(MVP初受賞)


ディフェンスMVP  ★新人DB#21 ブロンソン・ビーティー

20180520b.jpg

 

I am proud to be MVP, but I could not have done it without my teammates and coaches. To be successful in football we need to play as a team. I’m excited for this year and will do my best to get Obic back to the best team in Japan. 

 

MVPを誇りに思います。チームメートとコーチのおかげです。フットボールで成功するには、チームとしてプレーする必要があります。オービックシーガルズが今年再び日本一になることが楽しみですし、そのためにベストを尽くします。

 

【選出理由】 この試合のリーディングタックラー。第4Qでの4thダウンストップなど、終始広い守備範囲を発揮し続けた。なかでも、第2Qのエンドゾーンまで1ヤードでのファンブルフォース。あのシリーズをFGに抑えられたのは大きかった。(MVP初受賞)


キッキングMVP  DB #24 島津慶丞

 

いつも参戦ありがとうございます。負け続けていた富士通に勝利できたこと、個人としてはMVPを獲得できたことをたいへんうれしく思っています。

 

次の準決勝は、3年続けてLIXILとの対戦になります。昨年は勝っていますが、2016年は終盤のキッキングで敗れました。今度はオフェンス、ディフェンスだけでなく、キッキングでも圧倒して勝利します! 個人的には、キッキング、ディフェンスともに活躍できるよう、しっかりと準備して臨みたいと思います。

 

引き続き、熱い参戦よろしくお願いします。

 

【選出理由】 前半終了間際、相手の反撃の芽を摘んだ値千金のFGブロック。スピードとキレのあるラッシュで相手の走路をなくす見事なキックカバーなど、試合を通して常にハツラツとしたプレーで勝利に貢献した。

 

2018年05月09日

パールボウル予選1明治安田PentaOcean戦MVP受賞コメント[OFF.#32原/DEF.#11KJ/KICK.#49星野]

 

2018/5/3 パールボウル予選1 vs 明治安田PentaOceanパイレーツ戦 MVP/認定ポイント/スタメン

 

20180503mvp.jpg  

 

オフェンスMVP  RB#32 原 卓門

 

シーズン初戦のMVPをいただき、たいへんうれしいです。初戦から多くのファンの方々に応援に来ていただき、大きな声援の中、気持ちよく走ることができました。OLとTEの完璧なブロックで、イメージ通り走れました。

 

次は富士通戦です。昨秋の対戦ではオフェンスが点を取れず悔しい思いをしました。今年は強いオフェンスを作るために、春から選手間でコミュニケーションを取ってきましたし、スカイラー、ホールデンをはじめとする頼もしい仲間も増えました。初戦のように、大量得点で富士通を圧倒します!

 

またアクアグリーン一色の観客席を見るのを楽しみにしています。次戦も応援よろしくお願いします。

 

【選出理由】 オフェンスラインの好ブロックに守られ、6回のキャリーで91ydsを獲得。終盤には、28ydsのロングゲインをTDに結びつけた。アベレージも15.2ydsと驚異的な数字を残した。


ディフェンスMVP  DL#11 ケビン・ジャクソン

 

いつも参戦していただきまして、ありがとうございます。やっと試合ができました! 久しぶりで楽しかったです。皆さんの応援が力になって、チームがよいパフォーマンスができたと思います。そして、デフェンスが完封できました! 次の試合も、デフェンスにご注目ください。

 

この試合のMVPに選ばれて、とってもうれしいです。デフェンスの最年長として、プレーでデフェンスチームを引っ張っていきたいと思います! もっと成長して、次の試合でよりよいパフォーマンスができるように頑張ります。皆さん、また参戦よろしくお願いします。

 

【選出理由】 前半最後のファンブルフォース&リカバーが一番目立ったが、試合を通してパスラッシュ、ランストップと高い遂行力を発揮し続け、勝利に貢献した。


キッキングMVP  K/P #49 星野貴俊

 

オービックシーガルズファンの皆さん、いつも熱い参戦ありがとうございます。

 

シーズン初戦にMVPを受賞でき、たいへんうれしく思います。個人的にスロースターターだったのですが、今年は2月から全員でハードワークし続けられたことで、初戦でいいスタートが切れました。しかし、キックの質はよくないので、さらにレベルアップできるよう精進します。

 

次戦は昨シーズンに負けている富士通戦です。オフェンス、ディフェンス、キッキングすべてで圧倒して勝ちますので、熱い参戦よろしくお願いします。

 

【選出理由】 チーム加入以来最長の50ydsFGを決め、TFPのキック5本もすべて成功。キックオフでも、試合開始の1本目はタッチバックにするなど、常に安定したキックを見せた。

 

2017年11月22日

準々決勝ノジマ相模原戦MVP受賞コメント[OFF.#84西村/DEF.#11KJ/KICK.#25東條]

 

2017/11/11 JXBトーナメント準々決勝 ノジマ相模原戦 MVP/認定ポイント/スタメン表

 

 

オフェンスMVP  WR#84 西村有斗

 

オフェンスMVPに選ばれたことをとてもうれしく思います。

今シーズンは自分自身、結果も残せず、怪我をしてチームに貢献できていなかったので、やっと貢献できてうれしいです。試合内容としては、チームとして準備していたプレーを出せたことが点に繋がり、とてもよかったです。


次戦も負けたら終わりなので、試合まで、やり残すことなくしっかりと準備をして、しっかり勝ちます! 参戦よろしくお願いします。

 

【選出理由】キャッチ6回で189yds獲得、2TDと大車輪の活躍。持ち前の身体能力と高い集中力を遺憾なく発揮し、チームの勝利に大きく貢献した。


ディフェンスMVP  DL#11 ケビン・ジャクソン

 

ファンの皆さん、いつも熱い参戦ありがとうございます!  ノジマ相模原ライズとの大事なプレーオフゲームでは、皆さんの声が本当に力になりました。

 

僕らはもっと強くなれると思います。まだベストのパフォーマンスは見せられていないと思います。これからが勝負です。目の前のチャンスをものにして、強いオービックシーガルズを皆さんにお見せするのを、すごく楽しみにしています。次も熱い参戦をよろしくお願いします!

 

WE ARE OBIC SEAGULLS!

