WR#85萩山竜馬ブログ “Hagyの東北から世界に”

« 2012年06月 | メイン | 2012年09月 »

2012年07月

2012年07月30日

仙台football event & Gulls for Tohoku 2012

皆さん、お久しぶりです。毎回お久しぶりになっていて申し訳ありません……。
 
今回は、6/16(土)・17(日)に東北大学と名城大学の両アメリカンフットボール部が協力して行った【football festival・flag football festival】、そして、7/21(土)・22(日)にOBIC SEAGULLSのチームメイトと活動した【Gulls for Tohoku 2012】について書かせていただきます。これらの詳細は、OBIC SEAGULLS、東北大学HornetsのHPやfacebookなどで紹介されているので、ここでは、当日の写真と、感じたことを書いていきます。

 

 

6/16(土)・17(日) football festival・flag football festival

 

hg201207304.jpg

▲16(土)football festival
応援団・Crapsキッズチア、東北大学、名城大学、OB会の協力もあり、雨にも関わらず多くの方に応援に駆けつけていただけました。

 

hg201207301.jpg
▲16(土)交流会
東北大学と名城大学の選手が情報交換など、交流を深めました。
 
hg201207302.jpg

▲17(日)flag festival
仙台市市民センター、仙台市の各小学校、東北大学、名城大学、OB会の協力もあり、多くの子どもが参加してくれました。すごく楽しそうな子どもが増えて、うれしかったです。

 

hg201207303.JPG
▲17(日)被災地訪問
名城大学の選手・staffだけでなく、東北大学の選手・staffにとっても、自然の力の恐ろしさ、人の命の尊さ、復興のたいへんさをあらためて目の当たりにした経験でした。
 

 

7/21(土)・22(日)のGulls for Tohoku 2012

hagy20120727.JPG

▲21(土)東北大学clinic
単独の大学を対象にQ&A中心で進めたことで、鴎道場などの普段のclinicより自分のteamの実情に沿ったclinicとなり、非常に有意義でした。

 

news20120726_5056.JPG

▲21(土)新入生clinic
footballを始めて間もない選手が、一番難しいhitの感覚を掴むということに一流のcoachの指導が受けられるのは、とても貴重な体験でした。
 
news20120726_2460.JPG

▲21(土)スパローズ フラッグフットボール体験会
初めての子が多かったですが、みんな元気でした。スパローズの一員であるOBIC SEAGULLSの大先輩とそのお子さんにもお会いし、Seagulls familyを強く感じました。


22(日)蒲町小学校訪問
100人を超える子どもがflagをしているのを教えるのは何より楽しかった。ただ、自分の指導力を向上させていかないと……とも感じました。
 
 
長々となりましたが、最後に。


Gulls for Tohokuや仙台でのfootballの普及活動は、今後も長いスパンで続けていきたいと考えています。
 
自分の住んでいる大好きな街・仙台は、昨年の震災で大きな被害を受けました。僕は大丈夫でしたが、自分の近くで本当にたいへんな思いをしている人もいます。そんな仙台に何かしたい、と思い、少しずつではありますが、いろいろな活動をさせていただいています。
 
その中でもやっぱり、自分の大好きなfootballで何かをしたいという気持ちがあります。footballの持っている大きな力を伝えたいです。
 
すぐにできることばかりではないとは考えていますが、長い時間をかけて、今後も小学校での普及活動、さらにそれをスパローズの活動につなげる、footballの楽しいeventを仙台でするなど、様々な人と協力して、様々な人に助けていただいて、いろいろな活動を行っていきたいです。
 
また、最高のSeagulls famillyと(もちろんfanの方も)一緒に、仙台でgameができたら最高だと考えています!! 皆さん、長くなると思いますがご協力よろしくお願いします。