 

【選出理由】 ディフェンスの最前線で3サック、1パスカット、1インターセプトと大暴れ。特に、序盤のインターセプトは、点差を引き離すうえで貴重なターンオーバーだった。試合でのパフォーマンスだけでなく、練習時からのチームへの献身的な取り組みでも勝利に貢献した。


キッキングMVP  DB #25 東條健人

 

今回、Kicking MVPを受賞させていただきました、DB#25東條です。

 

ノジマ相模原ライズ戦では、オフェンス、ディフェンス、そしてキッキングの全てがうまく機能し、オービックシーガルズらしい勢いのある試合展開で、勝利を掴み取ることができました。

 

この勢いを保ったまま、次の富士通戦でも必ず勝利を掴み取ります。そのためには、皆さんの参戦、声援が必要不可欠なことは言うまでもありません。ぜひスタジアムまで足を運んでください。ともに日本一まで戦い抜きましょう!

 

We are OBIC SEAGULLS.

 

【選出理由】 キックオフカバーで、スピードを活かしたラッシュから、相手キャリアーが見誤ったボールをリカバーし、絶好のポジションでオフェンスに渡した。次のキックオフカバーでも、ボールデットにはなってしまったが、キャリアーがボールを落とすほどの激しいタックルを決めるなど、常に体を張ったプレーを続けてチームの勝利に貢献した。

 

2017年10月28日

最終節・富士通戦に向けた決意表明 Part2

rock20171028.jpg

  

明日10/29(日)はレギュラーシーズン最終節・富士通戦。先週末撮れなかった選手たちの決戦前日の「決意表明」をお届けします。明日はぜひ、全67選手の有言実行ぶりを見届けてください。横浜スタジアムでお待ちしています。

先週撮影分はこちら

 

10/29(日)14:00  vs.富士通@横浜スタジアム の見どころ・ご案内

デジタルチケット(1,100円)を当日13:00まで販売中 

 

 

※以下、番号順。画像をクリックすると拡大写真が表示されます。(  )内はコールネーム。

 

rock201710282.JPG rock201710289.jpg

TE#2高木翔野(ショーノ)、LB#9塚田昌克(ツカダ)

 

rock2017102820.JPG rock2017102825.jpg

DB#20下水流裕太(シモ)、DB#25東條健人(TJ)

 

rock2017102826.jpg rock2017102827.jpg

▲新人WR#26野崎貴宏(ノザキ)、DB#27田中雄大(ユウダイ)

 

rock2017102828.jpg rock2017102830.jpg

LB#28中西庸輔(ヨースケ)、新人RB#30地村知樹(チムラ)

 

rock2017102833.jpg rock2017102841.jpg

DL#33仲里広章(ナカザト)、新人RB#41成瀬圭汰(ナルセ)

 

rock2017102849.jpg rock2017102856.jpg

K/P#49星野貴俊(ホシノ)、LB#56鈴木直樹(チョッキ)

 

rock2017102868.JPG rock2017102869.jpg

DL#68清家拓也(セイケ)、新人OL#69川本真志(ポー)

 

rock2017102873.jpg rock2017102885.JPG

▲新人OL#73岡本 陸(ロク)、WR#85萩山竜馬(ハギー)

 

rock2017102889.jpg rock2017102896.jpg

TE#89森 章光(デカモリ)、LB#96澤田 遥(ヨウ)

 

rock2017102897.jpg rock2017102898.jpg

DL#97渡邊健太郎(ワタナベ)、TE#98和久憲三(ケンゾー)

 

2017年10月24日

最終節・富士通戦に向けた決意表明

rock20171024.jpg

  

今週末10/29(日)は、レギュラーシーズン最終節・富士通戦。週末のクラブハウスで練習を終えた選手たちに、決戦に向けた決意を書いてもらいました。これらの決意を胸に、チーム一丸となって戦います。

スタンドからの声援が選手の力になります。ひとりでも多くの参戦をよろしくお願いします。

10/29(日)14:00  vs.富士通@横浜スタジアム の見どころ・ご案内

デジタルチケット(1,100円)を当日13:00まで販売中 

 

 

※練習後のスケジュールの都合等で、一部の選手は撮影できていません。ご了承ください。

以下、番号順。画像をクリックすると拡大写真が表示されます。(  )内はコールネーム。

 

rock201710231.jpg rock201710233.jpg
DB#1砂川敬三郎(サブ)、DB#3滝澤輝久(タッキー)

rock201710234.jpg rock201710235.jpg

LB#4豊田真史(トヨダ)、LB#5坂田仁志(サカタ)

 

rock201710236.jpg rock201710237.jpg

QB#6菅原 俊(ノッチ)、WR#7池井勇輝(イケイ)

 

rock201710238.jpg rock2017102310.jpg

K/P#8長尾 健(ナガオ)、WR#10森 健太郎(モリケン)

 

rock2017102311.jpg rock2017102312.jpg

DL#11ケビン・ジャクソン(KJ)、新人QB#12イカイカ・ウーズィー(イカイカ)

 

rock2017102313.jpg rock2017102314.jpg

LB#13岩本卓也(タクヤ)、DB#14藤本将司(フジモン)

 

rock2017102316.jpg rock2017102318.jpg

DB#16三宅剛司(タケ)、WR#18木下典明(ノリ)

 

rock2017102319.jpg rock2017102321.jpg

新人QB#19升川岳史(マスカワ)、RB#21中西 頌(タタエル)

 

rock2017102323.jpg rock2017102324.jpg

DL#23バイロン・ビーティ―・ジュニア(BJ)、DB#24島津慶丞(シマヅ)

 

rock2017102329.jpg rock2017102331.jpg

▲新人RB#29李 卓(タク)、DL#31三井勇洋(ミツイ)

 

rock2017102332.jpg rock2017102334.jpg

RB#32原 卓門(タクモン)、LB#34寺田雄大(テラダ)

 

rock2017102336.jpg rock2017102337.jpg

DB#36北村 優(バネ)、RB#37加藤寛樹(カトゥー)

 

rock2017102338.jpg rock2017102339.jpg

▲新人DB#38石神宇貴(ガミ)、LS#39西口和宏(ニシグ)

 

rock2017102343.jpg rock2017102350.jpg

RB#43望月麻樹(モッチー)、OL#50山崎憲義(ザキヤマ)

 

rock2017102344.jpg rock20171023200.jpg

DL#44倉脇誠二(ワッキー)

 

rock2017102351.jpg rock2017102354.jpg

OL#51ケアラカイ・マイアバ(カイ)、DL#54冨田祥太(トミチ)

 

rock2017102357.jpg rock2017102359.jpg

OL#57角田伸弥(カクタ)、OL#59山本祐介(ユウスケ)

 

rock2017102370.jpg rock2017102375.jpg

OL#70増山俊樹(マッスー)、OL#75川本康太(カウ)

 

rock2017102376.jpg rock2017102377.jpg

OL#76藤田真史(マサシ)、OL#77坂口 裕(グッチ)

 

rock2017102381.jpg rock2017102383.jpg

WR#81松永翔太(マツ)、WR#83水野太郎(タロウ)

 

rock2017102384.jpg rock2017102386.jpg

WR#84西村有斗(アルト)、WR#86前田眞郷(シンゴ)

 

rock2017102388.jpg rock2017102390.jpg

TE#88安東純貴(アントン)、DL#90髙橋 誠(マコト)

 

rock2017102393.jpg rock2017102399.jpg

DL#93江頭玲王(エガ)、DL#99中田善博(ナカダ)

 

rock20171023122.jpg rock20171023178.jpg

DB#22山本龍太郎(練習生)(リュウ)、OL#78木部龍之介(練習生)(ベッキー)

 

2017年10月11日

第4節アサヒビール戦MVP受賞コメント[OFF.#2高木/DEF.#31三井/KICK.#8長尾]

 

2017/10/7 レギュラーシーズン-4 アサヒビール戦 MVP/認定ポイント/スタメン表

 

 

オフェンスMVP  TE#2 高木翔野

 

オフェンスMVPを受賞させていただき、率直にとても光栄に思っています。自分一人のものでなく、オフェンスが一体となった結果、いただくことができました。

 

初戦の敗戦以降、一戦一戦、チームがひとつになってきています。自分たちの目標はチャンピオンになることです。そのために、一人ひとりが自分と向き合い、行動し、試合で体現する。毎試合のこの積み重ねが、今年のオービックシーガルズの強みであると思います。

 

次のパナソニック戦は、1年ぶりの関西での試合ですので、関西出身の私はとても気合が入っています。アウェーでの戦いになりますが、オービックシーガルズファミリーが一体となり、必ず勝ちます。日頃あまり目立たないTEの活躍に注目いただけたらと思っています。

 

WE ARE OBIC SEAGULLS!!!!!

 

【選出理由】25ydsのロングキャッチを含む4キャッチでトータル78yds、1TDとパスで大活躍。ランプレーでも、4回のビックポイントを獲得するナイスヒット&ドライブ。パス、ランの両方で存在感をアピールし、勝利に大きく貢献した。


ディフェンスMVP  DL#31 三井勇洋

 

いつも応援、参戦ありがとうございます。

 

昨年1年間は怪我で試合に出ることができず、悔しい思いをしました。しっかりと試合に出て活躍することができたので、ようやく復帰できたなと実感しています。オービックのDLには、BJ、KJだけでなく、自分もいることを思い出していただけたかと思います。

 

次節は大阪で、いま唯一無敗のパナソニックとの一戦です。自分にとっては大阪もホームなので 燃えています。試合を一番楽しんで、一番激しくプレーして、チームの勝利に貢献します。大阪まで遠いですが、応援、参戦よろしくお願いします。

 

【選出理由】 パスラッシュでは相手QBにプレッシャーを与え続け、サック、ハリーを記録。パスカバーではインターセプトを奪うなど、オールマイティープレーヤーとしての存在感を存分に発揮した。


キッキングMVP  K/P #8 長尾 健

 

MVPに選出していただき、素直にうれしいです。最後に選ばれたのはいつだったかかわからないぐらい久しぶりなので、これからはそんなことがないように、コンスタントに結果を出し続けたいと思います。

 

僕はボールを蹴っているだけなので、ブロックしてくれる、カバーしてくれる仲間に感謝したいです。キックの精度が上がってきている手応えもあるので、これを崩さず準備し続けます。

 

次のパナソニック戦は、キッキングゲームが試合を大きく左右すると思っています。いかに精度を高く持ち続けられるかにかかっているので、ブロックしてくれる皆を信じて思いっきり蹴りたいと思います。

 

オービックシーガルズファミリーの皆さん、いつも多大なサポートを本当にありがとうございます。次節は関西での試合ですが、選手、コーチ、オペレーション、トレーナー一丸となって全力で臨みます。皆さんの熱い声援が必ず力になりますので、応援、参戦よろしくお願いします。

 

【選出理由】 キックオフカバーで2回のタッチバック、1回のタックルを決めた。パントカバーではハングタイム4.43秒のロングパント(41yds、47yds)を決めて、常に良いポジションをディフェンスに渡した。

 

2017年10月04日

第3節オール三菱戦MVP受賞コメント[OFF.#6菅原/DEF.#13岩本/KICK.#23BJ]

 

2017/9/24 レギュラーシーズン-3 オール三菱戦 MVP/スタメン表

 

 

オフェンスMVP  QB#6 菅原 俊

 

年に一度の習志野での試合を本当に楽しみにしていました。

皆さんからいただいた力を最大限発揮することができたこと、そして何よりも、試合後の交流会も含め、皆さんと喜びを分かち合えたことが一番うれしかったです。

 

先は見ずに、次の相手に勝利することだけを考え、日本一を目指して進みます。次戦も精一杯頑張りますので、引き続き参戦よろしくお願いします!

 

【選出理由】パス14/18回(77%)成功。WR#18木下への34ヤードのロングTDパスを含む252ヤード1TDで常にハドルをコントロールし、しっかりとしたテンポでオフェンスの大量得点に大きく貢献した。


ディフェンスMVP  LB#13 岩本卓也

 

初めてMVPを受賞することができ、めちゃくちゃうれしいです。

 

練習のときから試合をイメージして取り組んできたことが、よい結果に繋がったと思います。試合の前からあのパスは狙っていました。しんどい場面でインターセプトできてよかったです。

 

次の試合も、ファンの皆さんに「今日は来てよかった」と思ってもらえるプレーをして活躍しますので、参戦よろしくお願いします。

 

【選出理由】 6タックル、1インターセプト、5ビッグプレーポイント。ランでは常に相手キャリアーに絡むパシュートを見せ、パスではタイミングパスをインターセプトするなど守備範囲の広さを見せつけた。(MVP初受賞)


キッキングMVP  DL #23 バイロン・ビーティ―・ジュニア

 

Thank you to the coaches and my teammates for this MVP award. Also thank you to all the fans who came to watch our home game. It made it special to see you all there and cheering loud. 

 

This season I will keep doing my best every game to help our team win. I believe we will be the champions. Thank you and Go Seagulls! 

 

MVPを受賞でき、コーチやチームメートに感謝します。ホームゲームを見にきてくださったファンの皆さんにも感謝します。ホームで皆さんにお会いできたことや大きい声援をいただけたことがホームゲームを特別なものにしてくれました。今シーズン、私はすべての試合で最善を尽くし、チームの勝利に貢献し続けます。私たちがチャンピオンになることを信じています。ありがとうございます。

 

【選出理由】 後半開始のWR#18木下の60ヤードキックオフリターンでは、全力で走り続けてリードブロッカーとなり、リターンを助けた。パントリターンでも、ターゲットを捉えてビックヒットし、リターナーの走路を開けた。さらに、パントカバーでは、スペシャルプレーでキャリアーとなり、37ヤードのロングゲインを見せた。ゲームを通して激しいプレーを続け、キッキングチームを引っ張った。(春季アサヒビール戦キッキングMVP、パールボウル準決勝LIXIL戦ディフェンスMVPに続いて、今年3度目の受賞)

 

2017年09月24日

第2節ノジマ相模原戦MVP受賞コメント[OFF.#57角田/DEF.#1砂川/KICK.#44倉脇]

 

2017/9/17 レギュラーシーズン-2 ノジマ相模原戦 MVP/スタメン表

 

 

オフェンスMVP  OL#57 角田伸弥

 

ノジマ相模原戦は嵐の中参戦いただきありがとうございました!

パールボウル準決勝LIXIL戦以来、今年2回目の受賞で、今年は絶好調です!

 

初戦のIBM戦は負けてしまい、とても悔しく、二度と負けないようにと、ノジマ相模原戦はとても気合いが入っていました。また、雨の中の試合ということもあり、パスプレーよりもランプレーの頻度が多くなるので、ツイスターズ(OL)がオフェンスを引っ張るつもりで試合に挑みました。

 

試合には勝ちましたが、オフェンスとしては14点しか取れていません。毎試合35点以上取ることを目標にしているので、まだまだ目標に達していません。これからの試合では毎試合35点以上取れるよう頑張ります。

 

ボールを持つことはないですが、前線で体を張っているツイスターズにぜひ注目してください!! 引き続き参戦よろしくお願いします。

 

【選出理由】雨天のためラン中心に組み立てたオフェンスをナイスフィニッシュで支え、4つのビッグプレーポイントを獲得。プルでのアジャストや、LBへのブロックで最後まで足が動いた点が素晴らしかった。(春季パールボウル準決勝に続いて今年2度目の受賞)


ディフェンスMVP  DB#1 砂川敬三郎

 

ノジマ相模原戦のMVPをいただきました!! めっちゃうれしいです。ですが、MVPを受賞したことよりも、台風が来ているにも関わらず多くのファンの方に参戦いただいたことがうれしかったです。感謝感激です。

 

第3Q、ゴール前1ヤードでのファンブルフォースは、やっぱり僕でしたね! しっかり写真に写っていました!!

 

今シーズンが始まる際に、ディフェンスの目標として、「勝たせるディフェンスをつくろう」と言っていました。今回の試合はそれができたのかなと思います。ただ、誰ひとりこの現状に満足していません。これからも毎試合成長して、最高で最強なディフェンスをつくりあげていきます!

 

見にきてよかったと思われるプレーをしますので、試合会場に私たちを見にきてください。お待ちしています。

 

【選出理由】 ディフェンス陣の最後尾を守るSF(セーフティ)として、6タックル、1ファンブルフォース、1インターセプトを記録。体を張って完封勝利に大きく貢献した。


キッキングMVP  DL #44 倉脇誠二

 

いつも参戦ありがとうございます!

 

初めてキッキングでMVPを受賞でき、たいへんうれしく思います。今回の試合ほど、天気予報を毎日チェックして台風がそれるのを願ったことはありません。それでもあの雨の中、私がしっかりとスナップを供給できたのは、師匠であるLS#39西口選手のおかげです。

 

ですが、スナッパーはちゃんと投げられて当たり前のポジションです。評価していただいたことは泣くほどうれしいですが、これに満足せずひたむきに精進し、もっと信頼してもらえる選手になります。

 

引き続き、ご声援のほどよろしくお願いします。

 

Say.J

 

【選出理由】 雨の中、パントカバー、フィールドゴールともにスナップを完璧に遂行。パントカバーでは、リターナーの足を止める早いカバーで2タックルを記録。チームの勝利に大きく貢献した。(キッキングMVP初受賞。ディフェンスMVPは受賞歴あり)

 

2017年06月29日

テキサスレボリューション優勝(#32原)

news201703221.jpg
 
米インドアフットボールリーグCIF(Champions Indoor Football League)のチャンピオンシップゲームが6/23(金)行われ、RB#32原 卓門選手が帯同していたテキサスレボリューションが勝利し、2015年のリーグ加盟から3年目にして初優勝を飾りました。

2月から現地でキャンプに参加し、開幕前の3月にロスター入りを果たした原選手でしたが、残念ながらビザの関係で試合に出られないまま、シーズン終了となりました。最後に、チームの快挙と今回の自身の海外挑戦を振り返ってくれました。
 

******************
 
roster14_hara32.gif
 
所属していたテキサスレボリューションが優勝し、たいへんうれしく思います。同時に、試合に出られなかった悔しさも、ますます大きくなりました。

テキサスレボリューションは、ダラスという大きな街を本拠地としているため、テキサス州周辺からいい選手がたくさん集まり、毎年優勝争いをしている強豪チームです(2015年準優勝、2016年ベスト4)。今年は、カレッジの全米一決定戦に出場したRBが加入し、リーグの新人賞を獲得する活躍を見せました。
 
いい選手が集まるため、選手個々の能力が高いのはもちろんですが、優勝できるほどこのチームが強い理由は、選手一人ひとりの「勝負強さ」にあると感じていました。ここ一番での集中力は本当に素晴らしかったです。絶対に点を取らなければならない場面、絶対に守り抜かなければいけない場面で、必ず結果を残していました。特にレシーバーは、試合での落球が全くありません。優勝を決めた試合も、集中力に裏打ちされたスーパープレーの連続で、対戦相手を寄せつけることなく勝ちました。

このようなチームに3ヵ月間帯同できたことを、本当にうれしく、誇りに思います。今回の経験を生かして、秋はオービックシーガルズで活躍します。ビッグゲームでこそ、テキサス仕込みの勝負強さを発揮し、チームを勝利に導くスーパープレーをお見せしますので、秋シーズンも応援、参戦をよろしくお願いします。
 

2017年06月27日

パールボウルIBM戦MVP受賞コメント[OFF.#43望月/DEF.#27田中/KICK.#83水野]

 

2017/6/19 パールボウル(決勝)IBM戦 MVP/スタメン表

 

 

オフェンスMVP  RB#43 望月麻樹

 

水野君がオフェンスMVPだと思っていたので、意外でした。あれだけバチバチ当たっていたので、あわよくば準MVPかなとは思っていましたが(笑)。

 

パールボウルもいつもと変わらず、自分のスタイルである「ゴリゴリラン」を発揮して相手DL、LBのタックルを弾き飛ばすことを楽しみにしていました。しかし、IBMのディフェンスの寄りも早く、序盤はパスで攻撃を組み立てていたこともあり、あまり発揮する場所がありませんでした。

 

後半、わずか2点リードして迎えたラスト4分というシチュエーション。僕の脳裏に蘇ったのは、去年のパールボウル準決勝・LIXIL戦でした(試合終了間際に、相手パントリターナーにリターンTDをされて敗戦)。同じ轍を踏むなと、僕らオフェンスに試練として与えられたシチュエーションだったと思っています。あのドライブは、オフェンスがひとつになってゲインを重ねることができたシリーズでしたし、自分自身も、1センチでも前にボールを進めることに必死でした。1stダウンを取るという意識ではなく、全員で1ヤードでも前に進めていくという意識で一丸となって、一枚岩でIBMディフェンスと真っ向勝負できました。その結果、一人の代表として僕がMVPをいただけたのだと思っています。

 

3つのボウルゲームのうち、まずはひとつ取りました。もっと自分自身のパフォーマンスを上げることもできるし、タイトチームをはじめ、RB若手の#41成瀬、#30地村、#22李のパフォーマンスを上げさせることも重要責務だと感じています。まだまだ今シーズンのオフェンスが目標としている「超ガルズ級オフェンス」にはなっていませんが、伸びしろしかない今のオフェンスで、あと2つのタイトルを必ず取りにいきます。秋シーズンもごりっごりでいきます!!!

 

【選出理由】ランでの総獲得ヤード117ヤードのうち、72ヤードが望月のラン。特に第4Qは望月のランがオフェンスを支えた。OLを信じ、ホールにフルスピードで入り、激しいヒットで前に倒れて終わる姿は素晴らしかった。


ディフェンスMVP  DB#27 田中雄大

 

春シーズン2度目のMVPを受賞させていただき、たいへん光栄に思います。

 

自分自身、東京ドームでの試合は、今回のパールボウルを含めると5回目でした。過去4回*は全て敗戦を喫しており、なんとしても東京ドームで勝ちたいと思い挑んだ試合でした。結果、2インターセプトでチームの勝利に貢献できたことは、感無量の思いでいっぱいです。 (*編集部注:昨年のJAPAN X BOWL、2012・2013・2014シーズンに関学大で出場したライスボウル)

 

約2ヵ月後にはチームの目標である真の日本一をかけた秋シーズンが始まります。#16三宅さん、#14藤本さん、#1砂川さんをはじめとするDB陣全員で相手チームのボールを奪いまくりますので、ぜひDB陣に注目してください。

 

必ずや、皆さんをJAPAN X BOWL、ライスボウルにお連れしますので、秋シーズンも熱いご声援をよろしくお願いします。

 

【選出理由】 試合開始からボールを狙い続け、2インターセプト、1パスカットを記録。特に最初のインターセプトは、狙い、遂行能力ともにレベルの高いプレーだった。(第2戦・アサヒビール戦に続いて、今季2度目の受賞)


キッキングMVP  WR#83 水野太郎

 

大きな大きなご声援をありがとうございました。優勝、そして大会MVP、キッキングMVPをいただけたことをたいへんうれしく思っています。なにより皆さんのご声援がチームの力の源になっていると実感しているところです。

 

さて、私ごとですが、7月12日にタイのサムイ島で(サムくはないです、暑いです)挙式します。親族のみでの式ではありますが、Instagram等に大量の写真・動画をアップしますので、たくさんのLikeをお待ちしています。

 

心も体もリフレッシュして初心に戻り、新たなオービックシーガルズ、新たな水野(旧姓小島)となって秋のシーズンを迎えます。残り2つのボウルゲームを獲りにいきますので、引き続き、超ガルズ級オービックシーガルズ、超ガルズ級オフェンス、そして超ガルズ級水野の応援をよろしくお願いします。

 

【選出理由】 第1Q、IBMにTDを許して3点差に迫られた後のキックオフリターンで、98ヤードを走りきってTD。コース取りがよく、ブロッカーもうまく使った。ユニットの一人ひとりが役割を遂行した結果のTDだった。(MVP初受賞/大会MVPも受賞)

 

2017年06月13日

パールボウル準決勝LIXIL戦MVP受賞コメント[OFF.#57角田/DEF.#23BJ]

 

2017/6/4 パールボウル準決勝LIXIL戦 MVP/スタメン表

 

 

オフェンスMVP  OL#57 角田伸弥

 

暑い中参戦いただききありがとうございました。

独ドレスデン遠征(2012年)以来の2度目の受賞となり、とてもうれしいです。また、アサヒビール戦の#51カイに続いて2試合連続でオフェンスライン(OL)がMVPを受賞したことに、とても興奮しています。

 

OLは自らTDを取ることはできないため、なかなか目立つことはできませんが、宮本コーチを中心によくまとまっているポジションです。試合をご覧になっている皆さんはボールを追ってしまうと思いますが、たまには、最前線で体を張っているツイスターズ(OLの愛称)にご注目いただければと思います。

 

次はパールボウルということで、春シーズンの集大成の試合です。対するIBMもとても強いチームですが、全力を出し切って必ず勝ちます。最高に盛り上がる試合になりますので、ぜひ東京ドームまで参戦よろしくお願いします。  

 

【選出理由】 ランプレーで計247ヤードを獲得したタイトユニットの中で、相手をアオテンさせるだけではなく、ナイスフィニッシュでグッドプレーを連発。複雑なブリッツへの対応もよく、勝利へ大きく貢献した。


ディフェンスMVP  DL#23 バイロン・ビーティー・ジュニア

 

Thank you to my coaches and teammates for the award.

I'm very proud of my teammates this spring. We have gotten better every game and going to the Pearl Bowl we need to play our best. Against IBM I will play my hardest and with my teammates we will win on the Tokyo Dome.

Aloha and thank you for all your support.

 

受賞にあたって、コーチやチームメートに感謝します。この春のチームメートの戦いぶりをたいへん誇りに思っています。チームは試合ごとに成長してきました。そして、最高のプレーが求められるパールボウルに臨みます。東京ドームでIBMを相手に懸命にプレーし、チームメートとともに勝利したいと思います。皆さん応援よろしくお願いします。

 

【選出理由】 爆発的なスタートでときには2対1の勝負にも勝ち、相手のゲインを阻止する激しいタックルを見せ続けた。(第2戦・アサヒビール戦キッキングMVPに続いて、今季2度目の受賞)


キッキングMVP  ※該当者無し

 

2017年05月31日

パールボウル予選2アサヒビール戦MVP受賞コメント[OFF.#51カイ/DEF.#27田中/KICK.#23BJ]

 

2017/5/21 パールボウル予選2アサヒビール戦 MVP/スタメン表

 

 

オフェンスMVP  OL#51 ケアラカイ・マイアバ

 

I am very humbled to be selected as the offensive MVP for the Silver Star game. I would like to thank my teammates for all their hard work. We all played very well and it showed on Sunday. 

 

We will continue to work hard and get better as we prepare for our upcoming game against LIXIL. I would also like to thank all the Seagull fans for coming out to the game and showing their support. 


My teammates and I really appreciate all of you cheering us on. Mahalo. Go Seagulls. 

 

シルバースター戦でオフェンスMVPに選ばれ、たいへん身の引き締まる思いです。チームメートの頑張りに感謝します。私たちは日曜日にいい試合をしました。次のLIXIL戦に備えて引き続き努力し、もっとよくなるでしょう。試合に来て応援してくださるすべてのオービックシーガルズファンの皆さんにも感謝しています。チームメートも私も、皆さんの応援にたいへん感謝しています。マハロ(ありがとう)。ゴー、オービックシーガルズ。  

 

【選出理由】 ランで計249ヤードを獲得して活躍したタイトユニットにおいて、確実なブロックとビックヒットでランを出した。パスプロテクションでも安定したパフォーマンスを見せ、オフェンスユニットを支えた。


ディフェンスMVP  DB#27 田中雄大

 

ファンの皆さん、毎試合の参戦ありがとうございます。オービックシーガルズ2年目で初のMVPを受賞することができました。

 

昨年はスターティングメンバーで毎試合出場させていただきましたが、1つのターンオーバーも奪えず、不甲斐ないシーズンでした。今年は試合で結果を出すことにこだわり、常に試合をイメージして練習に取り組んできました。その姿勢が、シルバースター戦で2インターセプトという結果に繋がったのだと思います。

 

次戦は昨年の準決勝で逆転負けを喫したLIXILディアーズです。必ずリベンジを果たし、皆さんをパールボウルにお連れしますので、熱い声援をよろしくお願いします。

 

【選出理由】 【2ビンゴ、1ロスタックル】
相手WRとのマンツーマン勝負で2本のインターセプトを奪った。特に2本目は、ロングパスを許したシリーズ中に、真っ向勝負でボールを奪い返した。(MVP初受賞)


キッキングMVP  DL#23 バイロン・ビーティー・ジュニア

 

Thank you to my teammates, coaches and fans for always supporting me.

We played very well against Silver Star but I believe we can be better. As a team we are working hard everyday and doing our best to be better players and a better team. 


The next game we have LIXIL and I will bring my best as I always do. We will win and go to the Tokyo Dome, hope to see all the fans there. Aloha.

 

いつもサポートしてくれているチームメート、コーチ、ファンの皆さんに感謝します。私たちはシルバースターを相手にいい戦いをしましたが、もっとできると信じています。チームとして日々努力していますし、より良い選手、より良いチームになるようベストを尽くしています。次のLIXIL戦もいつものようにベストを尽くします。私たちは勝って東京ドームに行き、そこですべてのファンの皆さんに会えることを期待しています。アロハ。

 

【選出理由】 先制時のポイント・アフター・タッチダウンにおいて、この試合ために用意した特別なフォーメーションからいいタイミングでリリースして確実にパスキャッチし、2ポイントを決めた。キックオフリターンでもパントリターンでも絶えずビッグヒットを狙い、最後までプレーする姿勢が素晴らしかった。

 

2017年05月12日

テキサスから近況のご報告(#32原)

news201703221.jpg
 
 
※3月に米インドアフットボールリーグCIF(Champions Indoor Football League)のテキサスレボリューション(Texas Revolution)のロスター入りを果たし、現地でプレーを続けているRB#32原 卓門選手から近況が届きました。
 

 
roster14_hara32.gif いつもオービックシーガルズを応援いただきありがとうございます。
 
渡米して80日。ロスター入りしてからはや2ヵ月近く経ちました。実は、就労ビザがまだ取得できず、ここまで試合に出場できていません。出場のご報告がなかなかできず、申し訳ありません。

もどかしい思いもしていますが、ハイレベルな練習に鍛えられ、刺激的な日々を送っています。チームは、レギュラーシーズン12試合中8試合を終えて6勝2敗、南地区3位。3位までが出場できるプレーオフに向けて、負けられない戦いが続いています。試合でパフォーマンスが悪かったポジションはすぐに新しい選手のトライアウトが行われたり、カットされた選手がさっそく違うチームでプレーしていたりと、選手の入れ替わりが激しく、緊張感が高い毎日です。本当に気が抜けません。
 
いよいよシーズン終盤戦、というところでたいへん残念なのですが、観光ビザが切れるため、来週、一時帰国します。ビザが取れ次第再渡米となりますが、レギュラーシーズンの最終戦が6/2(金)と迫っており、早期承認とチームのプレーオフ進出を願うしかありません。
 
次のアサヒビール戦はサイドラインで参戦予定です。ともに戦い、準決勝進出を勝ち取りましょう。

 

 

▲1点差で勝利した(〇96-95)4/30(日)のホームゲームの模様-チーム公式チャンネルより
「ファンを巻き込んだイベントがいくつもあったり、タッチダウンしたボールを選手が観客にそのままプレゼントしたりとファンサービスが充実していて、子どもから大人まで誰もが楽しんでいます。試合もエンターテインメント性が高く、選手も観客と一緒に楽しんでいます」。サイドラインにいる原選手、わかりますか?

 

2017年05月08日

パールボウル予選1明治安田PentaOcean戦MVP受賞コメント[OFF.#12イカイカ/DEF.#33仲里/KICK.#18木下]

 

2017/4/23 パールボウル予選1明治安田PentaOcean戦 MVP/スタメン表

 

 

オフェンスMVP ★新人QB#12 イカイカ・ウーズィー

12ikaika_s.jpg

 

It was a great first game for our team and I'm definitely honored to be voted MVP for the game. Wouldn't have been possible without my O line giving me time to deliver the ball. The O line had a great game up front. 

 

This is a good start for us going into the spring season and look forward to competing for the pearl bowl championship. 

 

オービックシーガルズにとって素晴らしい初戦でしたし、その試合のMVPに選ばれ本当に光栄です。オフェンスライン(OL)が私にボールを投げる時間を与えてくれなければありえませんでした。OLは素晴らしい試合をしました。春シーズンに向けいいスタートが切れました。パールボウル選手権を争うことを楽しみにしています。  

 

【選出理由】 日本でのデビュー戦だったが、パスで138ヤード・4TD、ランで27ヤード・1TDの活躍。数字だけでなく、フィールド内外で常にチームを鼓舞し、勝利に貢献した。★MVP初受賞


ディフェンスMVP DL#33 仲里広章

 

ファンの皆さん、いつも参戦ありがとうございます。

 

昨年、新人のときも春シーズン初戦にMVPを受賞しました。2年連続で春の初戦のMVP受賞となり、うれしく思います!

 

2月からシーズンがスタートし、練習してきた成果を出すための初戦だったので、皆気持ちが入っていて、良いスタートが切れたと思います。良いスタートは切ることができましたが、まだ完璧ではないので、もっと成長していきます! 次戦も、パールボウル準決勝に進出するために勝たないといけない試合です。初戦より成長したところを見せ、必ず勝ちます!

 

初戦は開始時間が遅いなか、多くの方が参戦してくださって、とても感謝しています。次戦も参戦よろしくお願いします。

 

【選出理由】 [5タックル(2ロスタックル)、1サック]  終始、相手オフェンスラインを圧倒。ラン、パス、すべてのプレーで存在感を発揮し、この試合のリーディングタックラーになった。


キッキングMVP WR#18 木下典明

 

2017年初戦、オービックシーガルズとして良い走り出しはできたと思います。

 

「今年1発目のキックオフリターンをなんとしてでもTDにする」。リターンチームでそう話していた通りに、できました。選手皆のブロックがあってこそ走れるものなので、自分がMVPをもらうのは少し申し訳ないです。ありがとうございます。

 

今年のオービックシーガルズは良いチームです。史上最強のチームになります。毎回楽しい試合をしますので、ともに盛り上がりましょう!!!

 

【選出理由】 #7池井の55ヤードパントリターンでは2ビッグブロック。この日唯一のキックオフリターンの機会には82ヤードリターンTDを決めるなど、常にビッグプレーに貢献した。

 

2016年12月05日

準決勝パナソニック戦MVP受賞コメント[OFF.#6菅原/DEF.#14藤本/KICK.#33仲里]

 

2016/11/27 JXBトーナメント準決勝 パナソニック戦 MVP/ビッグプレーポイント/スタメン表

 

 

オフェンスMVP QB#6 菅原 俊

 

大雨の中、参戦いただきましてありがとうございました。

 

厳しい環境のもと、チームが「絶対勝つ」という気持ちを最後まで切らさずにできたことが、勝利の一番の要因です。私個人としても、チームになんとか貢献したいという一心で必死でしたが、不思議なことに、フィールドに入ったときは落ち着いてプレーをすることができました。

 

さあ次戦はJXB!今まで以上にスタンドから大きなパワーをいただける大舞台です。チーム一丸となって勝利を掴みます! 参戦よろしくお願いします!  

 

【選出理由】[パス3/4回成功(75%)、153yds、1TD]   第4Q最終シリーズからの出場ながら、3rdダウン-ミドルでのパスを決めるなど同点に繋がるドライブを演出し、タイブレークでは勝利のTDパスを決める活躍をした。(第6節エレコム神戸戦に続いて今年2度目の受賞)


ディフェンスMVP DB#14 藤本将司

 

いつも参戦ありがとうございます。 

  

MVPを受賞できて、たいへんうれしく思います。今シーズンは本当に何もしてきていませんが、今回は、チームの勝利にほんの少しだけですが貢献できたかなと思います。

  

次は3年ぶりのJXBの舞台で、ここ2年負け続けてきた富士通フロンティアーズとの試合です! オービックシーガルズとして相手を圧倒することはもちろんですが、ディフェンスとしては完封、個人として強選手、宜本潤平選手、秋山選手、岩松選手、中村クラーク選手らWR陣に負けないよう、すべてを賭けて戦います。

 

皆さんの熱い参戦、応援が、ものすごくチームの力になります。 JXBも引き続き熱い参戦をよろしくお願いします。みんなで富士通を圧倒しましょう。

 

【選出理由】[3タックル、1ファンブルフォース、5ビッグプレーポイント]  激しいディフェンスで相手オフェンスを抑え続けたディフェンス陣全員にMVPを贈りたいところ。なかでも、苦しいフィールドポジションが続いた前半、相手のフィールドゴールは確実という場面での、藤本選手のファンブルフォースは非常に大きかった。


キッキングMVP DL #33 仲里広章

 

いつも応援ありがとうございます。

 

秋シーズン初戦に続いてのキッキングでのMVP受賞をうれしく思います! フィールドゴールを決められたら負けという場面で止めたことでチームに勢いがつき、勝利に繋がったと思います。

 

次は、勝ったら社会人日本一のJXBです! 準決勝で勝った勢いそのままに勝ち切って日本一になりますので、JXBも応援よろしくお願いします! 

 

【選出理由】第4Q残り3秒からの相手フィールドゴールという、決まれば間違いなく敗退が決まる状況で、そのキックをブロック。タイブレークに持ち込み、勝利に大きく貢献した。(春季初戦ブルザイズ戦ディフェンスMVP、秋季初戦ノジマ相模原戦キッキングMVPに続いて、今年3度目の受賞)

 

2016年11月22日

準々決勝エレコム神戸戦MVP受賞コメント[OFF.#7池井/DEF.#99中田/KICK.#49星野]

 

2016/11/12 JXBトーナメント準々決勝 エレコム神戸戦 MVP/ビッグプレーポイント/スタメン表

 

 

オフェンスMVP WR#7 池井勇輝

 

いつも応援ありがとうございます。

 

近年、オフェンスMVPからかなり遠ざかっていましたが、プレーオフという大事な場面で受賞することができて本当にうれしいです。

 

調子は上がってきている感覚はありますが、この試合は自分自身含めパスユニットでミスが多く出ました。オフェンスで勝つために、今週のパナソニック戦に向けてハードに練習しましたので、自信を持って大阪に乗り込みます。

 

日本一まで残り3試合。一戦一戦本気でぶつかります。ご声援よろしくお願いします!  

 

【選出理由】[2キャッチ、70yds、2TD]   ターゲットになっていないプレーでも、常に正確でスピードあるルート取りでワイドオープンになっており、前節のエレコム神戸戦を含め直近2試合で3TDを挙げるなど、高い決定力を発揮した。


ディフェンスMVP DL #99 中田善博

 

いつも参戦ありがとうございます。

 

今回はディフェンスとして完封、個人的にもMVPを受賞できて、たいへんうれしく思います。今シーズン、DLとしてスタートにこだわりを持って取り組んできたことが試合につながり、手応えを感じています。

 

次はいよいよ準決勝! 今までやってきたことをすべてぶつけて、圧倒して勝ちます! 関西での試合になりますが、皆さんの声援が力になりますので、引き続き熱い参戦をよろしくお願いします。

 

【選出理由】[3タックル、1ロスタックル、1パスカット、4ビッグプレーポイント]  激しいスタートとアサイメントを超えた動きで、エレコム神戸戦の勝利の鍵であったランストップに貢献した。


キッキングMVP K/P #49 星野貴俊

 

オービックシーガルズファンの皆さん、いつも熱い参戦と応援をありがとうございます。


前回に続いてMVPに選んでいただき、とてもうれしいです。個人的には完璧なキックではなかったですが、なにより、目標としていた「PAT(TFP)・FG100%成功」を達成できてよかったです。

 

次は関西でパナソニックとの試合です。これからの試合はキックでの得点が非常に大切になってきます。100%決めて必ず勝ちますので、参戦、応援よろしくお願いします!!!

 

【選出理由】[2FG(46yds,34yds)、3トライフォーポイント キック100%成功]  前半、オフェンスが苦しい展開の中、2つのFGを確実に決めた。前節のエレコム神戸戦に続き、キック100%成功と安定感をみせた。(リーグ戦最終節エレコム神戸戦に続いて、2試合連続の受賞)

 

2016年11月08日

第6節エレコム神戸戦MVP受賞コメント[OFF.#6菅原/DEF.#16三宅/KICK.#49星野]

 

2016/10/30 レギュラーシーズン-6 エレコム神戸戦 MVP/ビッグプレーポイント/スタメン表

 

 

オフェンスMVP QB#6 菅原 俊

 

参戦ありがとうございました。今回MVPを受賞することができ、とてもうれしいです。

 

ただ、オフェンス全体としては不完全燃焼。久々の大阪開催の試合ということで、一人ひとりの「俺が活躍する」といった強い意気込みが空回りした結果になってしまいました。

 

次はプレーオフ。前節と同じ相手となりますが、お互い新たな準備をしているわけで、また新たな相手と試合をする感覚です。全力を尽くして頑張りますので、横浜での参戦をよろしくお願いします。 

 

【選出理由】[パス8/13回成功(62%)、172yds、2TD、最長46yds]  長い距離を残した3rdダウンでロングパスを決めるなど、勝負どころでディフェンスを読み切り、ビックプレーを決めた。


ディフェンスMVP DB #16 三宅剛司


ファンの皆さん、関西での試合もスタンドを埋め尽くしてくださり、ありがとうございました! 関西出身の選手も多く、たくさんの声援に支えられてプレーすることができました。

 

勝利したことはよかったですが、ディフェンスとして課題も出ました。次もエレコム神戸との再戦なので、しっかり練習して挑みたいと思います。いよいよプレーオフです。残り4試合、必ず勝ちます!

 

【選出理由】 [5タックル、1ファンブルフォース、4ビッグプレーポイント] 3Q終盤のファンブルフォースタックルに代表されるように、試合を通じて正確で激しいタックルをし続けた。


キッキングMVP K/P #49 星野貴俊

 

ファンの皆さん、いつも熱い参戦ありがとうございます。

今回初受賞となり、たいへんうれしく思います。これは、関西遠征でアウェーでしたが、スタンドがいっぱいになるほどの参戦をいただいたからです。また、安心してキックできるのも、スナップ、ブロック、ホールドが完璧にできているからです。本当に感謝しています。

 

次戦からトーナメントとなり、負けられない戦いが続きます。僅差の試合も多くなると思います。自分の仕事をしっかり果たしてチームに貢献し続けていきますので、参戦よろしくお願いします。

 

【選出理由】2トライフォーポイントと26yds,49ydsの2本のFGを決め、キック成功率100%。高い集中力をみせ、勝利に貢献した。(MVP初受賞)

 

2016年11月02日

レシービング記録 歴代3冠達成(WR#85萩山)

rock201611024.JPG

 

 

2014年にレシービングの「総獲得ヤード」と「総TD数」で先にチーム歴代1位になっていたHAGYことWR#85萩山竜馬選手が、「総成功回数」でこれまで1位だった"しみけん"(元#83清水 謙さん)の記録を塗り替え、歴代トップに立ちました。これで、「成功回数」「獲得ヤード」「TD数」の3冠を達成。オービックシーガルズ加入10年目、"完全1位"の快挙を、先の大阪遠征試合でファンの皆さんと祝いました。

 

11/12(土)の準々決勝@横浜スタジアムで、「記念カード」の配布と「サイン会」を予定しています。

 


 

(WR#85萩山選手コメント)

 

オービックシーガルズファンの皆さん、いつも参戦ありがとうございます。

 

正直に言いまして、「成功回数」「獲得ヤード」「TD数」の3冠を達成したことも、試合後のセレモニーのことも全然分かっていませんでした。

 

多くのファンの皆さんの前でセレモニーをしていただき、たいへんうれしく、光栄に感じました。スピーチをしているときはテンパっていましたが、後になって思い起こすと、本当に特別な時間でした。

 

3冠を達成してあらためて、本当に素晴らしいチームでプレーしていることを幸せに感じています。

 

また、2007年にルーキーとして加入してから長い間一緒にプレーさせていただいた、先輩のしみけんさんの記録を抜いたということがすごく感慨深く、重たいことだなと感じています。

 

ファン、スポンサー、スタッフ、コーチ、選手、チアの皆さんに感謝しています。いつも本当にありがとうございます。

 

最後に。この素晴らしい経験のお礼は、ライスボウルに勝って日本一になることしかない、と考えています。この先も、1キャッチ、1ヤード、1TDを積み重ねて、必ず日本一になります。

 

 

レシービング 歴代ベスト3は以下の通り(※秋季のみの総計)。

萩山竜馬(2007年~)    259回  4,086yds  48TD

清水 謙(2002~2013) 252回  3,177yds  23TD

河本 晃(1991~1999) 188回  3,285yds  28TD

 

 

rock201611022.JPG rock201611023.JPG

rock201611026.JPG rock201611025.JPG

rock2016110201.JPG rock201611027.jpg

▲今シーズンのHAGY